« July 2006 | Main | September 2006 »

Monday, August 28, 2006

海の傍の眺めのいい場所。YOKOHAMA-B.B.Qの野菜たっぷりスープカレー

Sany06098月24日に
オープンした、
横浜の新名所。

「横浜
BAY QUARTER」。

横浜駅東口の
ポートサイドエリアで、

豪華客船のような
雰囲気のスポットです。

各階とも外回りはデッキのようになっていて、
みなとみらい21の風景を眺めながら、
ゆったりとそぞろ歩くのが楽しい雰囲気です。

さて。
オープンしたばかりの場所でのランチは
かなり、難儀。

無理かな~と思ったのですが、

シーバス乗り場に近いところにある
レストランに突入してしまいました。

「YOKOHAMA-B.B.Q」

ジンギスカンをメインにカニ、ジャガイモ、トウモロコシなど
北海道の味をバーベキューで楽しめる店です。

バーベキューというのも、
本当に海辺でするような
シーサイドバーベキューな雰囲気。

もちろん店内は、テーブルと椅子席ですが
ちゃんと煙を吸い込むフードコートが付いており、
ガンガン焼いて楽しめそうです。

もちろん、外でもOK。

でも、昼間はちょっと違った雰囲気。

テイクアウトでドリンクやカキ氷が食べれたり、
なんだか、海の家気分です。

そしてランチはスープカレーがそろっています。

オーダーは

「野菜たっぷりのシープカレー」1100円
ライス付き

スープカレーの中には、
ジャガイモ、ナス、ニンジン、ピーマン、
ホウレンソウ、グリーンアスパラがゴロリ。

スープの辛さは5段階から選べます。

スパイスの組み合わせは、そんなに複雑ではなく、
素直な辛さと風味が印象的です。

ジャガイモはしっとりホクホク。
ナスはジューシー、ニンジンも甘い。

スープカレーに入っている野菜は、
どこでもやっぱり、
野菜の本当の旨味を出してくれます。

今度は、もう少しゆっくりと
バーベキューを楽しみながら、
横浜の夜景を満喫したいと思いました。

YOKOHAMA-B.B.Q
横浜市神奈川区金港町1ノ10、横浜ベイクォーター
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

※お詫び※
明日から3日間、ボランティアに参加するため、
お昼のアップができない可能性が高いです。
毎日楽しみにしている方には申し訳ないのですが、
金曜からまたスタートできるようにしたいと思ってます。
それまで...。
これからもよろしくお願いいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Friday, August 25, 2006

日々進化…葉月の極細ちぢれ麺塩ラーメン味付け玉子付き

Sany0600以前から
このブログでも
何度も何度も
取り上げている
この店。

甲州地鶏を
使った
ラーメンはもちろん、
焼き鳥や親子丼まで楽しめちゃう、

相模原の
「支那そば 葉月」

ここのところ夜の時間に訪れることが多く
焼き鳥と焼酎をしこたま楽しんでいました。

そうこうしているうちに、夜はとうとう

「酒処 おがわ」と、店名まで変えてしまい、
夜はとにかく、
焼き鳥、焼酎、親子丼、
そして、鰹だしのシメのラーメン…。

といったラインアップになってしまいました。

それはそれで、とてもおいしく楽しいのですが、

そろそろ、昼のラーメンも食べたいかも…。

と口がさびしがっていたので、
訪問してしまいました。

注文は

「塩ラーメン」700円

プラス100円で味付き玉子

麺はもちろん

「極細ちぢれ麺」

約3ヶ月ぶりの昼ラーメン。

ここの塩ラーメンの最初のひと口は、
とても薄い印象で、
食べ進むうちに塩のうまさが
口中に伝わってくるのですが、

そのあっさりとした感覚は変わらず。
でも、なんだか旨味がパワーアップした感じです。

ときどき香ばしい味覚があるなぁと思ったら、
七味をちょっぴりアクセントに入れているよう。

さらに今までなかったトッピングの
ワカメが、ツルリとした食感が心地いい! 

水菜はシャッキリ、メンマは相変わらずのしなやかさ。
タマネギの、みじん切りも甘くてシャクシャク。

やっぱり最後のスープまで飲み干してしまいました。

なんか…日々進化しているラーメンです。

支那そば 葉月
相模原市富士見4ノ5ノ20
営業時間 午前11時~午後2時30分
(スープがなくなり次第終了)。木曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 24, 2006

酸っぱスパイシー! 海南鶏飯食堂2のシンガポールスタイル辛酸チキンカレー

Sany0610昨日の
ノリでいくと、

やっぱり、
こちらにも
足を運んで、
味を楽しみたいと
思ってしまい、

ついつい、
恵比寿に
足を向けてしまいました。

「海南鶏飯食堂2」

昨年9月に恵比寿にオープンして以来、
何度も何度も通ってしまっている店です。

シンガポールで楽しめるメニューがそろっていますが、
この店なりのアレンジがされています。

何よりもスタッフの
元気でホスピタリティあふれる姿がまぶしいです。

ランチのメニューは、
海南鶏飯とカレーのみ。

カレーは結構人気が高く、すぐに品切れになってしまいます。

そこで今日は心持ち早めに来店。

無事カレーメニューをオーダーすることができました。
カレーは、日替わりでメニューが変わっていきます。

「シンガポールスタイル辛酸チキンカレー」900円

チキンとジャガイモがゴロンと入ったさらさらのカレー。

ひと口食べたとたん、
脳を刺激するようなスパイシーな辛さと酸味。

その酸味がたまらく、スプーンがとまりません。

パクチーと合わせていただけば、
一挙にアジアンテーストが倍増です。

香りのいいジャスミン米もサラサラとしていて、
このカレーにもぴったり。

付け合せのキュウリとトマトは軽く酢漬けしてあって、
これもサッパリ。

もちろん、デザートのマンゴープリンもいただき、
大満足のランチタイムとなりました。

海南鶏飯食堂2
東京都渋谷区恵比寿1ノ21ノ14、Costa De Verano1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後6時~11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, August 23, 2006

シアワセになれる味わい。シンガポール 海南鶏飯の肉骨茶セット

Sany0606今日は、
待ちに待った
水道橋での
打ち合わせ。

なぜに
待ちに待っていたか
というと、

ランチに行きたい
店があったから。

すでに、夜に訪ねてアレコレ食べているだけに、
早くランチに行きたくて行きたくて、
たまらなかったのです。

思い続けて、約1年! 

心躍らせて店に向かいます。

「シンガポール 海南鶏飯」

シンガポール料理が楽しめるレストランです。

ちなみに、このブログでよく登場している
「海南鶏飯食堂2」とは、
まったく関係のない店です。

こちらの店は、白山通りにあるビルの2階。
店内は、アジア系の外国人の店員たちの
元気な声が響く、
どこかアジアの屋台の雰囲気が漂っています。

店名の「海南鶏飯」は、
木の丸いトレイに、鶏肉とタイ米が別々に盛られて
やってきます。
おかずとライスは別々にいただく、上品な雰囲気。

ところが、ランチにはこの”屋台スタイル”というのがあり、
それは、なじみの混ぜ混ぜスタイルでした。

と…そんなことを気にしつつ、
注文したのは

「肉骨茶セット」850円
ライス、揚げパン付き

肉骨茶-バクテーと読みます。

この料理は、ニンニクと中国ハーブがたっぷりきいた
透明のスープに、ポークリブが入った一品。

テーブルに置いてから、スープの上に
ガリガリとホワイトペッパーをかけてくれます。

まずはスープをひと口。

口に入れたとたん、なんともいえない旨味が広がります。

八角なども入っているのですが、
漢方くさい味わいでなく、あっさり。

でも、どこか懐かしさを覚えるような味なのです。

スプーンにライスをすくってスープにひたしていただけば、
ジャスミンの香りとスープの旨味が
ぴったりと合わさり、かなりシアワセ。

次にポークリブを取り、
醤油に唐辛子を漬けた
グーソーヤソースでパクリ。

ポロリと骨から肉が取れてしまうくらいの柔らかさ。

肉の旨味を味わいながらライスと一緒にパクパク。

揚げパンはスープに浸しておいて、
しんなりしたころパクリ。

スープの旨味をたっぷりと吸い込んだ
揚げパンのトロリとした口当たり…。

どれもこれも、なんだかシアワセ気分になれて、
気づけば、パクパク、ムシャムシャ。

あっという間に完食でした。

バクテーの旨味、久しぶりに味わいました。

シンガポール 海南鶏飯
東京都千代田区三崎町2ノ1ノ1、三崎町美幸ビル2階
営業時間 午前11時45分~午後2時30分、
午後5時~11時45分、
土・日曜、祝日=正午~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, August 22, 2006

さっぱりアッツアツ! IL CHANTIのグラタンランチ

Sany0604今日は
横浜・関内方面。

たまには
あまり通らない
道に行ってみようと、

ある意味
とってもシュールな
大通り公園沿いに
向かっていました。

木のぬくもりのあるいでたちの店。

それが

「IL CHANTI 横浜店」

7月にオープンしたばかりのイタリアン食堂です。

1972年に東京・笹塚に「キャンティ」としてオープン。
その後全国に支店展開しています。

私のイルキャンティのイメージは、
江ノ島にある「イルキャンティビーチェ」で、

目の前に広がる海の眺めが抜群のレストランでした。

ここ、横浜店は、
目の前の公園の木々をながめることができます。

店内はこじんまりとしたオープンテラスにもなる
テラス席。

テラス席から階下を見渡せるような造りの地下1階。
いかにもイタリア食堂といった雰囲気が印象的です。

さらに中2階もあり、
ここは落ち着いた雰囲気の造りになっています。

オーダーは

「今週のグラタンランチ」950円
サラダ、スープ、パン、ドリンク付き

今週のグラタンは

「カリカリベーコンとロールキャベツのマカロニグラタン」

まずはご自慢のサラダ。

醤油ベースのドレッシングは本当に自慢の味。
サラダをたくさん食べられるような、
クセになる味わいがたまりません。

グツグツといいながら運ばれてきたグラタンは
チーズがカリッカリに焼けていて、
その風味が食欲をそそります。

ホワイトクリームソースはとてもあっさり。
ベーコンの塩気も程よく、香ばしさも印象的です。

さらにロールキャベツのキャベツが、
驚くほどジューシーになっていて、
その野菜汁が後をひきます。

さらにパスタは耳たぶのような形の中心をへこました
ショートパスタのオレキエッテ。

モッチモチの食感が心地よく、
マカロニを想像していたので意外な味でした。

横浜でここの味が楽しめるのは
かなり、ウレシイ。

次回は夜に訪ねて、
有名な「真夜中のトマトスパゲッティ」などで
友達とワイワイしながら、
元気にごはんを食べたい場所でした。

IL CHANTI横浜店
横浜市中区蓬莱町1ノ1ノ6、関内みなみビル1階
営業時間 11時30分~3時、
午後5時30分~午前0時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 21, 2006

夏にウレシイ。おはなの冷汁定+地鶏の炭焼

Sany0602週の初めは
麹町周辺で
お昼どき。

今日はどこで
食べようかなぁと、
思いながら、

暑さにひかれた
メニューを発見! 

すかさず、
「この店! 」と
決めたのでした。

プリンス通り沿いにあるルポール麹町地下1階の

「日向地鶏と焼酎 おはな」

日向地鶏と焼酎の店です。

日向地鶏というだけあり、メニューを見ると
宮崎の郷土料理がいろいろ楽しめるようです。

店内はカウンターとテーブル席。
焼酎のボトルが並んでいるのも気になります。

オーダーは

「冷汁定」800円
温玉、薬味、香の物、デザート付き

さらに
このセットに限り、
「地鶏の炭火焼」をプラス300円でオーダー
できます。

初めていただく冷汁。

冷汁というのは、冷たい味噌汁という認識はあるものの、
初めての対面です。

運ばれてきた大きなお椀には、
濃い目の味噌汁に豆腐とキュウリの薄切りが浮いています。

まずは、何もせずにひと口。

いりこ出汁がたっぷりきいた、それでいて香ばしいような
濃い目の味噌の味わいが広がります。

このコクがいい感じ。麦も入っていました。

キュウリと豆腐がまた清涼感をプラスしています。

ここに
アゴの干物を細かくしたもの、
ミョウガ、ネギ、海苔の薬味を入れてみます。

そうすると、ミョウガのさわやかな味わいで
ちょっとすっきりとした味わいに変身。

スプーンにご飯をすくい、
冷汁に浸してパクリとやれば、
味噌の濃さとご飯のバランスが、一気に合わさります。

さらにさらに、温玉を冷汁に入れれば、
まろやかな風味。黄身がいい感じです。

プラスした地鶏の炭火焼は、
皮に近い部分を細かく切ったものを塩胡椒で焼いたもの。
それに生キャベツを加えた一品。

これがまた、皮はパリパリ。
身はプリプリのいい食感! 

宮崎の鶏は
いい味だしているんだぁとしみじみしてしまいました。

冷汁...。結構イケるメニューでした。

日向地鶏と焼酎 おはな
東京都千代田区平河町2ノ4ノ5、平河町Kビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~11時。日曜、祝日定休

映画ウンチク
SUPER MAN RETURNS
☆☆☆☆

スーパーマンはケント・クラークという新聞記者。
電話ボックスでスーパーマンに変身する。
あの印象深い、テーマ曲...。
でも、実はスーパーマンの映画を
見たことがなかったのでした。
いやぁ...。
スーパーマンって、すごいんだね。
スーパーマンを形容する言葉は、
スーパーマンしかないんだ...っていうくらい、
すごく強くて、やさしい。
赤いパンツのスーパーマンな気分で観てましたが、
かなり、いいストーリーです。
娯楽として、純粋に楽しめます。
それにしても...。
スーパーマンって人間ではなかったのですね。
違う星からやってきた...
ウルトラマンのような存在だったとは
知りませんでした。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 18, 2006

アジアのかおり…。エラワン・タイの具だくさん春雨と野菜のスープ(ライス付き)

Sany0597ここ何日かで、
なんだか、
とてつもなく
暑い…。

外を
歩いているだけで
気分はげんなり。

今日は横浜の
鶴屋町界隈にいて、
あんまり
歩き回るのは、
大変かとも思いつつ、
その界隈のランチ処を探します。

で。ふと思いついたのが、
いつも電車から見える、でも
駅からはちょっと離れてる、あの場所。

鶴屋町方面の線路沿いにある

「エラワン・タイ」
横浜に古くからあるタイ料理レストランです。

2階に上がっていくと、
タイレストランっぽくない雰囲気。

窓の外からは電車の行きかう風景が楽しめます。

オーダーは

「具だくさん春雨と野菜のスープ(ライス付き)」880円
ドリンク付き

チキンベースで作ったスープです。

運ばれてきたスープは、本当に具だくさん!

キャベツにキクラゲ、春菊に
チキン、ポーク、イカなどが入り、
ふんわりと卵でとじてあります。

見た目が真っ赤なスープなので、
辛いのかなぁと思ったのですが、

飲んでみると、チキンや海鮮の旨味がしみ込んだ、
甘みを感じられるようなやさしい味。

パクちーの風味も、いかにもアジアっぽい。

春雨も程よくスープがしみ込んでいて、しみじみ。

はて。このジャスミン米はどうやっていただこう。

ちょっと考えたあげく、
具をライスの皿に移動。
スープを少しふりかけ、
卓上のナンプラー、酢、
唐辛子をササッとかけまわします。

そうして、ライスと一緒に混ぜ混ぜしていただけば…。

ジャスミン米と具がいい塩梅に混ざり合い、
酢とナンプラーと唐辛子でパンチのきいた
ごはんに変身です。

ひとつのメニューで
2つのメニューを楽しんでしまいました。

エラワン・タイ
横浜市神奈川区鶴屋町1ノ3、カリオカビル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時(日曜、祝日は4時)~11時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, August 17, 2006

モツッと生パスタ♪ Rのとろけるチーズのスパゲッティセット

Sany0595本日、
銀座一丁目界隈に
出没中。

銀座ランチかぁ…。

どこに行こうかなぁと
足を止めて考える。

ふと、
1丁目なら、新富町も
遠くないはず…!

ちょっと時間もあったので、
今日こそ気になっていた店に行くときかも! 

と一挙に気持ちが高まり、
新富町に向かいました。

路地を入ったところに、隠れ家のように
ひっそりとたたずむ店。

それが

「ワイン・バー&ダイニング R」です。

国にこだわらず、
おいしいワインと食事が楽しめるところです。

店内は全28席という、こじんまりとしたつくり。

引き戸を開ければ、正面にキッチンとカウンター。
ひっそりとテーブル。

ロフトとなっている2階は、
10人ほどで貸切もOKだそうです。

ランチはパスタランチが中心。

オーダーは、

「とろけるチーズのパスタ
(ぴり辛トマトソース)セット」980円

サラダ、ドリンク付き

こちらのパスタは、セモリナ粉100%の生パスタ。

トマトソースとともにトロリととろけたチーズが
食欲をそそります。

生パスタはアルデンテながらモッチリとした食感!

トマトソースは、
トマトの甘味と酸味がきっちりと主張。
ほのかな唐辛子の辛さが
トマトの風味をさらに深めています。

ここに、チーズのコクが加わると…。

モッチリモチモチのパスタとソースのハーモニーは
もう、本当に顔がほころんでしまいます。

サラダをいただいてみれば、
そのフレッシュなバージンオリーブオイルの風味が
すがすがしい。

パルミジャーノがたっぷりとかかっていて、
これがまた旨味を増しています。

実はこの店。

アラビアータなどトマトソースの
おいしい作り方を教えてくれた
「イタリアンの師匠」でもある友人が

「久しぶりに外でおいしい! と思える
パスタに出会った」…と言っていたところ。

早く訪ねればよかったなぁ…と思うことしきり。

次はぜひ夜に訪れて、
おいしいワインとともに、食事を楽しみたいです。

ワイン・バー&ダイニング R
東京都中央区新富1ノ5ノ6
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~11時。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 16, 2006

眺めのいい場所。soho’s 表参道の週替わりパスタセット

Sany0593Sany0592

雨なのか晴れなのか、
なんだかぱっとしない天気。

こんな日は、ちょっと眺めのいい場所で
ランチをするのがいいかも…と思い、

原宿駅からすぐ、
1階に「ZARA」、
3階にはスポーツジムの入っているビルの4階

「soho’s 表参道」へ。

NYのソーホー地区を
イメージしたイタリアンレストランです。

4階に上がって店内に入れば、
全面ガラスの向こうには、

なんちゃってエンパイアdocomoビルや
西新宿の高層ビルが、
気持ちいいくらいに広がっています。

天井も高いので、居心地のいい空間です。

オーダーは

「週替わりパスタセット」1000円
パン、ドリンク、デザート付き

選んだパスタは

「サルシッツォと枝豆のアーリオオーリオスパゲッティ」

サルシッツォとは
自家製豚肉の皮なしソーセージのこと。

運ばれてきたパスタは、
枝豆のグリーンが鮮やか! 

こってりとガーリックのきいたアーリオオーリオに、
ソーセージの塩味で
ちょっと濃厚な味わいです。

さっぱりとした心地いい食感の枝豆と
キューブに切られたトマトの酸味が
アクセントになっています。

ドリンクは、自分で取りに行くのですが、
オレンジジュースやグレープフルーツジュースなど
種類も豊富。
好きなだけいただけるのもウレシイところ。

表参道の緑を見下ろしながら、
リラックスした気分でランチが楽しめました。

soho’s 表参道
東京都渋谷区神宮前6ノ31ノ17、V28ビル4階
営業時間 午前11時30分~午後11時
(金・土曜は午前4時まで)
(ランチは平日の午後3時30分まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 15, 2006

パリジュワッ! ごはんバー和火家 櫻の本日のお弁当

Sany0588Sany0589

久しぶりに横浜駅西口周辺。

このあたり、毎日通っているはずなのに、
いつの間にか新しい店ができているのが不思議。

雨の日の後のタケノコのごとく…というよりは、
本当にある日突然。

ここ最近は、ぐっと飲み処が増えた感じです。

ということは、
ランチを営業している店もそこここあり、

ここもそのうちのひとつ。
といっても、
オープンしてすでに1年は経っているのだけれど…。

「ごはんバー 和火家 櫻」

和食前菜と串焼きを中心の店です。

2階に上がって引き戸を引くと、
目の前にカウンターとオープンキッチン。

キッチンは店の中心にあり、
そこを「コ」の字のようにテーブルが設定されています。

キッチンの裏側に回るところは、なんとペア席。

オープンなスペースなのに、
なんとなく個室感があふれています。

オーダーは

「本日のお弁当」880円
味噌汁、ドリンク、デザート付き

今日のお弁当のおかずは、

「若鶏と茄子の唐揚げ ゆず胡椒風味のあんかけ」

四角いお弁当箱には、
上記のおかずと、クラゲと春雨の酢の物、
水菜たっぷりのサラダ、漬物。

お弁当箱にきれいに並んだおかずたちは、
なんだか心がワクワクしてきます。

若鶏は皮の部分がカリッとして香ばしく、
その後はジュワッと熱々の肉汁がはじきでてきました。

ハフハフとしながら、口の中にほおばり、
ご飯をパクリ。

ゆず胡椒風味のあんかけも良いアクセントになっています。

ナスの素揚げもハフハフといい味。

ランチメニューもこうしたお弁当にまとまっていると、
なんとなくバランスよくいただいているような
気分になれるのが、うれしいところ。

夜もゆっくりとくつろげそうです。

しばらく、横浜駅西口は注目かもしれません。

ごはんバー 和火家 櫻
横浜市西区南幸1ノ13ノ15、第1ニューヨコハマビル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~午前0時(金・土曜は午前2時)
(ランチは平日のみ)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Monday, August 14, 2006

穴場でゆったり。小倉山のハーブチキンのライ麦トーストサンドセット

Sany0585お盆真っ盛りの
今日は、
横浜・桜木町。

うひゃあ、
休みの日に
ここに来るのは、
もしや
ヤバイんではないか…と

ちょっと思ったものの、
なんとなく
人気のいない雰囲気。

会社はお休みのところも多いし、
こんなもんなのかなぁ…と思いつつ、

レストランエリアに入ってびっくり。

どこもかしこも家族連れの大行列。

あややや。

これはいかん、いかんと、
では、どこに行けばいいのか、
しばし考えたうえ、

横浜美術館に向かいました。

ミュージアムカフェでランチをしようというワケです。

「カフェ 小倉山」 。

横浜美術館のギフトショップに併設されているカフェで、
真四角の大きな窓からは、
外の美術館前の雰囲気のいい風景を、
まるで、絵のように切り取った感じで
眺められます。

店内も、ライブラリーのようで、
ここだけ、静かな時間が流れている感じがします。

オーダーは

「ハーブチキンのライ麦トーストサンド」650円
プラス200円でコーヒーまたはコーヒー付き

カウンターでオーダーをしてお金を払い、
好きなテーブルについて、
サンドイッチを待ちます。

中身がぎっしりのサンドイッチは、
ハーブチキンにゆで卵、
トマトとレタスがサンドされています。

チキンはほのかにすがすがしい香り。
そして、プッツリとやわらかい。

マスタードソースが塗られていて、
その程よい刺激も心地いい。

ツルリとした白身の食感も、
アクセントになっていました。

トマトの酸味とジューシーさも、
サンドイッチの中で際立っていました。

それぞれの具のおいしいところを、
ギュッとまとめたサンドイッチ。

サンドイッチを考え付いた人は、
エライなぁ…といみじみしてしまいました。

カフェ 小倉山
横浜市西区みなとみらい3ノ4ノ1、横浜美術館内
営業時間 午前11時~午後6時

映画ウンチク
UNITED 93


この映画。
見たい! という衝動と、
見てもいいんだろうか、最後まで
見続けることができるんだろうかという
戸惑いの気持ちを抱えたまま、
観てしまいました。

胸が、
イタイ、苦しい…。

さまざまなことが頭の中を
よぎってしまいました。

たった5年前の話を、
どうしてこんなに早く
映画化してしまってるのだろう…。

ただ。

あのとき、WTCのことばかりに気をとられ、
このUNITED 93の機内で、
どんなことがあったのか、
そうしなければ、どうなっていたのか、
そういうことを知ることできる、
唯一のものなのかも…。

でも。

知ったからといって、やっぱり心が痛みます。

映画という観点からは、
ドキュメンタリータッチの映像が、
真実味を深くしています。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 11, 2006

暑い日は…。しゃぶしゃぶ温野菜のもち豚火鍋膳

Sany0583帰省で
ごった返す
東京駅。

さらに、
ポケモン
スタンプラリーで
電車は子どもたちで
わいのわいの。

そんな喧騒を
逃れるかのように、
八重洲北口通りあたりに
ランチ処を探します。

そして、何を思ったか、
なんだか鍋系が食べたくなってしまい、
そんな店を探しました。

暑いし、最近野菜不足だし、
そういうこともあって、体が鍋を欲していたようです。

「しゃぶしゃぶ温野菜」

その名のとおり、しゃぶしゃぶがメインの店です。

しゃぶしゃぶ定食がランチにもあるので、
昼から1人でも気軽にしゃぶしゃぶが楽しめます。

気持ち的には、もち豚のしゃぶしゃぶ~~~~っ!

といきこんでいたのですが、メニューを見たとたん

「もち豚火鍋膳」680円
卵、ご飯、香の物付き

辛い鍋を食べたくなってしまったのでした。

しっかりと煮込まれた火鍋。

キムチ鍋風の味付けのスープの中には、
もち豚、白菜、ネギ、春菊、くずきり、きしめんが
入っています。

まずはもち豚をそのままパクリ。

やわらかい歯ごたえと、あっさりとした脂の旨味が
ジワジワと伝わっていきます。

卵を溶いて、すき焼きのようにくぐらせていただけば、
卵のまろやかさとスープの辛さ、
もち豚の旨味がみごとにマッチング。

むほほほほ…となったのでした。

さっとあげていただいた春菊はシャッキリ。
白菜もシャキシャキ。

きしめんは、びっくりするほどの平たい麺で、
これがまたモチモチとおいしい。

くずきりのツルンとした食感もウレシイ。

具を食べきった後は、

迷わずご飯を鍋に投入。
卵の残りをかけまわして、雑炊としていただきました。
ちょっと、お行儀悪いかなぁ…。

と思いつつも、
たっぷり旨味をすったスープの
ピリ辛雑炊は、やっぱりシメには泣かせます。

1人鍋も楽しくいただけました。

しゃぶしゃぶ温野菜
東京都中央区八重洲1ノ7ノ10、八重洲YKビル4階
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは平日の午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 10, 2006

サクサクしっとり。一献楽食 とらの鶏カツ卵だし定食

Sany0581ちょっぴり
久しぶりの銀座。

今日は
7・8丁目あたりを
うろうろ。

ちょっと来ないだけで、
新しいビルが
できていたり、

新しい店が
オープンしていたり、
その変貌ぶりに、いつも驚きます。

今日の店も、やっぱり新しいビルの中。

銀座8丁目の銀座サザンビル地下1階に
先月オープンした

「一献楽食 とら」

釜揚げ餃子がウリの京風居酒屋です。

店内の造りは、山寺をイメージした雰囲気。
ジャズが流れるモダンなイメージが印象的です。

ちなみにココのロゴは、
後ろ姿のトラ猫。
山寺に住み着く猫で、
時おり振舞われる
ごちそうを楽しみにしているんだとか。

ランチメニューも豊富。

その中から

「鶏カツ卵だし定食」800円
とろろ、黒米ご飯、味噌汁、漬物付き

黒米とは、中国の皇帝に献上していた、
漢方のお米で、とってもヘルシーなんだそう。

運ばれてきた、そのご飯のボリュームにびっくり!

そして鶏カツの卵だしというのは、
鶏カツに出汁で溶いた卵をからめた、
鶏の親子カツ丼といった感じ。

サックッとした歯ごたえが快感です。
出汁がほどよくからまった部分は、しっとり。
その出汁の旨味がしみじみします。

黒米は程よいやわらかさで、おおいしくいただけます。

とろろを黒米ご飯にかけて、
一緒に鶏カツをいただくのもイケます。

漬物の量もたっぷりで、
おかずのボリュームとご飯のボリュームで、
気づけば、
パクパクとご飯をいただいていました。

大勢で訪ねて、
釜揚げ餃子をパクついてみたいと思いました。

一献楽食 とら
東京都中央区銀座8ノ10ノ17、
銀座サザンビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時~11時30分
(ランチは平日のみ)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, August 09, 2006

意外な組み合わせ。CIMOLO CAFEのパスタランチ

Sany0579不安定な天気の日。

歩きまわるのに
あまり、
いい状況では
ないけれど、

ついつい、
駅から離れた
場所に
向かってしまいました。

横浜駅西口からちょっと離れたところにある、

「CIMOLO CAFE」

こじんまりとした一軒家のような雰囲気のカフェです。

全体的に木のぬくもりが感じられる雰囲気。
1階はカウンター、2・3階がテーブル席です。

ランチは、
まず1階でオーダーをして、料金を先払い。

2階に上がって席を確保したら、
サラダを自分で好きなだけ取ることができます。

さて。
オーダーは、

「パスタランチ」850円
スープ、サラダ、パン、ドリンク付き

サラダとアイスティー・アイスコーヒーは
好きなだけいただけます。

本日のパスタは

「鶏肉と木の子のグリーンカレー風味パスタ」

グリーンカレー風味。
運ばれてくると、
ココナツの香りがふんわりと漂ってきます。

パスタにからめる前に、ひと口。

ココナツの甘さの後に、
やさしい辛さの刺激がやってきます。

久しぶりの東南アジア系の味わいです。

これをパスタと一緒にいただくと、
ご飯と一緒のときとは、
また違った食感が楽しめます。

ツルツルとした歯ごたえが心地よく、
パクチーとの相性も良かったのには、
びっくりです。

喧騒から離れたこのカフェ。
時間を忘れて、いつまでもいられそうな空間です。

CIMOLO CAFE
横浜市西区北幸2ノ14ノ3、三並ビル
営業時間 午前11時30分~午後11時
(土曜、祝日は10時、午後5時~6時はアイドルタイム)
(ランチは午後3時まで)
日・月曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, August 08, 2006

プッツンプッツン♪どんぶり北海道の温泉卵といくらと紅鮭の丼

Sany0577台風の影響で
ひさしぶりの雨降り。

でも、
こう蒸し暑いのは
ちょっと勘弁して
ほしいよなぁ…と、

思いつつ、
品川辺りでランチ。

何が食べたいんだろうと
自問自答しているうちに

頭の中に浮かんでいるのは、
海鮮どんぶり…。

これは、もしや
あそこに行きたいのかなぁと、
勝手に判断して向かったのが、

「品達 どんぶり5人衆」

5月にオープンした、
どんぶり処を大集結させたところです。

お目当ては、

「どんぶり北海道」

時期により異なるネタの水揚げ場所を知り尽くし、
道内を駆け回る仕入れのプロが、
市場を通さず、網元から買い付けをして
直接ココまで直送しているネタの丼が楽しめる…らしい。

なんといっても、やっぱりイクラが自慢のようで、
イクラ丼を中心としたメニューがズラリ。

ついつい、どれにしようか迷ってしまいます。

悩んだ挙句に選んだのが

「温泉卵といくらと紅鮭の丼」880円
荒磯汁付き

思いっきりイクラ三昧もいいかと思ったのですが、
いろいろ食べたい気持ちが勝ってしまいました。

食券を買い、カウンターへ。
店内は、
木のぬくもりを感じられる造りで、
落ち着いて食事が楽しめそうです。

白いあったかご飯の上に、
刻み海苔、その上にほぐした鮭、
イクラ、真ん中に温泉卵がのっています。

イクラは「むほほほほ」と笑みがこぼれるくらい、
プッツンと気持ちよくはじけ、
旨味がぐわんと口の中に広がっていきます。

ほぐした鮭もホロホロとしながら
しっかりと味がついています。

半分くらい楽しんでから、
温泉卵を割りほぐして、イクラと一緒にいただけば、

今までにない濃厚な味わいが楽しめます。

荒磯汁は、ワカメや岩海苔、海草がたっぷり、
そこに、カニが加わった
力強い味噌汁。

磯の香りを存分に楽しめる一杯でした。

どんぶり 北海道
東京都港区高輪3ノ6ノ21、品達 どんぶり5人衆内
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, August 07, 2006

夏バテ防止に…。one leaf cafeのワンリーフランチ

Sany0573Sany0572

暑い日が続いています。

こういう天候のときの
ランチ探しは、
あんまり歩き回るのも
ツライというもの…。

そう思いながらも、ついつい心に触れる
メニューを求めて、なんとなく
さ迷い歩いてしまいます。

そんな中、
「お、これは夏のメニュー! 」と思って
決めた店がココ。

横浜・伊勢佐木町モールに先月オープンした

「one leaf cafe」

白を基調としたカフェです。
1階は白いカウンターと高いツールのテーブル席。

2階にはソファ席が用意されています。

オーダーは

「ワンリーフランチ」1000円
ミニサラダ、ドリンク、デザート付き

今日のランチは
「ゴーヤーチャンプルー」

考えてみると、この夏初のゴーヤーチャンプルーです。

こちらの店のゴーヤーチャンプルーは、

ゴーヤーに豚肉、モヤシ、ニンジンが入っています。

程よい塩加減の中に、「ニガッ」と
ゴーヤーの苦味が効いています。

卵はしっかりと炒められていますが、
それはそれで、よい食感になっています。

デザートはベイクドチーズケーキ
コッテリと、でも土台のサックリ感が心地よく、
うれしいフィニッシュでした。

スイーツ系も充実しているし、
夜はバーとしても心地いい空間になりそうです。

one leaf cafe
横浜市中区伊勢佐木町2ノ91
営業時間 午前11時~午後11時
(金・土曜は午前4時)
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
OVER THE HEADGE
森のリトルギャング(字幕版)
☆☆☆☆☆

痛快! です。
冬眠していた、いわゆるアメリカに
よく見られる(であろう)動物たちが
目覚めてみたら、森がなくなり、
塀の向こうは人間の住む街になっていた! 
クマとの約束を守らなくてはいけない、
孤独者の、いわゆる、”タヌキ”が、
性格のいい動物たちをだましつつ、
食料確保の大作戦を繰り出していく...。
でも。
この映画のテーマは「ファミリー」。
思い切り笑いながら、
ついついしんみりと心に響く、映画です。
アヴリル・ラビーンの声は
やっぱりちょっと色っぽかったです。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 04, 2006

さまざまな食感♪伊勢の鶏もつ煮親子丼

Sany0569御徒町へ
やってきました。

ここへ来ると、
いつも
上野方面へ、
つまり
アメ横方面に
足を向けてしまいがち。

ランチの場所を
探すのに、

たまには逆側を探してみてもいいかも…。

と思い、今日はアメ横センターの横を通り過ぎ、
秋葉原方面に足を向けてみました。

そして、まもなく気になる看板を発見。

神田に本店を持つ、地鶏料理店の

「伊勢」です。

創業55年。放し飼いにして育てた地鶏のみを
自家でさばいたものを、
そのままの状態で軽く日を通したやきとりが
楽しめます。

こうした焼き鳥店のランチは、
たいていが親子丼。

その親子丼の種類が
地鶏親子丼、そぼろ親子丼、
そしてモツを使った親子丼。

リーズナブルな価格で楽しめるのが魅力です。

店内は白木のカウンター。
2階にテーブル席を用意している、
こざっぱりした店内です。

注文は

「鶏もつ煮親子丼」680円
限定20食

プラス100円でお吸い物が付きます。

運ばれてきた丼のふたをあければ、
卵を3つ使った、フワフワ、とろとろの卵がのった
親子丼。

真ん中には三つ葉がのっています。

この三つ葉の中心に七味唐辛子をパラリとかけて
再びふたを閉めて数秒。

それからいただくのがおいしいいただき方とか。

だし汁は甘すぎず、からすぎず、
卵の風味を生かした味わい。

そこに入り込んでくるのは、

砂肝やレバー、鶏皮。

砂肝のコリコリとした感じを楽しんだ後に、
鶏レバーのさっぱり、しっとりとした食感。

鶏皮のプリプリ感が次々にやってきて、
食べる側を楽しませてくれます。

鶏レバーや砂肝好きにはたまらない一杯でした。

伊勢 御徒町店
東京都台東区上野3ノ26ノ1
営業時間 午前11時~午後3時、
午後5時30分~10時30分
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 03, 2006

甘みの後の激辛! HongChoぶるだっくのぶるだっく定食

Sany0567ありそうで
なかなかチャンスの
ないのが、
渋谷でのランチ。

猛暑というわけでは
ないけれど、
湿度が高い
こんな日は、

やっぱり
辛いものを食べたい。

そこで足をむけたのが、
渋谷マークシティの横の道沿いにある、

「HongChoぶるだっく」

その名も激辛鶏料理専門店! 

韓国に本店を持ち、現在韓国では160店近く
支店を持っている、人気の店です。

日本では、この渋谷の店が初で
昨年オープン。

近く大阪進出もするそうです。

「ぶるだっく」というのが、名物料理なのですが、
鶏モモ肉を、青陽(チョンリャン)唐辛子を使った
特製の秘伝ダレに漬け込み、
ソレを直火で焼き上げたもの。

この青陽唐辛子というのが激辛の要因で、
甘さと激辛をあわせ持った、唐辛子なんだそう。

店内は黒とシルバーを基調とした
スタイリッシュ系の造り。

キッチンからは焼き上げている姿を見ることもできます。

オーダーは、もちろん

「ぶるだっく定食」1000円
ご飯、スープ、キムチ付き

運ばれてきたぶるだっく。
たっぷりとタレのついた鶏肉は、
食べやすい大きさに切られています。

激辛って、どのくらいなんだろう…と
ちょっとドキドキしながら、パクリ。

ん? 

すごく甘い。
炭の香ばしい味わいと合わさり、
旨味が口の中に広がっていきます。

モグモグ、甘い、モグモグ、甘い、モグモグ…。

気づくと、口の中がヒーヒーするような
辛さがやってきました!!!

ご飯と一緒に咀嚼した後の口の中は、
本当に火がついたような辛さです。

でも、ウマイ。

しかも、次の鶏をまた口に入れると、
甘い味わいが広がり、一瞬ほっ。

でも、またいつのまにか辛さがやってきます。

甘い、辛い、うまい、甘い、辛い、ウマイ…
の繰り返し。

その辛さは、添えつけのキムチが
普通の漬物のように感じてしまうくらいなのです。

店のコピーが

「ウマイ、辛い、止まらない」なのですが、

まさにそのとおりでした。

プリップリの食感の鶏とこの辛さ。

実は、ランチはディナータイムのタレよりも
若干辛さを抑えてあるんだとか。

ぜひ、夜の辛さ、いってみたいです。

ちなみに、辛くないメニューもあるので、
辛さが苦手な人も大丈夫! と思います。

HongChoぶるだっく
東京都渋谷区道玄坂1ノ3ノ11、1番ビル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~午前0時(金曜は午前1時)、
土曜、祝前日=午後3時~午前1時
(日曜は午後11時まで)
(ランチは平日のみ)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Wednesday, August 02, 2006

甘味処でごはん。船橋屋こよみのこだわりごはんとお惣菜のセット

Sany0565Sany0564

久しぶりに広尾にやってきました。

広尾の散歩通りは、
オシャレなイメージがあるものの、
昔ながらの家屋や商店があり、
それが、なんだかモダンジャパニーズな雰囲気で
とても好きな街です。

歩いていると、
「あ、あそこに行きたい、ここも行きたい、
お、こんなところに初めて見る店が…」と
心がワクワク。

できることなら、どれもこれも立ち寄って、
食べまくりたい~~! と思ってしまうほど。

そんな中で、
いちばん気になった店へ。

散歩通りのちょうど90度に曲がる角にある

「船橋屋 こよみ」

東京・亀戸のくず餅の老舗「船橋屋」の
プロデュースする店です。

木造の家屋をリフォームし、
1階はくず餅など贈答品がショーケースに並ぶ店、

2階はアンティーク家具をあしらった和カフェ。

その昔っぽくて、モダンな雰囲気が魅力です。

オーダーは

「こだわりごはんとお惣菜のセット」1050円
本日のご飯、本日のお惣菜盛り合わせ、
汁物、デザート4種付き

ご飯はゴマたっぷりの麦と白米
お惣菜は
オクラのおひたし、ダイコンと水菜と春雨のサラダ、
さつま揚げのさっと煮、白身魚のフライ

目の前にならぶおかずの数々に、
とっても得した気分になります。

サラダはあくまでもさっぱり、
オクラは程よいかたさにゆで上がっているし、
さつま揚げは程よい甘み、
フライはサックサクに揚がっています。

ほっこり炊き上がったご飯と一緒に
おいしく「ニッポンのごはん」を楽しめました。

お吸い物はワカメ、麩、豆腐。
そこへ大好きなミョウガがアクセントに散らしてあって、
これまたうれしい風味です。

そして、本日いちばん目を引いたデザート。
Sany0563Sany0562

ひょうたんのような器に盛られたデザート4種。

抹茶のフロマージュ、くず餅、あんみつ、クッキー

もう、すでにこれを見ただけで興奮気味です。

抹茶のフロマージュは、
甘みを抑えて抹茶の味が印象的。

くず餅はプリンッ、そしてモチッとした食感がウレシイ。
きな粉と黒蜜もいい塩梅です。

あんみつは、こしあんがちょこんとのって、
しかも豆は緑豆などいろいろあって、目にも鮮やか。
こってりとした黒蜜と寒天の組み合わせはさすがです。

最後のクッキーは、甘さ控えめでよい口やすめに…。

のんびりくつろげる空間で
ハッピーな気分で食事を楽しめました。

船橋屋 こよみ
東京都渋谷区広尾5ノ17ノ1
営業時間 午前11時~午後10時
(日曜、祝日は午後6時まで)
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Tuesday, August 01, 2006

コース気分を満喫♪ MIZUKIのハーフ&ハーフ

Sany0556_1Sany0557_1
Sany0555今日は、
横浜の花火大会。

お昼過ぎから、
早くも浴衣姿が
あちこちに現れ、
ちょっと
うらやましい気もしつつ、
今から大変だなぁとも
思ったり…。

そういった人たちを横目に、
ランチ処として選んだのは、

関内・常磐町通りにある

「MIZUKI」

イタリアンダイニングのレストランです。

入り口の前の扉に立つと、
スーッと開かれる自動ドア。

目の前に水が引かれた石畳のエントランス。
右側には
ブリキで作った器の中から
水が落ちていて、心地いい音を演出しています。

ガラスの壁に仕切られている店内ですが、
そのガラスにはイタリア語が書かれていて、
ちょっとスタイリッシュ。

思い描いていた雰囲気とは違った店内に
なんだか期待が高まります。

オーダーは

「ハーフ&ハーフ」950円
自家製パン、プチ前菜、スープ、サラダ、
プチデザート、ドリンク付き

ハーフ&ハーフというのは、
「本日のランチ」と「本日のパスタ」を
半分ずつ楽しめるということ。

ちょっとずついろいろ楽しみたい身としては、
かなりうれしいセットです。

本日のランチは
「本日お鮮魚 ケシの実焼き」
魚はスズキ。

本日のパスタは
「大山鶏のカルボナーラ」

まずは、プチ前菜とスープ、サラダが運ばれてきます。

前菜はカマンベールチーズとドライトマトを
バージンオリーブオイルをタラリとたらしたもの。

カマンベールの塩気と
甘みたっぷりのドライトマトの組み合わせに
にっこりと顔がほころびます。

スープはオニオンのうまみがたっぷりのスープ。

次に出てきたのはパスタ。

大山鶏のプリップリとした食感が心地よく、
クリーミーなソースがほどよくパスタにからんでいて、
これまたコクがあるのに、あっさり。

スズキのケシの実焼きは、
皮がカリカリに焼きあがっていて香ばしい。
そして、白身はホッコリと焼きあがっています。

ひとつひとつを、
食べ終わるころに運んできてくれるので、
ランチタイムながら、コースを楽しんでいる気分。

ドリンクも、気づくとお替りをついでくれたりと、
心配りも気持ちがいい。

デザートを楽しみつつ、
次回は夜にたずねて、
ワインを飲みつつ、食事をしたいかもと
思ったひとときでした。

MIZUKI
横浜市中区常磐町3ノ34ノ5、1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~午前0時
(金曜は午前1時、土曜は午後11時)、
(ランチは平日のみ)。日曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »