« December 2006 | Main | February 2007 »

Sunday, January 28, 2007

日本の食パンを使ったJapanese(BlogPet)

参加できなかった?
じゅんじゅん
たちが、日本の食パンを使ったJapanese SandwichiPanwichiというメニューやべー
こぱんが入ってみると、印象と「いらっしゃいませ」


チェルシーにある店は1クリックお願いします♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PINK BERRYのORIGINAL フローズンヨーグルト

Sany0057

ニューヨークでの
基本的な楽しみ方は、
街をさ迷い歩くこと…。

出発地点を大体決めておき、
そこまでサブウエイで移動。

そうして、アベニューといわれる縦の道と
ストリートといわれる横の道を
なんとなく気の向くままに歩いています。

その時々で、目標としている店がこの辺らしい…と
アテをつけてはいるのですが、
出会えるときもあり、出会えずじまいのときもあり、
それが、
またなんとなく楽しいのです。

この店も、先日のToshiさんからなんとなく
聞いていたのですが、
もしやこのあたり?…と思っていたら、
ビンゴ! という店です。

「PINK BERRY」

西海岸で絶大な人気を誇る(らしい)、
フローズンヨーグルトの店で、
1ヶ月くらい前にオープンしたそうです。

店内は奥にオーダースペースがあり、
テーブルは4つのみ。

透明の椅子でかなりスタイリッシュな雰囲気。

壁にはALLESIのグッズも並んでいます。

ここではフローズンヨーグルトに
フルーツやチョコレートなどのトッピングができるスタイル。

オーダーは

「ORIGINAL(S)+MANGO」$3.90
ヨーグルトは$2.95、
トッピングは1つにつき$0.95


フローズンヨーグルトは、
濃厚なミルクの味わいが広がるものの、
ヨーグルトなのでさっぱり。

マンゴーはちょっと固めで酸味があったのですが、
それがまた、フローズンヨーグルトとよく合います。

はじめのうちは固めのフローズンヨーグルトも、
食べ進むうちにちょうど良いやわらかさになってきて、
それがまた、スプーンを止められないほど! 

こんな寒いときに、無理かも…と思っていたのに、
あっさり、おいしく食べきってしまいました。

フローズンヨーグルトは、
オリジナルのほか、グリーンティーもあります。

ちょっとひと休みしたいときに、立ち寄りたいショップです。

PINK BERRY
Between 18th+19th 8Av.
営業時間 正午~午後11時
(土・日曜は午後11時30分)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

※いつも読んでいただきありがとうございます。
いつもと違った1週間のブログでしたが、
これからネット環境の不自由な場所に移動します。
なので、今週はこれでおしまし…となります。
来週からは通常通りのブログに戻りますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Cafe SorrentoのLINGUINE AL FILET POMODORO

Sany0058
チャイナタウンがある
CANAL St.Mulberry St.は、
リトルイタリーと呼ばれているところ。

チャイニーズなカラーが入り込んでいるものの、
通り沿いには、
イタリアンレストランばかりが、
ズラリとならんでいるところです。

こうなってくると、どこがおいしいのか、
どの店に入ればいいのか迷うところですが、
前から気になっていたレストランに
入ってみることにしました。

「Cafe Sorrento」

落ち着いた雰囲気の
カジュアルなイタリアンです。

店内に入ると、
流れているのは「帰れソレントへ」…。
イタリアンミュージックが流れる、
そんな雰囲気の店内です。

ランチプリフィクスフィクスは$12.50。

スープかサラダ、前菜、メインの3セットなのですが、
グランドメニューから選べるのでお得。

でも、
ちょっと食べきれる自信がなかったので、
パスタメニューをいただくことにしました。

「LINGUINE AL FILET POMODORO」$7.50

リングイネのトマトソースです。

本当はメニューにはフィットチーネになっていたのですが、
リングイネが食べたかったのでお願いすると、
快く引き受けてくれました。

トマトソースの中には、
タマネギとスモークした豚肉…。
ベーコンといっていいのかもしれませんが、
それよりももう少し肉っぽいものなので、
スモークかな…と、思われます。

