« October 2006 | Main | December 2006 »

Thursday, November 30, 2006

ちょこっとランチ。El Chateoのピンチョス

Sany0601Sany0602_1

本日、銀座界隈で
ランチ探し。

あまり目的もなく
(いや、ランチを探す目的はありますが・・・)
並木通りをプラプラと歩いているうちに、

結構昔からある店の
そのスペインの国旗に、なぜか魅せられて
フラフラと入店してしまいました。

「El Chateo」

スペインのバール感覚のスペインレストラン。

1階はバーが中心、
2階に行くと、落ち着いたテーブル席が並んでいます。

オーダーは

「ピンチョス」1050円
スペインサラダ、コーヒーまたは紅茶付き

ピンチョスは、月替りで8種の中から5つ選べます。

この、5つ選ぶのが楽しい! 

悩んだ挙句選んだのは

「スモークサーモン」
「ポークロースのアドボー」
「帆立とイカのタルタルソース」
「生ハムとトマト」
「ボイルダコときゅうりのピカンテソース」

このランチのピンチョスは、
バゲットの上にのせているパントスとなります。

いってみればオープンサンドのようなもの。
でも、あれこれ、いろいろな味が楽しめるのが
ピンチョスのいいところです。

スモークサーモンや生ハムは
想像通りの味わい。オリーブオイルがアクセントになっています。

ポークロースのアドボーは、
軽くあぶられているのですが、これが香ばしく
しっかりとした肉の旨味が伝わってきます。

ボイルダコはタコの足の噛み応えが印象的。
ほんのりとピリっとした味わいとキュウリのさっぱり感が
バランスよく楽しめます。

ホタテとイカのタルタルソースは、
イカの鮮度が心地よく、
そして、タルタルソースがよく合うこと!

当たり前のようでいて、意外な組み合わせに
思わず顔がほころんでしまいました。

ランチタイムでは、
そのほか前菜、メインそれぞれ4品から選べるセットや
パエリアなどもあり、
大勢でワイワイと楽しむランチにもぴったりのレストランです。

El Chateo
東京都中央区銀座3ノ2ノ12、全研ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~10時
(日曜、祝日は午後4時30分~9時)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 29, 2006

お子様ランチなノリ。restのサラダランチ

Sany0597_1このところ
なぜか
出没率の高い
渋谷・・・。

さて、
今日は
どうしようと
思ったのですが、

たまには
西口方面に
足を向けてみました。

このあたり、
KEY楽器などを音楽関係な雰囲気と
恵比寿や代官山方面寄りということもあって、

渋谷とそのあたり周辺の色合いが多い気がします。

で、プラプラと歩いていて、ふと気になったのが

「SAKABAR rest」

ビルの地下1階にある、お酒の飲める店…でしょう。

階段を降りていくと、落ち着いた雰囲気の店内。

テーブルが6つにソファ席がひとつ。

DJブースもあるのは、さすがこの界隈といったところ。

オーダーは

「サラダランチ」800円
パン、スープ付き

サラダの内容は、
メインサラダと惣菜が3~5品」となっており、

本日は
「大きいサラダ、ソーセージ、ポテトフライ、
スパニッシュオムレツ」
となっていました。

本日のスープはブロッコリーのスープ

そして、運ばれてきたプレートは、

たくさんのお惣菜たちとサラダ。

ピラフとハム、ラタトゥユも添えられていました。

サラダ菜などもたっぷりあるけれど、
その風貌は

まるで、お子様ランチ。
ついついワクワクしてしまうのでした。

ポテトフライは揚げたてのアッツアツ。
ソーセージもプッツリとした食感。
スパニッシュオムレツには、
グリーンピースなどが入っていました。

サラダをたっぷりいただきながら、
ボリュームのあるランチ。

普通のサラダランチとは
ひと味違ったユニークランチでした。

SAKABAR rest
東京都渋谷区桜ヶ丘24ノ3、FAD11ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~午前1時(金・土曜は午前2時)
祝日=午後6時~午後11時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 28, 2006

辛とろ~。赤ホルモン 一寸法師の柔らか煮込み豚肉辛味噌ソース

Sany0595_1店名に
「赤」という文字が
付いていると、

これはきっと
たぶん、
間違いなく
辛いモノ系の
食べ物屋さんに
違いない…。

と、確信している
このごろ。

なので、この店名を見たとたん、
「行かねばならぬ! 」と、
使命感のようなものを感じて向かったのした。

西新宿の新宿公園の裏側あたりにある

「赤ホルモン 一寸法師」

ホルモン焼きと辛みそ鍋が楽しめる店です。

店内は、ブラックを基調としただだっ広い雰囲気。

ランチは3種のメニューのみ。

そのうちのひとつは、
豚焼肉でテーブルで
ジュージューと焼きながらいただくスタイルです。

この音がまた食欲をそそる! 

でも。選んだメニューは

「柔らか煮込み豚肉辛味噌ソース」880円
ごはん、スープ、お新香、キャベツ付き

キャベツとごはんはお替り自由。
最初のごはんは盛られてきますが、
お替りする場合は、自分でよそいに行きます。

キャベツもブッフェスタイルなので、
好きなだけ盛ることができるのがウレシイところ。

豚肉は分厚くスライスされて、じっくりと煮込んだもの。

箸を入れると、ホロリと崩れてしまいます。

そしてトロンとした脂身加減もいい塩梅。

特製の辛みそは、とろみのあるソースで、
口当たりは甘いのに、最後にピリッとしてくるタイプでした。

豚肉とこのソースで、ごはんが進みます。

辛いモノフリークとしては、卓上にある
沖縄の唐辛子ペーストをチロリと加えていただきます。

辛さは増すものの、
その刺激はソースとはまた違う楽しみが味わえます。

ポテトサラダも良いアクセントになっています。

これは、もう夜メニューの辛みそ鍋に期待をしてしまいます。

赤ホルモン 一寸法師
東京都新宿区西新宿4ノ14ノ3、ライフコーポ土屋1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時30分~午前3時、
金・土曜、祝前日=午後5時30分~午前5時
(日曜は午後10時30分)
(ランチは月~金曜のみ)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 27, 2006

種類豊富なふわとろ~。美味卵家のとろ~りとろけるチーズのせ

Sany0593_1神田周辺の
打ち合わせが、
思いのほか
延びてしまい、

ランチタイムの
王道タイム
2時を
過ぎてしまいました。

どうしよう…と
あまり、
よく知らない神田周辺で立ち尽くす…。

やっぱり、こういうときは駅前…かな。

と思い、神田駅に向かいました。

そこで見つけた、
ガード下の店。

「洋食キッチン 美味卵家」

「うまとろや」・・・と読みます。

カウンター8席だけの小さな店は、
オムハヤシライスを中心の洋食屋さん。

うまとろ…と言葉にしたとたん、
ふんわりとろ~りな卵が目に浮かびます。

オムハヤシをベースにトッピングがスゴイ! 

唐揚げやトンカツ、ポテトコロッケなどなど。

メニューの写真をながめているだけで、
ワクワクしてくる店なのです。

注文は

「とろ~りとろけるチーズのせ」800円
スープ付き

運ばれてきたお皿は、
デミソースの海の中に黄色い卵がこんもり。

スープのようなデミソースに驚きます。

そのデミソース、
フルーティーでコクがありながらさっぱりとした味わい。

卵にスプーンを入れると、
フルフルとした卵の中から
白いライスが鮮やかに現れました。

されにライスの上には
(たぶん)トマトをベースに味付けた
チキンフレークがのっています。

白いライスにチキンフレーク、
そしてふんわりとろ~りの卵。

そしてあっさりコクのデミソース。

この4身一体の味わいは、
右手に持ったスプーンが止まりません。

もちろんここにトッピングした
とろ~~~りチーズが加われば、
さらにマイルド。

ソースをきれいに食べなくては! と
バクバクと食べきってしまったのでした。

ほかのトッピングやメニューも、
ぜひぜひ食べてみたい、うれしい一店でした。

洋食キッチン 美味卵家
東京都千代田区鍛冶町2ノ13ノ24
営業時間 午前11時~午後3時30分、午後5時~10時、
土曜・祝日=午前11時~午後3時。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, November 26, 2006

ハマルカレーのカレーたち

Sany0738

大阪のアジア雑貨&カレーの店「Eng Eng」が、
インターネットで販売しているカレー

ハマルカレー」のカレーの食べ比べをしました。

レトルトではなく、冷凍OKの袋に入ったカレーたち。
凍ったまま水の入った鍋に入れて、
沸騰したら5分ほど温めれば
できあがりと簡単クッキングなのです。

まずは

マトンのキーマカレー」。

キーマカレーというと、ひき肉たっぷりなイメージですが、
カレーのソースがたっぷり入ったキーマカレーといった風貌です。

まずはライスと混ぜずにひと口。
あらゆるスパイスの香りが広がります。
マトンのひき肉…マトンという気がしません。
程よい食感が残っていい塩梅です。
タマネギやグリーンピースも存在感あり。

激辛ということだったのですが、
ライスと一緒にいただけば、私にはちょうどいい感じ。
とはいえ、食べ進むうちにヒリヒリとした快感も…。

マトンの先入観がなくなる味わいでした。

Sany0578

こちらは
モツカレー」。

ハチノスを使った、
イタリア料理のトリッパのトマトソース煮をヒントにして
作ったカレーです。

モツ煮…というイメージだったので、
カレー丼風に仕上げていただきます。

ひと口目の印象は、酸味。
トマトの酸味がほどよく伝わる味わいです。

そして、その後にくる刺激的な辛さ。
こちらも激辛仕上げなのですが、
マトンのキーマカレーよりも、ちょっと刺激的。

ごはんが進みます。

ハチノスはクチュクチュとした食感が心地よく、
食べていて楽しい。

ニンジンなどの野菜も思いのほか入っていました。

辛いもの好きなので、丼風にしていただいてもOKでしたが、
苦手な人は、
お惣菜感覚でテーブルに並べて、
ハチノスとカレーソースをちょっとだけお茶碗にのせて食べると
なかなか良いかもしれません。

Sany0591_3

最後はスタンダードな

ビーフカレー」。

ただし、辛口。
たぶん普通の辛口よりも辛めです。

ひと口目の印象は、プ~ンとフルーティーな香り。
しばらくすると、
ピリリ…と、辛さが伝わってきます。

フルーティーな香りな分、
さわやかな辛さといったところでしょうか。

この辛さが心地いい刺激で、
ひと口食べると、また次のひと口を…と、

まさに「ハマるカレー」な味わいでした。

ビーフの存在感も十分あり、
思った以上にゴロゴロ入っています。

ビーフの食感がたっぷり楽しめるのもウレシイ。

3つとも、それぞれ違った刺激の辛さと食感。
スパイシー好きには
たまらないカレーです。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, November 24, 2006

モチモチ食感♪Osteria Austroのパスタランチ

Sany0588_1Sany0589

横浜・関内。

今年の11月は
ニューオープンの店が多いような気がします。

関内駅から関内大通りを歩いていき、
本町通りを渡って少し行った角に
11月11日にオープンした

「Osteria Austro(オステリア アウストロ)」

以前はアメリカンダイナー風の店だった場所なのですが、
ここは
イタリアン。

ホワイトを基調とした店内で、
カウンター席が5つ。
テーブルは4つで、
10人ほどでいっぱいになってしまうくらいの空間です。

ランチはパスタランチとコースメニューがあります。

オーダーは、

「パスタランチ」1000円
前菜とサラダ、ドリンク付き

パスタランチは4つの中から選べます。
そのパスタも、
スパゲッティ、ペンネ、ニョッキ、ラザニアと
種類が違うので、あれこれ悩めるのがちょっとウレシイ。

ラザニアは限定6食で、かなり気になったのですが、
今週はすでにラザニアランチをしていたので、

「信州産ジャガイモ”きたあかり”のニョッキ” カリフラワーソース」
選んでみました。

前菜とサラダは、
「カジキマグロとウイキョウ、オレンジのマリネ」

ウイキョウの食感のジューシーなオレンジが
マグロのぱっさりとした味わいに花を添えています。

ニョッキは、もっちり柔らか。
フニュ~と口の中でつぶれるような口当たりが
しみじみとしてしまいます。

カリフラワーソースは
カリフラワーを細かく刻んで塩を中心に味付けたソース。

さっぱりとしながらもいい塩加減のソースで、
ニョッキとの相性も良し。

思わずキレイにソースもさらってしまいました。

落ち着いた気分でイタリアンを楽しめる、
隠れ家的存在の店になりそうです。

Osteria Austro
横浜市中区北仲通3ノ34ノ2、1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Thursday, November 23, 2006

ガールズトーク! FUJIMAMASのThanks Giving Dinner

061123_19080001 061123_19140001

お気に入りのレストランのひとつ。

原宿にある

「FUJIMAMAS」で、
Thanks Giving Dinnerの特別メニューの企画があり、
参加してきました。

といっても、ただ11月の上旬に予約をしただけなのですが…。

このThanks Giving Dinnerは、
23日と24日の2日間の開催なのですが、
すでに予約で満杯。

予約の時間に店に行ってみれば、
すべての椅子が埋まっているというじょたいでした。

さて。
Thanks Giving のトラディッショナルなメニューがいただける
今日のメニュー。

オーナーシェフのマーク・ヴァンさんの
「ホームメイドサンクスギビングメニュー」2205円です。

・ローストターキー 
・スタッフィング(プディング)
・マッシュポテト
・インゲンとマッシュルームのソテー
・オリジナル ジンジャークランベリージェリー
・グレービーソース
・コーンブレッド

ターキーはすでにスライスされてサーブされるのですが、
このターキーが思いのほかしっとり。
柔らかく、そして程よい脂加減なのです。

これにグレービーソースをかけていただくと、
グレービーのコクがまったりと広がり美味。

さらにさらに、クランベリージェリーを添えていただけば、
ジンジャーのちょっぴり刺激的な風味と
クランベリーの甘酸っぱさが加わり、
さっぱりといただけます。

これを食べてこそ、Thanks Giving!

添えつけのスタッフィングは、もっちりとした食感。
マッシュポテトとグレービーソースの相性も抜群です。

肉厚のインゲンやマッシュルームも
素材の味の生きた味付け。

今日のThanks Giving Dinnerは、
ガールズトークとなったのですが、

大きなお皿から取り分けて、
ワイワイとおしゃべりをしながらおいしく口に運べば、
いつしか、あっという間におなかは満腹。

ちょっと素敵な夜を過ごせたのでした。

FUJIMAMAS
東京都渋谷区神宮前6ノ3ノ2
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチタイムは正午~午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (6) | TrackBack (2)

Wednesday, November 22, 2006

友だちんち感覚。dining tumikiの定番ラザニアセット

Sany0584Sany0583_1

渋谷のマークシティの終点地点、
道玄坂上あたりで、

隠れ家的雰囲気の店を見つけてしまいました。

小さなビルの地下2階。
エレベーターを降りるとすぐに入り口。

靴を脱いで上がると、
フローリングにちゃぶ台系のテーブル。

奥にはカウンター席が5つ。
カウンターの椅子は赤い背もたれ付きです。

12席ほどしかない小さな店。
だけど、
なんだか友だちの家に招かれたような気分になれます。

これ、日本の茶室をイメージした店内だそうです。

「dining tumiki」

和テーストの中で、イタリアンが楽しめるダイニングです。

オーダーは

「tumiki定番ラザニア」800円
サラダ、フォカッチャ、デザート付き

プラス100円からで、ドリンクが付きます

アッツアツで運ばれてきたラザニアは、
深いグラタン皿に入っています。

トマトソースがたっぷり! 

ラザニアパスタは程よいかたさ。
ひき肉もいい具合にはさまれています。

トマトソースはさわやかな酸味を残しつつも
味わい深い。
ホワイトソースもコクを出しています。

そして、
いちばん上にのっているモッツァレラチーズは、
びょ~~~んっとのびて楽しい。

あっさりとしたチーズとソースのコクを味わいながら、
ハフハフといただいてしまいました。

デザートはブルーベリーのチーズケーキ。
プラス100円でコーヒーをオーダーしたのですが、

取っ手のない陶器で入れられてきました。
これもしみじみほっとくつろげる演出でした。

ランチはそのほか、
オリーブオイル系、トマトソース系、クリームソース系の
パスタもありました。

パスタも、ちょっと心ひかれるメニューです。

dining tumiki
東京都渋谷区道玄坂1ノ19ノ6、OKビルディング地下2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~午前3時。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, November 21, 2006

サクサク。満州里菜館の焼き餃子&ご飯

Sany0580なかなか
降り立つことのない
大森。

歩いてみると、
商店街の長さに
驚きます。

こういうところは、
キョロキョロ
しているだけでも
結構楽しい。

ランチどころを探していて見つけたのが、ココ。

「満州里菜館」

大森名物の餃子という看板に目がひかれてのです。

1952年にオープンした超老舗の店。
こじんまりとした雰囲気も歴史を感じます。

ランチタイムのサービスメニューは3つ。
さらに午後1時~4時は、
「午後の飲茶」というメニューがあり、
中国茶と飲茶3種が選べるもので、
なんだか楽しそう…。

どうしようかと悩みましたが、
ここはやっぱり、餃子を食べなきゃと
単品ランチを頼むことにしました。

「焼き餃子5ケ」472円
「ご飯(小)」157円
スープ付き

焼き餃子は、
溶いた小麦粉がちょっと広がった感じのいでたち。

薄い皮の中に入っているのは、肉とニラ、
そして
キャベツかと思いきや、タマネギ。

パリッと焼かれている皮の部分は
サクッとした食感。
これが、とても心地いい! 

そして柔らかな皮の部分と、
しっとりとした餡。
タマネギのふんわりとした甘みも程よく、
さっぱりとした味わいです。

サクサクしっとりとした食べ心地が楽しく、
あっという間にたいらげてしまいました。

次回はぜひ飲茶を堪能してみたいです。

満州里菜館
東京都大田区大森北1ノ35ノ9
営業時間 午前11時30分~午前0時
(日曜は午後11時30分まで)
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
CHILDREN of MEN
トゥモローワールド
☆☆

なんと!
2009年以降子どもが
生まれなくなったという設定。
その18年後の世界は、
なんだか混沌としていて…。
そこにかすかな光。
その光を守るために命をかける人たち。
なぜ?なぜ?と思いながら、
最後までハラハラとしてしまいます。
近未来の話ですが、
なんとなく50年代や60年代の
雰囲気も漂っています。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 20, 2006

ネパールの青い空。デウラリ食堂のデウラリネパールカレー

Sany0576田町でランチ…。

どこに行こうか、
ぱっと
頭に浮かばないときは、

だまって
「慶応通り」に
くりだします。

この通り、

さまざまな飲食店が並んでいるので、
何かしら「ここ? 」という店を
見つけられるからです。

で、本日目をつけたのが

「慶応通り」からちょっと横道に入ったところにある

「デラウリ食堂」

11月13日にオープンしたばかりの、
ネパール・インド料理が楽しめる店です。

地下1階にある、こじんまりとした店ですが、
ショップカードを見ると、
ネパールの山々に青い空が印象的なカードで、
なんだか、店の想いが伝わってくるような気分になれます。

夜のメニューには、
ネパール風餃子・モモがいただけたりと、
魅力のラインアップ。

ランチはインドカレーやネパールカレー、
ダル料理が楽しめます。

注文は、

「デラウリネパールカレー(日替わり)」830円
ライス食べ放題、サラダ、ドリンク付き

本日の日替わりは

「チキンとシイタケのカレー」

インドカレーの選択には、ライスまたはナンなのですが、
ネパールカレーはライスのみ。

ネパールでは、ライスが主流なのかなぁと
あれこれ想いをめぐらせているうちに
カレーがやってきました。

チキンのこま切れとシイタケがたっぷり入ったカレーは、
コリアンダーの香りが印象的な、
アジアンな味わい。

程よい辛さで、さわやかな後味です。

卓上には
「カレー用ホットチリソース」というものがあり、
これをちょっと味わってみると、

トマトベースの辛いソースでした。
バリのサンバルソースに似ているかな…と
思いつつ、

これを少し加えてみると、
カレーの風味にコクが加わりました。
いい感じです。

このソース、店のオリジナルだとか。

ぜひぜひ、夜のモモ、食べに行きたいです。

ネパール・インド料理 デウラリ食堂
東京都港区芝5ノ21ノ15、芝三勝ビル地下1階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~11時。
日曜定休

映画ウンチク
Devil Wears PRADA
プラダを着た悪魔
☆☆☆☆☆

ニューヨークのファッション雑誌。
編集長のアシスタントとして職を得た
アンディ。
そのすごい世界に翻弄されながらも、
自分の求めているものは何か、
きちんと見極めて人生を歩んでいく…。
実際にファッション誌に勤めていた人が
書いた原作を元にした映画。
そう聞くと、ニューヨーク、いや
どの国でもファッション誌の世界って、
こんななの!? とちょっと驚きます。
華やかなファッションがたくさん見られて、
ニューヨークの街並みも
いい感じで映し出されて、
単純に楽しく元気になれる映画です。
でもね。
やっぱニューヨークって、厳しいぞっと
気を引き締めたくなってくる気持ちもありました。
それにしても。
メリル・ストリープがあの役とは…。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, November 17, 2006

心やすらぐ素材たち。ZIPのアリゴランチ

Sany0736Sany0735_1

今日も横浜・関内へ。

久しぶりに
南仲通り、通称
ベイスターズ通りを歩いていくと…。

前に入ったことのあるレストランの
店名が変わっていることに気づきました。

外観は変わらないのですが、なんとなく違う…。

実は前の店は4月の下旬にクローズしてしまい、

この店、11月11日にオープンしたばかりの
新しい店になっていたのです。

「gril & aligot zip」

アリゴとは、フランス南西部・オーベルニュ地方の伝統料理だとか。

そのメニューを中心に、
溶岩石プレートで焼いたグリルなどの メニューが楽しめます。

店内は以前の店と雰囲気は変わらないのですが、

カウンター席の幅が大きくなり、
オープンキッチンも店全体で見渡すことのできる、
居心地のいい空間になっていました。

ランチは、なんと1種類のみ。
素材を大切に、よいモノを…という考えの元、
1種類としているのです。

なので、オーダーは

「アリゴランチ」1000円
サラダ、アリゴ、デザート日替わり3種、ドリンク付き

サラダはカリカリベーコンと揚げパスタを加えてあり、
その香ばしい食感がウレシイ。

そして、初体験のアリゴ。

柔らかくてクセのないチーズにマッシュポテトを加えたソースに
鎌倉温野菜やチキン、ソーセージ、ベーコンなどを
からめていただきます。

マッシュポテトなのですが、チーズのおかげで
しっとり、もったりとした雰囲気。
それだけでいただいても、なかなかいけます。

鎌倉野菜は、ブロッコリーにカリフラワー、
黄ニンジン、紅芯ダイコン、黒ダイコンなど…。

この野菜たち、
うまみをギュッと自分たちの中に押し込んでいて、
その甘みがぐわんと口の中に伝わってきます。

アリゴと一緒に食べれば、なんだか楽しい。

ベーコンの塩気も、アリゴをつけるとちょうどいい塩梅。

チキンは薄焼きパンにアリゴと一緒にはさんで
サンドイッチ風にいただきました。

デザートは、
バニラアイスクリーム、キャラメルのケーキ、マロンのケーキ

どれもこれもあっさりとした甘さに仕上がっています。

ここで、レモングラスとレモンバーム、アップルミントの
ハーブティーが登場。

最後まで心やすらぐランチとなりました。

この季節溶岩石プレートで焼く
鴨や鹿肉があるらしく…。ジビエ料理かぁ…と
夜にも訪れたくなる衝動にかられるのでした。

gril & aligot zip
横浜市中区南仲通り1ノ14、三金ビル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~11時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, November 16, 2006

クルーザーに乗って…? The Chart HouseのToday's Special

Sany0734_1横浜・関内は、
さいの目に
通りが
造られているので、
ある意味とても
歩きやすい。

ほとんどの通りを
歩いている
つもりですが、

最近は
小さな路地が気になって仕方ありません。

今日のこの店も、
そんな小さな路地を入ったところにありました。

関内仲通りとサクラ通りの間にある

「The Chart House」

ハワイアンフードが楽しめる店です。

オープンは2000年。

実は、前々から仲通り沿いに看板を出していて
気にはしていたのですが、
店自体が目に入ることがなかったのです。

さらに、ハワイア~ンなイメージがあって、
フラワーな雰囲気は、今日はいいか…と、
勝手に決めてほかの店に行っていたのでした。

でも。

今日は、なぜか店にもたどりつき、
しかも、フラワ~な雰囲気ではなかったので、
ウキウキと入店してしまいました。

この店。

クルーザーの船内にいるような気分になるくらい、
ヨットマンな雰囲気なのです。

テーブルや椅子も、なんとなくそういったところで
見ることのできる感じ。

どちらかというと、「オトコらしい」。

キャビンの中でゆったりくつろげる気分になれます。

注文は

「Today’s Special」600円
味噌汁、サラダ、ライス、パイナップル付き

今日のスペシャルメニューは

「さわらのポキ風」

ポキというのは、ハワイアンメニューで、
マグロをしょうゆ漬けなどをしていただくメニュー。

このポキ風とは、どんなものなんだろうと
ちょっとどきどきです。

ワンプレートに盛られたサワラは3切れ。

小麦粉を軽くまぶして焼いたものでした。
その上に、
タマネギとワカメ、ピーマン、パプリカを
味噌を隠し味に炒めたものを添えて…。

サワラの外側はカリッとしていて香ばしく、
サワラはあくまでもぶるんとやわらかい。

ここのサカナは、横浜中央卸市場で仕入れたものだそう。

この味噌を隠し味にしたソースがなんとも
懐かしくなるようなうまみで、いい塩梅です。

3切れキレイに食べきってしまいました。

食後のパイナップルもしっかりと熟していて甘い! 

メニューも豊富で、
こういう雰囲気でハワイアンメニューを
いろいろ試してみたいと思いました。

ウクレレミュージックがバックに流れているのも
なんだかタイムトリップしてしまいそう。

The Chart House
横浜市中区住吉町3ノ36
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, November 15, 2006

うれしい贅沢! LOG KITの佐世保バーガーレギュラーSセット

Sany0718米軍基地の
あるところには、

いかにも
アメリカ~ンな
フードが
生まれて
愛されています。

長崎は佐世保にも
そんな一品があり、
これを
川崎で楽しめるようようになりました。

9月にオープンした「ラゾーナ川崎」の
フードコートにある

「LOG KIT」がソレ。

昭和26年に登場した佐世保バーガーは、
昔も今も人気のバーガー。

なんといっても、

パテのほかに、赤玉子、ベーコン、レタス、トマトにオニオンと
ハンバーガーに入っていてほしいものが
すべて入っているというからスゴイ!

注文したのは

「佐世保バーガーレギュラーSセット」1050円
ポテト、ドリンク付き

で。

このレギュラーというのは、東京サイズだそうで、
本当の佐世保バーガーは、この2倍くらいあるんだとか。
(もちろん、ジャンボというメニューであります)。

このレギュラーにしても、
直径12cmのバンズに、
すべてをはさむと250gというボリューム。
すごい。

次々とオーダーが入る中、
黙々とハンバーガーを作っている様子は、
見ていて楽しい。

まずはバンズを温め、100%ビーフパテを焼く。
ビーフパテには特製のソースをかけます。
目玉焼きを作る。

バンズの下の部分にマスタードをかけて、
パテを置く。
焼きあがった目玉焼きをのせる。
ケチャップをつけて、ベーコン。

そこからは鉄板から離れて仕上げに。
マヨネーズを加え、
レタスにトマト、オニオンをのせてできあがり。

大きなハンバーガーは、
まずはバーガー袋の上からぎゅっとおさえて、
ソースとバンズをなじませます。

そして思い切り大きな口でパクリ。

はじめはベーコンと目玉焼きの組み合わせが
口の中に入ってきました。

ベーコンの塩加減に、目玉焼きが、いい。

マスタード、ケチャップ、マヨネーズが合わさると、
どうしてこんなに幸せ気分になれるんだろう…。

さらにもうひと口。

ビーフパテがジューシー。
そしてシャッキリしたレタスの食感と
トマトのフレッシュさが
口の中をさわやかに。

食べるほどに、いろいろな味の組み合わせが
口の中に広がっていきます。

しかも、こぼしちゃいけないというのと、
おいしいというのが混ざって、
とにかく早く食べなきゃとパクパクパクパク。

あっという間にフィニッシュしてしまいました。

佐世保バーガーは、東京は中野と高円寺でしか
食べることができなかったので、
これは、本当にウレシイできことです。

LOG KIT
川崎市幸区堀川町72ノ1
営業時間 午前10時~午後10時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, November 14, 2006

カリッと香ばしい! Quiznos Subのベジーグァカモーレ・サブとドリンクセット

Sany0729_1ちょっと昔。

渋谷や有楽町に
朝早くでかけるときは、

ここで、
ブレックファストメニューを
頼んでカリッと焼かれた
パンを食べるのが
好きでした。

でも。

いつしか、
店がなくなってしまい、がっかりしていたところ。

「満を帰して日本上陸! 」という名のもとに
銀座のマロニエ通りにオープンしていました。

どうやら、
フランチャイズとして新たにオープンしたようです。

「Quiznos Sub」

バゲットではさんだサンドイッチが楽しめるショップです。

1階はオーダーカウンター。
2階は広々としたイートインコーナー。

ソファタイプやテーブル席、
高いツールの席など、バラエティに富んでいます。

オーダーは

「べジーグァカモーレ・サブ& ドリンクセット」630円
ドリンク、ポテトチップ付き

このセットの価格設定がちょっと変わっていて、

ドリンクセットをオーダーすると、
サブの価格が200円オフになるうえ、ポテトチップ付きに。
そこにドリンクの価格が加算されます。

選べるドリンクの価格は250円~280円。

選び方で価格が変わってくるのがオモシロイ。

サブはホワイトブレッドかウィートが選べます。

ベジーグァカモーレ・サブは、
赤ワインビネグレット、トマト、マッシュルーム、オニオン、
ブラックオリーブ、モッツァレラチーズ、チェダーチーズ、
レタス、グァカモーレ、グリーンカール、ハーブスパイスと
野菜がたっぷり。

店内のカウンターには、
ハラペーニョや唐辛子の酢漬け、ピクルスが置いてあり、
好きなだけ取れるもの魅力です。

今日はウィーツのブレッドをチョイス。
注文してからトーストしてくれるブレッドは、
カリッと香ばしい。

グァカモーレはアボガドのまったりとした味わい。
ブラックオリーブもいいアクセントになっています。

ポテトチップは厚みのあるチップスで、
サブと一緒に食べると、また味わい深くなります。

この店が好きな理由は、
とにかくブレッドをトーストしてること。

もっちりとしたパンのサンドイッチも好きですが、
アメリカの薄い食パンのトーストも好きな身としては、
このカリサクッとした食感と香ばしさがたまらないのです。

ファストフードながら、
ゆったりとした気分でくつろげる場所です。

Quiznos Sub
東京都中央区銀座3ノ7ノ2、オーク銀座ビル1・2階
営業時間 午前7時~午後10時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, November 13, 2006

プルンプルン♪海南チキンライス夢飯の海南チキンライス(小)

Sany0727_1今年の
春くらい
だったでしょうか。

汐留で
シンガポール
フェアというのを
開催していて、

都内にある
海南鶏飯を
食べさせてくれる
店が何店か出店。

店によってもいろいろ味があるんだなぁと
しみじみしていました。

その中の一店が新橋にオープンしていたので、
ちょっと足を延ばしてみました。

「海南チキンライス 夢飯(ムーハン)」

もともとは西荻窪にあり、
現在は西麻布と西新橋にもオープンしました。

ほかの2店は、テーブル席などもあるようですが、
西新橋店はL字型のカウンターのみ。

8席というこじんまりとした雰囲気です。

注文は

「海南チキンライス(小)」680円
スープ付き

ゆで蒸したチキンはプルンプルンの弾力。
しかも、しっとりなめらかな口当たりがうれしい。

ライスもチキンスープの風味が
たっぷりしみこんでいます。

ここにサラサラの中国しょうゆ、チリソース、
生姜をかけて、ざっくりと混ぜ合わせていただきます。

中国しょうゆが思いのほかさっぱりしていて、
チキンにもライスにもよく合っています。

ソース3種のどれがなくてもしっくりこない…。
そのくらいバランスがぴったりしています。

スープはしっかりとした出汁に塩を加えて
さらにキャベツと豆腐が少々。

このキャベツがやわらかくて、またイケます。

ここにはフライドチキンライスもあり、
この場合のソースは、
中国しょうゆにチリソース、レモン…と、
ソースを変えているのも心憎い。

チキンライスのライスに
ザーサイ入り卵焼きをのせたエッグライスなど
ちょっと気になるメニューもあれこれ。

気軽にささっと食べていける雰囲気がうれしいです。

海南チキンライス 夢飯
東京都港区西新橋2ノ15ノ12、イースタンビル地下1階
営業時間 午前11時~午後5時。
土・日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, November 10, 2006

ブルンブルン! 俺のハンバーグ山本の自家製ハンバーグセット

Sany0725_1今週は
渋谷方面の
打ち合わせが
多かったなぁ…。

と振り返る今日。

週の締めくくりも
やっぱり
そちら方面。

場所は恵比寿。

恵比寿は、食べどころ満載で
大いに悩むエリアなのだけど、

なぜか、今日は恵比寿と聞いて
頭に浮かんでしまったのが、ハンバーグ

ハンバーグが頭に浮かんでしまったら、
これはもう、
ハンバーグを食べるしかありません。

恵比寿駅東口から、日仏会館あたりの坂の途中にある

「俺のハンバーグ 山本」

ガッツリ系の店名のとおり、
ハンバーグが自慢の洋食屋さんです。

店名とは裏腹に、
カウンターのほかに、テーブル、ソファ席がある
なんだかモダンな店内。

「俺んちに来てくつろいでくれよ~」
という感じのコンセプトなんだとか…。

オーダーは

「自家製ハンバーグセット」1000円
ご飯、味噌汁、サラダ、季節のジュース付き

今日のソースは
「和風きの子ソース」

そしてジュースは
「トマト、バナナ、オレンジ」

ジュースはそれぞれの味がちゃんとわかるくらいフレッシュ。
ごはんをいただく前に、さっぱりとさせてくれます。

さてさて。ハンバーグ。

ご飯と味噌汁のセットだけあって、お箸でいただくスタイルです。

楕円の2cm強はあるハンバーグの中心を
お箸を入れようとすると、

ブルンブルンとハンバーグの弾力がお箸に伝わってきます。

ぎっしり詰まったひき肉とタマネギは、
ジュワッと、そして柔らか。

端のほうのハンバーグは香ばしく、
中心のほうのハンバーグは熱で蒸される状態で
よりやわらかい。

和風きの子ソースは、
おろししょうがの風味でさっぱり。

付けあわせといえば、
ゴロゴロのポテトサラダにパスタ、
焼きなすに、ボイルしたブロッコリ。

ポテトサラダに和風ソースがしみ込むのも
また良し。

ご飯のお替りは自由で、
結構お替りしている人が多いようです。

これだけのおかずがあったら、
ご飯も進むというもの。

鉄板でやってくる「俺のハンバーグ」には、
半熟のたまごがついてくるのを横目で見つつ、

「あ~、あれも食べてみたい」。

「ハンバーググラタン」をアッツアッツとしながら
食べているのを横目で見つつ、

「あ~あれも食べてみたい」 

と思うことしきり! 

また、来なくては…と密かに誓うのでした。

俺のハンバーグ 山本
東京都渋谷区恵比寿4ノ23ノ12、茗荷原ビル1階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~11時
日曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, November 09, 2006

赤味噌のコク。赤からの赤から定食

Sany0723_1辛いものが
好きで、
1年を通して
あれこれ
食べています。

が。

念に1回くらい
集中して
辛いものが
食べたくなる
ことがあります。

昨年は
夏にやたらとカレーに集中していました。

ところが今年の夏は、
それほど辛いものの欲求がなく、

??? と思いいていたのですが…。

どうやら11月に入ってから、
この辛いもの週間がやってきたようです。

今日も目に付いたのは、
辛いもの系の店。

「赤から」

名古屋からやってきた店です。

名物は赤から鍋とせせり焼き。

赤から鍋というのは、
見た雰囲気はちげ鍋風の野ですが…。

食べてみないとわかりません。

オーダーは

「赤から定食」880円
小鉢、サラダ、ご飯、漬物付き

通常の赤から鍋は、
辛さの段階が1~10まであるのですが、

ランチは均一で「1」。

ちょい辛のレベルです。

鍋に入っているのは
白菜、モヤシ、ネギ、豆腐、油揚げ、豚バラ、つくね、牛ホルモン。

赤味噌をベースに唐辛子を加えた、
そしてたぶん特製のタレを入れて作ったスープで
煮込んであります。

スープを飲んでみると、
赤味噌のコクのある甘みが、
ふんわりと広がっていきます。

ちょい辛なので、辛さは程よい。

モヤシのシャキシャキ感、
スープがたっぷりしみこんだ油揚げ、

豚バラのうまみ、
かみかみとした牛ホルモンの食感、
つくねのやわらか食感。

ひとつひとつが、しっかりとスープに溶け込んでいます。

もちろん、最初は一つ一つ味わっていましたが、
ご飯の上にのっけていただけば、
スープがしみ込んだご飯のうまみも味わえます。

ぜひ夜に訪ねて、
辛さの数字の大きいものにチャレンジしてみたいです。

赤から 渋谷店
東京都渋谷区神南1ノ20ノ16、高山ランドビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~11時30分
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 08, 2006

甘い?…いや、辛っら~い! インディアンカレーのインディアンカレー

Sany0734機会がないときは、
本当に
足を向けることが
ないのですが、

先週に引き続き
東京駅界隈で
打ち合わせ…。

となると…。

せっかくの機会なので行かなくちゃ! と、
再び
「TOKIA」へ。

食べてみたいなぁ…と、ずっと思っていた

「インディアンカレー」

大阪のカレー専門店です。

関東では、ココだけでしかいただくことができません。

メニューも
ハヤシライスとインディアンスパゲッティ…。
そして、インディアンカレー
の3品だけ。

これにいろいろトッピングや大盛りを選ぶことができます。

初めての注文は

「インディアンカレー」730

レジで先に料金を払ってから、
カウンター席に座ります。

あっという間に出てきたカレー。

さっそくひと口いただきます。

甘い!? 

頭に浮かんだこの言葉…。

ところが、その後からジワジワと辛さがやってくるのです。

食べるほどにどんどん辛くなってくる感じ。
カレーが少しでごはんをたくさん食べるくらいが
ちょうどいいかも…というくらい、刺激的です。

甘いキャベツの酢漬けがあるのですが、
これで、ちょっと口を休めます。

でも、かえって次のひと口の辛さが印象的になってしまったり…。

だけど。

この辛さ。
なんだか、とってもクセになる味わいなのです。

食べ終わって席を立つときには、
唇がなんだかヒリリとしているのですが、

だんだんとその刺激がなくなってくると、
また無償にあのカレーが食べたくなってくるのでした。

また行ってしまいそうです。

インディアンカレー
東京都千代田区丸の内2ノ7ノ3、東京ビルTOKIA地下1階
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 07, 2006

世界のおふくろ味…。STEW KETTLE REBIRTHのサラダプレートランチ

Sany0732Sany0731_2

渋谷の
ファイヤーストリート。

その界隈を
久しぶりに
歩いて見ました。

こちょこちょとある裏通り的な道は、
変わらずに存在していて、
そのあちこちに、
渋谷らしい店が点在しています。

ちょうどファイヤーストリートにある
「シダックス」の裏手にあたるところで
見つけたのが

「STEW KETTLE REBIRTH」

シチュー料理が自慢の
カフェダイニングです。

スープ…とは、またちょっと違い、
世界各国の煮込み料理を取り揃えている感じ。

いわば、おふくろの味的メニューがそろっています。

店内へ行くアプローチはウッディ調の階段。
その階段を下りていくと、
中庭のような空間が目に飛び込んできます。
天気のいい日はここでランチも気持ちよさそう。

その左手に扉があり、
店内はホワイトを基調とした、
スタイリッシュな雰囲気。

バーカウンターもあり、
夜も楽しく過ごせそうな空間です。

オーダーは

「サラダプレートランチ」900円
スチュー1種、パン、おかず1品、ドリンク、
小さな野菜またはデザート付き

スチューは、
ランチは5種類くらいの中から選べます。

ちょっと悩んだ結果

「メキシカンポークスチュー」に決定。
チリペッパーの辛さと豆の入ったスチューです。

サラダは本日のサラダ
「水菜とじゃこのサラダ」

プレートランチなので、
スクエアプレートにまとまってやってきました。

スチューには
シェルタイプのショートパスタが入っています。
ポークもゴロゴロ。レンズ豆とインゲンも見えます。

まずはひと口。

チリソースのスパイシーな味わいが飛び込んできます。
ちょっと辛めの味付けで、
体がポカポカしてきます。

豚肉も程よく煮込まれていて美味。
ショートパスタもうれしい食感です。

パンは柔らかい丸パンとイギリスパン。
このスチューとパンの相性は
思わずニッコリとなってしまいます。

サラダはシャッキリとした水菜がたっぷり。
ジャコの香ばしさもうれしい。

おかずは豆腐を軽く焼いてしてゆず風味に仕上げたもの。
そのさっぱり感が、よいアクセントになっています。

カレーもそうですが、
スチュー…煮込み料理というのは、
なんだか気持ちをシアワセにしてくれます。

ほかのスチュー料理、気になります。

STEW KETTLE REBIRTH
東京都渋谷区神南1ノ13ノ4、井戸ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後6時~午前0時
土曜=正午~午前0時、日曜、祝日=正午~午後11時30分
(ランチは火~金曜のみ)。月曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 06, 2006

ディープな味わい。光州食堂の純豆腐チゲランチ

Sany0719街歩きは
仕事と関係なく、
好きなことのひとつ。

知らない通りを
思いつくまま
歩いていきますが、
同じ道を
Uターンして
再び歩くことが多い。

というのも、
最初に通った雰囲気と
逆から歩く雰囲気は、結構違うもの。

気づかなかったことに気づくことも多く、
それが、かなり楽しい。

本日も川崎西口の通りをフラフラ。

平和通りという通りに踏み入れたとたん、
ハングル看板の多いことに気づきました。

川崎のコリアンタウンは、
駅からバスでちょっと行ったところにあるのですが、

駅の近くにもあったとは! 

新鮮な気持ちで歩いていると、

ランチ看板のメニューを発見。

ハングル文字の店看板。

ふ~ん…と思いながら通り過ぎたのですが、
なんだか、ひっかかる…。

それなら今日はここでランチをしようと決めました。

「光州食堂」

韓国家庭料理の店です。

場所はビルの2階。

中に入ってみると、広々とした空間の食堂。
奥には座敷もあります。

ざっかけないこの雰囲気が、
なんだかドキドキ、
でもほっとくつろげてしまうのが不思議です。

注文は

「純豆腐チゲランチ」800円
おかず4品、ライス付き

おかず4品…のはずなのですが、
運ばれてきたおかずは、なんと5品。

このへんの、いい意味でのいい加減さも
ほのぼのしてしまいまいます。

そのおかず。

生の渡り蟹を辛味噌などにつけたケジャン、
モヤシのナムル、
水菜を醤油とごま油で和えたもの、
ウインナーとシイタケを唐辛子などのたれで煮込んだもの、
シシャモを甘辛く煮たもの
…。

おかずたくさんというのは、韓国ならでは。

このおかずたくさんのウレシサを味わったのは、
ニュージャージーのコリアンタウンでした。

それはともかく、
赤い色合いの多いおかずでも、
見た目ほどの辛さはありません。

ケジャンは味噌の甘さが強く、その中に辛さがあるし、
ウインナーの和え物は甘め。

ご飯がこのおかずだけで進んでしまいます。

メインの純豆腐は、
アサリの出汁がたっぷり、
唐辛子で真っ赤になったスープ。

これに日本人ではきっと出すことのできない、
韓国人ならではのオモニの味付けが加わり、
なんとも味わい深い。

豆腐はフルフルと柔らかく、
卵もいい感じ。

ご飯と一緒にいただけば、
スープの旨味がさらに広がります。

ブルコギもおいしそうです。
夜のメニューにも期待、大です。

光州食堂
川崎市川崎区東田町10ノ41、MSKビル2階
営業時間 午前11時30分~午前7時
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
☆☆☆☆☆

実はTVシリーズも「日本シリーズ」も
観ていません。
でも、なんだか馴染んでしまいます。
単純の笑え場面満載。
それでも、なんだかホロリとさせる。
友情っていいなぁ…と素直に思えます。
一応、「日本シリーズ」で亡くなってしまった
ぶっさん。
それがどうして今回のシリーズに???
ここがこの映画の大きなポイント。
というか、
それがなくっちゃ始まらない。
そのカラクリが、これ~!?って
おもわずクスッとしてしまいます。


おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Friday, November 03, 2006

スナック感覚で! Ya Kun Kaya ToastのカヤトーストセットB

Sany0703海南鶏飯
(ハイナンジーファン)や
肉骨茶
(バクテー)など、

シンガポールには
行ったことがないのに、
なんだか
かの地の料理が
好きになってしまった
このごろ。

この「菓椰トースト」も
シンガポールの人気メニュー。 

昨年、横浜の関内で「菓椰トースト」というカフェで
いただいたのが初めての体験。

菓椰ジャムという、ココナッツミルクを中心にして作った
シンガポールならではのジャムで、
これにバターと合わせていただくトーストです。

でも、この横浜の店は、いつの間にかなくなってしまって、
あの「菓椰トースト」体験は、
シンガポールに行かなくちゃできないのかなぁ…と
思っていたところ…。

「アーバンドックららぽーと豊洲」で、いただけることを発見!

「Ya Kun Kaya Toast」

シンガポールに本店を持つ、コーヒーショップです。

なんとシンガポールで1944年にオープンしたのだとか。

店舗はShipⅡに位置しています。

店内は狭いのですが、
外のベンチとテーブルでいただけるのがウレシイ。

もちろん、テイクアウトもできます。

オーダーは

「カヤトーストセットB」480円
ドリンク付き

ドリンクは、コンデスミルクの入ったヤクンコーヒーに。

カヤトーストは、とにかく薄~いトーストが特長。

カリット焼き上げたトーストに、
カヤジャムとバターをはさんでできあがり。

サクッとした食感のあとに広がる、
バターとほんのり甘い南国の風味。

サクサクパクパク。
いくつでも食べられてしまいそうです。

このトーストに、
コンデスミルクの入ったコーヒーが、またぴったり。

「カヤトーストセットA」には、
半熟卵が付いています。

半熟卵と一緒に食べるのは、現地スタイルなんだろうか…。
ちょっと気になります。

海の景色を眺めながら、なんだか
ここはどこなんだろう…と、
不思議な気分になれる瞬間でした。

Ya Kun Kaya Toast
東京都江東区豊洲2ノ4ノ9、アーバンドックららぽーと豊洲1階
営業時間 午前10時~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, November 02, 2006

五感が目覚める刺激。RUCOLAの本日のランチ

Sany0733先日
久しぶりに
代々木に
立ち寄った際、

なんだか
ランチ探しが
楽しい街…と、
感じていたので、

新宿での
打ち合わせだったのですが、
ちょっと足を延ばして、
代々木周辺を散策。

そして見つけたのが

「RUCOLA」

ハーブ&レストラン…。
イタリアンレストランです。

場所はカンボジア料理「アンコールワット」の地下。

店内は広々空間で、
白いテーブルに黒と赤の椅子が印象的です。

オーダーは

「本日のランチ」780円
ハーブサラダ、パンまたはライス付き

本日のメニューは

「ブリと秋鮭の和風きの子マヨネーズ焼き」

運ばれてきたハーブサラダには、
さまざまなハーブが入っています。

何気なく口にすると、
ハーブ香りのさわやかな刺激! 

久しぶりにハーブを口にしたので、
その感覚は、なんだか目の覚める思いでした。

メイン料理は、

ブリが2切れに鮭が1切れ。

醤油ベースのソースと一緒にグリル。

ブリはそのプリンとした弾力と、噛み応えのある食感。
マヨネーズともぴったりで、
そのこってり感がクセになります。

鮭はしっとりとした口当たりで、
これまたマヨネーズといいバランス。

さらに付け合せは、ダイコンにさっぱりとしたパスタ。

ダイコンのジューシーな味わいは、
魚を食べた後では、
口の中をすっきりとさせてくれます。

パンにつけるバターも、ハーブを練りこみひと工夫。

こだわりのメニューがギュッとつまった
ランチタイムでした。

RUCOLA
東京都渋谷区代々木1ノ38ノ13、地下1階
営業時間 11時30分~午後11時。日曜、祝日定休
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 01, 2006

フルーティー! お好み焼き きじ のヘルシーモダン

Sany0731行ってみたい、
気になる店が
いろいろあって、
行きたい行きたいと
思いながら、

1周年を迎えている
東京駅丸の内側の

「TOKIA」。

本日、久しぶりに東京駅界隈に行く機会があり、
ワクワクと足を運んだのでした。

あそこも、ここも入ってみたいと思いながら、
地下1階を歩いていると、

のれんが下がっているものの、
ランチメニューの看板は出ていない店を発見。

こういう店は、なんだか気になります。

「お好み焼き きじ」

関東初出店の大阪の有名お好み焼き店です。

海外生活が長く続くと、醤油味が恋しくなりますが、
このお好み焼きや焼きそばにかけるソースも
かなりのいきおいで、恋しくなります。

大阪で生まれ育ったわけではありませんが、
なぜか突然に、
どうしようもなく、あのソース味が食べたくなるのです。

今日も看板を見たとたん、
ソース味が頭から離れなくなってしまったのでした。

店内は鉄板付きのテーブル席。

奥に厨房の鉄板があり、カウンター席にもなっています。

カウンター席に座り、さっそく注文。

「ヘルシーモダン」920円
1日限定20食

なんだろう、これ…。

普通のモダン焼きの肉なしなのかなぁ…と
思いながらたずねてみると、

ほぼ正解。

外国人の来客も多く、
肉などを食べられない人もいるため
作られたメニューなんだとか。

しかも! 

なんと、

今日から登場のメニューなんだそう。

なんというタイミング。

そんな会話を楽しみながら、
作っている様子が見られるのも
カウンターの楽しみです。

まずは
ニンジン、キャベツ、モヤシ、インゲン、シメジを
鉄板で炒めていきます。

ほどよく炒めたところで、焼きそばを投入。

その後、

だしで溶いた卵を入れたボウルにそばを入れ、
よく混ぜてから、
再び鉄板へ。

マヨネーズ、ソースをかけてできあがり。

ちょっと思っていたモダン焼きとは違っていました。

焼きそばの卵とじ…といったところでしょうか。

とろ~んとちょっと半熟加減の卵。
ソースは野菜などのフルーティーな香りと甘さ。
シコシコとしたシメジの食感と風味。
インゲンやキャベツのシャキシャキとした歯ごたえ。

バランスのいい味わいに、思わずニッコリ。

胡椒をちょっとふりかければ、
甘さの中のアクセントとなり、これもイケます。

なんでもない、だだ素材を鉄板で焼き上げたもの。
それだけに、素材の味をじっくりと味わえる、
さっぱりとした食後感が気に入りました。

接客も心地よく、
また夜にいろいろなメニューを試してみたいです。

お好み焼き きじ
東京都千代田区丸の内2ノ7ノ3、東京ビル地下1階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~11時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (5) | TrackBack (1)

« October 2006 | Main | December 2006 »