« March 2007 | Main | May 2007 »

Sunday, April 29, 2007

営業しないです(BlogPet)

きょうじゅんじゅん。で、営業しないです。
実はきのう、満足したかった。


*このエントリは、ブログペットの「こぱん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, April 27, 2007

表示のないドキドキ感…登良屋の天丼

Sany0366_1その店の
近くを通るたび、

ぷ~んと
漂ってくる
香ばしい
ごま油の香り…。

木造二階建ての
店構えの天ぷら屋さん。

気になるけれど、
中に入る勇気がないのは…。

ひとえに
メニュー表示が店頭にないから。

つまり料金がどのくらいのものなのか、
さっぱりわからない。

高いのか、お手ごろなのか…。

気になるけれど、入れない、
入りたいけど、ちょっとドキドキ…。

そんな店があります。

関内駅から伊勢佐木町通りへ。
最初の角を右折。
「野毛おでん」に向かう途中の角にあるのが

「登良屋」

昭和33年創業の
天ぷら・肴の店です。

思い切って引き戸を開けると、
左手にはカウンター、正面はテーブル席。
そして奥に回ると右手に小さなカウンター、
左手奥が座敷席となっています。

こういったちょっと入り組んだ感じも
いかにも木造家屋を生かした、
昔ながらの天ぷら屋さんです。

さて。

席に着き、献立表を見ると…。

今日の日付とともに仕入れた魚の料理が
並んでいます。

しかし…。そこにはやはり料金が表示されていないのです。

ドキドキ…。

この店は、
近くの横浜中央卸市場で毎朝仕入れているので
魚の種類やもろもろが、その日次第となるわけです。

献立表を見ながら季節を感じるというのも
なんだかオツです。

献立表を一通り見渡してから、選んだのは

やっぱり

「天丼」

天丼だけは午後2時までのメニューなのです。

いろいろ考えた結果、これが一番手ごろかな…と。

さて。
しばらく待っている間に、ついつい聞こえてくる
隣の人たちのやりとり。

どうやら煮魚を注文される様子。

「煮魚は何?」
「メバルとキンキになりますね」
「いかほどなんだろう?」
「うちは1匹丸まる煮付けてお出しするので、
魚の大きさによって値段が変わるんですよ。
1匹200gくらいだったら2000円くらいだけど
大きいのだと300gくらいになるから3000円に…」

…。

目が飛び出そうになってしまいました。
でも、魚の価格からいえばお手ごろ価格。
ただランチとしては、ドキドキの価格です。

その後、調理する前に魚を目の前に。
その魚たちの
なんと、ピカピカなことか! 
しかも大きい! 

話を聞いているだけでは、ムムムとうなっていましたが、
食べ切れるのか?という大きさに
きわめて良心的なことがわかりました。

なんてその魚から目を離せなくなっているころ、
運ばれてきた天丼。

天丼のネタは、エビ、キス、小エビのかき揚げ、
ナス、しし唐。

味噌汁は豆腐とワカメ。
このワカメのなんと新鮮なこと! 

味噌汁をひと口すすってから、天丼にとりかかります。

エビは小ぶりながらプリプリ。
しかもお頭まできっちり天ぷらになっているので、
それもパクリ。

カリカリと香ばしい食感に思わずニッコリしてしまいます。

白身魚のキスは、衣はサックリ、中はホッコリ。
しかも、しっかりとキスの風味が
ふわ~んと鼻から抜けていきます。

ナスもジューシーに仕上がっているし、
かき揚げの小エビもプルプル。

丼汁も辛すぎず甘すぎず、
しかもいい塩梅にご飯と天ぷらにかかっているので、
さっぱりといただけます。

満足のお腹をかかえて、さてお会計です…。

「天丼」1680円
味噌汁、漬物付き

ヒュ~ッ。

範疇内で良かった~! 

天ぷら店としては高すぎず、いいお店かもしれません。

天丼の料金は変わらずとも、その他のメニューは
きっと時価ということになるのでしょう。

ドキドキはしますが、値段にこだわらずに
食べたいと思った素材を「食べたーい!」と
素直に食べちゃう気持ちも大切かな…なんて
思ったりもします。

でも、次回はぜひぜひ大勢で訪れて、
人数マイナス1くらいのメニューを頼んで、
みんなでワイワイと魚料理や天ぷらを楽しみたいです。
隣の煮付けは、やっぱりおいしそうでしたし…。

天ぷら・肴 登良屋
横浜市中区吉田町2ノ3
営業時間 午前11時~午後9時
(ランチサービスは午後2時まで、夜料金は午後4時から)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (44) | TrackBack (0)

Thursday, April 26, 2007

日常のアイデア。サバーイディーのオコゲも美味しい石焼ガパオ

Sany0371_1Sany0370

本日は
赤羽にやってきました。

赤羽駅の周辺は、とても開けていて、
商店街のアーケードなども充実。
どんなお店があるかと、
ちょっとワクワクしてきます。

東口のアーケードからちょっと外れたところにあるのが

「サバーイディー」

タイ料理を中心とした、
でも普通のタイ料理店では味わえないメニューがそろった
バンコクビストロです。

木の引き戸を開けると、タイミュージックが流れる店内。

6つのテーブルと壁に向かったカウンターが2席ほど。
木のぬくもりと東南アジアのテーストが漂う雰囲気です。

ここはタイ料理ではあるのですが、
ピザやタコス、グラタンなどがあるのが
ほかの店とひと味違うところ。

その意外なメニューは、もちろんタイテーストになっていて、
実際タイの国でもこうしたメニューは
普通にあるのだそう。

考えてみると、和風ピザなどを食べていることを考えれば
あってあたりまえといえば、あたりまえ。

ある意味タイの日常のメニューが楽しめると
考えると楽しいです。

オーダーは

「オコゲも美味しい石焼ガパオ」600円
日替わりサラダ付き

ランチタイムはプラス100円でジュースやウーロン茶、
プラス200円でタイコーヒー付き

ガパオというのは、
鶏のひき肉をバジルと一緒に炒めたものを
ご飯の上にのせたタイの定番料理。

これを石焼で食べるメニューです。

ジュージューと熱々の石鍋が目の前に…。

卓上のナンプラーや粉唐辛子を好みの量だけふりかけて、
ザックザックと混ぜ合わそうとスプーンを入れると…。

鶏肉の下から卵が登場! 

トロリとした卵の黄身を石鍋に着くようにしながら
かき混ぜることに…。

そうして茶碗に少しずつ移し変えてパクリ。

ホロホロの鶏肉とジャスミンライスの味わいはやさしい。
そして、
なんといってもオコゲ! 

ジャスミンライスのオコゲのなんと風味のいいことか! 

カリカリとしたライスとナンプラーの旨味が
こんなにも合うとは、ちょっとびっくりです。

こういった食べ方もあるのだなぁと、
しみじみ感心してしまいました。

瓶に入ったタイコーヒーは、しびれるほどの甘さ。

でも、辛めに仕上げたガパオの後には、
なぜかほっとしてしまう味わいなのでした。

Bankok Bistro sabaai dii(サバーイディー)
東京都北区赤羽2ノ12ノ6、直井ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時~午前1時
火曜定休

映画ウンチク
BABEL-バベル-
☆☆☆

ちょっと危機を迎えているアメリカ人夫婦が
モロッコをバスで旅している。
少し離れたところの
岩の上ではモロッコの子どもが
ちょっとふざけてライフルを発砲。
その弾が運悪く、妻に当たって重症となってしまう。
夫、周りは英語がわからない人ばかり。
でもどうしても病院に行かなければと七転八倒…。
その夫婦が住んでいるアメリカでは…。
夫婦の2人の子どもはメキシコ人のベビーシッターの
お世話になっている。
緊急事態に帰国が遅くなることを知り、
そしてベビーシッターは親戚の結婚式に参加するために
メキシコに行かなければいけない…。
仕方なく2人の子どもを連れてメキシコへ…。
一方、突然、日本。
聾唖の女子高生が日本語があふれる中で、
混沌とした世の中をやるせない気分で過ごしている。
この女子高生の父が、
実はモロッコで自分のライフルを売っていた事実…。
モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本。
物語は淡々と進みながら、この4つをつなげるものが
なんとなく見えてきます。
モロッコ語、英語、スペイン語、日本語、手話…。
言葉の通じない場面で、
どうやって心を分かり合っていくのか…。
映画は終始、これをただ、淡々と描き出していきます。
実は、私はこの映画をストーリーや趣旨をわからないままで
観たので、いったい何がテーマなのか、
なぜ「バベル」なのか。よくわかっていませんでした。
でも…そもそものバベルの物語のキモは
言語。
その辺をわかって観ると、この映画の深さがわかります。

アメリカで見ると、
英語以外はすべて字幕付き。
日本語にも字幕が付いているので、
その日本語をどのように訳しているのかが、
わかります。
そういう部分が
違う言語でいかにわかりあうのか…ということなのかも…。
と思ってしまいました。
日本では日本語以外が字幕となると思いますが、
少しの時間、字幕を見ないで「音」を聞くと、
なんとなくこの映画のテーマに触れられるかもしれません。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, April 25, 2007

やわらか食感と風味の組み合わせ…。Osteria Austroのパスタランチ

Sany0366Sany0367

週の頭から
ガツンガツンとした
ランチが
続いていたので、

今日は、ちょっとゆったり
くつろげるような環境で過ごしたいなぁ…と、
どこに行こうか、頭をめぐらせます。

そこで、昨年の11月にオープンした
あの店に、再び行こうと足をむけました。

横浜・関内、
関内大通り沿いで本町通りを超えたところにある

「Osteria Austro」

白いレンガの外壁が印象的なイタリアンの店です。

カウンターとテーブル席が少しの、
こじんまりとした店内。

今日は
透明なスツールのカウンター席に着きます。

オーダーは

「パスタランチ」1000円
サラダ、前菜、コーヒーまたは紅茶付き

パスタの中から選び出したのは

「本日千葉の千倉港から届いたばかりのアオリイカと
青森産ショウガダケのアンチョビ風味黒米リゾット」

これ。
実は店の人からすすめられたメニューです。

というのも、
この店の魚介類は、千倉漁港から直接仕入れていて、
ときどき珍しいものも一緒に届くそうです。

そうして、今日は大きなアオリイカが届き、
うれしくなって、急遽パスタメニューの1つを
変更してしまったそうです。

スタイリッシュな雰囲気ながらも、気さくなスタッフ。

カウンター席は、
こうしたおしゃべりもあるから楽しいのです。

前菜は

「クロダイと紅芯大根のマリネ」

酸味を強めに作ってあるので、
クロダイの力強い味にしっかりと対応しています。
ダイコンもしっとりとした食感に…。

この酸味は胃を刺激して、一挙に食欲が増してきます。

お待ちかねのリゾット。
ミョウガダケというのは、
ミョウガの細いもので、味はもちろんミョウガ。
私の大好きな味です。

そのミョウガの細さに合わせて
アオリイカを細く切っています。

このアオリイカのやわらかいこと! 
アオリイカというのは、ちょっと長めに火を通すことで
やわらかい食感になるのだそうです。

黒米はアルデンテなできばえで、
この米とアオリイカの食感の組み合わせが絶妙です。

さらに、ミョウガの風味が刺激的。

アンチョビ風味ですが、ベースはトマトを使っているので、
そのやさしい味とミョウガがぴったりと合っているのです。

和テーストとイタリアンテーストが
これほど合うとは! 

大好きな食材ばかりが集まったこのリゾットに大満足。

そして、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

Osteria Austro
横浜市中区北仲通り3ノ34ノ2、1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時~10時

映画ウンチク
ROKY BOLBOA
ロッキー ザ ファイナル
☆☆☆

実はロッキーシリーズは
観たことありませんでした。
なんで今さらロッキー?という気がしないでもなかったのですが、
自分の信じたことに言い訳しないで突き進む勇気を
もらえたような気がします。
何かやりきっていないような気がするロッキーが、
それをスッキリさせるために、再びリングへ。
現在の若者チャンプにも、
大切なことを伝えることができるのか…。
果たして、ロッキーは試合に勝つのか、負けるのか…。
実は思いのほか感動ストーリーなのでした。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, April 24, 2007

食感を楽しむ。五韓満足の信州牛ユッケ爆弾どんぶり

Sany0363田町界隈で
ランチ処散策。

今日は
慶応仲通り
辺りをぐるりと
回ってみました。

あいにく、
ランチタイム的には
ちょっとずれていたこともあり、
遅くまで
ランチをしているところ…。
を、探すことに…。

慶応仲通りから1本奥に行ったところで
見つけたのが

「五韓満足」

3月の終わりにオープンした、
七輪焼肉と韓国料理の店です。

五感を満足してもらえる…というのと
かけた店名。

ランチメニューを見てみれば、
焼肉あり、どんぶりあり、石焼ビビンバあり、
麺類あり…と、種類も豊富。

食材の組み合わせも、普通の韓国料理とは
一味違ったものが多く、悩みます。

オーダーは

「信州牛ユッケ爆弾どんぶり」1000円
わかめスープ、チョレギサラダ付き

さらに午後1時過ぎからは
ドリンクまたはアイスクリーム付き。

このどんぶりは
信州牛のユッケと納豆、キュウリ、キムチ、長芋が
メインメニュー。

これをザックザックと混ぜ合わせてからご飯の上にのせ、
温泉卵を上にのせていただきます。

自分で製作する楽しみがあるのも、ちょっとウレシイ。

運ばれてきたとたん、
ご飯の上にのっている海苔の香りとごま油の香りに
食欲が一気に増進します。

指示通りに別盛りされていた
ユッケとと納豆、キュウリ、キムチ、長芋を混ぜ合わせます。

でも、その前に、ユッケだけパクリ。

信州牛のユッケは弾力があって、
かみ締めるほどに肉の甘みがじんわりやってきます。

混ぜ合わせたものをご飯の上にのせて温泉卵をポトリ。

卵を崩すようにしながら、スプーンを口に運びます。

ユッケの力強さと、やわらかい納豆の感触、
キュウリのシャクシャクと長芋のシャクシャクとした食感、
キムチの辛味とユッケだれの甘み、
まったりとした卵の黄身の口当たり、このすべてが
一挙に口の中にやってきて、
さまざまな食感の楽しさに、シアワセな気分になってきます。

絶妙な組み合わせのランチに、
ひたすら食べ続けるひとときでした。

五韓満足
東京都港区芝5ノ16ノ9、吉野電気製作所ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後4時30分~11時45分
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後11時
(ランチは月~金曜は午後3時まで、
土・日曜、祝日は午後4時30分まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Monday, April 23, 2007

上がるテンション! 火鍋屋のスタミナ火鍋ランチ

Sany0360_1赤坂界隈を
歩いていると、

辛いもの系の
お店が
多いのに
気づきます。

辛いもの好きには
あっちこっちと
目移りしてしまいます。

今日は、一ツ木通りを歩いて山王下通りに
突き当たったところのビルの5階へ…。

「火鍋屋」

重慶・四川料理が楽しめる店です。

自慢はもちろん、火鍋。

ここではランチの火鍋が、1人単位で楽しめるのが魅力です。

5階の窓側からは、外の景色が眺められて
なかなか気持ちのいい眺望です。

注文は

「スタミナ火鍋」880円
ライス、漬物、デザート付き

スタミナ…というと、なんだかすごそうですが、

鶏肉とすり身団子、ウインナーが入った火鍋。

ほかの火鍋は豚肉、牛肉、羊肉だったので、
単純に鶏肉が食べたいと思ったので、
この注文となったしだい。

辛さも選べるので、ついつい激辛をリクエスト。
基本は普通の辛さが本場の辛さらしいです…。

運ばれてきた火鍋は、
真っ赤! 

鍋の上はラー油の海の下には、
鶏肉にすり身団子、ウインナーに加えて、
白菜、キクラゲ、豆腐、ネギ、茎ワカメがどっさり。

目の前でグツグツ煮立たせながらいただきます。

まずは辛さを確認。

唐辛子の辛さと中国山椒のしびれるような感覚が
ガツンとやってきます。

鶏肉はプリッとした食感でいい塩梅。
すり身団子はしっとりとした食感。

そしてウインナーは、ブッツリとはじめるような食感! 

シャキシャキとした白菜もウレシイ限り。

茎ワカメのコキコキとした歯ざわりもアクセントになっています。

生卵につけて食べれば、辛さもマイルドになります。

熱々の鍋からピリピリの野菜や鶏肉を食べていると、
なんだか、知らず知らずのうちに
テンションが上がってきているのがかわります。

ハフハフ、ハフハフとしているうちに、
あっという間に鍋の中身がなくなっていました。

ふ~。暑い! 

デザートの甘みがなんともいえず、ほっとします。

刺激的なランチタイムでした。

次回はぜひ、ここの麻婆豆腐もチャレンジしてみたいです。

火鍋屋
東京都港区赤坂2ノ14ノ31、金波ビル5階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~11時30分

映画ウンチク
MUSIC & LYRICS
-ラブソングができるまで-
☆☆☆☆

80年代のアイドルバンドのボーカリスト。
今や、過去の栄光にすがりつく状態のミュージシャン。
その彼に、今大人気のミュージシャンから曲の依頼が…。
たまたま彼の家に来ていたガーデナーが
作詞の才能があるのがわかり、彼女に作詞をお願い。
あれやこれやの展開で、
彼は過去を振り返るのではなく、
これからの道を切り開くことの大切さを知っていく…。
ちょっぴり勇気がもらえる映画です。
なんとなく、80年代ポップスがおかしいのもみどころ。
それにしても、
ドリューは最近こういうラブリーな役どころが多いですね。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Friday, April 20, 2007

2色ソースの味わい。ピアチェーレのBランチ

Sany0358_1品川駅周辺で
ランチ…。

というのは、
実は結構
悩みどころ。

ビジネスビルが
立ち並んでいるので
食べ処は
豊富といえば
豊富なのですが、

たまに立ち寄る身としては
はて、どこに行ったら
いいのやら…と
迷ってしまうのです。

でも、久しぶりに
品川アトレでニューヨーク気分を
味わうのもいいかなぁ…と思いながら
港南口へ向かい、

ふと頭を上げると、
目の前の小さなビルの上階にはためく
イタリア国旗を発見! 

あそこはきっとイタリアンに違いない! 
とにわかに期待が膨らんで、
そのビルに向かったのでした。

「イタリアンダイニング ピアチェーレ」

ビルの7階にこじんまりとたたずむ、
イタリアンレストランです。

エレベーターに乗って7階に到着すると、

イタリアンカラーをベースにした椅子と木のテーブルの、
さっぱりとした空間が左手に広がります。

ワイワイとランチを楽しんでいる人を見ていると、
「いいお店かも?」と
ちょっと期待が膨らみます。

オーダーは

「Bランチ」1050円
サラダ、ドリンク、ジャガイモ食べ放題付き

本日のBランチは

「茄子のミートソースドリア」

食べ放題のジャガイモは皮ごとゴロンとやってきます。

食べやすいようにカットして、
テーブルのオリーブオイルをタラ~リ。
塩をガリガリッとミルで挽いて口の中へ。

しっとりとした舌ざわりとジャガイモの風味が広がって、
なんともほのぼのとした味わい。
これがいくつ食べてもいいというのが、
なんだか心くすぐられます。

ドリアは、
バターライスの上にミートソース、ナスをのせ
その上からホワイトソースとチーズを重ねて
焼き上げたもの。

グラタン皿ではなく、土鍋タイプの入れ物で焼いているので
よりいっそう食欲がそそられます。

ミートソースは肉がたっぷりで、
トマトとの組み合わせでいい具合のコクが出ています。

ナスはちょっと厚めにカッティングされているので
口に入れると、ジュワ~ッとジューシー。

アツアツしながら、ジューシーなナスを食べるというのも
なんとも、シアワセな気分。

そこへあっさりとしたホワイトソースとまろやかなチーズが加わり、
複雑な、でも思いのほかあっさりとした味わいが楽しめました。

ミートソースとホワイトソースの混ざり具合もぴったり! 

