« さっぱりアッツアツ! IL CHANTIのグラタンランチ | Main | 酸っぱスパイシー! 海南鶏飯食堂2のシンガポールスタイル辛酸チキンカレー »

Wednesday, August 23, 2006

シアワセになれる味わい。シンガポール 海南鶏飯の肉骨茶セット

Sany0606今日は、
待ちに待った
水道橋での
打ち合わせ。

なぜに
待ちに待っていたか
というと、

ランチに行きたい
店があったから。

すでに、夜に訪ねてアレコレ食べているだけに、
早くランチに行きたくて行きたくて、
たまらなかったのです。

思い続けて、約1年! 

心躍らせて店に向かいます。

「シンガポール 海南鶏飯」

シンガポール料理が楽しめるレストランです。

ちなみに、このブログでよく登場している
「海南鶏飯食堂2」とは、
まったく関係のない店です。

こちらの店は、白山通りにあるビルの2階。
店内は、アジア系の外国人の店員たちの
元気な声が響く、
どこかアジアの屋台の雰囲気が漂っています。

店名の「海南鶏飯」は、
木の丸いトレイに、鶏肉とタイ米が別々に盛られて
やってきます。
おかずとライスは別々にいただく、上品な雰囲気。

ところが、ランチにはこの”屋台スタイル”というのがあり、
それは、なじみの混ぜ混ぜスタイルでした。

と…そんなことを気にしつつ、
注文したのは

「肉骨茶セット」850円
ライス、揚げパン付き

肉骨茶-バクテーと読みます。

この料理は、ニンニクと中国ハーブがたっぷりきいた
透明のスープに、ポークリブが入った一品。

テーブルに置いてから、スープの上に
ガリガリとホワイトペッパーをかけてくれます。

まずはスープをひと口。

口に入れたとたん、なんともいえない旨味が広がります。

八角なども入っているのですが、
漢方くさい味わいでなく、あっさり。

でも、どこか懐かしさを覚えるような味なのです。

スプーンにライスをすくってスープにひたしていただけば、
ジャスミンの香りとスープの旨味が
ぴったりと合わさり、かなりシアワセ。

次にポークリブを取り、
醤油に唐辛子を漬けた
グーソーヤソースでパクリ。

ポロリと骨から肉が取れてしまうくらいの柔らかさ。

肉の旨味を味わいながらライスと一緒にパクパク。

揚げパンはスープに浸しておいて、
しんなりしたころパクリ。

スープの旨味をたっぷりと吸い込んだ
揚げパンのトロリとした口当たり…。

どれもこれも、なんだかシアワセ気分になれて、
気づけば、パクパク、ムシャムシャ。

あっという間に完食でした。

バクテーの旨味、久しぶりに味わいました。

シンガポール 海南鶏飯
東京都千代田区三崎町2ノ1ノ1、三崎町美幸ビル2階
営業時間 午前11時45分~午後2時30分、
午後5時~11時45分、
土・日曜、祝日=正午~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

|

« さっぱりアッツアツ! IL CHANTIのグラタンランチ | Main | 酸っぱスパイシー! 海南鶏飯食堂2のシンガポールスタイル辛酸チキンカレー »

Comments

うひょうひょ♪
とうとう行ったのね^^
このスープ、激ウマだよね〜♪

Posted by: ASAMI | Thursday, August 24, 2006 at 14:37

>ASAMIさん
そうなんですよ~! 苦節半年以上!(笑)
水道橋の打ち合わせが決まったとき、
思わず、心の中でガッツポーズしちゃいました♪
相変わらずの、
おいしいスープでございました~。

Posted by: じゅんじゅん。 | Thursday, August 24, 2006 at 20:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/11570789

Listed below are links to weblogs that reference シアワセになれる味わい。シンガポール 海南鶏飯の肉骨茶セット:

« さっぱりアッツアツ! IL CHANTIのグラタンランチ | Main | 酸っぱスパイシー! 海南鶏飯食堂2のシンガポールスタイル辛酸チキンカレー »