« 横浜ノスタルジー。SCANDIA GARDENのノルウェー人の家庭料理 | Main | ツヤツヤプルルン~! 海南鶏飯食堂2の海南鶏飯 »

Tuesday, April 10, 2007

シャクシャクからホクホクへ。東京純豆腐の根菜純豆腐

Sany0284青山の店に
足を運んだのは、
多分昨年の夏ごろ。

その味に
ニコニコと
喜んでいる間に、

お店が4店舗に
増えていました。

そういえば

新宿にもオープンしたっけ…。

と、ふと思い出し、
今日のランチは、久しぶりにコレにしてみました。

「東京純豆腐 新宿店」

新宿通り沿いにある、
豆腐をメインにした韓国の鍋料理が楽しめる店です。

地下1階に降りて行くと、
テーブル席、
そして、ガラスの向こうで
ガンガンと火をたいて鍋を作っているキッチン、
それを囲むようなカウンター。

青山店よりこじんまりとした雰囲気です。

前回はオープン間もないころに行ったのですが、

メニューのラインアップが増えています。
あれこれ、どれにしようか
悩む楽しみができました。

オーダーは

「根菜純豆腐」900円
ナムル、キムチ、杏仁豆腐付き

純豆腐とは、
ニガリをうって固まる寸前のフワフワの豆腐のこと。

これをメインに、
アサリ、ネギ、シイタケ、芝エビ、貝柱、油揚げが
入っています。

根菜はゴボウとレンコン、山芋。

スープは
アメリカ仕込みの塩ベースか
韓国仕込みの味噌ベースが選べます。

サッパリと食べたかったので

塩ベースをチョイス。

そして辛さはベリーホット…。

オーダーが入ると、
ひとつひとつの鍋に素材を入れてグツグツ。

最後に卵を落としてできあがり。

グツグツの状態で目の前にやってきます。

卵をかき混ぜたい気持ちを抑えて、
まずはスープ。

魚介類のいいダシがたっぷりと含んだ風味が
口から鼻からグワワンと広がっていきます。

辛いは辛いのですが、
ダシのうまみに上手に混ざりこんで程よい刺激。

豆腐はフルフルな手ごたえで
口に入れればしみじみとした味わい。
アッツアツをハフハフしながらいただきます。

根菜の中で感動したのが
山芋。

はじめはシャッキシャッキとした
さわやかな歯ごたえだったのですが、
食べ進むうちに火がじんわりと通り、
ホクホクとした食感に! 

これが、なんだかとてつもなくウレシイ! 

壊さなかった卵の黄身を
ようやく壊してかけまわせば、
黄身らしいまろやかな口当たり。

スプーンにご飯をよそってスープに浸して食べたり、
ご飯にスープと具をぶっかけて食べたり…。

さらにナムルとコチジャンをご飯の上にのせて
そこにスープや豆腐をかけて
ワシワシと食べる…。

ボリュームたっぷり、大満足。

相変わらず元気のでるランチでした。

東京純豆腐 新宿店
東京都新宿区3ノ3ノ3、恩田セントラルビル地下1階
営業時間 午前11時~午後11時30分
(日曜、祝日は10時)
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

|

« 横浜ノスタルジー。SCANDIA GARDENのノルウェー人の家庭料理 | Main | ツヤツヤプルルン~! 海南鶏飯食堂2の海南鶏飯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/14326122

Listed below are links to weblogs that reference シャクシャクからホクホクへ。東京純豆腐の根菜純豆腐:

« 横浜ノスタルジー。SCANDIA GARDENのノルウェー人の家庭料理 | Main | ツヤツヤプルルン~! 海南鶏飯食堂2の海南鶏飯 »