夜はなんと深夜2時まで営業しているので、
閉店まではいれないまでも、
終電ぎりぎりまで、イタリアンを楽しみつつワイン…、
ということも実現してしまう店なのでした。

イタリアンダイニング ピアチェーレ
東京都港区港南2ノ2ノ16、7階
営業時間 午前11時30分~午前2時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, April 19, 2007

しっとりフレッシュ! 銀座 若どりの大山鶏のヘルシー醤油漬け丼

Sany0356_1銀座2丁目に
「銀座ベルビア館」が
本日オープン。

ファッションのほか、
インテリアや
ワンフロアまるまる
美容院などが入った
ショッピングビルです。

もちろん、
食べ物処もいろいろ。

ちょっと大人の、落ち着いた雰囲気で食事を楽しむ…。
そんなシチュエーションの店がそろっています。

オープン当日は混んでるのかなぁ…と
思ったのですが、

ちょっぴり高めの設定になっているからか、
思いのほか、落ち着いた空気が流れています。

その中から見つけたのが

「銀座 若どり」

むしり揚げという料理が名物の鶏料理店です。

白木のカウンターが店の中央にあり、
その中がオープンキッチン。
周りはテーブル席と掘りごたつ式のテーブル。

板さんの目がどの席にもいきわたるような、
気持ちのいい感じの店内です。

オーダーは

「大山鶏のヘルシー醤油漬け丼」1260円
小鉢、鶏スープ、新香付き

刺身でもいただける大山鶏を、
オーダーごとに刺身のようにカット。
それから特製の醤油ベースのソースに軽く漬け込んで
丼にのせていきます。

その鶏は、しっとりとそしてフレッシュな口当たり。
かみ締めるほどに鶏の旨味が味わえます。

ワサビがピリリリッ! と効くのもいい塩梅。
刻み海苔やカイワレもアクセントになっています。

丼には醤油漬けの鶏のほかにつくねが2つ。

このつくねもしみじみと鶏の味が染み出るできあがり。

鶏スープもいい味です。

思いのほかの鶏づくしに思わず満足。

夜メニューでもある
むしり揚げ…いただいてみたいものです。

銀座 若どり
東京都中央区銀座2ノ4ノ6、銀座ベルビア館7階
営業時間 午前11時~午後2時30分、
午後5時30分~午前0時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 18, 2007

モチモチ~! 神田餃子屋の餃子定食

Sany0354_1御茶ノ水界隈に
やってきました。

今日は、
そんなに
ゆったりとした
時間もなかったので

サクッといただける
ランチを目指しました。

そこで
目指したのは、神田界隈でも支店の多い店

「神田餃子屋 本店」へ。

餃子はもちろん、ラーメン屋中華料理まで
さまざまな中華料理が楽しめる店です。

長いテーブルでは、当然のごとく相席。

サササと食べて出て行くという雰囲気です。

注文は

「餃子定食」540円
ライス、スープ付き

餃子は6個。

カリッと焼きあがった焦げ目を見ると
なんだかワクワクしてきます。

酢を多めにしたタレをつくり、
さっそくひと口。

厚めの皮はモッチリとした食感。

その次には
ジワンと肉汁と野菜のうまみが広がっていきます。

皮のモチモチ感は心地よく、
パクパクと平らげていってしまいます。

ライスの盛りは多めですが、
ランチタイムはお替り自由。

ライスとのバランスを考えると、
大盛り餃子定食にして、
さらに餃子3個を食べても良かったかな…と
思いつつも、

食べ終わってみれば、かなり満腹。

おいしいお店の多い界隈だなぁと、
改めて思った次第です。

神田餃子屋
東京都千代田区神田神保町1ノ4
営業時間 午前11時~午後11時、
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後8時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Tuesday, April 17, 2007

らぶラブとまと♪ Celeb de TOMATOのパスタコース

Sany0349Sany0352_1
Sany0351









家で作るパスタは、
トマトソースをきちんと使っていただきます。

それなりにおいしく作れるトマトソースなので、
なかなか外でトマトソースベースの
パスタを食べようとは、思わないものです。

でも。

このレストランは、
そのトマトにこだわった店。

えりすぐりのトマトやトマトジュース、
トマトソースを店頭で販売するばかりか、
中で食事ができるのがウレシイ場所なのです。

渋谷の青山学院大学の隣の通りを歩いていくと、
ホワイトカラーのこざっぱりとした店が現れます。

「Celeb de TOMATO」

”選ばれしトマトたちが奏でるシンフォニー”…。

だそうです。

店内に入ると、まずはさまざまな種類のトマトの
ショーケースが目に入ります。

赤いトマトはもちろん、黄色や緑…。
形もさまざまなものがあり、
トマト好きにはちょっとたまらない光景です。

食事のできる場所はその奥。
18席のこじんまりとした空間ながら、
スタイリッシュな造りです。

オーダーは

「パスタコース」1500円
トマト酵母スープ、
本日のパスタ、サラダ、パン、デザート、コーヒーまたは紅茶付き

本日のパスタは

「自家製トマトソースのポモドーロ」

トマト酵母スープは、半透明のジュース。
これ。トマトの酸味や甘みがギュッと凝縮されていて
一挙に食欲がわいてきます。

次に運ばれてきたサラダは

「北海道産の完熟桃太郎のサラダ」

完熟の上に追熟させたトマト。
そのただ1つがのせられた皿の美しいこと!Sany0350

しかも! 
ナイフを入れてみれば
この真っ赤な中身!

口に入れれば
みずみずしい、
さわやかなトマトの汁が広がっていきます。

トマトの下には、ポテトサラダがあるのですが、
このポテトサラダはちょっと塩がきつめ。

ところがその塩加減とトマトが合わさると、
トマトのうまさがさらに深まるから不思議です。

メインのポモドーロは、
そのソースのコクに驚きます! 

2時間以上じっくりと煮込んだトマトソースは、
塩加減もドンピシャ! 

ザクザク切ったトマトをさらっと炒めてから
このポモドーロのソースをからめたてあるので、
トマト本体の味わいも楽しめるのがうれしい限り。

もちろんお皿に残ったソースは、
パンにきれいにつけていただきました。

そしてデザート。

柑橘系のジュレ…かと思いきや。

なんと! 

「イエロートマトのジュレ」なのです。

Sany0348_1 イエロートマトは
シャキシャキとした
食感。

そのシャキシャキと
した感じど
甘いジュレの
組み合わせが
なんとも
おもしろく…。

そして
なんだかおいしい…。

最初から最後までトマト尽くしのこのコース。

かなり満足度が高いランチです。

帰りには、当然のように
ポモドーロソースを買ってしまいました。

これで、家で作るトマトソースがワンランクあがりそう…。

ちょっとハマってしまいそうなレストランです。

Celeb de TOMATO
東京都渋谷区渋谷2ノ2ノ2、青山ルカビル1階
営業時間 午前11時30分~午後10時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, April 16, 2007

スタイリッシュなダイナー。WOLFGANG PUCK EXPRESSのシーザーチキンサンドイッチ

Sany0342久しぶりに
原宿界隈へ…。

あまりの王道な
場所ですが、
なんとなく
フラフラと
竹下通りなどに
踏み込んでみました。

竹下通りの
駅からすぐの場所に
オープンしたのが

「WOLFGANG PUCK EXPRESS」

ウルフギャングパックカフェの
もっと気軽に楽しめるカジュアルレストランです。

ウルフギャングは、カリフォルニアのレストランで、
かの
アカデミー賞の受賞パーティーなどにも
腕を振るっているお店です。

店内は、スタイリッシュな落ち着いた雰囲気ながら、
ちょっとアメリカンダイナーの味が出ています。

オーダーは

「シーザーチキンサンドイッチ」1180円
フレンチフライまたはオニオンリング、ドリンク付き

サンドイッチのパンはガッツリと存在感のある
しっかりとした歯ごたえ。

中はチキンにベーコン、レタス、トマトに
シーザーソースがたっぷりとかかっています。

チーズのコクとともに、柔らかくてジューシーな
チキンの味わいが口の中へ。

サンドイッチは食べやすく3つにカットしてあるので、
ボリューム感がありながらも
パクパクと気軽にいただけます。

フレンチフライはちょっぴり、ガーリックテースト。
カリッとした揚がり具合が、自分好み。

ハンバーガーやピザ、肉料理など
アメリカンなメニューをじっくりと
味わいたいものです。

WOLFGANG PUCK EXPRESS
東京都渋谷区神宮前1ノ17ノ1、義富ビル1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Friday, April 13, 2007

港ヨコハマ気分を満喫。THE HOF BRAUのスパピザ

Sany0340_1「THE
HOF BRAU」

横浜・関内から
山下公園方面へ。

神奈川県民ホールの
裏手にある、

老舗中の老舗の
レストラン&バーです。

創業50年以上というこの店。

その昔、
横浜港に入港した外国船の乗組員などが、
この店にやってきて生ビールをグビリとやっていたとか。

オーナーはドイツ人で、
まさに港ヨコハマのイメージそのままの店です。

現在は経営者が変わったとのことですが、
店の雰囲気はそのまま、
メニューなども変わらずキープしているようです。

入り口はステンドグラスが施されたドア。

ドアを開けると、左手は長いカウンターバー。
重厚な仕切りがあって右手はテーブル席となっています。

アンティークな雰囲気そのままなのですが、
これが、その時代モダンなものとして取り入れられ、
そのまま、今にいたる…というような感じがして、
その歴史の長さをしみじみ感じてしまいます。

オーダーは

「スパピザ」750円
スープ、サラダ付き

プラス100円でコーヒー、または紅茶、烏龍茶が付きます。

このスパピザは、
昔からの定番メニューで、

ナポリタン風のミートソーススパゲッティの上に
たっぷりとチーズをかけてオーブンで焼いたもの。

スパゲッティやピザがご馳走だった時代に、
「どっちも両方食べたいな」といった
欲求を満たすために発案されたメニューなのではないでしょうか。

アツアツの鉄板にのせられて登場したスパピザは、

まずはそのボリュームにビックリ! 

たっぷりかかったチーズを切り分けながら、
パスタをクルクルさせてパクリ。

あっさりとしたトマトソースの味わいの中、
ピーマンやハムなどが加わって、
ナポリタンを彷彿させるような懐かしい味わい。

そして、ミートソースもたっぷりかかっているので
コクが増しています。

そこに焼かれたチーズの香ばしさ。

端っこのカリカリとした食感もかなりウレシイ。

ボリュームたっぷりではありますが、
絶妙なあっさり感で、
思いのほか食べられてしまいます。

こうした落ち着いたバーの雰囲気で、
生ビールを飲んでみたいものです。

THE HOF BRAU
横浜市中区山下町25、上田ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~9時30分、
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後9時30分
月曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Thursday, April 12, 2007

存在感の食感! 松阪のハンバーグ定食

Sany0338ここ最近、
スポーツニュースで
「松坂、松坂」と
連日連呼。

そんな中、
ついつい
考えてしまったのは

「松阪牛食べたいなぁ」
ということ…。

ちょっと安直ではありますが(苦笑)、
そんなワケで訪れたのが

銀座の中央通りを超えた、三原通りにある

「松阪 銀座店」

焼肉割烹の店です。

店名の通り、ここでは松阪牛のみを使った焼肉店です。

向かいの三原橋地下街にある
「牛かつ 松阪」は直営店で、
ざっかけなく松阪牛の揚げ物系が食べられますが、

こちらは、ちょっとかしこまっていただくような場所。

ランチは、松阪牛を使った焼肉定食のほか、
ハンバーグや焼きしゃぶなど、魅力のラインアップです。

注文は

「ハンバーグ定食」1000円
サラダ、ご飯、スープ、アイスクリーム付き

ハンバーグは和風おろしポン酢でいただきます。

ハンバーグに箸を入れると、
思いのほか力強い弾力。

口に入れてかみ締めれば、
肉を噛み締めている実感がわいてきます。

そこへやってくる肉汁…。
その旨味は、いつまでも口の中に残していたいほど。

肉という存在感をしみじみと感じてしまいました。

気づけばあっという間にハンバーグは小さくなっていきます。

普段では、なかなか足を踏み込めないような店のランチを
久しぶりに味わいました。

焼肉定食も…
次回はいただきたいものです。

焼肉割烹 松阪 銀座店
東京都中央区銀座5ノ10ノ13、東洋精米機ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~10時30分
(ランチは月~金曜のみ)。日曜、祝日、第1・2土曜定休)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 11, 2007

ツヤツヤプルルン~! 海南鶏飯食堂2の海南鶏飯

Sany0336打ち合わせの
前に、

久しぶりに友人と
ランチをしようと
いうことになり、

どこで
ランチするかを
考慮…。

あれこれ
話したいこともあるし、
ゆっくりくつろげる場所がいいなぁと
思った末に、
待ち合わせは恵比寿に…。

おなじみの

「海南鶏飯食堂2」

3ヶ月ぶりのランチ訪問です。

天気がまだまだよかったので、
大きな窓側の席に着きます。

ランチメニューは
海南鶏飯とカレーの2種類のみなのですが、

カレーは12時30分ころには確実に売り切れ…。

そんなわけで
確信犯的にオーダーしたのは、
もちろん、

「海南鶏飯」900円

相変わらずの、ツヤツヤとしたチキンを間の前にすると、
やはり、顔がほころんでしまいます。

ショウガ、チリソース、中国醤油を程よくかけて、
プリンプリンとしたチキンをひと口大に切り分け、
パクチーと一緒に
軽く混ぜ合わせます。

そうしてスプーンとフォークをうまく使いながら
ジャスミンライスと一緒に合わせて、パクリ。

弾力を残しながらも柔らかな食感のチキンに、
パラパラなほのかな香りがクセになりそうなライス、
ショウガやパクチーの風味が加わり、
味の五重奏が口の中で広がっていきます。

あれこれおしゃべりをしつつも、
手は決して止まりません。

ステキな時間をすごすことができました。

海南鶏飯食堂2
東京都渋谷区恵比寿1ノ21ノ14、
COSTA DE VERANO
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~11時。第3月曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (14) | TrackBack (0)

Tuesday, April 10, 2007

シャクシャクからホクホクへ。東京純豆腐の根菜純豆腐

Sany0284青山の店に
足を運んだのは、
多分昨年の夏ごろ。

その味に
ニコニコと
喜んでいる間に、

お店が4店舗に
増えていました。

そういえば

新宿にもオープンしたっけ…。

と、ふと思い出し、
今日のランチは、久しぶりにコレにしてみました。

「東京純豆腐 新宿店」

新宿通り沿いにある、
豆腐をメインにした韓国の鍋料理が楽しめる店です。

地下1階に降りて行くと、
テーブル席、
そして、ガラスの向こうで
ガンガンと火をたいて鍋を作っているキッチン、
それを囲むようなカウンター。

青山店よりこじんまりとした雰囲気です。

前回はオープン間もないころに行ったのですが、

メニューのラインアップが増えています。
あれこれ、どれにしようか
悩む楽しみができました。

オーダーは

「根菜純豆腐」900円
ナムル、キムチ、杏仁豆腐付き

純豆腐とは、
ニガリをうって固まる寸前のフワフワの豆腐のこと。

これをメインに、
アサリ、ネギ、シイタケ、芝エビ、貝柱、油揚げが
入っています。

根菜はゴボウとレンコン、山芋。

スープは
アメリカ仕込みの塩ベースか
韓国仕込みの味噌ベースが選べます。

サッパリと食べたかったので

塩ベースをチョイス。

そして辛さはベリーホット…。

オーダーが入ると、
ひとつひとつの鍋に素材を入れてグツグツ。

最後に卵を落としてできあがり。

グツグツの状態で目の前にやってきます。

卵をかき混ぜたい気持ちを抑えて、
まずはスープ。

魚介類のいいダシがたっぷりと含んだ風味が
口から鼻からグワワンと広がっていきます。

辛いは辛いのですが、
ダシのうまみに上手に混ざりこんで程よい刺激。

豆腐はフルフルな手ごたえで
口に入れればしみじみとした味わい。
アッツアツをハフハフしながらいただきます。

根菜の中で感動したのが
山芋。

はじめはシャッキシャッキとした
さわやかな歯ごたえだったのですが、
食べ進むうちに火がじんわりと通り、
ホクホクとした食感に! 

これが、なんだかとてつもなくウレシイ! 

壊さなかった卵の黄身を
ようやく壊してかけまわせば、
黄身らしいまろやかな口当たり。

スプーンにご飯をよそってスープに浸して食べたり、
ご飯にスープと具をぶっかけて食べたり…。

さらにナムルとコチジャンをご飯の上にのせて
そこにスープや豆腐をかけて
ワシワシと食べる…。

ボリュームたっぷり、大満足。

相変わらず元気のでるランチでした。

東京純豆腐 新宿店
東京都新宿区3ノ3ノ3、恩田セントラルビル地下1階
営業時間 午前11時~午後11時30分
(日曜、祝日は10時)
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, April 09, 2007

横浜ノスタルジー。SCANDIA GARDENのノルウェー人の家庭料理

Sany0331週の始まり。

気持ちも新たに
キッチリ
シャッキリとした
ランチが食べたいな
と思いました。

そこで
思い浮かんだ
レストランがココです。

横浜・関内、海岸通りのちょうど大桟橋に向かう
角に位置する

「SCANDIA GARDEN」

北欧料理の老舗レストランです。

実は、このレストラン。
ずっと前に松任谷由実さんがラジオで

「スカンディアのタルタ~ルステーキがおいしい~」

というコメントを聞いて、
タルタルステーキがどんなものかも知らないながら
「おいしそうだなぁ」と、思っていました。

と、同時に
大人のレストランで、きっと高いに違いない…と解釈。

建物もとても横浜開港の面影を残すような雰囲気で、
その前を通っても、
すっかり観光するべき「建物」として眺めていました…。

さて。
現実はというと、
2階はレストラン、
1階はウェイティングバーとしてもOKなラウンジ
となっています。

コース料理が5000円台からという、
やはり、決してリーズナブルではありません。

そのランチが! 

1300円台というのがうれしいではありませんか! 

ガーデンは1階のスペースで、
重厚で落ち着いた木目が基調。
大きな窓があるので、外の景色も楽しむことができます。

オーダーは

「ノルウェー人の家庭料理」1300円
パンまたはピラフ、コーヒーまたは紅茶付き

ノルウェーの家庭料理は、

「温野菜とエビ・ポーク・ポテトの3種のコロッケ風」です。

運ばれてきて驚いたのは、
そのコロッケ風が思ったよりも大きいこと! 

それが3つ並ぶという大迫力に、思わずニンマリ。

サラリとしたリペリンソースをかけていただきます。

まずはポテト…。

サクッとした衣の中には、
ゴロンとジャガイモの形を残しながらも
クリーミーな舌ざわりのできばえ。

アッツアツを口にほおばる幸せが楽しめます。

ポークは、
これまた肉汁がジュワ~ッと染み出る逸品。
細かく刻んだシイタケが、良いアクセントになっていて
肉のうまさを深めています。

エビは、
エビのクリームコロッケ…ではなく、
エビを細かくたたいて、それをまとめて衣をつけて揚げてあります。

細かく刻んでいるのに、プリップリの食感! 

それぞれ違う食感のコロッケを
思い切りいただける快感が味わえました。

また温野菜は、
ニンジン、ムラサキキャベツの酢漬け、
ブロッコリーのバター和えと、
野菜の味をたっぷりと味わうことができました。

ピラフは細かく刻んだマッシュルームが入った
バターピラフ。
程よい塩加減で、いい味わい。

添えつけのピクルスとピラフの組み合わせも
ぴったりと合っていました。

このメニュー、
2階でもランチで提供しているそうですが、
2階の場合は
これにスープとデザートが加わって1800円。

ボリューム感たっぷりの
オープンサンドのランチは1階だけだそうなので、
こちらもいただいてみたいものです。

あ。でも、やっぱり、
いつかはタルタルステーキも…。

楽しいひとときでした。

SCANDIA GARDEN
横浜市中区海岸通1ノ1
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Friday, April 06, 2007

あんかけスタイル。大豊記の特製麻婆豆富定食

Sany0328ランチどころを
探すのに
楽しい街・恵比寿。

今日は、
通称「たこ公園」界隈に
向かって歩いてみました。

このあたりは
恵比寿ラーメンとは
また違った、
ラーメン店が
かなり点在しています。

そんな店を横目で見ながら、
たどり着いたのが

「恵比寿餃子 大豊記」

店名の看板どおり、
「恵比寿餃子」なるものが話題の店です。

恵比寿餃子は、
イベリコ豚とプリプリのエビを使った
パリッとジューシーな餃子。

ランチタイムではこの餃子がいただけないのが
ちょっと残念。

それでも、ランチの種類が豊富なので、
あれこれ楽しめる店でもあります。

オーダーは

「特製麻婆豆富定食」800円
黒米入りご飯、水餃子、ザーサイ付き

黒米とは、中国皇帝に献上していた米で、
薬膳的な役割も果たしているといわれる米です。

特製麻婆豆腐は、
大きな豆腐の塊に、トロリとしたあんかけ風の仕上がり。

見た目にも初めての麻婆豆腐です。

プワンと香ってくるのは、
中国山椒と薬膳で使われるような、複雑な香り。

まずはあんかけを味見してみると…。

醤油ベースの甘みのあるソースです。

しばらくすると、ピリッとした辛さがやってきます。

豆腐を崩しながらいただけば、
ソースたっぷりで食べたり、
豆腐の味をかみ締めながら食べたりと
いろいろ楽しめるという発見も! 

豆腐は固めでしみじみとした味わいです。

この豆腐を崩したものとあんかけを
黒米入りご飯にのせていただけば、
じんわりとあんかけがご飯にしみこんで、
思わず目を閉じてうなずいてしまいました…。

店を出てからも口の中に残る後味…。
口当たりは甘いのに
ジワジワと染み出てくるこの辛さに
かなり満足。

次回はぜひとも恵比寿餃子を堪能したいです。

恵比寿餃子 大豊記
東京都渋谷区恵比寿1ノ14ノ8、ベルツリー恵比寿1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後5時~午前4時
(土・日曜、祝日は午後11時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Thursday, April 05, 2007

野菜たっぷり! place in the sunのベジタリアン

Sany0326田町で
打ち合わせ。

朝は寒かったものの
お昼どきは
ポカポカしていたので

ちょっと足をのばして
芝公園方面へ
行ってみました。

日比谷通りから
三田会館あたりを右折して、
ちょっと行ったところにある小さな店。

「place in the sun」

サンドイッチ専門店です。

店内は2人掛けのテーブルが8つと
本当に小さなスペースですが、
デリバリーもやっているので、
外からのオーダーもかなり入っているようです。

メニューはサンドイッチとハンバーガー。
中身のチョイスがいろいろあって
ワクワクしてきます。

でも。オーダーはシンプルに…。

「Vegetable-ベジタブル-」780円

午後1時30分まではランチサービス

プラス100円でフレンチフライ

プラス150円でドリンクが付きます。

ベジタブルは、
レタスとキュウリ、トマトのサンドイッチですが、
チェダーチーズもはさまれているのがポイントです。

トーストされたイギリスパンは、
そのトースト具合も食欲をそそるような香ばしさ感。

たっぷりのレタスに
スライスされたキュウリが引きつめられ、
トマトのスライス具合も分厚い…。

ガブリと思い切りかぶりつけば、

トマトのジューシーさと
シャキシャキとしたレタスやキュウリの食感が
口の中で広がっていきます。

さらにはチェダーチーズでコクが加わり、

またまたサンドイッチの楽しさを実感! 

フレンチフライもアッツアツの揚げたて。

サンドイッチと一緒にいただけば、
さらに味が広がります。

公園にテイクアウトして、
太陽の下でニコニコしながら食べたいランチです。

place in the sun
東京都港区芝2ノ7ノ11、芝園荘1階
営業時間 午前11時~午後9時、
土曜=午前11時~午後4時。日曜、祝日定休
(ランチサービスは午後1時30分まで)

映画ウンチク
BLOOD DIAMOND
-ブラッド・ダイアモンド-
☆☆☆☆☆

レオナルド・ディカプリオ主演。
アフリカで起こっている内戦の中、
家族がとらわれてしまった男…。
家族を救いたい一心のその男が
ピンクに輝くダイアモンドの原石を見つけたことを知るLeo。
Leoはダイアモンドを密売して
今の自分の生活から抜け出そうとたくらみ…。
そんな裏社会を暴こうとしているジャーナリスト…。
それぞれの思惑を抱えながら、出会う3人。

それぞれが必死に守ろうとするもの…。

そして、最後にそれぞれが選んだ決断は…。
長編映画ですが、
あっという間に時間が過ぎていきます。
私的には、この作品こそがアカデミー賞、
Leoこそが主演男優賞だ! と思っています…。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Wednesday, April 04, 2007

赤と黒。AMORのリゾットランチ

Sany0323_1久しぶりに
浅草に
やってきました。

浅草に来ると、
天丼やら
洋食やらと
老舗な店を
探しがちですが、

本日は
ちょっと普通に
イタリアンランチに
チャレンジです。

駒形橋のそばにある

「AMOR」

昨年オープンしたイタリアンバーです。

扉を開けるとすぐにあるのが
シャンデリア。

赤と黒を基調とした店内は、
なんとなくゴシック調…。

すわり心地のよさそうなカウンターと
テーブル席で、
広々とした空間を作り出しています。

オーダーは

「リゾットランチAコース」900円
サラダ、ドリンク付き

本日のリゾットは

「地鶏と春キャベツのクリームリゾット」 。

オーバルなプレートに盛られてきたリゾットは、

やわらかくシャキシャキとした
甘い風味のキャベツが印象的。

コロコロとした地鶏も柔らかに仕上がっています。

クリームソースはアッサリとした仕上がりで、
パクパクと食べ進むことができます。

下町の浅草でいただくイタリアン。
たまにはこんなランチも楽しいなと
思ったひとときでした。

AMOR
東京都台東区駒形2ノ7ノ5、前川ビル1階
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~11時30分
(ランチは月曜~金曜)

映画ウンチク
STEP UP
☆☆☆☆

ヒップホップダンスの上手なストリートボーイと
バレエダンサーを夢見るアートスクールに通う彼女。
出会うことのない2人が出会い、
彼女の情熱に心ひかれて、
その夢に向かって一緒に
ヒップホップを取り入れたようなバレエを
生み出していく。
そうしていくうちに、
これからどう生きていくのか…。
人生ときちんと向かい合うことに大切さ…。
そんなことを、ストリートボーイズ仲間との
あれこれも交えて物語が進んでいきます。
夢に向かう情熱の大切さ。
努力の向こうにある、努力した人だけがつかめる
「それ」を、しみじみと実感できる映画です。
青春だ!

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Tuesday, April 03, 2007

シアワセな瞬間♪ Bistro Vegetable Marketのシェフの気まぐれランチ

Sany0320Sany0321_1
Sany0319

さて。

連チャンの横浜・関内です。

というのも、先日とても気になる店があったのですが、
満席で入れず。

時間をずらしてみたものの、
やはり満席。

なくなくあきらめたものの、
近々中に行かなくては! と心に誓い…。

ところが、昨日はオープンしておらず…。

こうなると、何が何でも食べたい~! と、
わざわざ関内に寄ってみた本日なのでした。

話題の吉田町。

伊勢佐木町のメインストリートから
「野毛おでん」のあるほうへ曲がった、
その角の隣にある、

「Bistro Vegetable Market」

ひっそりとした店構えながら、
イエローとオフホワイトの気持ちのいい雰囲気の
ビストロです。

店内は8テーブルのみ。

シェフは「都ホテル東京」で5年間フレンチの経験を積み、
代官山の「Salvatore」、
横浜・元町の「BRASSERIE T’s」で4年間…などを経て

2004年にこの店をオープンしたそう。

店名の通り、
野菜を中心に素材にこだわった料理が楽しめます。

オーダーは、
ランチセットは1種類のみ。

その名も

「シェフの気まぐれランチ」950円
サラダ、メイン、パンまたはライス、ドリンク付き

本日の気まぐれメニューは

「クスクスのもりもりサラダ」
「ポークフィレ肉のポワレ 和風ガストリックソース
たたき竹の子の梅しそ風味 だいこんのコンソメとおくら添え」


サラダはレタスがたっぷり。
その上にクスクスがちりばめられています。

特製ドレッシングは、さっぱりとしたコクのある味わい。
これがクスクスに程よくしみこんで、
ほっこりとした食感でいい塩梅。
レタスと一緒にいただくと、
シャクシャクホクホクと楽しい。

ポークフィレ肉は
表面はカリカリと香ばしく、
中は弾力を感じられるやわらかさ。

かみ締めるほどに、
弾力を感じつつ豚肉のうまみが広がります。

ソースは甘めなのですが、
しみじみと懐かしさを感じさせます。

肉の上にのっている
竹の子の梅しそ風味と一緒にいただくと、
梅の酸味とソースの甘さが合わさり、
味にふくらみが増していきます。

ダイコンはジュジュジュとジューシー。
これと一緒にいただくのも美味。

またオクラと一緒に梅しそ風味の組み合わせもマル。

素材の1つひとつを丁寧に扱った料理は、
本当にシアワセな気分になれます。

アフタードリンクも
コーヒーやハーブティーのほか、
ロイヤルミルクティーなどもあって、かなりうれしい。

気まぐれランチなだけに、
近々中に再度たずねてほかの料理も味わってみたいです。

Bistro Vegetable Market
横浜市中区吉田町2ノ7
営業時間 正午~午後2時、午後6時~10時
日曜、第一・三月曜定休

映画ウンチク
HAPPY FEET-ハッピーフィート-(字幕版)
☆☆☆☆☆

皇帝ペンギンのコロニーで生まれたマンブル。
皇帝ペンギンは愛の歌を歌うことが伝統なのに、
マンブルは歌は歌えず、タップダンスが上手。
そんなマンブルを理解してくれたのは、
皇帝ペンギンではなく、アデリーペンギンの仲間たち。
自分自身をわかってもらうために、
エイリアン(実は人間)に会って、
減ってきている魚を取らないで! と訴えるために…。
マンブル! 
人間、そんなにやさしくないかもよ! 
と、思わず手に汗握ります。
だけど…。
自分のアイデンティティを大切にしている彼を
ずっと見ていると、なんだかそのけなげさに
涙がでてきます。
そして元気が出てきます。
字幕で見ていると、イワトビペンギンは
スパニッッシュなまりの英語で、
世界にはいろんな仲間がいるんだよって
よくわかるようにできています。
吹き替えもそうなのでしょうか・・・。

ペンギンの動きがかわいらしすぎで、
ダンス姿を見ているだけで幸せになれます。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, April 02, 2007

トロトロ~♪ ラタトゥイユのプレートランチ

Sany0314_1横浜・関内。

入ってみたいな…と
思って
足を向けるたびに

「料理教室」を
開催していて、
なかなか
縁のなかった
レストラン。

本日。

たまたま店の前を通ると、
通常のランチ営業をしていたので、
このチャンスを逃しては…とさっそく入店しました。

「レストラン Ratatouille-ラタトゥイユ-」

昨年石川町から関内へ移転してきた、
フレンチビストロです。

こじんまりとざっかけない雰囲気の店内。

料理教室を開催しているくらいですから、
常連客も多いようです。

オーダーは

「プレートランチ」1200円
サラダ、パン、ドリンク付き

本日のランチは

「豚バラ肉のトマトソース煮込み」

ワンプレートに豚肉の煮込み、
パンとサラダ、付け合せのポテトとニンジン。

パンはフランスパンの端っこを使ってハート型になっているのがご愛嬌。
バターもハートに型抜きされていました。

豚バラ肉は、ナイフを入れると
トロトロにとろけるように切れていきます。

口の中に入れればトロ~ン。

トマトソースはクリーミーで、思わずほっとしてしまうような
やさしい味わいです。

スナックエンドウやブロッコリなどの野菜は、
野菜のうまみを残したまま、
それぞれの甘味が感じられるできばえ。

野菜は横須賀産を使用しているそう。

ジャガイモもホクホク、ニンジンも甘く、
野菜のうまさにニコニコとなっていきます。

サラダもクレソンなどを加えたアクセントのある味。

ソースと野菜の旨味、
そしてトロトロの肉の組み合わせに満足のひとときでした。

レストラン Ratatouille
横浜市中区住吉町3ノ37、村山ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時
(土曜、祝日=正午~午後2時30分)、
午後5時30分~9時。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« March 2007 | Main | May 2007 »