« 安心できる場所。利久庵のせいろうと季節の炊き込みご飯 | Main | 素材のうまみ。ねじべえの鶏ちゃん丼セット »

Monday, October 30, 2006

こってりあっさり。我流風の極・豚とろ肉らーめん

Sany0727横浜駅周辺。

ランチに
迷ったときは、

ニューオープンの
場所に
出かけてみたいもの。

で。またまた「横浜ベイクォーター」に
行ってきました。

チャイニーズにイタリアン、和風創作などなど、
いろいろなレストランがありますが、

この場所に、こういう店もあるんだという
意外性を買って(?)

「我流風」へ。

かごしまラーメンとさつま料理専門店です。

かごしまラーメンがメインとはいえ、
鹿児島名物のさつま揚げや黒豚のメニューなど、
つまみにぴったりのメニューも。

そしてもちろん、
焼酎の充実! 

店内がラーメン店のような雰囲気ではないので
ちょっと飲みつつ、しめにラーメン…という
楽しみ方もできます。

オーダーは

「極豚とろ肉ラーメン」880円

かごしまラーメンも、やはり豚骨スープが基本。

すり鉢のような器でやってきたラーメンは、
とんこつのこってりとしたような雰囲気。

ところが、
スープを飲んでみると、思いのほかあっさりした口当たり。

醤油のうまみが広がる豚骨醤油のスープでした。

ストレート麺は、ほどよくスープにからまります。

そして、豚とろのびっくりするくらいのトロトロ具合。
口の中でとろけてしまいます。

このとろ肉と一緒に麺をすするのもいい塩梅です。

またネギがたっぷりというのも、
いいアクセントになっています。

トッピングはほかにもメンマ、焦がしネギなど…。

あっさりしているものの、ボリュームはたっぷり。
「ちび豚とろラーメン」680円もあるので、
女性ならこれもいいかもしれません。

我流風
横浜市西区金港町1ノ10
営業時間 午前11時~午後11時

映画ウンチク
父親たちの星条旗
☆☆☆

太平洋戦争の実情を、
冷静に、淡々と追っていく映画です。
硫黄島の銃撃戦のことは、
詳しくは知らなかったのですが、
アメリカ側から見た、その歴史を感じました。
もしも、あの有名な写真がなかったら…。
確かに歴史は変わっていたのかも…
と、ちょっと思ってしまいました。
硫黄島2部作のもう1作品は、
日本サイドから見た歴史。
日本人としては、
こちらに感情移入してしまうとは思いますが、
両方を冷静に観てみたいです。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

|

« 安心できる場所。利久庵のせいろうと季節の炊き込みご飯 | Main | 素材のうまみ。ねじべえの鶏ちゃん丼セット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/12489400

Listed below are links to weblogs that reference こってりあっさり。我流風の極・豚とろ肉らーめん:

« 安心できる場所。利久庵のせいろうと季節の炊き込みご飯 | Main | 素材のうまみ。ねじべえの鶏ちゃん丼セット »