« January 2007 | Main | March 2007 »

Wednesday, February 28, 2007

あっさりサックリ。洋食フリッツの日替わりランチボックス

Sany0242久しぶりに
赤坂見附界隈。

どの辺を
狙おうかなぁと
思いながら、

今日は
横断歩道を渡って、
東急プラザ側を
ウロウロしてみました。

しゃきんとそびえたっているのは、

プルデンシャルタワー。

ここにあるレストランたちは、
ビルの内側からも外側からも
エントランスが用意されています。

その中から選んだ店が

「洋食 フリッツ」

フリッツ…とんかつやカツレツなど
フライものを中心にした洋食が楽しめる店です。

店内は明るく開放的。

昭和を忍ばせるようなポスターなどが飾られ、
ちょっと懐かしさを忍ばせつつも
ホワイトを基調としたモダンな雰囲気です。

カウンターは7人ほど、
テーブル席は5つほどとこじんまりとした店内ですが、

洋食をおいしくほおばっている人たちばかり…。

オーダーは

「日替わりランチボックス」1050円
ライス、味噌汁、お新香付き

メンチカツが特製ということで、
そちらのメニューもひかれたものの、

あれこれいろいろいただける、
バラエティに富んだランチボックスが気になり、
決定した次第。

本日のメニューは、
・蒸し鶏のサラダ
・串揚げ(串かつ、串海老、ポテト)
・ポークジンジャー

蒸し鶏のサラダは、
レタスにブロッコリー、キュウリにトマト、
絹さやなど、野菜がたっぷり。
そして、蒸し鶏とポテトサラダ。

野菜の一つひとつが丁寧に包丁を入れてあり、
それだけでもかなり感動的。
(写真に写りきれていないのが残念)

ゴマ風味のドレッシングでいただきます。

串揚げは、
どれもこれも薄い衣で、
それなのにサックリ。
揚げ物なのにあっさりとお腹に収まってしまいます。

エビはプルンッとした食感。
串かつはジューシーなネギの味わいと肉が見事にマッチ。
ポテトはホクホク。

ポークジンジャーもあっさり仕上がっていて、
下にひいてあるタマネギのスライスとよく合っています。

これだけのおかずをいただきながらも、
本当にあっさりと食べ切れてしまうのが不思議。

ボリュームも程よく、お腹は大満足です。

次回はぜひ、メンチカツやコロッケなども
楽しんでみたいものです。

洋食 フリッツ
東京都千代田区永田町2ノ13ノ10、
プルデンシャルタワー1階
営業時間 午前11時15分~午後2時30分、
午後5時15分~9時30分。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, February 27, 2007

ッテキ~ラッ! GIPSY-KID’SのCランチ

Sany0238はっきりと
夢の内容を
覚えて
目覚めた今日。

気づくと、
なぜだか、
頭の中は
「テキーラ! 」。

そんな夢では
なかったのに…。

「テキーラ」といえば、

ニューヨークの地下鉄で、
サックスパフォーマーが
この曲を奏でていたのですが、
反対側のホームから、
例の合いの手

「ッテキ~ラッ! 」と入れていて、
なんだか
ちょっとほのぼの、

これぞニューヨークだよなぁという
瞬間がありました。

それはともかく…。

横浜で「テキーラ! 」といえばココ。

横浜駅西口から徒歩6分ほど。

川沿いにある

「GIPSY-KID’S」

今年13年目を迎える
メキシカン&スパニッシュのレストランバーです。

店構えがメキシコらしい漆喰風の壁と色合い。
店内は木のぬくもりにあふれた、
ロフトや座敷も兼ね備えた雰囲気で、

横浜では
こういったテーマ性を持った店の
パイオニア的存在でした。

ランチは日替わりで、3種類。

選んだのは

「Cランチ」800円
スープ、サラダ、ドリンク付き

Cランチとは…。

パスタランチ…。

テキーラなのに、なぜにパスタ?

今日のパスタは

「木の子と竹の子と白菜のアンチョビソースのパスタ」

この素材の組み合わせに惹かれてしまったのが、
その理由です。

サラダ、スープ、ドリンクは
ブッフェ形式で、好きなだけ取り分けることができます。

サラダはリーフサラダをベースに、
トマトやゆで卵、コーン、パスタサラダ、海草など
トッピングが豊富。

しっかりと野菜がとれるのがウレシイところ。

パスタは、
シイタケにマッシュルーム、マイタケ、シメジと
キノコの種類がたっぷり。

その食感にシャキシャキの白菜、
コリコリのタケノコの食感が合わさって、
口の中がなんだか楽しくなってきます。

白菜のジューシーさも魅力的。

アンチョビの塩加減もほどよいできあがりでした。

夜メニューには、もちろんタコスもあり、
しかも、現在月曜は半額でいただけるとか…。

これはやっぱり夜に出かけて
タコス&テキーラを楽しみたいです。

GIPSY-KID’S
横浜市西区南幸2ノ20ノ12、タイヨウビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~午前2時(金・土曜、祝日の前日は午前4時)
(ランチは月~金曜のみ)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Monday, February 26, 2007

辛さと酸味…。ゴマ屋の酸辣麺

Sany0236今日は
門前仲町で
打ち合わせ。

お昼を
ちょっと過ぎた
時間に終了。

さて…。

どの辺に何があるのか
わからないままウロウロ。

イタリアンにしようかなぁと、めぼしをつけつつ、
ほかにも何かあるかなぁとリサーチしていると、

なんだか気になる店を発見してしまいました。

ラーメン屋の雰囲気はしないのですが、
ラーメン屋でした…。

「今、ラーメン食べたいか? 」と
自問自答しつつ…。

そのラインアップに引かれて入店してしまいました。

「東京坦々麺本舗 ゴマ屋」

店名のとおり、坦々麺を売りにしている店です。

店内は白いコの字のカウンター。
BGMにはジャズ系が流れる、
オシャレな雰囲気です。

メニューは坦々麺と、酸辣麺、普通のラーメンを軸に、
ネギや排骨、ザーサイなどが加わるラーメンとなっています。

注文は

「酸辣麺」750円

名前のとおり、辛くて酸っぱいスープのラーメンです。

運ばれてきたどんぶりは、
ネギがたっぷり。

スープをひと口飲んでみると、
醤油ベースのスープの中に、
酸味が先に感じられ、その後に唐辛子の辛さがやってきます。

酸味があるぶんさっぱりといただけます。

黒酢が添えられてくるので、
好みで加えてもOK。

黒酢は好きなので、加えてさらに酸味を強くしていただきます。

麺はストレートの細麺で、
スルスルとのどを通っていきます。

食べ進むうちに、ゆずの香りもしてきて、
それが、また楽し。

辛さ控えめとはいえ、酸味もあるおかげで
だんだんと体がポカポカになってきます。

近くにあったらいいなぁ…と思える店でした。

東京坦々麺本舗 ゴマ屋
東京都江東区永代2ノ31ノ5、内田ビル1階
営業時間 午前11時~午後9時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 23, 2007

どんぶりめしの快感。台南担仔麺の牛肉飯セット

070223_12560001あれが
食べたい! 

と確固たる
気持ちがなく
フラフラと
通りを
歩いているときは、

やはり、
店の前にある
看板の印象が
決め手となります。

水道橋から神保町に向かっていたときに、
なぜか、気になってしまった看板。

「台南担仔麺」

台南の屋台小皿料理が楽しめる店です。

2階に上がっていき、扉を開けると、
丸いテーブルが並ぶその様子は、
本当に台湾屋台のような雰囲気です。

店名にもなっているとおり、
麺類を頼むつもりでしたが、
メニューを見ているうちに、
どんぶり飯が食べたくなってしまい、
これをオーダー。

「牛肉飯セット」750円
スープ、漬物付き

牛肉飯は「ニューローハン」と読むそう。
その音がちょっと楽しい。

担仔麺は屋台そばで、
ラーメンのルーツとも言われていますが、

牛肉(ニューロー)にもご飯ではなく麺もあります。
これは辛味のスープと一緒にいただきます。

で。

オーダーしたどんぶり。
牛肉を醤油でトロトロになるまで煮込んだモノが
ニューローです。

それをご飯の上にのせ、
一緒に煮込んだゆでたまご、厚揚げものせます。

高菜とチンゲンサイものっています。

牛肉は箸を入れるだけでホロリとほぐれるほどに
しっかりと煮込まれています。

八角など中国系の香りもただよいつつ
醤油が程よく染みわたり、とろけるような食感です。

煮込んだソースは
トロトロのあんかけのようなソースになっていて、
これがご飯にしみこんでいくのも、イケます。

テーブルの上のラー油をちょっとたらすと
ごま油の香ばしさで、うまみが増していきます。

スープは野菜たっぷりのチキンスープ。
このスープもホッとできる味わい。

小皿料理をいろいろ頼みつつ、
紹興酒などを飲み交わしたい店です。

台南担仔麺
東京都千代田区西神田2ノ1ノ13、十勝ビル2階
営業時間 午前11時~午後2時30分、
午後5時~午前0時(土・日曜、祝日は11時)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 22, 2007

オリーブオイルのチカラ…。della collinaのパスタランチ

070222_12430001070222_12350001_2
恵比寿南辺りで
ランチをしようと、

坂を上がっていると、
ビルの2階のイタリアンレストランを見つけました。

「ristorante della collina」

昨年12月にオープンした
丘の上の小さなレストラン…です。

店内は中央に8人がけの木のテーブルが置いてあり、
それを囲むようにテーブル席。

壁に沿ったソファもあって、
クッションなども置いてある、
なんだか家のリビングにいるような雰囲気です。

オーダーは

「パスタランチ」1000円
パン、小さな季節の野菜サラダ、カフェ付き

パスタは本日のパスタ5種類から選べます。

選んだのは

「アサリと菜の花のスパゲッティーニ」

オーダーがすむと、
テーブルには、
黄色に輝くオリーブオイルをのせた皿が
運ばれてきました。

さらに電動のソルトミルとペッパーミルで
ガガガーとオリーブオイルの上に
振りかけてくれました。

コレ、パンにつけるオリーブオイル。

そのパフォーマンスで、
ちょっとウキウキした気分になってきます。

早速パンにつけて食べてみると…。

さわやかなオリーブオイル! 
パンもカリッとしながらもふんわり.。。

塩も胡椒もいい塩梅です。

オリーブオイルはナポリ産のものを使っているそう。

これがおいしいと、
メインのパスタにも期待が膨らみます。

サラダは、ふんわりともられたリーフサラダ。
ハーブな香りとチーズの風味で、
さらに食欲がそそられます。

アサリと菜の花のパスタは、
菜の花のさわやかな苦味と茎の部分のホッコリとした食感、
ぷっくりとしたアサリの食感が楽しい、
春の味覚。

オイル系のパスタでしたが、
アサリと菜の花とオリーブオイルという
王道な組み合わせに脱帽です。

最後のコーヒーまで、
ほっとするほどおいしく、
夜にゆっくりと、いろいろ試したいレストランです。

restorante della collina
東京都渋谷区恵比寿南2ノ9ノ4、2階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~午前0時(土曜は午後11時)
日曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, February 21, 2007

ノスタルジー♪ CJ CAFEのMissマイアミ

Sany0234横浜・関内から
海に向かって
歩いていくと、

「海岸通り」という
通りに
突き当たります。

ここは、
昔ながらの建築物や
老舗レストランなどがあり、
古き良き横浜の
西洋の香り漂う雰囲気の場所です。

この通りにあるのが

「CJ CAFE」

アメリカンスタイルのレストランです。

白いペンキを塗った木の壁とドア、
中に入ると、
西部のバーにあるようなスイングドア。

そして店内は、
アメリカンカントリーの雰囲気。

ファイヤーキングのカップがディスプレイされたり、
アメ車関係のポスターやナンバープレートなど、

あちこち見ているだけで、
ワクワクしてくる店です。

オーダーは

「Miss マイアミ」900円
スープ付き

これはバターライスを卵で包んだオムライス。
そのまわりにトマトクリームソースがかかった一品です。

メニューが来るまで、壁などをあちこち見ていると、
このメニューに関するストーリーがありました。

「ハリウッドを目指すソフィアは、
家出同然でLAへ。
1年経ってもあまり仕事がなく、
そんな状況を親に連絡できずにいる自分。
でも思い出すのは家族と
トマトソースのオムライスの母の味…」とか。

そんなストーリーに思いをはせながら待っていると
登場したオムライス。

オレンジ色に近いトマトクリームソースは、
フレッシュな酸味とコクのある味わい。

卵はしっかり焼かれているけれど、
ピカピカと光る厚みのある食感。

バターライスはミックスベジタブルの入った、
どこか懐かしい味。

この3つを一緒にしていただくと、
酸味、卵の食感、バターのうまみが
見事にマッチして、
思わずニッコリしてしまう味わいなのです。

ソースがいい! 

BGMには70年代を中心にした
アメリカンポップスが流れ、
本当に居心地のいい空間。

いつまでも、ここでのんびり過ごしたくなってしまうような
空気が流れているのでした。

ハンバーグやピザなども
ぜひぜひ食べに訪れたいです。

CJ CAFE
横浜市中区海岸通り1ノ1、並木ビル1階
営業時間 正午~午前2時
(ランチは月~金曜の午後2時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (12) | TrackBack (1)

アッツふんわり! Stone Burgの石焼ハンバーグ180g

Sany0213_1川崎に
来るたびに、

この店の前を
通っているのですが、

何しろ
いつも行列。

オープンして
かれこれ
半年近く経つのですが、
まだまだ人気衰えず…な
店です。

行列するのは、イヤだな…と思うものの、
いつまでたっても
ありつけないのは、悲しかったので、

万を期して並ぶことにしました。

「Stone Burg」

石焼ハンバーグとステーキの店です。

特製の石焼プレートで
好みの焼き具合で肉の旨味が楽しめます。

店内はカーボーイハットをかぶったスタッフなど、
アメリカ西部な雰囲気。

オーダーは

「石焼ハンバーグ180g」930円
「和食セット」350円

和風セットは
ご飯、味噌汁、浅漬けのセット
です。

ちなみに洋風セットは、
パンとサラダ、スープのセット。

ソースは6種の中から
ピリ辛ジンジャーをセレクトしました。

アッツアツの石プレートにのせられたハンバーグは
棒状。
スタッフが目の前で半分に切り分け、
中を石焼きしていきます。

ここでどのくらいの焼き具合がいいかを
自分で決められるのです。

ほんのり肉の色が変わったころ、
ソースをかけると

ジューッという気持ちいいくらいの音。
食欲が一気にわいてきます。

肉にナイフを入れると、
ジュワジュワの肉汁がしたたりながら
ふんわりと崩れていきます。

肉はオージービーフ100%で、
とろけるようなやわらかさ。

ジンジャーと唐辛子がきいたソースもいい塩梅です。

添えつけのコーンも
程よく香ばしく焼かれて、たっぷり楽しめます。

最後までアッツアツなハンバーグを堪能できました。

並んだからには、
やっぱりハンバーグやステーキ! となってしまいますが、

2色のふんわりオムライス…も
気になるメニューです。

Stone Burg
川崎市幸区堀川町72ノ1、ラゾーナ川崎4階
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, February 19, 2007

弾力のあるやわらかさ。TONTOROのロースグリル

Sany0232久しぶりの
横浜です。

駅から、
ちょっと
奥まったところに
行ってみることに。

川を渡ったところにある
ブタのマークの店が
前から
気になっていました。

ランチはないのかなぁと、
久しぶりに前を通ってみると、
なんと、ランチをやっている! 

さっそく入ってみました。

「TONTORO」

三元豚や博多地鶏などが楽しめる
ダイニングです。

入り口は小さいのですが、
中に入ってみると、思いのほか広々。

オフホワイトを基調とした、
モダンな雰囲気の店です。

オーダーは、

「ロースグリル」800円
ご飯、スープ付き

スープは鰹節がたっぷりきいたスープで、
なんだか飲んでいると食欲増進です。

豚ロースは、
程よい焼き加減。

ナイフを入れると、
ブルルンと弾力を感じます。

そして柔らか。

きれいにナイフが入ります。

柔らかい肉をかみ締めていると、
そのたびに肉の旨味が膨らんでいきます。

脂身部分もジュワッと甘い。

焼酎も充実しているようなので、
夜もじっくり料理を楽しみたい場所です。

TONTORO
横浜市西区鶴屋町3ノ35ノ11、西東ビル1階
営業時間 正午~午後1時30分、
午後6時~午前0時(日曜、祝日、月曜は午後11時)
土曜=午後6時~午前1時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 18, 2007

まなてぃのはなし13

Sany0179

生まれたてのマナティには、
会ったことはありませんが、

Babyマナティは
体長160cm強といったところでしょうか。

オスとメスの見分け方というのは、
ヒレ・・・というか、腕といったほうがいいのでしょうか、
わきの下部分をチェックすることです。

というのも、
メスマナティの乳はわきの下にあるからです。

Babyマナティは、
このわきの下をハグハグして
お乳を吸うのですが、
その姿を見られるのは、結構稀だと
現地ガイドは言っていました。

でも、
マママナティと子マナティがじゃれつく姿は
結構見ることができ、
その姿を見るたびに、顔が緩んでしまうのです。

ところで、
メスマナティとオスマナティの見分け方は、
実はほかにもあります。

なんと、オスマナティのほうが鼻が長いのだそうです!

よ~く観察してみると、
確かにメスマナティのほうが、
鼻先が丸い印象なのです。

そして。

子どものマナティは、
体がイボイボしているのも特長。

これは殻をまとったような状態で生まれてくるかどうかは
さだかではありませんが、

成長するにつれ、
このイボイボがなくなってくるようです。

確かに今回2頭の子マナティを見ましたが、
大きさも多少差があり、
大きいほうがイボイボ度が少ないのです。

そうして大人になるにつけ、
スベスベとした(とはいえ、象肌なのですが・・・)感じの
体になっていくようです。

さらに大きくなってくると、
今度はあまり動かなくなってくるので、
体にコケが付いてくる...。

年齢まではわかりませんが、
こういう視点で見ていくと、
だいたいのマナティ年齢というのが
わかってくるのです。

もともと大きな生き物で、
しかもその成長ものんびりしたものなのですが、

子マナティのイボイボが取れていく姿を
見守っていきたいものです。

そういえば、
いつも会うことのできる
(その認識は尻尾で判断しています)
子マナティ、以前よりイボイボ少なくなっていたような...。

さて。

この写真のマナティは、
子どもでしょうか大人でしょうか?
わかりますか?

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 16, 2007

スタイリッシュにサクッと...BARBARA PORTABLEのポータブルランチ

Sany0230新宿にて
午前中から
昼を
大きく過ぎるまで
打ち合わせ...。

すっかり
ランチタイムを
逃してしまいました。

こんなときは、
サクッといただき、次の移動をしたいもの。

電車にもすぐに乗れるのが便利と利用しているのが、

ルミネ2・1階にある

「BARBARA PORTABLE」。

昼はデリカテッセン・カフェ、
夜はプラム・バールの店です。

おにぎりを中心としたデリメニューと
種類豊富な梅酒がそろっているのです。

ブラックとシルバーを基調にした店内はスタイリッシュ。

カフェテリアのように好きなものを選び、
最後にドリンクを選んで清算。

セルフサービスながらオシャレな雰囲気が魅力です。

ランチのセットもあって、選んだのは

「ポータブルランチ」650円
好きなおにぎり1個、4種のスープから1つ、
5種のデリから1つを選べます

本日のチョイスは

おにぎりは「高菜巻きしめじうま煮」
スープは「焼きなすと白インゲン豆の和風ミネストローネ」
デリは「牛肉とごぼうのしぐれ煮」

ふんわりとしたむすび具合のおにぎりの中に
シメジのうま煮がちょこん。
巻いてある高菜でさっぱりとした味わいです。

スープには焼きナスやニンジンなどがたっぷり。
豆の旨味もかみ締めるほどに味わえます。
もちろんトマトベースのスープもいい塩梅。

牛肉とゴボウも柔らかく煮込まれ、
即席なランチとはいえ、
満足できるひとときが過ごせました。

ここなら、サクッと一人飲みしてから
電車に乗って帰宅できそう!

BARBARA PORTABLE
東京都新宿区新宿3ノ38ノ2、ルミネ2・1階
営業時間 午前8時~午後11時
(ランチは午前11時~午後4時)

映画ウンチク
DREAM GIRLS
☆☆☆☆

シュープリームスとダイアナ・ロスを
ベースにして作られたミュージカルの映画化。
夢見る3人の歌手がプロデューサーに見出され、
成功するまで...。
だけれど、そこに行き着く前に立ちはだかる
恋愛、憎しみ、ビジネス...そして歌への愛情...。
あれこれがからみあいながら、
感動の最後を迎えます。
とにかく歌がパワフル! 
ゴスペルをず~っと聞いているような、
そんな感覚が味わえます。

ただ...。ジェイミー・フォックスと
エディ・マーフィーの顔つきを見ると、
つい笑ってしまう自分もいますが...(苦笑)。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 15, 2007

サックリふわっ。食通 ゆたかの穴子天重ランチ

Sany0226今日は
羽田周辺を
街歩き…。

空港ではなく、
京急羽田線
沿線を
歩いたのですが、
素朴な雰囲気の中、
商店が充実していて
歩いていて楽しい
エリアです。

さて。

羽田…といえば、
穴子でしょう! 

と、穴子が食べられる店を探します。

「食通 ゆたか」

「穴守稲荷」駅から5分くらいのところにある、
鰻や天ぷらなどが楽しめる店です。

店内には、
たくさんの色紙…。
テレビロケなどが多く行われている
店でもあるようです。

とはいえ、
カウンターは4席、テーブルは6人席が1つ、
座敷が10人くらいと
こじんまりした雰囲気で、
店の人も気さくな応対なのです。

注文は、

「穴子天重ランチ」840円
赤だし、香の物、フルーツ付き

穴子天は2切れ。
丼つゆがたっぷりとかかったご飯。

穴子は衣がサックリ、中がふんわり。
サクサクふわふわの食感と
甘めの丼つゆがいい塩梅。

ご飯もツヤッとしています。

ご飯と穴子をバランスよくいただいているうちに、
気づけば、あっという間に食べきってしまいました。

お酒もいろいろそろえているようなので、
夜も楽しいかもしれません。

食通 ゆたか
東京都大田区羽田4ノ22ノ9
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~9時。火曜、第2水曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 14, 2007

モダンな立ち食い…。そば処 錦のとりそば

Sany0224本日は
神田界隈に
出没。

結構久しぶり。

ここのランチ処は、
どの道を行っても
気になる店が多く、

あまり足を向けていないと
どこに
焦点を向けたらいいのか、
わからなくなってしまいます。

どうしようかなぁ…と歩いているときに、
ふと暖簾が気になって足を止めたのが

「そば処 錦」

白い大きな暖簾のその先をのぞいてみると…。

どうやら立ち食いそば屋のようです。

右側に厨房。

その前には白木の大きなテーブル。
奥にはカウンター。

そのモダンな雰囲気は、
以前行ったことのある
MINATOYA」の雰囲気に似ているかもしれません。

ということは…もしや大盛り?

とちょっとひるみそうになりましたが、
ものは試し…ということで、

思い切って入ってみました。

メニューは全部で5種類。

その中から

「とりそば」800円

を選んで、まずは先払い。

厨房の前のカウンターに
木のチケットを置くと、
すぐにとりそばが出てきました。

太めに切った黒いそば。

「どっひゃ~! 」と
驚くほどの大盛りではなく、
内心ちょっとほっとします。

とりそばのつゆは、
ちょっと甘めの濃い味。

ゴマがたっぷりと刻みネギ、
そして鶏肉が入っています。

鶏はホロリくずれるような食感です。

存在感の大きいそばと
きっちりと受け止めるそばつゆとのバランスは、
食べていて気持ちがいい! 

ゴマの風味もいい具合にからんできます。

テーブルには
天かすと生卵、七味が置いてあり、
これは自由に取ってOK。

途中で天かすを入れると、
そのカリカリからしっとりつゆがしみ込み、
いい塩梅です。

さらに、生卵を投入すると、
全体的にマイルドな味わいに変化。

最後はもちろんそば湯を入れて
つゆをたのしみます。

こういったモダンでオシャレ系な立ち食いそば…。
流行っているのでしょうか…。

店を出てからしばらくすると、
なんだか、また食べたい衝動にかられてしまうのでした。

そば処 錦
東京都千代田区神田小川町3ノ7ノ13
営業時間 午前11時~午後5時。
土・日曜、祝日定休

映画ウンチク
The GUARDIAN
守護神
☆☆☆☆

久しぶりのケビン・コスナー主演映画。
アメリカのレスキュースイマーを演じる
ケビンは伝説と言われる役柄。
海難事故の救出をいくつもやり遂げるものの、
40歳になってバディを助けらない状況に遭遇。
しばらくレスキュースイマーを育てる
Aスクールで教鞭を取るのですが、
ここで、優秀なでも翳りを持つ青年と出会うのです。
いろいろなことがあって、
彼との信頼関係、
そしてレスキュースイマーと育て上げ、
自分も現場に戻るも…。
人の命を助けるときの
その困難な状況のときの自分のありかた…。
生命を助けることの、その重さを
しっかりと感じられる映画です。

エンドロールの
ブライアン・アダムスの歌もしびれます。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, February 13, 2007

ワクワクするプレート。COOPERSのピアットウニコ

Sany0222久しぶりに
丸の内
界隈でランチ。

新しいビルが
ドンドンと
建てられていると、

はて。
このビルは
最近建ったのか、
もうとっくに
建っていたのか…。

ちょっと混乱してしまいます。

そんな中、たぶんまだ新しいビルと思われる、

三菱ビルヂングへ。

丸ビルと道を挟んで隣のビルです。

この地下1階にあるのが

「COOPERS」

ガストロパブと呼ばれるパブレストランです。

カジュアルでモダンなブリティッシュフードを取り入れた
パブのことで、
イギリス、ロンドンで急増中なのだとか。

ガストロとは美食の意。

店内は、
誰かの書斎に紛れ込んだような、
重厚でモダンな雰囲気。

ゆったりとソファに座ってランチができるのが魅力です。

オーダーは

「ピアットウニコ」1050円
パン、サラダ、本日のパスタ、
メインの肉または魚、デザート付き

ピアットウニコとは、
ワンプレートという意味合いで、
ようは、
ワンプレートランチを満喫できるというワケ。

パスタは
「明太子としらすのクリームソース」

肉は
「若鶏の唐揚げ 油淋ソース」

魚は
「カジキマグロのチーズ焼き ラタトュユ添え」

で。
「若鶏の唐揚げ 油淋ソース」
セレクトしてみました。

1つのプレートにのった
パスタや唐揚げ、サラダ…。

その品数の多さに、思わずにっこり。
ついついワクワクしてしまうプレートです。

パスタは
明太子がほどよくパスタにからみ、
シラスはウニと和えててっぺんにのっています。

このウニ風味のシラスと明太子クリームが
なんともいえない、まったりとした味わい。

唐揚げは皮をパリッと揚げてあって香ばしい。
中の肉はジューシーで柔らか。
甘酸っぱいソースとよく合っています。

ブリティッシュな雰囲気で、
時の流れを忘れてしまえるような空間でした。

COOPERS
東京都千代田区丸の内2ノ5ノ2、三菱ビルヂング地下1階
営業時間 午前11時30分~午後11時(日曜、祝日は10時)
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, February 12, 2007

まなてぃのはなし12

Sany0183_1

今回、当初の予定では
2日間で4トリップの予定でしたが、

あんまりにもコンディションが良かったので、
移動日となる最終日も

エクストラリクエストで遊んできてしまいました。

この日の気温は43°Fほど。

トリップにでかけるのは、
私を含めたゲスト2人とガイドのみ。

そして、モワモワとした水面を進んで
ポイントに着いてみれば、

ほかのボートは1艘もいません。

とても静かな空間が
そこにはあったのです。

水に入るとまもなく、
子どももマナティがやってきました。

前日までは、
どちらかというと、大人のマナティたちと
遊ぶのが多かったので、ちょっとうれしい。

子マナティは元気がいいので、
ちょっとなでていても、
またひゅ~んとどこかに泳いでいき、
そして戻ってくる...の繰り返し。

子マナティとマママナティというのは、
通じ合っているようで、
子マナティが側にいるときは
「ピ~ピ~」という音が聞こえてきます。

これは、マママナティが子マナティを呼んでいるのか、
子マナティがマママナティを呼んでいるのかの
どちらかなのですが、

この音が聞こえるときは、
そばに子マナティが近づいている...合図ともなるのです。

さて。

子マナティと遊びながら、ふと後ろを振り返ると、
マママナティがやってきました。

2頭と遊んでいると、
パパ(?)マナティもやってきました。

さらにもう1頭子マナティがやってきて、
もちろん、マママナティもやってきて...。

気づけば
5頭のマナティに囲まれる状態になってしまいました。

この状態がず~っと続いているのです。

しばらくして、どこかに遊びにいってしまいましたが、

ボートに上がろうと、ラダー(はしご)のところに向かうと、

この5頭が、そのラダーの周りに集まっていたのでした。

これでは、ボートに上がろうにも...。

というより、またまたここで一緒に遊びまくり...。

歓声やボート音のない、このひととき。
いつまでもいつまでも
このまま
ここでこうしていたい...。

心からそう思えた時間でした。

I spend peaceful time with manatee.

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, February 11, 2007

まなてぃのはなし11

Sany0219

今年は暖冬といわれている東海岸ですが、
ラッキーなことに、
私の滞在期間中は、寒波が来ていたらしく、

寒い毎日を迎えることとなりました。

寒いのは悲しいのですが、
マナティに会えることを考えると、
本当にラッキーだったとしか
いいようがありません。

2日目の朝は、40°F近くになっており、
期待に胸膨らませられるような
環境になっていました。

水面からも水蒸気がモワモワと立っています。

このモワモワが多ければ多いほど、
たくさんのマナティに会えている経験上、
この日は、かなり期待大。

しかも、朝一番のトリップは
ガイドとマンツーマンで向かうこととなりました。

マナティスイミングをする場所は、
毎度おなじみの
Homosassaというポイント。

そこにマナティがいるとはいえ、
当然のことながら、野生のマナティです。

マナティ保護のためにも、
そのポイントには
「Manatee Sanctuary」という場所があり、
そのサンクチュアリには、
私たちは入ることができません。

ですから、
マナティがそのエリアに行ってしまったら、
それ以上は追いかけてはいけないのです。

カヌーに乗ったレンジャーたちも、
きっちりと監視をしていて、
万が一、踏み込んでしまった人がいた場合は、
注意もされてしまうことも・・・あります。

それだけマナティが
守られているということにもなるわけです。

もちろん、マナティと遊ぶこちら側としても
このルールはきちんと守っていて、

サンクチュアリに行ってしまったマナティも、
またこちらに戻ってくるので、
気長に待っているようなスタイルが
定着しているような気がします。

さて。
マンツーマンというのと、
かなりの顔なじみになってしまっている私たちは、
比較的透明度のいいところまで行こうと、
サンクチュアリぎりぎりのところまで移動。

そのあたりに行くのも、
このルールをじゅうぶん理解しているということと、
足をバタバタさせすぎて、
せっかくの透明度をにごらせない...。
つまり、人数が少なければ
足をバタバタして透明度がキープできなくなる…
ということがないから...

ということで、そちらに移動した次第。

でも。

どうやらマナティは眠くって仕方ない様子です。

水面から下をのぞいていると、
何頭ものマナティがいるのがわかるのですが、

とにかく眠っています。

こうなってくると、
ひたすら待つしかありません。

マナティの呼吸のサイクルは、
20分くらいと言われています。

このボーっと待っている時間は、
ひたすら寝ている姿を見ているのみ。

でも、
その寝ている姿も、
本当に顔中を水底に突っ込んでいるので、
マナティにとっては、この砂地は
ふかふかの羽根布団のようなのかなぁ...と
思えてしまいます。

1時間後に2回目のトリップに向かいましたが、
このときも、やはりみんな元気に起きていました。

毎回のマナティと比べると、
朝一は、もちろん寝ているマナティもいるのですが、
起きてきて元気に遊びだす子も多かったのですが、

どうやら今回は、
あまりの寒さに寝坊気味だったのかもしれません。

どちらにしても、
毎回10頭以上のマナティに会えているのですから、
昨年のタイミングに比べれば、
シアワセ過ぎる状態なのでした。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 10, 2007

まなてぃのはなし10

Sany0218

マナティの06-07シーズンが始まっています。

旅の途中でのマナティスイミングというのは、
限られた期間のチャンスしかないので、
気になるのは、
なんといっても朝の気温です。

マナティと会える川(泉)は、
通年72°F-20℃に保たれているからこそ、
海水の温度が下がる11月くらいから、
ここ、フロリダのクリスタルリバーに
マナティたちがやってくるのですが、

気温が高いと海水温も多少は上がるのか、
マナティの行動範囲は広がり、
海方面に遊んでいってしまうのです。

そこで、朝起きると、
チャンネル9の「BAY NEWS」に合わせて
気温をチェックするのが
毎回のパターンとなっています。

さて。
今回の初日。

昨年とはうってかわって、
晴れの天気だなぁと思いつつ、テレビをつけると...。

なんと、
気温が38°Fと表示されていたのです。

フロリダで30°F台というのは初めてのできごと。

寒い! 
とにかく寒い! 

ちなみに35°Fが0℃くらいなので、
この気温の低さをわかっていただけるでしょうか。

案の定、
ガイドと会うと、
「Is it Florida? 」と
信じられないというような顔をしています。

不思議なのは、
気温が40°F台のときは、
水面から水蒸気が上がっているのですが、
この日は、水蒸気が上がっていなかったこと。

水温と気温差を考えると、
出ていて当然と思うのですが...。

マナティはいるのでしょうか?

ポイントに到着し、
水面に顔をつけると...。

にごっていました。

にごっているということは、
マナティがちょうど動き出したということ。

というのも、
水底に鼻から目の辺りまで突っ込んで寝ているのですが、
呼吸をするために、水面に上がってきます。

このとき、
しゃもじのような尾でキックして水面に向かうので、
水中がにごってしまうのです。

つまり、朝一番のマナティスイムは、
寒さのあまり、寝てるだけ。
そして呼吸だけのために水面にあがってくる...。

といった動作を繰り返していたのでした。

それでも、たくさんのマナティがお休み中。
そんな姿も1年ぶりに見ると、
いとおしくなってしまいます。

いったんドックに戻り、再びポイントに向かうころは、
日差しもサンサンと降り注ぎ、
マナティたちもようやく動き出してきました。

むしゃむしゃと鼻を水底で動かしながら
お食事中の子もいます。

水面で待っていると、
「しょうがないなぁ、遊んであげるよ~」と
言わんばかりに
近寄ってくる、近寄ってくる、近寄ってくる…。

いや、それは近寄り過ぎだってば! 

というくらい、近くに着てくれます。

「ひさしぶりだね」

近づくマナティにあいさつしているうちに、
いつしか、寒さのことは
すっかり忘れてしまっていたのでした。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, February 09, 2007

もっちり食感! ラ・スコールの鶏フォーセット

Sany0217なぜだか?

今日は、
とってもとっても
アジアンテーストに
飢えている…。

そんな
状況だったので、
ランチを
探す目も
そういった店ばかり。

有楽町の「GINZA5」の地下1階は
ちょっとオシャレな雰囲気の
飲食店が並ぶ場所。

その中に、屋台風の店が2つあります。

タイ料理とベトナム料理。

これはいい! と
思わず入ってしまったのは

「ラ・スコール」

家庭的越南飯店…とも書かれています。

これ、家庭的ベトナム飯店…ということですね。

この店では、
ベトナム料理のおなじみメニュー
米麺のフォーが、なんと、生麺を使っているのです。

オーダーは

「鶏フォーセット」850円
豚チマキ、サラダ付き

鶏フォーは、
プリンとした鶏、モヤシ、
パクチーやレタス、水菜などの野菜がたっぷり。

生麺のフォーは、
ツルンとしていてツヤツヤ。

食べてみれば、もっちりとした食感が楽しい。
いつも食べるフォーとは、
またちょっと違った食感です。

スープは薄い塩味テースト。
あっさりとした味わいです。

ここに
レモンやナンプラー、粉唐辛子などを加えると、
自分好みのコクのある味わいに変化していきます。

鶏肉もプリップリとした食感で、
柔らかでジューシー。

パクチーが、
やっぱりアジアンな気分にさせてくれます。

豚チマキは、
豚肉とタケノコがどっさり入った一品。

甘辛加減の程よいテーストです。

ランチタイムは午後5時までやっているので、
ちょっと遅いランチになってしまった…
という日に大いに利用したい店です。

ラ・スコール銀座ファイブ店
東京都中央区銀座5ノ1番先、銀座ファイブ地下1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後5時、日曜、祝日は4時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 08, 2007

幸せになれる味。美松のオムライス

Sany0684_1横浜・
元町の地に
オープンして
45年。

下町の
暖かい雰囲気が
魅力の老舗です。

JR「石川町」駅からすぐにある

「美松」

ホテルニューグランドの総料理長だった
先代の味をそのままに引き継いでいる

昔ながらの、それでいて
今も新鮮な味が楽しめる洋食屋さんです。

オーダーは

「オムライス」1260円
スープ、サラダ付き

お皿いっぱいにのせられた、
大振りのオムライス。

特製のグレービーソースがかかっています。

卵はケチャップライスの上にのせたスタイル。

厚みのある卵は、なんともいえないコクのある味わい。

ケチャップライスにはハムがたっぷり。

そこにさっぱりなのにコクのある
グレービーソースが加わると

三位一体、
思わずにっこりとしてしまう味わいです。

幸せのオムライスです。

スープは野菜がたっぷり。
サラダもシャッキリと仕上がっています。

どれもこれも昔からあるものなのですが、
丁寧に愛情込めて作ってくれる
その心情が伝わってきて
さらに味わいを増しています。

次回はハンバーグやメンチカツも
食べてみたくなる、
常連になりたい洋食屋さんです。

洋食の老舗 美松
横浜市中区元町1ノ19
営業時間 正午~午後10時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 07, 2007

まろやかな味わい。和伊の介の柚子胡椒のジェノベーゼ

Sany0215_1今日は
飯田橋界隈で

打ち合わせ
with
ランチ。

おすすめの
店に
連れて行って~と
いうことで、
向かった先がココ。

「和伊の介」

和食とイタリアンが楽しめる店です。

民芸調のレトロな雰囲気が印象的で、
夜は焼き鳥やモツ煮などの和食やピザなどが
楽しめるようです。

店内は、
入ってすぐが座敷席。
ここがロフトのようになっていて、なんだかフシギ空間。

奥がカウンター席とテーブル席になっています。

オーダーは、

「柚子胡椒のジェノベーゼ」880円
パン、サラダ、デザート付き

運ばれてきたとたん、
ふわ~んと鼻をくすぐる柚子胡椒の香り。

とはいえ、基本はジェノベーゼですから、
バジルペーストがソースの主役。

香りの強いバジルと柚子胡椒が合わさると、
どうなってしまうのか...。

これが、意外にもさわやかな味わいに変化しているのです。

お互いの個性がちょうどいいバランスを保っていて、
この絶妙さに、クルクル、パクパクと食が進んでしまいます。

パンはフォカッチャで、お替りもできるそう。
デザートは、本日はオレンジゼリーで、
これがまたスッキリさわやかな味覚でイケます。

夜のメニーも、気になるものばかり。
おいしいお酒もそろっているようなので、
夜にも繰り出してみたい店です。

和伊の介
東京都千代田区飯田橋3ノ3ノ7
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~10時。
日曜、祝日休み
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (3)

Tuesday, February 06, 2007

パスタ色。らぁ麺トラットリア Due Italianのイタリア麺

Sany0212川崎駅
東口にある

「ラ・チッタ・
デッラ」は、

イタリアの
街並みを
再現させた
複合施設。

いろいろなお店があるものの、
なんとなくイタリアの香りが漂う雰囲気です。

そんな中のひとつが

「らぁ麺トラットリア Due Italian」

ラーメン屋さんなのですが、
イタリアンテーストがふくまれた、
ちょっと不思議な店です。

店内はカウンターが主流ですが、
2階にテーブル席なども用意。

カクテルなども充実しているところが
ほかのラーメン店と違うところ…。

オーダーは

「イタリア麺 塩」780円

イタリア麺は、国産小麦粉と
パスタなどに使われるデュラム・セモリナ粉を
ブレンドさせた麺を使った塩ラーメンです。

麺の形態は平べったくて細い.。
リングイネに近い形をしています。

本当にまるでパスタのような
ピカピカツルツルの麺。

ツルツルの食感が心地いい麺です。

スープは4種の自然塩をブレンドした
程よい塩加減の味。

表面には名古屋コーチンの鶏油がのっています。

食べ進むほどに、塩の旨味が表に出てきます。

チャーシューは箸でほぐれるほどのやわらかさ。
メンマも細めなので、
麺と一緒にいただけるのがウレシイ。

タマネギのシャキシャキとした食感も
スープと一緒に楽しく味わえます。

イタリアンとラーメンの
以外にもぴったり合う感覚を満喫できる店でした。

らぁ麺 トラットリア
Due Italian

川崎市川崎区小川町4ノ1、ラ チッタ デッラ2階
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Monday, February 05, 2007

滋味深い...。銀座 だいしんの毒素排出最強法菜カリー

Sany0209今朝
目覚めてみると、

なんだかとっても
カレーが
食べたい気分に。

銀座界隈に
出たものの、
どこかでカレーが
食べられないかなぁと
ウロウロしていて、
見つけた店。

「銀座 だいしん」

2月1日にオープンしたばかりの
信州の郷土食材と銘酒を中心に楽しめる店です。

夜のメニューを見ると、
まず初めに目に入ってくるのは、馬刺し。

桜肉をおいしくいただける店のようです。

ランチメニューは、
お茶漬けにもできる昼定食...。
鶏のムネ肉を味噌で味付けして揚げた
信州名物の山賊焼や
桜肉、鯉、鮪や鮭、鯛などの定食に
そば茶、出汁、煎茶を選ぶことができ、
普通にいただいたり、
お茶漬けにしたりと楽しめるという趣向です。

そんなラインアップにも魅力を感じつつも、
ついつい字面と朝からの想いにかられて
選んだのは

「毒素排出最強法菜カリー」1000円
五穀米、味噌汁、サラダ、小鉢、漬物付き

漢字いっぱいのこのメニュー。

法菜というホウレンソウに似た野菜を
ペースト状にしてスパイシーに仕上げた
見た目はグリーンカレーといった一品です。

この法菜というのが、
デトックス効果が抜群らしく、
それでこんなネーミングになったようです。

土鍋にぐつぐつとさせてやってきた法菜カリー。

ご飯にかける前にひと口...。

もったりとしたカリーは、
菜っ葉野菜の風味が口中に広がる味わい。

口当たりはマイルドなので、口のまわりは辛さを感じません。
でも、
食べ進むうちに、体の中から辛さが染み出てくるのです。

五穀米との相性もぴったり。

形になっている具はニンジン。
このニンジンがまた、しみじみとニンジンの味がします。

有機野菜を使っているからこその味覚なのでしょう。

サラダもシャッキリ。
もちろん漬物の野沢菜もしみじみいい味わい。

名物といわれる山賊焼も試してみたくなりました。

銀座 だいしん
東京都中央区銀座8ノ10ノ8、
銀座8丁目10番ビル地下1階
営業時間 午前11時~午後3時、
午後5時~午前4時。日曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »