« November 2006 | Main | January 2007 »

Friday, December 29, 2006

大盤振る舞い! 海南鶏飯食堂2の仔羊とトマトのスパーシー煮込みカレー

Sany0665ランチの
食べ収めは、
どこで
決めよう…と、

考えたときに
すぐに浮かんだのが
ここ。

ランチメニューは
2種類しかなくって、
ここで
アップするには、
同じようなメニューになってしまうけれど、

やっぱり、
食べておきたい味がある! 

ということで、足を向けてしまいました。

ご存知、
恵比寿東口から徒歩5分くらいにある

「海南鶏飯食堂2」

シンガポール風チキンライス
海南鶏飯をはじめとした、
シンガポール料理が楽しめる店です。

大きな窓から降り注ぐ日差しが気持ちよく、
ポカポカ、ひなたぼっこをしたくなってしまう
そんな店内が魅力です。

ランチは
「海南鶏飯」か「酸辛カレー」のどちらかが通常メニュー。

ところが、
ブラックボードを見ると…。

なんと、カレーメニューが4種類になっています。

実は、この店も今日が仕事納めで、
最後の大盤振る舞いで、
カレーの種類をたくさん用意してくれていたのです。

ウレシイ! 

そこでさっそく選んだメニューが

「仔羊とトマトのスパイシー煮込みカレー」900円
スープ付き

夜のメニューなのですが、
こんなにたくさん訪れているにもかかわらず、
初めていただくメニューです。

ゴロンとした仔羊肉がたっぷりのいでたち。
ジャガイモとフライドガーリックも入っています。

カレーソースは、
トマトの酸味がほんわかときいた、
口当たりがやさしい味わい。でもスパイシー。

仔羊肉は、ホロリと崩れるようなやわらかさ。
しみじみとした風味がアクセントになっています。

「これにヨーグルトを添えるとイケるんです」と
ヨーグルトを持ってきてくれたので、

さっそくヨーグルトを加えると…。

酸味があってスパイシーな辛さに
酸味のあるヨーグルトにもかかわらず、
コクのある味わいに変身。

さらりとしたカレーをライスと混ぜ合わせながら、
ニコニコ食べつくしてしまいました。

夜のメニューを見ると、カレーの種類が豊富なこの店。
どれを頼んだらいいか、いつも迷っていたのですが、
その迷いのラインアップに、
これからはこのカレーも
加わってしまうのでした。

ちなみに新年は1月9日から営業だそうです。

海南鶏飯食堂2
東京都渋谷区恵比寿1ノ21ノ14、
COSTA DE VERANO
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~11時。第3月曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, December 28, 2006

野菜がうまい! バビロンの野菜カレー

Sany0645_1麹町周辺。

いろいろ
店がありそうで
なさそうな
場所でもあるので、

本日は
あっさりと
ビルの中に
向かってみました。

麹町クリスタルシティの地下1階にある
カウンターだけのカレーショップ

「バビロン」

普通の店構えのカレーショップながら、
有機野菜などを中心に
素材を厳選して作ったカレーが楽しめます。

店内に入ると、まずは食券を購入。

「野菜カレー」780円

カレーはスパイスをたくさん使ったインド風。
さらさらとしたカレーの中には

キャベツがどっさり。
そしてホウレンソウ、タマネギ、トマトが入っています。

もったいぶらずに
ライスの上にドバドバとカレーを注ぎます。

何よりも感動したのは、
キャベツの甘さ! 

シャッキリした歯ごたえから感じる甘みと、
スパイシーなカレーの味わいが
口の中に広がってくると、
かなり、シアワセな気分になれます。

トマトもトマトらしい酸味が感じられて
カレー全体をまとめている存在です。

野菜のうまみを
存分に感じられる一皿でした。

バビロン
東京都千代田区麹町4ノ8、麹町クリスタルシティ地下1階
営業時間 午前11時30分~午後7時。土・日曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (598) | TrackBack (0)

Wednesday, December 27, 2006

おこげもイケる! 愛香楼の石鍋焼きごはん

Sany0662横浜・中華街の
お得な
ランチ探し。

どの辺を
歩いてみようかと
フラフラ…。

関廷廟の通りを
突き当たると
横浜大世界が
あるのですが、
その横の道を行って
すぐにあるのが

「愛香楼」

2005年12月にリニューアルオープンした
広東創作料理が楽しめる店です。

店内はブラックとレッドでまとめた
スタイリッシュな雰囲気。

チャイニーズ風カルパッチョや
豆腐麻婆フォンデュなど、
なるほど創作中華なメニューが楽しめるのです。

注文は

「石鍋焼ごはん」630円
今週のスープ、香の物、日替わりサラダ、デザート付き

石鍋焼ごはんの具は

海鮮、麻婆、角煮の中から選べます

迷わず麻婆をチョイス! 

グツグツと音を立てて運ばれてきた鍋には、
麻婆豆腐がグツグツ、熱々。

レンゲで茶碗に分け入れていただきます。

はふ~っ! 熱い! 

麻婆豆腐は、豚肉の甘みがしっかりと出ていて、
ほとんど辛く仕上げていません。
ワンポイントに唐辛子が存在する感じ。

刻みネギの上にはコショウが振りかけてあったのですが、
このコショウもアクセントになっています。

何よりも感動したのが、ごはん。

まるで石鍋で炊き上げたかのような食感。
程よい硬さで、一粒一粒存在感なのです。

聞いてみると、
蒸籠でご飯を蒸して、
それから石鍋に入れて焼き上げているんだそう。

アツアツの石鍋なので、
当然できあがるおこげ。

このおこげの香ばしさと麻婆豆腐の塩梅もウレシイ。

このボリュームで、この料金! 

満腹満足状態のランチタイムでした。

愛香楼
横浜市中区山下町103
営業時間 午前11時30分~午前0時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 26, 2006

やさしい味。萬蔵そば 尾張屋総本店のぶくぶくうどん

Sany0658_1ときどきしか
行く機会のない
中野坂上。

久しぶりに
この辺りに
来たので、

歩道橋の
そばにある

「萬蔵そば 尾張屋総本店」へ。

萬蔵そばとは、
尾張屋の初代店主の名前だとか。
創業は江戸末期。

ちなみに萬蔵そばというのもあって、
これは、餅に野菜などをはさんで揚げたものを
つゆの中に入れて
まかないなどに出してあげていたもの…らしい。

蕎麦屋とはいえ、
日本酒のつまみもそろっているし、
さらには甘味も充実。

なんとなく、江戸の町の喫茶店的存在だったのかなぁと
想像するのも楽しい。

さらにおもしろいのは、
おもしろいネーミングのメニューがあること。

冷やしそばのトッピングが違うのですが
「悪魔のささやき」は、
そばにイクラ、大根おろし、山イモ、キュウリ、
錦糸たまご、ムキエビの天ぷらなどがトッピング。

「乙女の祈り」というのは、
海草、グリーンアスパラ、レタス、コーン、
パイン、アップルポテトの天ぷらなどが
トッピングされたもの。

そして、今回注文したのは

「ぶくぶくうどん」1000円

すまし汁に野菜を玉子でとじ、塩コショウで味付け。
その上に生タラコをトッピングしたものです。

急須のような形の土鍋が
まさに「ぶくぶく」という音を立てて
テーブルに運ばれてきました。

ふたが器になっているのですが、
ふたを開けると、ふわ~んと野菜の風味が漂ってきます。

スープをひと口いただけば、
コショウがアクセントとなった
野菜のうまみたっぷりのすまし汁。

野菜は白菜と白ネギ、ピーマン、シイタケなど。
じっくり煮込まれた白菜のおいしさといったら! 

ふんわりととじた玉子もやさしい味わいを演出しています。

生タラコもそのままで一緒に食べれば、程よい塩味。
ちょっと汁に浸して半生状態にしても
なんだかいい感じの味わいに変身します。

うどんはチュルチュルな食感。

寒いときにはポッカポカになれる一品です。

萬蔵そば 尾張屋総本店
東京都中野区中央2ノ2ノ8
営業時間 午前11時~午後9時

映画ウンチク
鉄コン筋クリート
☆☆☆☆

松本大洋の作品の中で
いちばん好きだった作品。
もともと抽象的なストーリーなのですが、
映画では短い中にあの雰囲気を
ぎゅっと押し込めてくれています。
初めて観る人には、わかりずらいかもしれませんが、
あの漫画らしいといえばらしい。
クロとシロの心のつながりと信頼感。
クロとシロの純粋さに、
思わず胸がキュンとしてしまいます。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 25, 2006

クセになるスパイス。エチオピアのチキンカリー

Sany0659_1横浜駅・西口に
三越があった時代。

地下2階にあった
イートイン
できるカリーショップが
ありました。

そのクセになる
スパイスの味わいが
お気に入りで
ことあるごとに
食べに行ったものでした。

残念ながら、
今は横浜ではその味を楽しむことができないので、
この街界隈に来たら、
ぜひ、行こう! と心密かに思っていました。

御茶ノ水駅から靖国通りに向かって
坂を下ること数分にある

「カリーライス専門店 エチオピア」

インド風のカリーライスが楽しめる店です。

1階はカウンター、
2階にはテーブル席が用意されています。

注文は食券購入スタイル。

選んだのは

「チキンカリー」880円
ジャガイモ付き
午後2時まではアイスクリームが付きます。

食券を持って席に着くと、
辛さの指定をします。

説明文を読むと
「0倍・1倍・2倍・3倍・4倍・5倍・・・・・70倍まで
選べます」…。

0倍が中辛で、2倍が辛口だとか…。

さて。
そういう基準で考えると、70倍ってどのくらい?
っていうか、10倍とか20倍ってリクエストOKなの?
とドキドキ。

悩んだ挙句、
大辛くらいがいいのかなぁと、5倍を選んでみました。

ここのカリーは、オーダーが入ってから
スパイスを調合して作ります。

特製スパイスでじっくり煮込んだチキンは、
プリッと弾力があって、しかも柔らか。

カリーは、
「スパイスって薬用としても使われているんだよね」
というのが納得できてしまうような、
苦味や酸味、甘み、そして辛味が
複雑に織り交ざった味わい…。

スパイシーな刺激は、食べるほどに快感。
ジャガイモはしっとりとした口当たりで、
これをカリーと一緒に食べるのもいい! 

気づけば、あっという間に
食べきってしまったのでした。

食べながら、周りのオーダーを聞いていると
「20倍で」「15倍で」と、
普通に注文し、店の人も当然のように受けていました。

さすが、通いなれている方たちです。

20倍…。
まずはこのくらいを今度はチャレンジしてみたいです。

カリーライス専門店 エチオピア
東京都千代田区神田小川町3ノ10ノ6
営業時間 午前11時~午後10時30分
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, December 22, 2006

うれしい一皿。tsukiji kitchenのCランチ

Sany0655風邪が
流行っていたり、

突然急激に
寒くなったり
している
このごろですが、

全般的には
暖冬のこの冬。

なんというか、
肌で季節を感じるのか、
気持ち的に
今が師走とは思っていない…
ような気がします。

そんな状況なので、
いまさらながら
「お~、ヤバイ。今年も終わってしまう~」と
オロオロ…。

自覚しようというわけではないのですが、
今日は築地方面に行ってきました。

さすが築地市場は、
お正月の買い物な雰囲気がいっぱい。
いやがおうにも、気持ちに拍車がかかります。

今日のランチは、
築地市場に向かう途中にある
「東劇ビル」地下1階の

「tsukiji kitchen」へ。

洋食が楽しめるレストランです。

ビルの外観とは打って変わって、
店内はブラックとホワイトを基調にした
スタイリッシュで落ち着いた雰囲気。

オーダーは

「Cランチ」800円
スープ、サラダ、ドリンク付き

Cランチは
オムレツピラフ、ハヤシライス、
ドライカレーの中から選べます

オムレツライスというのは、
オムレツとはちょっと違った風貌なのですが、
こちらは人気で売り切れ。

そこで
「ドライカレー」を選んでみました。

サラダは、ホウレンソウやクレソンなどのリーフサラダ。
カリカリのベーコンや卵も入っていて、
食べていて楽しいサラダです。

そして、ドライカレーは、
ひき肉とニンジンのみじん切りがたっぷり入った
キーマ風のカレー。

カレーの上には
トロリとしたスクランブルエッグと

ニンジン、菜の花、カブをボイルしたものがのっています。

カレーは、昔懐かしい味わいのカレー味。
辛さはマイルドですが、
食べ進むうちに、ほんわりと辛さが染みてきます。

これとスクランブルエッグを混ぜ合わせていただけば、
まろやかな口当たりになって、おもわずにっこり。

ボイルした野菜は、
それぞれの旨味がギュッとつまっていて、
とてもイケます。

洋食って、
どうしてこんなにシアワセ気分になれるんだろうと
しみじみしてしまったひとときでした。

tsukiji kitchen
東京都中央区築地4ノ1ノ1、東劇ビル地下1階
営業時間 午前10時~午後11時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, December 21, 2006

きめ細かい味…。麺処 中村屋の塩辛鶏麺

Sany0653ず~っと
行ってみたいと
思っていました。

でも、
テレビ放映や
雑誌での紹介で
連日長蛇の列…。

と聞いていて、
なかなか足を向ける機会が
ありませんでした。

そうこうするうちに6年近く。

今も同じように人気は高いのですが、
なんとなく、
そろそろ円熟した落ち着きが
あるのではないか…と思って、

思い切って、足を向けてみることにしました。

大和・高座渋谷にある

「麺処 中村屋」

いわずと知れた、
あの
「中村屋」です。

有名な店主…社長は、
現在はこちらの店には出ていないようで、
海老名にある
ラーメンのコース料理が楽しめる
「essence」のほうにいることが多いとか。

それでも、
あの麺を切るときの
「天空落とし」は受け継がれています。

店内はカウンターとテーブル席が3つ。
開放感のある空間です。

スタッフの接客もすがすがしい。

さて…。

何を食べようか、迷う迷う。

ラーメンばかりに目がいきますが、
ご飯メニューの豊富さにも驚きました。

だけれども、
今日は麺を満喫しようと

「塩辛鶏麺」850円

麺は細麺と真空平打麺のどちらかが選べます

そこで、気になる
真空平打麺をチョイス。

スープは魚介系の出汁に
鶏がら系の塩だれで作っているとか。

そのスープ。

ひと口目はあっさりと口の中に入っていき、
のどを過ぎるころに
わずかに魚介のうまみが広がっていきます。

辛さは唐辛子をちらしてあるのですが、
スープの風味をこわさず、
しかも唐辛子の風味がきっちりと伝わってくるのです。

平打麺は、まるでパスタのようにツルツルなのどごし。
このままほっておいても
のびることがないんではないかと
思うくらい、しっかりとした麺でした。

叉焼は炭火であぶってあって香ばしいし、
味玉の黄身はトロトロ。しかも燻製風味。

ネギと水菜もしゃっきりした歯ごたえで
麺ともよくからみます。

ホウレンソウも入っていました。

1つひとつの素材を
最大限に表現した一杯でした。

ちなみに行列情報ですが、
平日ということもあり、
開店前には3組ほど。
その後もそれほ並ばなくとも入れる状況。

「中村屋に行ってみたい! 」と
思っていた人は、今がチャンスかも…。
ただし、ご本人はいらっしゃいませんが(苦笑)。

ぜひ海老名のコース料理も試してみたいものです。

麺処 中村屋
神奈川県大和市下和田1207ノ1
営業時間 午前11時~午後5時、午後5時~9時、
土・日曜、祝日=午前11時~午後9時
(スープ終了次第終了)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, December 20, 2006

カフェごはん♪ Cafe+Diner STYLEのエビとブロッコリーのスイートチリマヨネーズごはん

Sany0650なんとなく
ここのところ、
ゆったりと
ランチを
楽しむ
タイミングを
逃しているような
気がして、

今日は
久しぶりに
カフェ系の
店でランチを
することにしました。

横浜駅西口、
新横浜通りのそば、
いわゆる
「奥横」とも呼ばれるエリアにある

「Cafe+Diner STYLE」

白を基調に、
コースターなどでグリーンをポイントにおいた
カフェらしいカフェです。

このエリアでは、
比較的早い時期からこういった
オシャレ系ショップを立ち上げた店でもあります。

メニューが豊富なのもカフェらしい…。

あれこれ迷った末のオーダーは

「エビとブロッコリーの
スイートチリマヨネーズごはん」700円

スープ、ドリンク付き

プラス各50円でサラダやデザートが付きます

ボウルプレートに入っているのは

ライスにレタス
ゴボウ、タマネギ、クワイを細く切って
マヨネーズで和えたもの、
そこにプリップリのエビとまんまるブロッコリー。

温かいライスとエビの食感、
シャッキリしたゴボウやタマネギ、クワイの歯ごたえ。

口の中が楽しくなってくるところに
干しエビの風味も加わった
チリソース味のマヨネーズのコクが広がって、
なんだか、クセになってしまう味わいなのです。

Sany0649
流れてくる音楽もカフェミュージックというより、
POPSなメロディでいい感じ。

すっかりくつろげるなぁと思ってしまったので、
気になるプラス50円のデザートも追加

ティラミス、レモンのレアチーズ、
バナナのシフォンケーキから選べます

ティラミスは
ワンスプーンスイーツ! 

キャンディをなめるようにいただけば、
マスカルポーネのコクにうっとり…。

メニュー名を見ても、
どれもこれもなんだかおいしそうに感じられて、
これは、また来なければ…と実感。

久しぶりにくつろぎのひとときが過ごせました。

Cafe+Diner STYLE
横浜市西区岡野1ノ8ノ7、三企画ビル1階
営業時間 午前11時30分~午前0時30分
(ランチは午後5時まで)

映画ウンチク
ERAGON-エラゴン
☆☆☆☆☆

ここのところの流行の
長編ファンタジーのたぐいか…。
と思って観たのですが、
これがとても簡単明瞭なストーリーで、
しかも英語が聞き取りやすい! 
ドラゴンとドラゴンライダーの話で、
今回はまずはドラゴンとの出会い。
そして、1つの国を守りきる。
見ごたえ十分の104分です。
一応完結するので、
見終わった後のさまざまな疑問もなくスッキリ。
そうはいっても、
いちばん大きな敵は、まだまだ先なので
ちょっと続編が楽しみになってきました。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, December 19, 2006

歴史あるツルツル。銀座佐藤養助の比内鶏の炊き込みご飯セット

Sany0646銀座
6丁目あたりを
歩いていると、

なにやら
花がたくさん
飾られている
店を発見。

ニューオープンの
店だな…と
感じて、
フラフラと
足を向けてしまいました。

「銀座 佐藤養助」

創業万延元年の稲庭干饂飩の店で、
12月18日、
つまり昨日オープンしたばかりの店です。

稲庭といえば、日本の三大うどんのひとつ。
秋田では
宮内庁御用達のうどんだそうです。

店内は水や木を上手に使った
スタイリッシュな雰囲気の造り。

おしゃれ気分でうどんが楽しめます。

オーダーは

「比内鶏の炊き込みご飯セット」1050円
稲庭小うどん、サラダ、香の物付き

うどんは温かいものか冷たいものかが選べます。

今日は寒かったので温かいうどんをチョイス。

漆塗りの品格高い器に入った稲庭うどん。

細身の麺は、
ツルツルツルツルとした食感が心地いい。

そして細いながらコシがあります。

だし汁はカツオと昆布とシイタケでとった、
上品な味わい。

比内鶏の炊き込みご飯は、
鶏を焼いたものが2切れ。
醤油味が程よく、ご飯にしみ込んでいます。

さらに驚きはサラダ。

稲庭うどんを作る際に出てくる
切れ端部分を使ったマヨネーズサラダ! 

これがなんともいえない食感で、
ついつい、箸を伸ばしてしまう味わいなのでした。

香の物はいぶりがっこ。
いぶりがっこの塩加減も、本当にいい塩梅。

夜はきりたんぽなど
秋田の郷土料理も楽しめる模様。

ぜひぜひ、味わいに行きたいものです。

銀座 佐藤養助
東京都中央区銀座6ノ4ノ17、出井本館1階
営業時間 午前11時30分~午前5時
(日曜、祝日は午後11時まで)
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, December 18, 2006

裏巻きを満喫。Restaurant KafraのBセット

Sany0641横浜・
関内に出没中。

どの通りも
結構
歩いてるよなぁ…
と思いながら、
「横浜MBC」周りの
道を歩いていると、

なにやら
新し目の店構えを
発見してしまいました。

「Natural Blessing Restaurant  Kafra(加富良)」

NYのCarle Placeというところにある
「Shiro of Japan」の姉妹店だそうです。

ニューヨークで寿司を食べる…なんていう、
贅沢なことは、あまりなく、
せいぜいコリアンが作ってくれる
なんちゃって日本食レストランで食べた程度。

こういった寿司体験はないものの、
なんだか懐かしさを感じてしまいます。

レストランは11月15日にオープン。

姉妹店とうたっているだけのことはあり、
メニューは、いわゆる裏巻きといった、
アメリカで生まれた寿司が楽しめます。

店内はホワイトを基調とした
スタイリッシュな雰囲気。

オーダーは

「Bセット」1000円
オリジナルロール2P、シンプルロール2P、握り3貫、
スープ、サラダ、小鉢、コーヒー付き


Bセットは日替わりでネタが変わります。

今日のロールは

「ブラックドラゴンロール」
「カリフォルニアロール」でした。

スープは具だくさんのミネストローネ。
お寿司をいただくのに、スープというのが、
なんとなく、アメリカ~ンな気分になれるから不思議です。

「ブラックドラゴンロール」は、
中心にはカニ、エビ、とびっ子を入れて、
ウナギとアボガドで巻いたもの。

蒲焼のソースがかかっていて、
ほんのり甘いのが魅力。
とびっ子のプチプチとした食感と
まったりとしたアボガドとウナギの組み合わせが
以外にも合ってしまうのです。

「カリフォルニアロール」は、
中はアボガドとカニ、キュウリを入れて
裏巻きしたもの。

こちらは醤油をつけてパクリ。

さっぱりとした口当たりでいただけます。

握りはマグロ、サーモン、エビ。
ネタが大きめで、どのネタも新鮮。

なんだか幸せ気分を味わいつつ、
かの地に想いを寄せてしまったひとときでした。

さらに…。

コーヒーをいただきながらオーダーしてしまったもの。

Sany0640
「ブラウンスミスの
プリン」450円

このプリン。
日本では
400頭しか
いないという

ブラウンスミス牛の
ミルクを使って
作ったプリン。

牛乳を入れる器を形にした
陶器の器に入ったかわいらしいスイーツです。

ふたをあけると、
表面には生クリーム。
その下から黄色いおいしそうなプディングが…。

一番下にカラメルソースがあるので
縦にざっくりと…というか、
とろ~りとスプーンを入れていただけば、
濃厚なミルクの味わいが
ふわ~んと口の中に広がっていきます。
なんというコク! 

幸せ気分、
さらに倍増した瞬間でした。

Natural Blessing 
Restaurant Kafra(加富良)

横浜市中区太田町2ノ28、大黒ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~10時。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, December 15, 2006

ハーブを満喫。VIETNAMESE CYCLOの鶏肉のフォー

Sany0629先日、
お台場の
アクアシティに
行ったときのこと。

「BAYSIDE
MARKET」に
足を踏み入れ、

その雰囲気に
すっかり
見せられたものの、
フードショップのラインアップが、
もしかして同じだなぁ…と
思っていたのですが…。

横浜駅西口の地下街と言えば、
ジョイナスとダイヤモンドですが、

このジョイナスの奥が最近
「QUEEN’S ISETAN」にリニューアルオープン。

連日すごいことになっているのですが、
この場所が、まさか食料品売り場になるとは、
思いもよらなかった…という、
横浜の人が多いのではないでしょうか。

で。
その奥にできたのが
「QUEEN’S PATIO」というフードコート。

もともとここは「パティオ」という名で
レストランなどが並んでいた場所なので、
名前を残してくれているのが、
なんとなくウレシイものです。

実はお台場の
「BAYSIDE MARKET」とは、
同じ会社がフードコートごと展開しているようです。

こちらはすっかりスペインのパティオ風な雰囲気で
これはこれで、なんだか落ち着いてしまうから不思議です。

さて。
今回選んだのは

「VIETNAMESE CYCLO」

ベトナム料理の店です。

フォーを中心に、ベトナム風カレーやごはん、
そしてブラックパールを使ったドリンクを売り出しています。

注文は

「鶏肉のフォー」680円

注文すると、すぐにササッと作れるのが
フォーのいいところ。

できあがるのを眺めていると、
さまざまなハーブをのせているのを見ることができます。

さっそくいただいてみれば、
ベトナム醤油ベースのスープに細身のフォー。
ここにミントやパクチー、バジルのハーブの香りが加わって、
さわやかな味わいです。

唐辛子などの香辛料も置いてあるので、
自分好みの味付けができるのもウレシイ。

かなり、満足。

そして、フードコートながら、
ゆったりと時間が過ごせる空間に
驚きのひとときでした。

VIETNAMESE CYCLO
横浜市西区南幸1ノ5ノ1、QUEEN’S ISETAN
QUEEN’S PATIO内
営業時間 午前10時~午後10時

映画ウンチク
The Wild-ライアンを探せ-
☆☆☆

ニューヨークのセントラルパーク内の
動物園にいるライオンの子
ライアンは動物園生まれ。
父親の貫禄あるほえ声を
ライアンはまねてみるものの、うまくいかず。
外の世界に逃げ出したい気持ちに…。
でも、ひょんなことから
本当に外に出ることになり、
あれよあれよという間にアフリカ大陸へ…。
父親は動物園の仲間と
ライアンを助けに飛び出した! 
さらには父親には秘密が…。
なんとな~く、覚えのあるストーリーですが、
この映画は父と子の愛情を
ポイントにおいた映画です。
ニューヨークの街並みのアニメは
なかなかよくできていました。
ほのぼのと観られる映画です。
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 14, 2006

ワンコと一緒。パークアヴェニュー・クレアのランチセット

Sany0635本日は
お台場周辺。

朝から夕方まで
ひと続きの
仕事でもあったので、

ランチの時間が
取れたのは、
ちょっと遅め。

さらに、

今日はワンコちゃんも一緒だったので、

ワンコOKの店に行くこととなりました。

ヴィーナスフォートファミリー1階にある

「パークアヴェニュー・クレア」

もともと、このファミリー1階は、
犬が普通に歩くことのできるエリアなので、
あちこちに犬と一緒に
ショッピングを楽しむ人を見ることができます。

このカフェも、もちろん犬と一緒に
ごはんが楽しめるところ。

椅子にリールをくくりつけて、
足元でおいしそうにごはんを食べている犬たちも
いました。

ここのシステムは、
カウンターでオーダー。
できあがったらテーブルまで運んできてくれます。

オーダーしたのは

「ランチセット」1050円
サラダ、ドリンク付き

本日のメインは

「十五穀米の冬のあったかクリームソース」

これは石焼に十五穀米、
パプリカやジャガイモなどの野菜、
玉子の黄身に
クリームソースをかけたものです。

アツアツの石鍋が運ばれてきたら、

黄身を石鍋に近づけつつ、
ざっくりと混ぜ合わせていきます。

黄身に熱が通ったころ、
今度は石焼にごはんを貼り付けるようにしてから、
いただきます。

食べ心地は、ドリア。
口当たりのいいクリームソースと黄身のまろやかさが
十五穀米と合わさり、
ひと口食べれば、次が食べたくなる味わい。

アッツアツで体もポッカポカになります。

さらには、石焼鍋にくっついていたごはんのおこげ! 
カリカリと香ばしく、
さらにスプーンが進みます。

こちらのカフェはカレーメニューが中心なのですが、
サラダのドレッシングもカレー味。
これがなかなか食欲をそそられるのです。

店内は犬スペースから離れているエリアもあるので、
犬が苦手な人もじゅうぶん楽しめるカフェとなっています。

パークアヴェニュー・クレア
東京都江東区青海1丁目、ヴィーナスフォートファミリー1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, December 13, 2006

王道の組み合わせ。VESPUCCIの渡り蟹のクリームソーススパゲッティ

Sany0609_2イタリアンが
食べたいなぁ…と
思ったときは、

イタリアの国旗が
あるところを
なんとなぁく
探してしまいます。

外苑前あたりを
歩いていると、

案の定、その国旗を見つけてしまいました。

しかも、なんだかちょっと並んでる…。

おいしそうな予感がします。

そこで、さっそく入店!

「VESPUCCI」

北イタリア料理が楽しめるオステリアです。

2階の店内は、
さわやかな薄いブルーのタイルが印象的。

奥にはピザ用の石釜焼きがあります。

窓も大きく開放的。

居心地のいい空間となっています。

オーダーは

「渡り蟹のクリームソーススパゲッティ」1000円
サラダ、パン、ドリンク付き

渡り蟹とトマトのクリームソースの組み合わせ。

実はこの組み合わせ、
とても好きな味なのです。

あまりに好きすぎて、
なかなかオーダーするチャンスがありませんでした。

フォークにスパゲッティをクルクルと巻いてパクリ。

とたんに渡り蟹独特のコクのある風味と
トマトクリームソースのまったりとした味わいが
グワンと広がっていきます。

トマトソースと渡り蟹の塩梅がちょうどよく、
しみじみとしてしまいます。

コクがあった重そうなのに、重くない…。
一口ひと口味わいながらも
あっという間に食べつくしてしまうのでした。

次はぜひ焼きたてのピザも
試してみたいです。

Osteria di mare VESPUCCI
東京都港区北青山2ノ7ノ25、神宮外苑前ビル2階
営業時間 午前11時~午後5時、午後6時~11時
土・日曜、祝日=午前11時~午後4時、
午後6時~10時(土曜のみ11時)。月曜定休

映画ウンチク
OPEN SEASON
☆☆☆☆

ソニーピクチャー初のアニメ映画。
なぜかわからないけれど
レンジャーに育てられた
グリズリーベアのブーグ。
人間と同じような生活をしていたある日。
ちょっとの誘惑に負けて
街で大イタズラ。
やっぱり野生に返さないと…ということで、
育ててくれたレンジャーが、
森のブーグを返します。
でも…。やっぱり街に帰りたい! 
街を目指しながら触れ合う
森の仲間たち…。
最終的にブーグはどっちに帰っていくのか…。
人間的な感情移入もあり、
大切なもののどちらかを選ばなくてはならない、
その悲しさ、せつなさ。
でも、前を向いて進んでいかなくちゃ…と
なんだか、切ないけれど明るい映画です。
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 12, 2006

カリカリッなチーズ。SUPER 5のグラタンランチ

Sany0627Sany0626

表参道の
ロータス通りをプラプラ。

フォークのイラストが印象的なこの店。

「SUPER 5」

シュペール サンク・・・と読む、
フレンチビストロです。

店内は
ちょうどいい高さのカウンターとテーブル席。
木のぬくもりを感じさせる、
落ち着いた雰囲気が魅力です。

オーダーは

「グラタンランチ」1200円
スープ、サラダ、自家製パン、コーヒーまたは紅茶付き

グラタンは日替わりで

チキンペンネグラタン」でした。

まずはサラダとスープが登場。

スープは具だくさんのミネストローネ。
ジャガイモゴロゴロがウレシイ。
さらにはじっくり煮込んだ牛すじ肉も! 

サラダはバスサミコ酢のドレッシングに
チーズを振りかけたもの。
これまたシャッキリとして、
食欲をそそります。

グラタンが運ばれてくると、
ぷ~んと香ばしいチーズの香りが
テーブルから漂ってきます。

クリームソースは
ガーリックの香りがアクセントになっていて
好みの味わい。

ペンネは程よい硬さだし、
鶏肉も柔らか。

歯ごたえを残したブロッコリーも彩り豊か。

チーズの香ばしいところとペンネ、
クリームソースとチキンとブロッコリーを
スプーンですくって口に入れれば、
至福の味のハーモニーが楽しめるのでした。

夜もゆっくりとくつろげる、
隠れ家的な一店かもしれません。

SUPER 5
東京都渋谷区神宮前3ノ5ノ1、神宮前351ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後6時~11時、
土・日曜、祝日=正午~午後3時、
午後6時~9時(土曜は午後11時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 11, 2006

柔らかジューシー! 伊藤グリルカフェのハンバーグステーキドリンクセット

Sany0623おいしいものを
気軽な価格で
楽しめるところ…。

フードコートのような
ほとんど
セルフサービスの
形態のところは、
比較的
この欲求を
満たしてくれる
部分が多い…。

その中でも最近、かなりごひいきにしているのが、

「ラゾーナ川崎」内にある
ダイニングセレクションです。

新感覚のフードコートということなのですが、

有名どころのラーメン店が3店入ったり、
佐世保バーガーの老舗があったりと、
かなり目を引く店が勢ぞろいしているのです。

今日選んだ店もそう。

”Season Kitchen”というスペースに、
来年3月くらいまでオープンしているという

「伊藤グルメカフェ」

神戸・元町で大正13年創業という、人気の老舗洋食店。

関東では初めての出店だそう。

神戸の本店は、格式高い洋食店のようで、
コースメニューの多い雰囲気なのですが、

ここは「カフェ」とうたっているとおり、
気軽にいただけるメニューがズラリ。

伊藤シェフの監修のもとに、
ここだけのセットを作り出してくれているそうです。

オーダーは

「ハンバーグステーキ ドリンクセット」930円
ライス、ドリンク付き

席を確保して、ビーパーで呼び出されるのを待つこと数分。

鉄板の上でジュージューと音を立てるハンバーグステーキが
目の前にやってきました。

ハネに気を使って回りにペーパーをおいてくれているのも
ちょっとウレシイ。

店で手ごねしてつくったハンバーグステーキは、

ナイフを入れるとホロリと崩れるような感触。

それなのに口に入れれば、
ギュッと肉の旨味が詰まった肉汁がジュワッとやってきます。

存在感のある肉の味。

伝統のデミグラスソースは、
コクがありながらもさっぱりとした味わい。

添えつけのマッシュポテトにも
このデミグラスソースがぴったりと合っています。

目玉焼きは半熟状態で、
この半熟状態の黄身と一緒に
ハンバーグステーキをいただけば、
それはそれはまったりとした至福の味わいです。

ビーフシチューやカレーライスなど、
本格的洋食。

あれこれ味わってみたいです。

伊藤グリルカフェ
川崎市幸区堀川町72ノ1、ラゾーナ川崎1階
ダイニングセレクション内
営業時間 午前10時~午後10時

映画ウンチク
硫黄島からの手紙
☆☆☆☆

「父親たちの星条旗」との連作。
こちらは日本側から見た硫黄島の戦いの話。
銃撃シーンがどちらも多く、
そんな状況の中の凶器。
それでも、かすかに見え隠れする
本来の人間の優しさ。
そういった感情面が
こちらのほうが上手に出ているのかなぁと
ちょっと思いました。
まぁ、英語と日本語の差もあると思いますが…。
それにしても。
日本の有名な俳優陣が出ているとはいえ、
なんとなく、会話のやり取りが
とてもハリウッド的な気がしました。
設定にしても、「???」と思わざるを得ない部分もあり…。
シリアスなストーリーの中で
そんなところを意識してしまうと、
クスリとしてしまいます。
二宮和也…が、こんなに重要な役をこなしていたとは
驚きでした。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, December 10, 2006

イセエビの季節だ! 初島でイカ鯵丼&伊勢海老の刺身&味噌汁

061210_14210001

061210_14380001

今年はブログでは、
ダイビング話をあまりしていませんが、

というのも、
ダイビングに行くと、その土地土地でいただくものが
あんがい、同じものになってしまうので、
何度も何度も、同じものもなぁ…と
思って、

ちょっと控えていたのでした。

しか~し!

時は12月。
世の中的には
伊豆は「伊勢海老祭り」のシーズン! 

ということで、
今年は、ちょっと贅沢に伊勢海老をランチに加えてしまいました。

毎度おなじみの
熱海沖の初島でのダイビング。

昨日の雨もすっかりあがり、
時折晴れまも見れるほどの天候。

気温13度くらいかなぁ。
でも水温は18度。

そして、なんと透明度、
25mは超えていたのではないでしょうか!

あんまりにもキレイな海に、
陸上よりも寒くない海の中でうっとり。

東伊豆では初観測と言われている
クマドリイザリウオや

1cmほどのイロイザリウオ、

ピカチュウという相性で呼ばれるツノザヤウデフリウミウシは
「ピカチュウの森」と命名したいくらい、
ある場所に数多く生息。

上を見上げればカンパチの群れが
キビナゴを追っているし、

どこを見ても美しく、そしてかわいらしく、
気持ちのいいダイビングだったのです。

そして。

そんな気持ちのいいダイビングに
気分もよくなって、ついつい追加オーダーしたのが

伊勢海老。時価。

とはいえ、7人で2尾を注文して5000円ほど。

刺身にしてもらい、
さらに頭は味噌汁にしてもらいました。

この獲れたての伊勢海老。

プッリンプリンで弾力のある食感で、
しかも、噛みしめるほどに甘みが増してくるのです。

海老味噌もあったので、それと一緒にいただけば、
そのコクの奥深さに、思わずうなってしまいました。

そして、

定番の「イカ鯵丼」と一緒に出てきた
伊勢海老の味噌汁…。

味噌汁に伊勢海老のうまみがたっぷりと染みわたって、
もう
うまいのなんの! 

真っ赤になった頭と足にも、もちろん身は付いています。

こんなことなかなかできないよなぁ…と思いつつ、
思いっきりホジホジして、
身までキレイにいただいてしまいました。

もちろん、定番「イカ鯵丼」もおいしさこの上ありません!

イカのネットリとした食感。
たたいたアジのうまみ…。

最後にまご茶風にしていただくのですが、

ほんのり熱の通ったイカのプリッとした食感と
アジのうまみが全体に染み渡る、その汁。

にんまりとした顔が、いつまでも止まらないのでした。

熱海市初島
営業時間 午前11時くらい~午後4時くらいまで
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, December 08, 2006

西海岸気分♪ SAN-FRANCISCO FISH COMPANYのグリルドシュリンプバーガーセット

Sany0621久しぶりの
お台場方面。

どちらかというと、
サクサクランチな
時間しか
なかったので、

AQUA CITYの中の
どこかで
食べようと中へ…。

11月30日(木)にニューオープンした
「BAYSIDE MARKET」に足を向けてみました。

ここはいわゆるフードコートなのですが、
その雰囲気は
まるでアメリカ西海岸! 

お台場には自由の女神があったりして、
東海岸な雰囲気なのかなぁと
なんとなく思っていたのですが、

思いのほかカリフォルニアの
雰囲気がぴったりの店がたくさんあります。

この「ベイサイドマーケット」には、
ハワイアンや韓国料理、ベトナム料理に
アメリカンフード、さらには
フルーツをスクイーズした
本物のスムージーが楽しめる店など…。

ちょっとワクワクしてくる雰囲気です。

選んだ店は

「SAN-FRANCISCO FISH COMPANY」

フィッシャーマンズワーフにあるような店の雰囲気で
シーフードやアルコールが楽しめる店です。

オーダーは

「グリルドシュリンプバーガーセット」780円
フレンチフライ、ドリンク付き

オーダーをすると、
ページャーを渡されて、できあがるのを待ちます。

オーダーが入ってから
鉄板で丁寧に小エビを焼き上げてくれています。

ハンバーガーは、
グリルドシュリンプにたっぷりレタス。

思い切ってパクリとすれば、
プリップリのエビの食感が口の中で踊ります。

シャキッとしたレタスも心地よい。

ソースはオーロラソースにマスタードソース。

甘みとマスタードのピリッとした感覚が
シュリンプとよく合っています。

気分はすっかり西海岸に向かっていました。

SAN-FRANCISCO FISH COMPANY
東京都港区台場1ノ7ノ1、アクアシティお台場6階
営業時間 午前11時~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 07, 2006

スタイリッシュ! PLATE of PIE.POPのPOPランチ

※サーバーのメンテナンスで、更新できませんでした。
3日間、アップできずにごめんなさいでした;
Sany06177月に
オープンした
渋谷の
デザインホテル

「グランベルホテル」。

その1階にある
カフェレストランが

ここ

「PLATE of PIE.POP」

ホテルのルームサービスなども
ここでいただけるということで、
24時間対応のカフェレストランです。

ホテル側からではない
入り口から入ると、
1階はキッチン。

2階は壁側にソファがずらりとつながり、
背の高いテーブルとスツール。

小さな空間をスタイリッシュに生かしてあります。

オーダーは、2階に行く前に1階で…。

「POPランチ」880円
サラダ、ハッシュドポテト、パン、ドリンク付き

選んだメニューは

「煮込みハンバーグ」

ハンバーグはぷっくりと厚みのある風貌。
そこにたっぷりと
デミグラスソースがかかっています。

あくまでもやわらかいハンバーグ。
この厚みがなんだかウレシイ味わいにもなっています。

パンは、パイ風のクロワッサンが2つ。
香ばしさと風味がなんだかクセになるパンです。

ハッシュドポテトも揚げたてでアッツアツ。

ゆっくりとコーヒーを飲みながら、
心ゆくまで時間をすごすことができます。

ここの夜メニューもなかなかおいしいです。
実は、
夜に行ってみてイケてたのでランチも試したのでした。

PLATE of PIE.POP
東京都渋谷区桜が丘町15ノ17、
渋谷グランベルホテル1階
営業時間 24時間
(ランチは午前11時30分~午後2時)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 04, 2006

最古にひかれて…佐久良屋のオムレツ定食

Sany0612_1前回
横浜・関内を
歩いていたときに、

ふと
気になってしまった
看板。

気になって
気になって、
仕方なかったので、

今日の関内ランチは、
ドキドキしながら、この店の引き戸を開けました。

「家庭料理 佐久良屋」

関内最古の定食屋…という
うたい文句が、気になっていた原因です。

実際、どのくらいから営業している店なのかは
謎ではあるのですが、

木造一軒家の引き戸を開ければ、
左側にカウンターが長く続いた、
懐かしさを漂わせるような空気。

カウンターの向こうには、女性が2人。

まさにおふくろの味を出してくれるような
定食屋さんなのです。

しかも、その料金が安い! 

日替わり定食はなんと500円! 

たくさんの定食があるのですが、
高くても800円くらいなのです。

注文は

「オムレツ定食」650円
ご飯、味噌汁、香の物付き

オムレツは、
じっくりと飴色に炒めたタマネギが入っています。

卵焼きのようなオムレツ。
でも、家で食べるオムレツって、こんな感じかもしれません。

その味わいは、タマネギの甘みが印象的。

ケチャップがついていますが、
ここは、
ソースをかけてケチャップソースでいただきます。

どんぶり飯のご飯の量はとても多く、
この値段で
おなかいっぱいになれるというは、
かなりオイシイランチかもしれません。

家庭料理 佐久良屋
横浜市中区常磐町3ノ21(くらい)
営業時間 午前8時~午後2時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Sunday, December 03, 2006

ほんとうは(BlogPet)

ほんとうは、じゅんじゅん。は
まろやかはすでにスライスされてサーブされるのですが、このまろやかが思いのほかしっとり。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が書きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, December 02, 2006

まろやかカフェめし。signのカレーランチ

Sany0610_2外苑前の
駅から
地上に上がった
ところの
交差点に
位置する
この店は、

待ち合わせに
便利なところ。

土曜日仕事は、昼過ぎからぶっつづけだったので、
この店に寄り、
サクッとランチをしてから現地に向かうことにしました。

「sign」

CDショップがあったり、「WWD」が読めたり、
あらゆることができる
待ち合わせスポットのカフェなのです。

オーダーは

「カレーランチ」880円

カレーは、
「魚介のすり身だんごのグリーンカレー」

プラス200円でドリンクがつきます

カフェめしらしくワンプレートで
運ばれてきました。

グリーンカレーは
ココナツの旨味が口中に広がる味。
まろやかな味わいの中から
ピリリとした辛さが、
ほんわりと伝わってきます。

すり身のだんごは、あくまでも魚介らしい味。

たっぷり入ったパクチーも
いいアクセントになっています。

添えつけのサラダにも
アーモンドが散らしてあって、
これがまた香ばしくていい感じ。

元気のでるランチで、
休日仕事に向かうことができたのでした。

sign
東京都港区青山2ノ7ノ18、山崎ビル1・2階
営業時間 午前11時~午前3時
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, December 01, 2006

モダン、そして開放感! CAFE GARBのGARBランチ

Sany0606_1Sany0605

東京駅周辺。

久しぶりに
仲通り方面に
足を向けてみました。

丸ビルでランチかなぁ…となんとなく思いつつ、
仲通りとの角で見つけた、
大きな開放感ある窓の店…。

それが

「CAFE GRAB」

通りからも中がよく見えるほどの大きな窓。
店内は
モダンなファニチャーあり、
スタイリッシュなテーブルありと、
なんだかインテリアショップに紛れ込んだよう。

窓際に近いところのバーカウンターには、
DJブースもある鍵穴ににた形がオシャレ。

仲通りの景色を眺めながらのランチは、
なんだか、ここが日本ではないような
気分になってきます。

オーダーは

「GARBランチ」1000円
スープ、パンまたはライス、プディング付き

本日のランチは

「鶏のフリット シーザーソース
ダイコンとローメインレスのサラダ添え」

枝豆などが入った
具だくさんのスープをいただきながら待っていると、

立体的に盛られたプレートが目の前に現れました。

鶏のフリットの大きいこと! 

ナイフを入れると、
サクッとカリカリの衣。
そしてすぐにやわらかい鶏肉の手ごたえ。

サクサクの歯ごたえとプルンとやわらかい肉の食感は、
思わず顔がほころんでしまいます。

シーザーソースとの相性もぴったり。
ケッパーも良いアクセントになっています。

サラダ添えのダイコンはあくまでもジューシー。
ローメインレタスの下には、
ジャガイモやサツマイモ、インゲンなどもあり、
野菜たちとフリットの味の組み合わせも
いい塩梅です。

ひと口プリンも、待ったり濃厚。

なんだか、
とても豊かな気分になれる雰囲気の
ランチ場所でした。

CAFE GARB
東京都千代田区丸の内2ノ2ノ3、丸の内仲通りビル1階
営業時間 午前11時~午前1時
(木・金・土曜は午前3時)
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« November 2006 | Main | January 2007 »