そのトマトソースは、トマトの風味がしっかりときいた味。
豚肉の旨味も程よくしみこみ、
コクのある味わいになっています。

リングイネは、もちろんアルデンテな仕上がり。

平べったくって細いこのパスタは、
食感が本当に心地よく、好きなパスタの種類なのです。

クリームソースのメニューは
クラム(アサリ)のソースのようで、
そちらもなんだか心そそられるメニューなのでした。

Cafe Sorrent
132 MULBERRY STREET
営業時間 午前11時~午前0時

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 27, 2007

116対96 KNICKS VS HEAT

Sany0054

NBAのゲームを見るために
ニューヨークを訪れているといってもいいくらい、
毎回マジソンスクエアガーデンに
足を運んでいます。

NBAのゲームは、
ほとんどの場合、
水曜と金曜に行われているため、
2ゲーム見るために
今回の旅のスケジュールを組んでみました。

さて。
本日は
VS マイアミ・ヒート。

昨年のチャンピオンチームです。

このチームには、
世界バスケに参加した
ドエイン・ウェイドが所属しています。

そして、もうひとつ。

シャックこと
シャキール・オニールがいるのも
見逃せません。

実は、何度もNBAのゲームを見ていますが、
シャックの生プレイは初めて。

何度か彼のいるはずのゲームを
見ているのですが、

怪我で出ていなかったり、
来日するはずがキャンセルになったりと
まったく縁がなかったのです。

なので、
彼の姿を見つけたときは、
うれしさとほっとした気持ちになってしまいました。

ベテラン
ゲーリー・ペイトンもいたのにはびっくりでした。

さて。

そんなチームと対戦するニックス。

前評判では、負けるよね~ということだったのですが、

ニックスの11番、
Crowfordが、なんと52ポイントをたたき上げ、
気づけば、
こんな大差で勝利を収めてしまいました。

ホームゲームで勝つというのは、
こんなにも盛り上がるのかというくらい、
ガーデン内は熱狂の渦。

金曜ということもあって、
子どもたちの姿も多く、

「ゴーニックス!」の大嵐。

ホームゲームの勝利の楽しさを
久しぶりに体験することができました。

とはいえ、
やっぱり、残り4・5分になると
家路に向かう人が多かったのですが…。

勝っても負けても、
そのへんは、キッチリしてるのね…と、
ちょっとクスリともしてしまったゲームでした。

やっぱり、
NBAゲームは
何度見てもおもしろい! 
また、早く見に行きたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Choux FactoryのBerry Berry

Sany0044

それにしても…。
実は本日、朝起きてみると、
NY1というローカルチャンネルを見ると
気温が

9°F。

もう、寒いの意味がわからないような
気温に久しぶりに遭遇してしまいました。

摂氏に換算すると、笑ってしまいそうなので、
何も考えずにいることにしました。

さて。

今回、毎日いろいろな人との再会があり、
それならば、
この人にも久しぶりに
お会いしようかなぁと思い、
連絡したのが

チェルシーに住んでいる
Toshiさん。

ホームスイートホーム」という
ニューヨークで滞在するホテルを
紹介したり、
ハーレムへのゴスペルツアーを
開催している方です。

ツアーに参加しようと思ったものの、
タイミングが悪く
今回は参加できなかったのですが、
毎回いろいろとお世話になっています。

で、お茶でもしましょうということで
連れて行っていただいたのがココ。

「Choux Factory」

チェルシーにある店は
1年前にオープンしましたが、

マンハッタンに4店舗展開している
シュークリームの店です。

日本人が経営していて、
店内に入ると

「いらっしゃいませ」と迎えられました。

日本人だけでなく、
とりあえず、入ってきた人には
そのようにあいさつし、
その後英語で対応しているようで、

なんとなく、
その対応がほほえましく感じられました。

テイクアウトもイートインもできる形態。

ショーケースには、
日本ではなかなか見ることのできない
デコレーションされた
シュークリームもあります。

オーダーしたのは

「Berry Berry」$3.75
「Strawberry Cream Puff」$1.95
「Cream Puff」$1.95

「ベリーベリー」は、
シューの上に生クリーム、
イチゴとブルーベリーのトッピング。

パクリと口をつけると、
生クリームの
さわやかな風味が口から鼻に抜けていきます。

そして、
なんとシューの中には
カスタードクリーム! 

生クリームとカスタードの
なんともいえない組み合わせの良さに
思わず顔がほころんでしまいます。

甘酸っぱいイチゴの味や
ブルーベリーも
程よいバランスで、
かなり満足できる一品です。

現地のニューヨーカーにも日本人にも
人気の一品だそうです。

「ストロベリークリームパフ」は、
シューの中に
ストロベリークリームが入ったもの。

こちらも
甘酸っぱいイチゴが印象的なクリームで、
さわやかな食べ心地。

もちろんスタンダードな
「クリームパフ」には、
カスタードクリーム。

店内にはシュークリームのほか、
日本の食パンを使った
Japanese Sandwichi
Panwichiというメニューや
べーグルも販売していました。

こちらではなかなか出会えない
サンドイッチも、
試してみたいものです。

とてもフレンドリーなスタッフに囲まれて、
居心地のいいひとときが過ごせます。

Choux Factory
316 West 23rd Street
営業時間 午前7時~午前0時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

美華排骨大王の排骨飯

Sany0038
チャイナタウンに足を運んでみました。

ここに来たら、行ってみたいと思っていた
店のひとつ。

毎回足を向けてみていたのですが、
旧正月のために店がしまっていたりして、
なかなかチャンスがなかったのです。

「美華排骨大王」。

英語では
MAY WAHFAST FOODといいます。

実はここ、2月いっぱいで閉まってしまうという
ウワサもあり、

今回開いていて、即効で入店してしまいました。

入り口は2つあって、
ひとつはテイクアウト用。
中で食べるには、もうひとつのドアを開けます。

おもしろいのは、
ここでオーダーすると、
その外のドアからオーダーしたものが
運ばれてくるということ。

しかも店の人はオーダーを
その場で叫んでいるのですが、
はたして、
どうやって隣の調理に聞こえているのでしょうか。

オーダーは

「排骨飯
Pork Chop Over Rice」$4.25。

どんぶりものということです。

プラスチックの器に盛られてくるのもご愛嬌といったところ。

カットすることなくご飯の上に
どどんとのった排骨は、それだけで迫力満点。

その下をのぞくと
高菜、八角で味付けした肉味噌のようなもの、
白菜が…。

テーブルには箸のほか、
プラスチックのスプーンとフォークしかないので、
排骨は、
このまま思いっきりかぶりつく状態…。

しっかりとした肉の食感とともに
胡椒がきいた、濃厚な味わい。

高菜や白菜と一緒にいただくのもイケています。

ライスが結構多いので、
排骨とのバランスが難しいといえば
難しいのですが、

肉味噌や白菜、高菜のおかげで
バランスよく食べきれることができます。

でも、かなりお腹いっぱいになります。

チープな値段でいただけるランチは
なんとなくシアワセな気分になれます。

美華排骨大王
190 Hester St.
営業時間 午前10時30分~午後9時

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, January 26, 2007

Putit AveilleのGAUFRE DE LIEGE

Sany0039_1 

ランチタイムではないのですが、
ブランチ代わりに
たずねるといいかな…と思ったところがここ。

トライベッカにある

「Putit Aveille」

名前のとおり、フレンチな香りただよう店です。

ブレックファストは
ベルギアンワッフルやオムレツが充実。

店内はマリンなテーストのテーブルクロスで
なんだか、
一瞬ここはヨーロッパなのかしら…と
思ってしまうような雰囲気です。

オーダーは

「GAUFRE DE LIGE」$3
「MACHIATO」$2

これ、要はベルギアンワッフルを
プレーンでいただくというメニューです。

あっさりといきたいときには、
こんな感じなものがいちばん。

厚みのあるワッフルですが、
外側はさくっとした食感です。

ベルギアンワッフルらしく、
しっかり砂糖のジャリジャリ感も残っています。

程よい甘さなので、
シロップをかけていただくのもいい塩梅。

濃い目のコーヒーと一緒に、
ヨーロピアンな気分が味わえるのでした。

Putit Aveille
134 West Broadway
営業時間 午前8時~午後11時
(ブレックファストは11時30分まで)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

sbarroのプレーンピザ

Sany0040ニューヨークに
来たら
食べておきたいもの。

その第2弾は、
何を隠そう、

ピザです。

街中を歩いていると、
いろいろなところにピザを
売っているところがありますが、
ほとんどどこも
はずれがないのがウレシイところです。

今回は、
7Av 32nd stあたりにある

「sbarro」

イタリアンのピザ屋さんです。

オーダーしたのは、

「プレーンピザ」$2.45くらい

オンリーチーズのシンプルなピザです。

ピザの生地は薄いのですが、
しっとりとしたできあがり。

耳の部分はというと、
ほんのりカリカリでクリスピー…。

というのが、
ニューヨークピザの定番と
いってもいいかもしれません。

そして、トマトソースとチーズだけというのは、
それぞれの味を
損なわずに口の中でとろけていくのです。

ピザ生地もいい按配で、
たったの
1スライスピザがこんなに大きいのにも
かかわらず、

すっかりお腹に収まってしまうから不思議。

テイクアウトして食べる楽しさも
ニューヨークを満喫するひとつです。

ちなみにマンハッタン内には9店舗あります。

sbarro
7th.Av.at 33rd Street

映画ウンチク
The Pursuit of Happyness
☆☆☆☆☆

ウィル・スミス主演のトゥルーストーリー。
医療機器のセールスマンのウィルが、
大きな会社に勤めたいという夢を持ち、
6ヶ月間の無給のインターンに。
収入のないまま、家賃がたまったり、
その夢についていけずに出て行く妻。
一人息子とともに、
幸せをつかむために、がんばっていく姿。
その過程を丁寧に描いた映画です。
何よりも本物の親子共演というのが、いい! 
クライマックスは、
思わずウィルと一緒に
目頭が熱くなってしまうはずです。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 25, 2007

107対112 KNICKS VS SUNS

Sany0030
今回の旅の目的のひとつ。

といっても、毎回足を運んでいるのですが、
愛してやまない
NBAのゲームを観戦してきました。

まずは、

KNICKS VS SUNS。

この対戦を選んだ理由は、
昨年の世界バスケのフランスチームにいた
ボリス・ディーオというプレイヤーが
フェニックスサンズに在籍していたからです。

フランス人ながら、チームの要になっていて、
とにかくアシストとリバウンドがうまい。
リバウンドは、本当に凄いなぁと
かなり感心してしまいました。

ゲームの行方は
第3クォーターまで、シーソーゲームになっていて、
これがかなりおもしろい! 

第4クォーターになってから、
17ポイントまで差を広げられたニックスですが、
残り5分くらいから、がんばるがんばる!

普通ならそのくらいで帰り支度を整える
ニューヨーカーたちも
「ディーフェンス ディーフェンス」の大合唱。

結局
107対112でサンズの勝ち。

残念といえば残念ですが、
ボリスをちょっと応援していたこちらとしては、
かなり満足。
ニューヨーカーに囲まれながら、
小さくガッツポーズをしてしまったのでした。

でもな。
やっぱり地元チームが負けるのは、ちとさびしい。

あともう1ゲーム観戦予定です(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

La Petite Aubergeのプリフィクス

Sany0025_1

今回たくさんの懐かしい再会を楽しんでいますが、

7年前くらいにお世話になった
生まれも育ちもニューヨークのチェルシーで、
現在はニュージャージーに住んでいるという
思い出深い友人に連れて行ってもらいました。

「La Petite Auberg」

ビストロフレンチの店です。

レキシントンアベニューの28thの角にある
フレンチビストロです。

店内は木のぬくもりが感じられる、
重厚な雰囲気。
それでいて、カジュアル感もある、
気楽な気分で食事が楽しめる場所です。

オーダーは

「プリフィクス」17$

前菜は4つの中から、
メインは4つの中から、
デザートは3つから選ぶことができます。

選んだのは
「リークサラダ」
「チキンソテー デジョンソース」
「キャラメル」

Sany0026
リークサラダは、
ゆでたリークを冷やしたもの。
これとコクのあるクリームソースで和えたもの。
リークのしっとりとした味わいと
ソースのバランスが程よく、
初めて味わう味覚でした。

メインのチキングリルは、やわらかく、
デジョンソースがまったり。
添えつけのマッシュポテトは、
バターの味わいがつくづくコクがあって、
思わず目を大きくさせてしまいました。

ソースとポテトと一緒にチキンをいただくのもオツでした。

Sany0024
デザートのキャラメルは、プディング。
とろりとろけるタイプではなく、しっかりとしたもの。
これが、なんともあっさりとしていて、
ちょっと大ぶりなのですが、
しっかりとお腹に収まってしまいました。

チョイスが良かったのか、
ボリュームが本当にちょうど良く、

満足できるランチとなりました。

La Petitr Auberge
116 Lexington Ave. AT 28th Street












| | Comments (4) | TrackBack (0)

CLINTON PAPAYAのHOT DOG

しばらく更新ができずに
ごめんなさい。
実はニューヨークに滞在中です。
出発前は、あれを食べよう、これは食べようと
いろいろ考えていたのですが、
思っていた以上にいろいろな人と会うことが多く、
これといって、どこで何食べたというのがなく…。
そんな中で立ち寄った店になるかと思います。
参考になればウレシイ限りです…。

Sany0027
Sany0028
ニューヨークに
来たなら
これを食べないと
来た感じがしない! 

というもののひとつが
これ。

ヴェンダーという、屋台のような店に
必ず売っているホットドッグです。

今回はヴェンダーではなく、店。

「CLINTON PAPAYA」

PAPAYAという名であちこちにあるのですが、
頭やおしりにつく名前が何気に違うけれど、
たぶん、どこもチェーン店だろうという店です。

こちらはローワーイーストサイドで見つけた店。

「ホットドッグ」1$
「ホットコーヒー」75¢

ミッドタウンのヴェンダーで購入すると
2$くらいしてしまうので、
こうして、ちょっと離れたところでいただくのが
賢い選択かもしれません。

オーダーすると、
トマトソースやピクルスなどのトッピングを
聞かれるので
「エブリシング」と。

ソーセージはプッツリと歯ごたえが良く、
そしてジューシー。

ホットドッグバンズはやわらかく、
ちょっとしたおやつに食べるのに、
ちょうど良い感覚です。

ボリュームの多いこちらとしては
たぶん物足りないのか、
メニューの中には必ず、
2セットのコンボなどがあるのもうなづけます。

コーヒーは薄めですが、
これがまたホットドッグにはよく合う! 

ウイリアムズバーグブリッジからの車を眺めながら、
しばしニューヨーク気分を実感するのでした。

CLINTON PAPAYA
Clinton St. Delancey St





| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, January 21, 2007

とか言ってた(BlogPet)

昨日、じゅんじゅん。が
お酒が楽しめる後味からスタイリッシュなレストランまで、いろいろそろっているのが、うれしい通りです。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 19, 2007

後味のシアワセ。海南鶏飯食堂2の海南鶏飯

Sany0704_1

願掛けというか、
なんというか、

何かしようとか
始めようとか
気合入れるか

といったときに
訪れておく
店が何店かあります。

で。

そんな時期でもあったので、
しつこく、
またまた行ってしまいました。

恵比寿にある

「海南鶏飯食堂2」

シンガポール料理が楽しめる店です。

ランチは海南鶏飯かカレーなのですが、
本日は1時過ぎに訪ねたため、
すでにカレーはソールドアウト。

でも、もちろん今日は海南鶏飯を…と
思っていたので、
躊躇することなくオーダーです。

「海南鶏飯」950円
チキンスープ付き

いつもは、3つのソース、
ショウガ、チリソース、中国醤油を
ガッツガッツとすぐさま混ぜ合わせてしまうのですが、

今日は、ちょっとういろいろ試してみようと、
まずはチキンだけをパクリ。

蒸し鶏にはごま油がタラリとかけてあって、
かみ締めるほどにコクのある味わいになります。
なるほど~。

そうしてから、
3つのソースを好みの量だけ
かけ回してパクリ。

ん~。
醤油のコクとピリッとしたチリソース、
そして、刺激的なショウガが
複雑に絡み合って、
ごま油と上手に調和しています。

チキンライスと一緒に混ぜ合わせて
いただけば、もう、うまうま。

パクチーを一緒に合わせれば、
もう何もいうことはありません。

なんだか、
いまさらながら、おいしさをしみじみ味わってしまった次第。

店を後にして、
しばらくしてからも、
口の中に残る後味に
なんだかとてつもなく
シアワセ気分になれてしまうのでした。

海南鶏飯食堂2
東京都渋谷区恵比寿1ノ21ノ14、
COSTA DE VERANO
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~11時。第3月曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, January 18, 2007

脂身とろ~ん。和院おかずやの前沢牛のすき焼鍋

Sany0702銀座でランチ。

迷ったときに
ついつい
足を向けて
しまうのが、

コリドー街。

お酒が
楽しめる店から
スタイリッシュな
レストランまで、
いろいろそろっているのが、うれしい通りです。

イタリアンの隣に見つけたここは、
ワインや焼酎と一緒に、
和・イタリアンなどの料理が楽しめるダイニングです。

「和院おかずや」

わいん…と読みます。

地下1階にある
隠れ家のような雰囲気の入り口は、
なんだかおいしそうなにおいがします。

店内はカウンターとテーブル席。
木のぬくもりが感じられるあたたかい雰囲気です。

オーダーは

「前沢牛のすき焼鍋」880円
ご飯、味噌汁、香の物付き

ここのランチは、
どれもこれも880円というのもウレシイところです。

鉄鍋に入ったすき焼は、
汁がたっぷり。
ひらひらと前沢牛が泳いでいます。

まずは卵につけずに肉をパクリ。

とろ~んと脂身がとろける食感! 
肉の旨味もしっかりと伝わってきます。

汁の味わいは濃い目の甘口。
これがなかなかイケます。
卵につけると、まったりマイルドな味わいに変身! 

鍋の中には
焼き豆腐、ネギ、エノキ、葛きりも、春菊も。

春菊と肉、ネギと肉の組み合わせも
しみじみと口の中にしみこんでいきます。

さらに、ここの店のうれしいところは、
卓上にいろいろなふりかけが置いてあること。

好きなふりかけをご飯に
ふりかけて食べるシアワセ! 

たくさんの中から
「青じそひじき」というふりかけを選んだのですが、
ご飯がさらにおいしくなってしまいました。

ご飯のおかわりもありなので、
たくさん食べたい人は、かなりうれしいサービスかも! 

夜のメニューも
イベリコ豚を使ったものや旬の素材を使ったものがいろいろ。

ちょこっと立ち寄りたい一店です。

和院おかずや
東京都中央区銀座7ノ108番 銀座コリドー街地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 17, 2007

野菜ゴロゴロ! Caramel Cafeのシメジとカボチャと10種類の野菜カレー

Sany0700めずらしく
高輪周辺に。

ホテルランチに
してしまおうか、
どうしようか、
迷っているうちに、

高輪署の向かいに
カフェがあることを
発見してしまいました。

「Caramel Cafe」

夜はチーズフォンデュが自慢の
欧風家庭料理の店です。

角にある店なので、
窓が大きく、気持ちのいい空間です。

特に何に凝っているといった店内ではないのですが、
なんとなく、ほっとくつろげるような
雰囲気が流れています。

オーダーは

「シメジとカボチャの10種類の野菜カレー」900円
サラダ、ドリンク付き

じつは、本当のメニューは
「舞茸」なのですが、今日に限ってシメジとなりました。

カレーの器でやってきた野菜カレー。

いちばん上には
シメジ、カボチャ、オクラがトッピングされています。

ライスの上にかけようと、スプーンを入れると…。
中からたくさんの野菜がザクザク出てきました。

インゲン、ブロッコリー、ピーマン、
ジャガイモ、ナス、コーン、タマネギ…。

どれも程よい大きさにカットされていて、
その存在感が大きいのに驚きます。

しかも、どの野菜もそれぞれの特長が残った食感。

カレーは欧風カレーで
食べ進むほどに辛さが増してくるタイプ。

そのスパイシーな味わいと野菜の組み合わせが
なんだかシアワセ気分にさせてくれるのでした。

フルーツカレーも、
なんだか気になる存在です。

Caramel Cafe
東京都港区高輪3ノ2ノ4
営業時間 午前11時30分~午後10時(土曜は午後6時)
(ランチは午後2時30分)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ジュワッとジューシー♪鉄板焼の’S’鉄板ハンバーグ黒トリュフソース

Sany0697_1Sany0698

ここのところ、
ガッツリと
豪華なランチを
目の前に
していないなぁと
ふと思い、

ならば、今日はちょっぴりゴージャスに…。

という気分で、鉄板焼きの店を選んでみました。

川崎駅直結の
「ラゾーナ川崎プラザ」の4階にある

「鉄板焼S」

イタリアンテイストを取り入れた
宮崎牛を中心とした和牛の鉄板焼きが楽しめる店です。

店内はスタイリッシュ。

ブラックを基調に
鉄板焼きが眺められるように作られたカウンターが
目の前に入ってきます。

テーブル席にも保温用のプレートが置いてあります。

通常夜のメニューは、
鉄板から直接ホイルの上にのせてあり、
アツッアツ状態で提供してくれますが、

ランチは白いプレートにのってやってきます。

オーダーは

「’S’鉄板ハンバーグ黒トリュフソース」1500円
サラダ、パンまたはライス、コーヒー付き

サラダは、
オーダーごとに、塩、胡椒、ドレッシングを
かけまわしてからテーブルに運ばれてきます。

その手つきもあざやか! 

カラフルなサラダのひと皿は、
すっきりと、そしてさわやか。

メインディッシュの期待が高まります。

ここではお箸でいただくのですが、

ハンバーグは、しっとりとやわらかい…。

そのまま口に入れると、
ふんわりとしながらも、
そこから一挙にジューシーな肉汁があふれてきます。

黒トリュフソースは、
甘みがあるまったりとした味わい。
トリュフの食感もしっかりあります…。

添えつけはポテトとモヤシ。
ポテトの甘みとしゃっきりモヤシは、
鉄板焼きに欠かせないものかもしれません。

これは、がんばって夜もたずねて、
宮崎牛のステーキパフォーマンスを
見てみたいものです。

鉄板焼S
川崎市幸区堀川町72ノ1、ラゾーナ川崎プラザ4階
営業時間 午前11時~午後10時
(ランチは午後2時30分)

映画ウンチク
MONSTER HOUSE(字幕版)
☆☆☆☆

とっても大人のアニメーション映画。
スティーブン・キングのホラー映画のようです。
ぼくんちの前にある家に住んでるおじいちゃんは
とっても偏屈。
芝生にちょっとでも足を踏み入れると、
すんごい怖い顔して飛び出してくる。
しかも、三輪車とかボールとかもうばっちゃうし…。
なんかおかしいんだよね。
だから、ぼくはその秘密をあばくことにした。
そして、その家の秘密は…。
小学校5・6年生の、子どもって言われたくないけど、
でもちょっとかなりガキ。
だけどさ、本当は大人扱いもしてほしいんだよな…。
そんな気持ちがよ~く現れていて、
ついつい吹き出してしまうところも。
本当なのか、なんなのか、
摩訶不思議な気分にしてくれるのが、
なんだかスティーブン・キングな気分になるのです。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 15, 2007

やさしい味。ALOHA TABLEのサイミン・ランチセット

Sany0693_1ここのところ
横浜での
打ち合わせが
多く…。

どのあたりを
行こうかなぁと
悩んだ挙句、

久しぶりに
横浜
ベイクォーターに
行ってみることにしました。

グルグルと回って決めたのが、
4階の

「ALOHA TABLE」へ。

ハワイアンフードが楽しめるレストランです。

店内は、
みなとみらいが見渡せる気持ちのいい場所。

サーフボードが飾られたり、
雰囲気はハワイアンムードです。

オーダーは

「サイミン・ランチセット」850円
スパムご飯、サラダ、スープ、フリードリンク付き

スープを含めて、
ドリンクはセルフサービスです。

ドリンクの種類は、ハワイアンコナコーヒーや
ジュースのほか、なんとワインなども! 

ランチのタイミングによっては、
ちょっとうれしいラインアップです。

サイミンはラーメンのことだそう。

運ばれてきたラーメンは、
エビの香りがぷ~んと漂う塩ラーメン。

やさしい味わいです。

エビもプリプリとした食感。
ゆで卵もたっぷりで、ウレシイ。

スパムご飯は、
ライスの上にのりたまのふりかけ。
そしてスパム。

こののりたまの味わいと
塩気の多いスパムがぴったり。
ついついご飯が進んでしまうのです。

最後はコーヒーを飲みながら、
ゆったりとした時間が過ごせたのでした。

ALOHA TABLE
横浜市神奈川区金港町1ノ10、横浜ベイクォーター4階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時まで)

映画ウンチク
LUCKEY NUMBER SLEVIN
-ラッキーナンバー7-
☆☆☆☆

ニューヨークを舞台に、
賭博に絡む2つの対立したマフィアの抗争。
初めからその骨組みは
なんとなくわかるものの、
なぜ、
そうなるのか、
なぜ、
こんなことになっているのか…。
それが観ているうちに
だんだんと肉付き始めてくる…。
目が離せなくなってきて、なかなかオモシロイ。
原題が大きなキーポイントとなります。
なにげにブルース・ウィルスが
いい味出していました。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 12, 2007

ざっかけなさ。秀味園の魯肉飯(ルーローファン)

Sany0620_1

横浜中華街も
ちょっと
気を許して
足を向けていないと、
なんとなく
雰囲気が
変わっていて
びっくりする
ことがあります。

中華街でご飯を食べるのは、
ランチタイムがリーズナブルでお得! 

というのが定説ですが、
何時にいっても値段は変わらず、
しかもリーズナブルな価格で
ごはんが食べられる店も
中にはあります。

関帝廟通りにある

「秀味園」

台湾家庭料理が楽しめる店です。

ドアのガラスはすりガラスになっていて
中をのぞくことができません。

恐る恐る空けてみると、
赤い椅子とテーブルが眼に入ります。

キッチンカウンターを左に見ながら
テーブルはわずか2つ…。

実はその奥にも客席はあるようですが、
なんだかのんびりとした、
まさに台湾屋台の風貌なのです。

注文は

「魯肉飯(ルーローファン)」500円

豚肉の煮込み丼です。

どんぶりにたっぷりよそられたご飯の上には、

角煮が2切れ、高菜漬、
ネギとひき肉の味噌煮、まるまるの煮玉子。

ざっかけない、このぶっかけぶりに
思わずにんまりしてしまいます。

角煮はホロリとやわらかく、
そして、しっかりとした肉感も伝わってきます。

味噌煮もそぼろのようでいい味わい。

煮玉子はプリプリ、黄身はしっとり。

高菜漬もいい箸休めになっています。

ウハウハとあれこれ箸をつけては
ごはんをパクパク。

ワンコインでお腹満足のひと時でした。

ほかにも台湾風汁ビーフンなども500円。
チープなランチにもってこいの店です。

秀味園
横浜市中区山下町134
営業時間 午前11時~午後9時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (16) | TrackBack (1)

