« サクッとジューシー! おーい! 串かつの串かつ丼 | Main | フリッツ!フリッツ! Patrascheのハンバーグランチ »

Wednesday, October 04, 2006

江戸っ子気質。並木藪蕎麦のざるそば

Sany0660江戸っ子の
粋な
蕎麦の食べ方。

といえば、
蕎麦をたぐったら、
つゆは
ちょっとだけつけて、
いっきにズルズルッ!

噛まずに
いただくのが

粋ってもんよ!

という感じでしょうか。

でも、そばのつゆをたっぷりつけて、
蕎麦の香りや風味を味わうように
噛みしめるのも、
それはそれで、おいしい…と思っています。

でも。
ここだけは、江戸っ子の食べ方で
おいしくいただけちゃうかも! と実感したのが、

浅草にある

「並木藪蕎麦」

蕎麦好きには、いわずとしてた店で、
何年か前に初来店するまでは、
かなり憧れの店でした。

特長はなんといっても、そのつゆの濃さ。

たっぷりの鰹だしがきいたうえに、
醤油の辛さ。

黒々としたこのつゆですが、
鰹のおかげで、かなり奥深いのです。

注文は

「ざるそば」650円

ざるをひっくり返した状態で、
その上にのっている蕎麦をたぐり、

蕎麦の先にだけつゆをつけて、
ズルッ。

箸に近いほうは、蕎麦だけなので
まずは蕎麦の風味が口中に広がり、
やがて、つゆの味が蕎麦とともに
口の中に入り込んでいきます。

そうすると、口の中でつゆの濃さ具合が
ちょうどよくなるから不思議です。

蕎麦も細めなので、
ちょっとは噛むものの、
のど越しの良さというものも体感できます。

風情ある雰囲気で、すっかり江戸気分を味わいました。

並木藪蕎麦
東京都台東区雷門2ノ11ノ9
営業時間 午前11時30分~午後7時30分
木曜定休

映画ウンチク
フラガール
☆☆☆☆☆

まさか、この映画を観て涙が出るとは...!
ハワイアンスパリゾート...。
こと、常磐ハワイアンセンターの生い立ちが、
こんなことになっていたとは知りませんでした。
高度成長期の昭和40年。
石炭から石油へ変わるこの時代背景が、
あのハワイアンに通じていたとは...。
炭鉱の娘たちが
プロのフラダンサーに育っていく過程は、
かなり見応えあると思います。
今年の邦画のナンバーワンかも...。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

|

« サクッとジューシー! おーい! 串かつの串かつ丼 | Main | フリッツ!フリッツ! Patrascheのハンバーグランチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/11996142

Listed below are links to weblogs that reference 江戸っ子気質。並木藪蕎麦のざるそば:

« サクッとジューシー! おーい! 串かつの串かつ丼 | Main | フリッツ!フリッツ! Patrascheのハンバーグランチ »