Thursday, January 11, 2007

コクある和風。横濱元町 本丸亭の赤丸塩らー麺

Sany0685横浜・元町に
有名な
ラーメン店が
オープン
しているらしい…。

という
話は
聞いていたものの
ついつい、
オシャレ系な店に心惹かれてしまいます。

でも、
今日はなんだか寒いし、
ポカポカ温かいものが食べたいと、
足をむけることにしました。

「横濱元町 本丸亭」

厚木に本店を持つ
塩ラーメンが専門のラーメン店です。

店内はL字型のカウンターと
壁に向かったカウンターのみ。

注文は

「赤丸塩らー麺」850円

赤丸というのは、
特製激辛赤丸ダレ…とのこと…。

赤いどんぶりで運ばれてきたラーメンは、
澄んだ透明のスープに
チャーシュー、ワンタン、春菊がトッピングされています。

春菊は熱いうちにスープに浸しておくと
よりおいしくなるそうです。

赤丸ダレは豆板醤とニンニクのきいた肉玉。

まずはこの肉玉をくずさずに
スープをひと口。

和風の塩味が口いっぱいに広がります。

赤丸を少しずつ崩してさらにスープを飲むと、
ニンニクのパンチがきいた、
刺激的な味わいに変身します。

麺は平麺でピロピロとした食感。
スープともよく絡み合っています。

チャーシューは厚く切ってあって、
脂身部分はトロン。

ワンタンはプックリ肉厚で、
皮もプルルンとしていていい感じ。

さらに春菊はシャキシャキとした食感と
あの独特の風味がアクセントになっています。

春菊が合う塩ラーメン。

ますます和風な雰囲気だなぁと感じた次第。

唐辛子とニンニクのおかげで
体のポカポカはかなり持続。
冬にうれしいメニューです。

横濱元町 本丸亭
横浜市中区元町1ノ42
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~10時、
土・日曜、祝日=午前11時~午後9時
火曜、第2水曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 10, 2007

モダン建築…。きょうじやの和風あんかけどんぶり

Sany0680_1Sany0681

外苑前です。

打ち合わせが
終わった時間が
ちょうど
11時30分。

早ランチにはちょうどいい時間帯。

で、なんだか見つけたのが

「甘味処 きょうじや」

細長い白いビルなのですが、
窓を丸くカッティングしていて、
なんだかモダンな建物。

そこにきて、「甘味処」という、
ミスマッチながらも、
さすが北青山と納得してしまうたたずまいです。

2階に上がっていくと、ドアは引き戸。
白を基調とした、
カフェのような落ち着いた雰囲気が魅力です。

この店、
老舗甘味処出身のスタッフが作る甘味が絶品なのだとか。

さてオーダーは

「和風あんかけどんぶり」850円
小鉢、漬物、お椀付き

プラス150円で本日の甘味をつけることができます。

もちろん、これもオーダーします。

和風あんかけどんぶりは、
豚肉とアサリ、エビ、イカ、白菜を炒めて
あんかけにしたもの。

あんかけは出汁の味わいが程よく、
ほっとする味付けです。

しゃっきり白菜を食べつつ、
プリプリエビやイカの食感を楽しみ、
豚肉のうまみにうなり…。

肉と魚介類をいっぺんに味わうことになるのですが、
それぞれの旨味があんかけにもあふれ出して、
これがなんとも、シアワセ気分になれます。

漬物はキュウリとナス。

小鉢はホウレンソウ。

それぞれにゴマがかかっていて、
これまたほっとします。

甘味はフルーツあんみつでした。

餡がほんのりの甘さで、しかもしっとり。
プルプル寒天と蜜、
フルーツの甘みが見事にマッチしていました。

甘味処とはいえ、
深夜まで営業しています。

お酒を飲みながら、甘味…もいいかもしれません。

甘味処 きょうじや
東京都港区北青山2ノ12ノノ12、suger2階
営業時間 午前11時30分~午後11時
(金曜は午前0時まで)、
土曜=正午~午前0時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 09, 2007

ほんわか。Don CicioのAコース

Sany0674_1Sany0675_2

週の始まりは、ふだんあまり行く機会のない
護国寺周辺へ。

周辺に明るくないので、
とりあえず、駅前の大きな通りをフラフラ。

すると、なんとイタリアンフラッグの多いことか!
つまり、
それほど多く店が建ち並んでいるわけでもないのに、
イタリアンレストランが多く点在していたのです。

こうなると、
パスタのソース内容で店を決めたくなります。

店前の黒板の内容を見ながら、
心引かれた素材につられて、ここへ。

「Don Ciccio(ドン・チッチョ)」

クッチーナイタリアンです。

ウッディな雰囲気の入り口は、なんだか新しい店のよう…。
店内は
カウンター4席に、テーブル席が4席。
こじんまりとした造りと
落ち着いた色合いがくつろぎの空間を作っています。

オーダーは

「Aコース」1000円
河岸のサラダ、本日のパスタまたはリゾット、パン、コーヒー付き

本日のパスタで引かれたメニューは、

「生ハムと空豆を入れたパッパルデッレ」です。

本当はタリアテッレだったのですが、
本日は売り切れてしまい、

幅広のリボンのようなパスタとなりました。

もちろん、これ手打ち。

カウンターの向こうにはピザ焼き窯もあり、
ピザもなんだかおいしそう…。

河岸のサラダは、そのボリュームにびっくり。
さまざまなリーフを丁寧に仕上げて作ったサラダは、
いろいろな味が楽しめます。

サラダが丁寧に作られている店は、
ほとんどいい店が多いので、ちょっとパスタにも期待大。

クリームソースで仕上がってきたパッパルデッレ。

モッチモチのパスタの食感が心地いい。
クリームソースも程よい塩梅で、コクありでもさっぱり。

生ハムの塩気がちょうどよく絡んできてうれしい限りです。
かみ締めるほどに味が出てきます。

空豆はホッコリ。そして空豆の風味がきっちり出ています。

生ハムと一緒にいただくと、
それぞれの味わいが仲良く口の中で合わさっていきます。

パンはバゲットとフォカッチャで、
こちらもソースとともにいただきました。

ワインとともにゆっくり夜も楽しみたい店です。

Don Ciccio
東京都文京区音羽1ノ9ノ3、TIDビル1階
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後6時~10時。水曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, January 05, 2007

迫力! eNMARUのお肉BOWL

Sany0671今日は
朝から
ばたばた。

あっちこっちへ
移動ばかり。

その間に
連絡を
取らねば
ならなかったりと

気づけば、
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

神保町あたりに到着したのが2時少し前。

さすがにここでランチを取らねばと、
次の打ち合わせ場所を間近にしながらも
パッと目に付いた店に入ってしまいました。

白山通りの1本奥のとおりにある

「eNMARU」

手仕事ダイニング…です。

ログハウスのような、
木のぬくもりを感じさせる入り口と店内。

その落ち着いた雰囲気は、
バタバタしている今日のような日には、
ちょっといい感じ。
ほっとひと息つくことができます。

オーダーは

「お肉BOWL」880円
デリ、サラダ、スープ付き

プラス100円でドリンク付き。

ですが、午後1時を過ぎると、
ドリンクが無料で付いてきます。

本日のメニューは

「豚肉のデミグラスソース温玉のせ」

ワンプレートでやってきたランチは、
さらだがたっぷり。

玄米も入ったライスの上には
こんもりと豚肉のデミグラスソース&温玉。

その迫力に、思わず笑ってしまいます。

デミグラスソースは、あっさりとしながらもコクがあり、
薄切りの豚肉に、実は結構合うのです。

よく知る食材たちながら、
初めて出会う組み合わせでした。

温玉をくずしていただけば、
黄身と白身でふんわりとまろやかな味わいにも変身。

ボリュームあるなぁと思いながら、
飽きることなく
最後までいただくことができました。

その他のメニューの素材の組み合わせも
心そそるものばかり。

またゆっくりと訪れたい場所です。

eNMARU
東京都千代田区神保町1ノ34
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~午前0時。日曜、祝日定休
(ランチは月~金曜のみ)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, January 04, 2007

白ゴマのコク。過門香の重慶坦々麺&上海小龍包

Sany0669Sany0668_1
新年
あけまして
おめでとう
ございます。

今年もボチボチと
おひるごはんをアップしていければいかなぁと
思っております。

よろしくお願いいたします。

さて。

新年早々のおひるごはん。
まだまだ松の内なので、
オープンしている店も少ないこの日。

こういうときは、
手っ取り早くショッピングビルなどの
レストランを利用します。

昨年11月にオープンした
横浜駅西口
相鉄ジョイナス地下1階の
「クイーンズ伊勢丹横浜店」。

お惣菜やスイーツ、レストラン、フードコートなどが
そろったこの空間にあるのが

「過門香」

元々銀座にある
モダンチャイニーズのレストランなのですが、
最近はデパ地下などでデリも展開しています。

ここでは、デリはもちろん
イートインのできるレストランゾーンもあります。

店内はホワイトを基調とした
スタイリッシュな空間。

オーダーは

「重慶坦々麺」819円

さらに、ここへ来たからには
注文せずにいられない

「上海小龍包(3個)」472円

重慶坦々麺は白ゴマベースの坦々麺です。

スープをひと口。

ぷ~んと白ゴマの香りとコクがふんわりと広がってきます。

唐辛子の辛さはその白ゴマのコクの後ろ側にひかえています。
そして、
ひっそりと中国山椒の味わい。

麺はツルツルでコシのある口当たりです。

全体的にやさしい坦々麺でした。おいしい。

そして、上海小龍包。

この店で開発した小龍包専用のスプーンを取り、
いちばん上の穴から
「ズズーッ」とすすると、
豚肉のうまみをたっぷり含んだスープが
ガッツリと口の中に入ってきます。

アツアツ、でもうま~い! 

スープをある程度すすってから、
包子をパクリ。
餡とモチモチな皮の食感を楽しみます。

卓上の酢と醤油を、
上の穴へ少し注いでいただくのもいい塩梅。

ちょっとぜいたくに、
そして満足できる食べ始めとなりました。

過門香 クイーンズ伊勢丹横浜店
横浜市西区南幸1ノ5ノ1、相鉄ジョイナス地下1階、
クイーンズ伊勢丹横浜店内
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »