« May 2006 | Main | July 2006 »

Friday, June 30, 2006

和&伊な味わい。DOPOTEATRO TREGRADIの本日の日替わりパスタ

Sany0531横浜駅
東口から
少し離れた
エリアには、
何気なく
さまざまな
店があり、

いろいろ
めぐってみるのが
ちょっと楽しい
ところです。

今回は、東口から西口へ向かう
新横浜通りの脇に位置する、
かなり隠れ家的存在の

レストラン&バー
「DOPO TEATRO TREGRADI」へ。

入り口から店内に入ると、
そこはダイニングルームで、広々とした空間。
うちっぱなしの天井に、ブラックをベースとした店内。

テーブルも少なく、ゆったりとくつろげる雰囲気です。

ワインセラーで区切られた向こう側には、
バーカウンターとソファ席があり、
ゆっくりとカクテルをかたむけられる
大人の空間となっています。

オーダーは

「本日の日替わりパスタ」840円

日替わりパスタは2種類あり

「じゃこと野沢菜のパスタ」を選んでみました。

そのほかサイドメニューとして、
・焼き立てパン
・プチサラダ
・一口オードブル
・自家製デザート
・コーヒー・紅茶

がそれぞれ110円でチョイスできます。

今日は、それほどお腹もすいていなかったので、
アイスティーだけで、パスタに力を注ぐことにしました。

ジャコと野沢菜という組み合わせは、
とても日本的ですが、
ソースはアーリョオーリョのオイル系。

ガーリックとオリーブオイルの香りとともに、
ジャコの海の風味が鼻をくすぐります。

野沢菜はキャベツとともに細かく刻まれています。

パスタはリングイネで、ほどよいアルデンテ。

プリッとしたパスタとシャキッとした野沢菜の食感が、
心地よく、
さらにしっとりとしたジャコが絡み合って
なんともいえない、味わいです。

和と伊のコラボレーションが
これほど合うとは、ちょっとびっくりの組み合わせでした。

DOPO TEATRO TREGRADI
横浜市西区平沼1ノ40ノ17、モンテベルデ横浜1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後6時~午前4時(日曜は深夜0時)
(ランチは月~土曜)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, June 29, 2006

ツルンなのどごし♪ぴょんぴょん舎銀座百番の盛岡冷麺

Sany0527国内・外に
関係なく、
その土地には
それぞれの
名物料理があり、

現地で味わったり
お土産でもらったりと
今までにない
体験ができるのが楽しい。

盛岡の冷麺は、出身者の家に遊びに行ったときに
作ってくれたのが初めての出会い。

冷たい麺といえば、冷やし中華のイメージがあって
スイカが入っているのに驚いた記憶があります。

さて。

お土産でもらうのはウレシイけれど、
調理に長けた人が作ってくれたモノを
いただくのも、かなりウレシイ。

そんな中、銀座でこんな店を見つけてしまいました。

盛岡冷麺のブランドでは名高いあの店。

「ぴょんぴょん舎銀座百番」です。

6月初旬にオープンしたばかりのこの店は、
カウンターが4席、
テーブルが2人がけが3つととても小さい。

小さいだけに、並ぶのは覚悟のうえ…。

注文は

「盛岡冷麺」850円

ランチタイムには
これにミニピビンバがついたセットが
1050円でも楽しめます。

カウンター越しにのぞいていると
シャッシャと冷麺を水で力強く洗い流している姿。

コシの強い麺がくるんだろうなぁと、ちょっとわくわくです。

辛さは4段階に分かれています。

中辛で出てきた冷麺は、
透き通ったスープに半透明の麺が
美しく盛られています。

キムチとそのタレ、キュウリ、ゆでたまご、
そしてスイカがのったそのさまは、
本当に涼しげ。

スープとキムチのタレを混ぜ合わせつつひと口。
酸味と辛味のさっぱりとした味。

麺は、あのツルンツルンとした食感が心地よく、
よく噛み砕くというより、
のど越しを楽しむようにツルンと飲み込んでしまう勢い。

盛岡冷麺って、真夏の食欲のないときに
とても合うメニューだなぁとしみじみしてしまいました。

スイカの甘味とスープもなんだかぴったり。

それほど辛くないと思いつつ、
食べ終わったときの、かすかに感じる唇のヒリヒリ感。

そして、そのうまみに大満足で店を後にしました。

夏、通ってしまいそうです。

ぴょんぴょん舎銀座百番
東京都中央区銀座4ノ4ノ1
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, June 28, 2006

ごまパワー。かつくらの冷し茄子生姜 とんかつ膳

Sany0529

今日は
横浜の東戸塚へ。

大きな
マンション層が
たくさん
立ち並ぶ街で
その1階にも
食べ処があったり
するのですが、

やっぱり、
手っ取り早く、
オーロラモールのレストラン街へ向かいました。

いろいろ回ってみたあげく、

「京都三条 かつくら」へ。

とんかつの楽しめる店です。

店内のキッチンでは、
豚肉をたたいたり、衣をつけたり、揚げたりと
次々にとんかつが揚がっています。

期待に胸膨らませつつ注文したのは

「冷し茄子生姜 とんかつ膳」1040円
麦飯、キャベツ、合わせ味噌、漬物付き

漬物はテーブルに置いてあり、好きなだけいただけます。
もちろん、キャベツとご飯、味噌汁もお替りOKです。

注文と同時に運ばれてきたのは、
すり鉢とすりこ木。
すり鉢の中には白ゴマが入っています。

このゴマはソースと一緒に使うため。

ゴリゴリとゴマをすっていると、
ブワッとゴマの香りが漂ってきます。

一挙に食欲増進! 

そこへ運ばれてきたとんかつ。

すったゴマに、特製のソースを合わせます。

ここのソースは、
赤ワインにリンゴ、ナツメヤシを加えた、
サラリと、そしてあっさりした甘めのソース。

たっぷりのゴマソースにとんかつをつけて
パクリ。

サクッと心地のいい音とともに、
ジュワ~ッとあふれる肉汁と脂。

むほほ~~~~♪

肉はあくまでも柔らかく、
旨味が存分に伝わってきます。

ソースもおいしくて、これだけでご飯が食べられそう・・・。

とんかつと冷し茄子を一緒に食べるのも、
サクッとした後にナスのジューシーさが加わり、
これまたさっぱり。

麦飯はおひつに入れられてくるので、
自分の腹具合に合わせてもれるのもうれしい。

とはいえ、
ソースととんかつの旨味に、
いつまでもご飯を食べ続けたい衝動にかられました。

京都三条 かつくら
横浜市戸塚区品濃町537ノ1、オーロラモール7階
営業時間 午前11時~午後10時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 27, 2006

南蛮の香り…VILA MOURAの日替わりランチ

Sany0525たとえば、
カステラや
シャボンという
言葉は、
外来語というけれど
実は
英語ではなくて
ポルトガル語から
きているのは
知っていたけど、

ピンからキリまでの
”ピン”というのも
”1”とか”最上”という
ポルトガル語から来ていたとは、
知りませんでした。

ポルトガル語から来ている言葉を使いながら、
ポルトガルのことはあまり知らないんだなぁと
しみじみしたのは、この店に入ってからでした。

有楽町に6月8日にオープンした

「BILA MOURA」

南ポルトガルの料理が楽しめる店。

以前は「五穀家ブラッセリー」だったのですが、
キッチンなどはそのままに、
ヨーロッパの香りがただよう空間に
リメイクされていました。

ヴィラモウラというのは、
ポルトガル南部の地中海に面したリゾート地。
丸い蓋のついた銅の鍋で煮込む、
カタプラーナという蒸し鍋料理が有名なのだとか。

この店では、
そんなポルトガル料理が楽しめます。

テーブルにはポルトガルの塩とオリーブオイルが
常備されていて、
やはりオリーブオイルの国なんだろうなぁと
想像…。

オーダーは

「日替わりランチ」950円
野菜スープ、グリーンサラダ、ライス、ドリンク付き

日替わりメニューは4種類用意されていて

ちょっと悩んだ挙句、

「アサリと豚の蒸し煮 パプリカ風味」に。

スープはキャベツを中心とした野菜が
ごろごろとどっさりと入っていて、
野菜のうまみが口の中で炸裂。

グリーンサラダには
ドレッシングがかかっていましたが、
テーブルにオリーブオイルをチロリと
かけていただいてみます。

オリーブの香りが高く感じられる
オリーブオイル。
結構好みの仕上がりのオリーブオイルです。

アサリと豚の蒸し煮とライスは、
ワンプレートで運ばれてきました。

このざっかけないいでたちも、ちょっとうれしい。

そして、
ちょっと想像できなかった、
アサリと豚の組み合わせ…。

アサリのエキスが豚のうまみとあっさりと溶け込んで
なんともいえない味わいになっていました。

オリーブオイルの香りもほのかに
アクセントになっています。

ポルトガルの料理って
結構ライス中心だったりするのかなぁ…と、
まだ見ぬ国に想いを馳せながら、

ランチでは2人以上でオーダーできる
カタプラーナ鍋を
今度は食べてみようかなと思うのでした。

VILA MOURA
東京都中央区銀座6ノ2ノ3、
ダヴィンチ銀座アネックス地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後6時~11時30分。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 26, 2006

スパイスで元気! GANDHIのBセット

Sany0523週明けの今日は
朝から
船橋方面へ。

船橋駅周辺は、
デパートや
大きな
ショッピングビルが
建ち並んでいて
かなり大きなターミナルです。

商店街的な店も数多くあり、
周辺を歩いていると、
何が出てくるか、ちょっとワクワクしてきます。

そんな中、
大通りから、
ちょっと小道に入り込んだところにある
インド料理店を発見。

なんとなくカレーな雰囲気だったので、
入ってみることにしました。

「GANDHI(ガンディー)」

本場インド料理が楽しめる店で、
シェフはインドの5つ星レストランでの経験もあるとか。

店のスタッフは、全員がインド人。
店の奥では、
パンッパンッとナンの生地をたたきながら
焼き上げていく姿が見られます。

オーダーは

「Bセット」750円
2種類のカレー、ナン、ライス、チキンティッカ、
ヨーグルト、サラダ、薬味付き

カレーは
チキン、マトン、野菜、玉子、ひき肉の中から
選べます。

選んだのは
チキンカレーと玉子カレー

チキンティッカとは、チキンバーバーベキューのこと。

オーダーが入ると、
きちんと並んだスパイスの棚から
あれこれとスパイスを合わせる姿。

なんだか本格的なカレーの期待感が高まります。

そして…。

運ばれてきたプレートを見てびっくり!

なんと、ナンの大きいことか!?

オーバルの銀のプレートの上に
ナンがいっぱいいっぱい覆われています。

ナンの下をのぞけば、
カレーにヨーグルト、ライスなどが
キレイに並んでいました。

ナンはもっちりとした食感。
薄くのばされた部分はカリッとした焼き上がり。

まずはチキンカレーにつけていただきます。

ジワジワとした辛さの刺激の中から
タマネギをじっくりと炒めた風味が広がります。

そして、複雑なスパイスのハーモニー。

玉子カレーは、
ミルクの味わいが印象的で、
辛くないのかな…と思ったころに
ガツンと刺激がやってきます。
丸ごとのゆで卵が入っているのもウレシイ。

ヨーグルトとカレーを合わせて、
ナンと一緒に食べるのも、
ヨーグルトの酸味がアクセントになってイケます。

チキンティッカは、
炭火とスパイスの香りで香ばしい味わい。
カレーの中に入っているチキンとは
また違った味わいが楽しめました。

ナンとカレー、ライスとカレー。

あれこれいろいろ満喫しているうちに、
お腹は大満足。

インドの定食、
ターリーをたらふく食べた気分が味わえました。

GANDHI
千葉県船橋市本町4ノ42ノ4
営業時間 午前11時~午後2時30分、
午後5時~11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 23, 2006

バゲットがキメテ! VIA QUADONNOの本日のパニーニ

Sany0518_1Sany0517_1

本日も
渋谷・表参道周辺。

寝不足気味な体には、
ライトランチがいいかなと

向かった先は、青山通り沿いの
「レイジースーザン」の隣にある

「VIA QUADRONNO」
ヴィア クアドローノ

ニューヨークの73rd、Madison ave.に本店を持つ、
イタリアンカフェです。

ニューヨークでもパニーニと
アンティカ・スタウラトリ・エスティーナ社の
コーヒーが評判だそう。

ホワイトをテーマにした店内は、
開放感ある空間です。

オーダーは

「本日のパニーニ」900円
サダラブッフェ、ドリンク付き

本日のパニーニは

「生ハムとトマトとモッツァレラチーズのパニーニ」でした。

パニーニは、
ニューヨーク本店のレシピで作ったバゲット風。

表面はカリッカリな食感で、
中はふんわり、モチッとした感触が
なんともうれしいバゲットです。

そこにパルマ産プロシュートの塩気、
ジューシーなトマト、モッチリなチーズ、
加えてバスサミコ酢の風味が加わり、
口の中の味わいがバランスのいい味わいに。

サラダブッフェは、リーフサラダを中心に
大根サラダ、コールスロー、ビーンズの煮込み、
パスタサラダなど種類豊富。
好きなだけ取り分けられるのもオレシイ。

もちろんドリンクのカフェラテも
ふんわりとクリーミーで美味。

野菜をたっぷり採れるうれしいランチでした。

VIA QUADRONNO青山店
東京都港区北青山3ノ3ノ11
営業時間 午前11時~午後9時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, June 22, 2006

旨さ炸裂! 東京純豆腐のチーズスンドゥブ

Sany0513今日は渋谷で
朝っぱらから
打ち合わせ。

と思ったら、
送信ミスなどが
発覚し、
打ち合わせ終了と
同時にいったん
家に戻る。

そうしてから
再び渋谷へ…という、
ちょっとトホホな出だしです。

落ち着いたところで、さてランチ。

ちょっと足を伸ばして、表参道の近くの店へ。

現在オープン中の
「nakata.net」の脇を曲がったところにある

「東京純豆腐」

「トウキョウスンドゥブ」と読みます。
4月21日にオープンしたばかりの店。

スンドゥブとは、韓国の鍋料理の1つで
絹ごし豆腐の入ったチゲ鍋です。

スンドゥブの存在を知ったのは、
ニューヨークのKorian Townの店。

東京でスンドゥブ中心のメニューを
いただける店ができるとは、なんともウレシイ。

地下1階の黒い扉を開けると、
黒を基調としたスタイリッシュな店構えが
目の前に広がります。

カウンター席は4つで、そこからは
チゲを作る姿を見ることができます。

テーブル席も3ブロックに別れていれ、
隣の席が気にならないくらいの距離感を
保っています。

オーダーは

「チーズスンドゥブ」900円
ライス、ナムル、キムチ、デザート付き

辛さは3段階あり、ベリーホットをオーダー。

グツグツと煮込んだスンドゥブが
目の前に運ばれてきます。

まずはスープをひと口。

フワッと広がる魚介の香り。

アサリや貝柱が入っていて、
その魚介の出汁がたっぷりときいています。

さらに豚肉のうまみが合わさって、
なんとも複雑な旨味が広がっていきます。

唐辛子の辛さも、辛いというよりも
すべての旨味を
辛さが受け止めているといった印象です。

豆腐はフルフルと柔らかく、
とろけるような味わい。

とろけてしまったチーズは、
辛さをやんわりとやわらげつつも
なんともいえないうまみになっています。

さらに卵の黄身を割ってスープに混ぜ合わせれば
「むほほほほ」と
思わず声を出してしまいそうなくらいまろやか。

スプーンにライスをのせて
スープに浸して食べると、スープのうまさを
じっくりと味わえます。

胡麻油のきいた青菜、モヤシ、ニンジンのナムルは、
ライスと一緒にいただくのもちろんですが、

ライスの上にのせて、
まったりとした甘辛のコチジャンを加えて
その上にスンドゥブとスープをかけて
まぜていただくのも、店のおススメ。

このぶっかけ飯が、またなんともうれしい味わいに。

いろんな食べ方を楽しみながら、
あっという間に完食。

いろいろなうまみがギュッとつまったこの鍋。
ちょっとハマってしまいそうです。

東京純豆腐
東京都港区北青山3ノ12ノ1、024ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後11時30分
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

実は今日のこの店は
「人気ブログランキング」をチェックしていて発見。
「東京純豆腐物語」さま、ありがとうございます。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Wednesday, June 21, 2006

後引く味わい。Testarossaのコンキリエ いろいろ野菜ソース

Sany0522とても久しぶりに
日本橋に
やって来ました。

朝から始まった
仕事が、
ひと段落したのは、
午後2時過ぎ。

あれこれ探すには
ランチタイムが
終了して
しまいそうだったので、
近辺でサクッと
決めることにしました。

COREDO日本橋近辺にいたので、
COREDDOからANNEXの間にある

「TestaRossa」へ。

昨年オープンした、
イタリアンが楽しめる店です。

1階はキッチンとイタリアンバール。
窓からピッツァを焼く姿が見られたり、
バール部分は窓を開け放った
テラス感覚の開放感があります。

2階はレストラン、
3階はパーティーなどができるようです。

赤と緑を基調にしていて、
いかにもイタリアンな雰囲気。
でも、こじんまりしているので
ゆったりとくつろげる空間でもあります。

オーダーは

「コンキリエ いろいろ野菜ソース」1000円
サラダ、パン、コーヒーまたは紅茶付き

コンキリエとはシェルマカロニのこと。

オイル系のパスタソースは
ほのかにガーリックのきいた味わいです。

いろいろ野菜は、
ズッキーニ、ナス、キャベツ、トマト、
インゲン、スイートコーンを
細かく刻んでソースと和えてあります。

野菜とソースの組み合わせは、
食べるほどに後を引くうまみ。

シェル型のパスタのくぼみに
野菜がちょうど入り込んで、
一緒にいただけば、なおイケます。

フィニッシュのコーヒーは、illy。

久々のillyコーヒーにもかなり満足です。

1階のバールでちょっと飲みながら、
イタリアンを楽しみたいです。

CUCINA ITALIANA
TestaRossa

東京都中央区日本橋1ノ5ノ6
営業時間 午前11時~午後2時30分、
午後6時~11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 20, 2006

カリッと食感。cafe Flowerの定番フレッシュハムとチーズホットサンド

Sany0518横浜の
山下公園周辺に
久しぶりに
足をのばしてみると、
なんだか、
たくさんの
マンションが
建ち並んだなぁと
きれいなその
ビルディング群に
ちょっぴり、びっくり。

そして、
その1階部分は、
結構商業施設になっていることが多く、
そういうところでカフェなどを見つけてしまうと
ちょっとウレシイ。

で。ココ。

「cafe Flower」もそのひとつ。

白を基調としたカフェです。

ちょうど胸元くらいの高さに横長の鏡を置き、
キッチンも同じ高さにカウンターがあって、
そのバランスがいいかんじです。

テーブルやチェアは白。
雑誌なども置いてあるので、
ゆっくりと時間を過ごすことができます。

オーダーは

「定番フレッシュハムとチーズのホットサンド」650円
プラス250円
お茶、スープ、ドリンク付き

ホットサンドはこの店の看板メニューで、
たくさんの具の組み合わせがあり、
ホットサンド好きにはうれしいメニューです。

たっぷりのハムにモッツァレラチーズと
パルメジャンンチーズなど数種類のチーズがサンド。

そのチーズがトロ~リと溶けて、
ちょっとうっとりしてしまいます。

パルメジャンの塩気、
モッツァレラのモチモチ、そしてビュ~ンと
伸びる食感、
厚みのあるハムの組み合わせは、
本当に黄金の組み合わせです。

さらに、食パンのカリッカリな食感もたまりません。

ランチを軽くすませたいなぁというときに
ぜひ立ち寄りたいカフェです。

cafe Flower
横浜市中区山下町24ノ7、シティコート山下公園1階
営業時間 午前11時30分~午後11時30分
(日曜は午後6時まで)
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Monday, June 19, 2006

たっぷりと豆。80*80の鎌倉山 納豆丼

Sany0517先週の
ランチをズラッと
見ると、
なんだか
ずいぶんと
ガッツリした
メニューばかり。

今週は、
もうちょい
ヘルシーで
ライトなランチを
心がけようかなぁと思い、

ついつい足を向けてしまったのが、

横浜・関内にある

「80*80(ハチマルハチマル)」

何回かここでも紹介していますが、

半径80km圏内の食材を使った、
信頼できる食材のメニューが楽しめる店です。

外の看板を見てみると、
メニューもいろいろ増えてきていて、
扱える食材も増えてきている様子。

なんだか、うれしい気分です。

そして、今日、
目を引きつられたメニューは、

「鎌倉山 納豆丼」700円
味噌汁またはスープ付き

選んだのはスープで
「和根菜のトムヤムクンスープ」です。

鎌倉山の納豆は、
豆の味をすっかり味わえるホクホクとした食感が魅力。

五穀米の上にたっぷりとのった納豆。
その上には黄身。

ざっくりと混ぜ合わせて、ワシワシといただきます。

五穀米と納豆の組み合わせが
かなりシアワセな気分になれます。

スープは、大根やニンジン、ゴボウがたっぷり。
酸っぱくてちょっと辛味のあるスープは
飲めば飲むほど、後を引く味わいです。

正しい素材を使った料理を口にすると、
なんだか
それだけで、カラダにいいような気がしてくる、
バカ正直な自分の体調に、
ちょっと笑ってしまいました。

80*80
横浜市中区北仲通り4ノ47
営業時間 午前11時~午後7時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 16, 2006

思いもよらぬウマサ。味噌汁家の味噌豚生姜焼き定食

Sany0509今日は
朝から
つくば
エクスプレスに
乗ってお仕事へ。

無事仕事も
ひと段落して
秋葉原に
戻ってきたころは1時過ぎ。

どこでランチしようか考えた末、
最新のビルディング

秋葉原UDX、
CROSS FIELDSにあるレストラン街、

「AKIBA_ICHI」へ行ってみることにしました。

2・3階にレストランがならんでおり、
どれもこれも、気になるものばかり。

その中から、店名に引かれて入った店がココ。

「味噌汁家」。

味噌汁の種類がたくさんそろった、
定食が楽しめる店です。

夜は居酒屋なのですが、定食メニューは
終日用意してあるので、いつ訪れても
定食が楽しめます。

店名にもなっている味噌汁は、
本日の味噌汁として5種類くらいを用意。

定食を注文すると、
その中から好きな味噌汁を選べます。

今日の味噌汁ラインアップを見てみると…。

・豆腐となめこ(白)
・大根ととろろ昆布(信州赤)
・枝豆とクリームチーズ(仙台)
・高野豆腐とバター(麦)
・インゲンと白玉団子(越後)

いろいろな地方の味噌を
使っているのはもちろんのこと、
具の大胆さに目を見張ります。

ちょっと試してみたい! という気持ちが大きくなって
店に足を踏み入れた次第。

店内はちょうどビルの窓側に位置しているので、
全面ガラスの明るい店内。
カウンターとテーブル席のこじんまりした店です。

注文は

「味噌豚の生姜焼き定食」880円
ご飯、味噌汁、小鉢、サラダ、漬物付き

選んだ味噌汁は
「枝豆とクリームチーズ(仙台)」

クリームチーズの味噌汁…。

もう、まるで想像がつきません。

運ばれてきたトレーをのぞくと、
味噌汁の上に白い塊…。

なぁるほど。
本当にクリームチーズは具だったのです。

想像を膨らませていたのは、
クリームチーズを味噌でといてしまうものなので、
意外ないでたちに、びっくりです。

まずはひと口。

仙台味噌の味噌汁は初めて。
大豆の風味が全面に出たような、
力強い味噌。

枝豆は歯ごたえのあるゆで具合で
その食感が気持ちいい。

そして、クリームチーズは、
はじめのひとかじりは、酸味を感じるもののの
噛み砕いて、飲み込むときの
味噌汁との相性が、クセになる味わい! 
お互いのいい風味を出し合っていて、
この組み合わせ、合ってます。

かなり、感心!

そうなると、高野豆腐とバターとか
インゲンと白玉団子も気になってきました(笑)。

生姜焼きは、
同店秘伝の味噌ダレと生姜で焼いた豚バラ肉で、
その味噌味とほのかに感じる生姜のさっぱり感が
いい塩梅で、ご飯が進みます。

定食ってバランスよくご飯をいただけるんだなぁと
しみじみ思えるメニューでした。

味噌汁家 AKIBA_ICHI店
東京都千代田区外神田4ノ14ノ1、秋葉原UDX2階
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (21) | TrackBack (0)

Thursday, June 15, 2006

リゾート気分。BLUE FIELDSのCランチ

Sany0506横浜駅周辺。

今日のランチは
ちょっと軽めが
いいかなぁと
思いつつ、
カフェっぽい
ところを
探してみることに。

東口からちょっと
離れたところにある

「BLUE FIELDS」

オープンテラスにしてある、
開放感あふれる店です。

白い漆喰風の壁は、南仏プロバンス風。
手前は、オープンカフェ風のテーブル配置ですが
奥にあるテーブルは個室感覚で、
プロバンスの家の窓から中をのぞいているよう。

籐の椅子は、すっぽりと体をうずめられる
心地のいいすわり心地です。

オーダーは
店の奥にあるレジで、最初にオーダーをする
半セルフサービスのシステム。

メニューはパスタランチで
選んだのは

「Cランチ」900円
サラダ、ドリンク付き

今日のパスタは
「しらすと木の子の和風スパゲッティ」

サラダとドリンクを持って、
テーブルに付いて、
リゾート気分を満喫しているうちに
パスタが到着。

ぷ~んと漂う海の香り。

シイタケとシメジ、しらすのほか、
ベーコン、長ネギも入ったしょうゆベースのパスタ。

ベーコンの塩味が程よくきいて、
和風の旨味がたっぷり染み出てたソースです。

長ネギもいいアクセントになっています。
しらすがたっぷりなのも、ちょっとウレシイ。

和風パスタって、おいしいなぁと
ちょっとしみじみ思えたひとときでした。

BLUE FIELDS
横浜市西区高島2ノ10ノ13、横浜東口ビル1階
営業時間 午前8時~午前2時
(ランチは午前11時30分~午後2時)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 14, 2006

匠な一本麺。山西麺荘の特製麺

Sany0503今日は
横浜・関内。

比較的
時間も
あったので、

中華街まで
足を
延ばしてみました。

相変わらず、なんとなく込んでいる中華街。

市場通りでは、
舞の海がロケに来ていてちょっとびっくり。

で、今日向かった先は、前に来たときに気になっていた

「山西麺荘」

麺が中心の店ですが、
ここのウリは、なんといっても

一本麺!

山西省は麺発祥の地で、
刀削麺など変わった麺が多いところで、
この1本麺もそのひとつ。

通りに面したところでは
小麦粉をこねて麺を作っているさまが見られます。

Sany0502
1本麺というのは
どういうのかというと、
その名の通り、
どんぶりの中に
1本だけの麺が
入っているもの。

その長さ33m! 

小麦粉をこねたら、
棒状に伸ばして
それをボウルに
くるくると回すようにして
入れておきます。

注文が入ると、
麺職人が、指を使って
さらに細く伸ばしながら
お湯の入った鍋に入れていきます。

その様子は、見ごたえありです!

注文は

「山西麺荘特製麺」700円
希望すればライスも付けてくれます

麺は、
一本麺、手打ち麺、刀削麺の中から選べます。

もちろん選んだのは1本麺。

特製麺は、汁なし麺で、
トマトと卵を炒めてあんかけ状にしたものが
かかっています。

チンゲンサイと細切りのネギがそえてあるので
そのネギと麺とあんかけをザックザックと
からめていただきます。

一本麺は、丸くて細め。
でも、ちょっと太くなっているのもあったりして、
おもしろい。

細いうどんといった感じが
一番雰囲気が近いかもしれません。

表面はツルツル、モッチリとした食感です。

ズルッズルッとすすっても、
いつまでたっても切れ目がありません。

これ、もしもフォークで食べたら、
一生クルクルクルクル
巻いてなくちゃいけないんだろうなぁ…。

あんかけはほどよい
トマトの酸味がアクセントになって
さっぱりとした味わい。
卵もまろやかで、どんどんと
食が進んでいきます。

後味のいい味付けで、食べ終わったときも
かなりの満足感。

4人がけのテーブルが2つに
5人がけのカウンターだけの小さな空間。
また、足を運びたくなる店です。

山西麺荘
横浜市中区山下町130
営業時間 午前11時~午後9時
(ランチは平日の午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (36) | TrackBack (0)

Tuesday, June 13, 2006

肉汁じゅわ~ん。八玄のあつあつメンチカツ定食

Sany0499今日は再び
赤坂界隈へ。

よくよく
歩いてみると、
本当に
ランチ処の多い
この街。

そんな中、
オープン記念の花が
たくさん飾られている店を発見。

オープンしたばかりの店

「八玄」

本格もつ鍋料理料理が楽しめる店です。

夜は、博多本来の味のもつ鍋のほか、
串焼きなどもいただける、
博多の味が満喫できます。

店内は黒をベースにした落ち着いた雰囲気。
カウンターとテーブル席、
奥には座敷席もあり、
用途に合わせて使うことができそうです。

ランチは3種類。
肉料理と魚料理と選びやすい設定です。

選んだのは

「あつあつメンチカツ定食」1000円
ご飯、味噌汁、サラダ、香の物付き

ご飯はお変わり自由です。

チリチリッという音をかすかに立てながら
運ばれてきた2つのメンチカツは俵型。

トマトソースいただきます。

サクッとしした食感の後に、
ジュワジュワジュワ~ンと広がる
ジューシーな肉汁。

トマトソースとよく合っています。

さらに一緒にもってきてくれたドロリとしたソースを
少し加えると、ちょっと甘めのコクのある味わいに。

ハフハフとさせながら、
あっという間に
2つのメンチカツがなくなってしまいました。

よるメニュを見ると
「フォアグラからし蓮根の天麩羅」など
気になる一品も。

もつ鍋と一緒にぜひ試してみたいです。

本格もつ鍋料理 八玄(ヤゲン)
東京都港区赤坂3ノ18ノ10、サンエム赤坂ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時

映画ウンチク
TRANSPORTER 2
☆☆☆☆

舞台はマイアミ。
マイアミといえば麻薬がらみの展開。
ウィルスを解読するための薬を
手に入れるために、
炸裂するマーシャルアーツ。
いやぁ、もう、
こんなんありえな~い! 
と思うものの、結構痛快。
最近涙ものだったら、社会的だったり
といった映画が多かったので、
久しぶりに、
ひゅ~っと奇声を上げられる映画です。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 12, 2006

異次元空間、そして大盛り。MINATOYAの鶏そば

Sany0496Sany0495

それは、先週のことでした。

新橋に向かって
歩いていると、
何やら長い行列を発見。

昼時にはちょっと早い時間だったのに、この列。

いったい何の店だろうと看板を探したのですが、
見当たらず…。

真っ黒い壁に窓といえば、
胸元あたりに細長~くあるだけ。
中の様子もわかりません。

行列を無視して入り口までいくと

プレートに小さく
MINATOYA」。

その下にあった行灯には
「そば処」…。

どうやらお蕎麦屋さんのようでした。

そして、本日たまたま新橋で打ち合わせだったので、
これは行かなくては!

と思い、足は

「MINATOYA」向かったのでした。

相変わらずの行列。でも、
先週よりも若干早めなので、それほどでもありません。

並んでいる間に耳に入ってくる会話の数々…。

「とにかく大盛りを頼んではいけない」

「並んでるけど立ち食いだから回転は早い」…。

そう語っている声は、
「大盛り食ってやるぞ~~~!」というオーラが全開です。

さて。

ようやく入り口まで来たのですが、
中を見て唖然。

表のブラックカラーのとおり、
店内も真っ黒。
正方形のカウンターも真っ黒。
でもそのカウンターの中心には、
ガラスの花が飾られ、その周りには水が挿されていました。

そして、そのまわりに群がる人、人、人。

本当に立ち食いの店でした! 

このスタイリッシュ感と、
一心不乱に立ち食いする人々の異次元空間に
圧倒してしまうのでした。

注文は、入ってすぐのレジで先払い。

「鶏そば」850円

そしてまた列に加わります。

奥にある黒いカウンターの向こうで、
ひたすらそばをゆで、メニューを作り続けるのを
眺めつつ…。

なんだ? あの量?

そうなんです。

そこで見た風景はびっくりするくらいの盛りそば!

いや~、無理無理無理無理。
絶対ムリ~~。

心の中で悲鳴をあげつつ、
ちょっと早く食べてみたい衝動にかられます。

手元にきた鶏そば。

つゆの中に鶏、ネギ、ゴマがたっぷり入っていて、
その上からラー油もタラリとかかっています。

カウンターには、ネギ、天かす、生卵。
これらは好きなだけ食べていいというのが心憎い。

そばは、黒いそばで太め。
その上にゴマがたっぷり、そして刻み海苔もたっぷり。

まずは鶏をひとかじり。
アツアツのつゆは甘くその甘みと、
プリップリの鶏の食感が心地いい。

そばを手繰ってて食べてみれば、
力強いつゆの存在と太いそばの存在がほどよく、
しかも、
冷たいそばと温かいつゆの組み合わせが
なんともいえないシアワセ感となっています。

おいしい…。

途中で生卵を割りいれて食せば、
つゆの味わいがマイルドになり、
さらに食が進みます。

ふと気づくと、どんぶりにてんこ盛りのそばが
あと2・3すくいで食べ切れるかも…という量になっていました。

ズズッ~ズズ~ッと嬉々としてそばを食べている
周りのその勢いに乗せられて、
ここまで食べてしまうとは…。

とはいえ…。

すでにお腹からはなんだか
「もうこれ以上入りませ~ん! 」という
悲鳴が聞こえています。

これ以上食べては、午後の打ち合わせにさしさわる…。

静かに箸を置き、蕎麦湯を入れてひと口。

おいしいつゆはやっぱり蕎麦湯を入れてもイケます。

大盛りのすごさが感動的でしたが、
結構女性客も多かったのが印象的でした。

次は、朝から何も食べずに挑みたいものです。

MINATOYA
東京都港区西新橋3ノ1ノ10
営業時間 午前11時30分~午後5時、午後5時30分~8時
土・日曜、祝日定休

映画ウンチク
INSIDE MAN
☆☆☆☆

ディンゼル・ワシントン主演、
スパイィ・リー監督の作品。
ニューヨークのダウンタウンで起こった
銀行強盗。
その手口はかつてないもので、
てんやわんやと踊らされるディンゼルたち。
あまりにもスマートな手口にあぜん。
観ているこちらは、一応犯人ははじめから
わかるのですが、
なぜ? そしてどうして?
これからどうなるの? と思い続けて
最後まで観てしまいます。
でも…。
その最後の終わり方が、かなり深いです。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Friday, June 09, 2006

横浜ブランド。HARBOUR’S MOONのLUNCH C

Sany0489Sany0488

2日連続で、横浜・関内へ。

はっ! そういえば、昨日オープンの店が
あったような…と、いまさらながら気づき、

横浜公園近く、中区役所の隣へ向かいました。

「HARBOUR’S MOON」

パティスリーとカフェを併設した店。

名前でわかる人はわかるとおり、
横浜銘菓「有明のハーバー」の会社が
展開する店です。

パティスリーをちょっとのぞいてみると、
生菓子と焼き菓子に加えて、
杏仁豆腐など中華系のスイーツも。
白月餅というめずらしいものありました。

カフェのほうは、スイーツでお茶はもちろん、
ランチタイムには、ハンバーグやチキングリルなどの
3種類のセットを用意しています。

ただ、今日はオープン2日目で、
アテンドがパニックになりがちと判断したのか、
LUNCH C のみでした。

なので、必然的に今日のオーダーは

「LUNCH C」1365円
ハンバーグプレート、ウェルカムドリンク、
スープ、パン、デザート、コーヒーまたは紅茶付き

ウェルカムドリンクはピーチティーで、なんだかウレシイ。
スープはヴィソシワーズで、
ちょっと蒸しっとする今日には、心地いい。
パンは今日は4種類用意してあり、
好きなだけいただけます。
カンパーニュ、ほうれん草のパン、ゴマパン、
レーズンブレッド。

バターとオリーブオイル&バルサミコ酢を
つけていただきますが、
このレーズンブレッドとバターの組み合わせが絶品! 

かなりのレーズンが入っていて甘いパンなのですが
これにバターがよく合うのです。
なんでも、何かの大会で金賞を受賞した一品とか…。

さて。
ハンバーグプレートは、
ハンバーグと温泉卵、
アスパラとシメジ、ジャガイモのグリル。

ハンバーグには
細かく刻んだニンジンや麦が入っていました。

ギュッとした弾力で、肉もたっぷり。
デミグラスソースと温泉卵の黄身の
バランスもいい具合です。

デザートはミルクプリン。

明治時代の横浜をイメージするような、
ちょっとハイカラ感のただよう店内。

晴れの日はテラス席もあるので、
ゆっくりとお茶をしながら
時間を過ごしたいです。

HARBOUR’S MOON
横浜市中区日本大通36、シティタワー横濱1階
営業時間 午前10時~午後8時
(ランチは午前11時30分~午後2時30分)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, June 08, 2006

地中海の香り。OLYMPIAのDランチ

Sany0484今日は
横浜・関内へ。

関内は、
碁盤の目のような
通りになっているので
1つの通りを
なんとなく歩いていると、
ふと心に止まる
店に出会うことが
できます。

そして、今日、心に止まったのが

「GREEK STYLE RESTAURANT
 & BAR OLYMPIA」

その名の通り、ギリシャ料理の店です。

この店は昔から横浜にあるレストラン
「ATHENS」の姉妹店で
昨年の5月にオープンした店です。

外観は白い壁に
ブルーとレッドのネオン看板。
この場所だけ、ギリシャの国のような雰囲気です。

店内は、ログハウスのように
木でまとめられた落ち着いた雰囲気。

大きなテーブルや広いカウンターも、
いかにもギリシャらしいアイテムです。

オーダーは

「Dセット」1000円
パスティチョ、サラダ、スープ、
パン又はライス、コーヒー又は紅茶付き

パスティチョというのは、
ひき肉とマカロニとホワイトソースの重ね焼きです。

有名なムカサは
ジャガイモとナス、ホワイトソースの重ね焼きなので、
パスティチョのほうがマカロニの分
ボリュームがあります。

運ばれてきたパスティチョは、
大きな皿で焼き上げたものを切り分けたもの。

こういった大きく作るのも、なんだか現地っぽい。

トマトとあわせたひき肉は、
セージなどのハーブの香りが強めの味わい。

これにマカロニとコクのあるホワイトソースと合わさって、
なんともまろやかな口当たりになっています。

パンはびっくりするくらいのボリュームのバケットで
これとパスティチョがまたよく合うこと! 

スープはトマトベースの具だくさんのミネストローネ。

サラダに使われているのはギリシャのオリーブオイル。
青さを感じるさわやかな香りのオリーブオイルで、
思わず、パンにも付けていただいてしまいました。

夜もゆったりとくつろげるようなスペースなので、
ぜひ、ウゾやワインで盛り上がりたいものです。

GREEK STYLE 
RESTAURANT & BAR
OLYMPIA

横浜市中区太田町2ノ30
営業時間 午前11時~午前2時
(ランチは午後2時30分まで)
土曜、祝日=午後5時~午前2時。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 07, 2006

ピロピロ~♪湧の台所のレディースセット

Sany0480Sany0479_1

Sany0478 久しぶりに
赤坂見附界隈です。

今日も2時過ぎからの
ランチと
なってしまいましたが、

ぎりぎり間に合った
店がここです。

「中国家庭菜 湧の台所」

中国の刀削麺を中心とした
中国屋台料理が楽しめます。

ビルの地下1階に下りていくと
麺をシャッシャッと削っている姿。

刀削麺とは、
こねた生地を注文を受けてから
ナイフでシャッシャと生地を削って
そのまま鍋に投入してつくる麺。

麺の発祥地といわれる中国山西省の
独特の麺と言われています。

注文は

「レディースセット」950円
刀削麺、飲茶、デザート付き

刀削麺は
坦々麺、麻辣麺、海鮮麺の中から選べます

選んだのは
元祖麻辣刀削麺

まずはスープをひと口。

さらりとしたスープの口当たりは、
中国山椒の香りがきいているものの
ちょっと甘みを感じるような味わい。
そのさっぱりとした飲み口が後を引きます。
でも。
飲むほどに、辛さがジワジワと伝わってきます。

刀削麺は、モッチリ、ピロピロ。
すいとんのような麺のようなこの食感は、
初めて口にするような、でも
どこか懐かしいような気分にさせてくれます。

飲茶は小龍包に水餃子、海老蒸し餃子。
やっぱり、皮がモッチリしていて、
ここちいい食感が楽しめました。

デザートは杏仁豆腐かマンゴープリンが選べます。
トロリとした杏仁豆腐は、
辛くなった口の中をさっぱりとさせてくれます。

刀削麺を作る様子を眺めながら、
中国気分を味わえる店でした。

中国家庭菜 湧の台所
東京都港区赤坂3ノ19ノ8、赤坂ウエストビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~10時30分
土曜、祝日=午後5時30分~8時30分。日曜定休

映画ウンチク
POSEIDON
☆☆☆

パニックムービー。
たくさんの人をパニックにさせないために
そこにとどまるように声をかけるキャプテン。
助かるために出口を探しに行く人々。
はたしてどちらが正しいのか…。
最後の最後までドキドキ、
ハラハラさせる映画です。
それにしても、自然の力のなんとすごいことか。
実際にこんなことが身に起こったら、
手の内用がありません。
映画を見ながら、何度息こらえをしたことか…。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 06, 2006

本場の味。チェゴヤのヤンプンイビビンバ

Sany0473移動距離の
激しい一日。

次の予定を
考えると、
とにかく早めに
その場所へ
移動しておかないと、
スケジュールが
押しそうで
ドキドキ、ハラハラの
一日でした。

そんなバタバタしている日のお昼は、
遠くの場所から、とりあえず次の目的地へと
たどり着いた新橋。

2時をとっくに過ぎていて、
サクサクッとランチしてしまわないと
次に間に合わないという状況。

ということで、遅くまでランチをやっている

「チェゴヤ 新橋店」へ。

韓国家庭料理の店です。

食堂のような雰囲気の新橋店は、
もしも韓国の食堂に行ったら、こんな感じなのかなと
思わせるような空気が漂っているような気がします。

注文は

「ヤンプンイビビンバ」800円
味噌チゲ、ナムル、キムチ付き

ヤンプンイ...とは。

実はこれ、写真を見てのとおり、
金物のボウルのことを言っているのです。

そうとは知らず、注文して運ばれてきたこの
ボウルに入ったたっぷりの生野菜にびっくりでした。

普通のビビンバはナムルが上にのっていますが

このヤンプンイビビンバは、
レタスや大葉、タマネギなど生の野菜で
混ぜ混ぜして食べるビビンバなのです。

ライスは別の器に盛られてきて、
店の人がこのボウルにポンッと入れてくれ、
コチジャンまでかけてくれました。

あとは、生野菜とご飯を混ぜ混ぜしていただきます。

生野菜のビビンバ。
シャキシャキとした野菜の食感が心地よく、
とてもあっさりとした味わい。
ピリッと辛いコチジャンが程よいアクセントになっています。

これ。暑いときにいただくのに、さっぱりしていていいです! 

さらに味噌チゲの、
なんとコクのある味わい! 

ひと口スプーンで飲んだとたん、
その辛くて甘い味わいに、
スプーンが止まらなくなってしまいました。

この店はメニューの種類が豊富で、
豆腐チゲのスンドゥブや石焼ビビンバもおいしそう。

時間のあるときにじっくりと味わいたい店なのでした。

チェゴヤ 新橋店
東京都港区新橋4ノ22ノ7
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, June 05, 2006

ぶたぶた三昧。とんちゃくの黒豚の味噌炒め定食

Sany0471週明けの今日は、
ちょっと遠出で、
埼玉の
新都心まで。

ココへ来るのは
1年半ぶりなのですが、
その変わりばえに
ちょっとびっくり!

すっかりと新都心化したカラーに、
近未来な気分を味わってしまいました。

では、どこでランチをしたらいいのやら...と、
ちょっと歩いた結果。

東口の新しい系のほうへは行かずに、

駅のそばのLAタワー1階にある

「とんちゃく」へ。

六白黒豚というブランドの黒豚を使った
黒豚料理を中心に、
昼はランチ、夜は焼酎が楽しめる店です。

店内は落ち着いた雰囲気で、
カウンターもかなり広いテーブル造りになっているので、
ワイワイと飲むのも楽しそうな場所です。

注文は

「黒豚の味噌炒め定食」860円
ご飯、豚汁、サラダ、漬け物付き

運ばれてくると同時に、ぷ~んとおいしそうな香り!

味噌は麦味噌を使い胡麻油で炒めた逸品です。

口に運んでみれば、味噌の甘くて辛くて、香ばしい味わいと
胡麻油のあの食欲をそそるようなたまらない香りが
口の中で迫ってきます。

豚肉もかみ締めればかみ締めるほど、
豚の旨味が広がってきます。

もちろん野菜もたっぷり。
今年はキャベツが本当においしい!
そのキャベツとモヤシ、ニラを中心に、
レッドベルペッパーなどの食感がシャッキリとして楽しい。

豚汁の具もうれしいくらいのボリュームで、
すっかりぶたぶた三昧なランチとなりました。

とんちゃく
さいたま市中央区新都心11ノ2、
明治生命LAタワー1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時(日曜、祝日は10時)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 02, 2006

ふんわりな甘み。BAKERY CAFE241の241ランチ

Sany0469朝から
虎ノ門あたりで
打ち合わせ。

打ち合わせが
終了してから、
どこを目指して
次の目的地に
向かうか…。
つまりは、
どこでランチを
しようかと考える。

時刻は11時を回ったところで、
この先移動先まで行ってしまうと、
ランチタイムのオンタイムになってしまうなぁ…。

と思いながら歩いていて、目に留まった店。

店の手前は、パンを棚に並べて売っている
普通のベーカリーなのですが、

奥をのぞくと、なにやらカフェのような…。

「BEKERY CAFE241」

虎ノ門のアメリカ大使館から
銀座線に向かう道沿いで見つけました。

表参道などに姉妹店を持つ、
ベーカリーカフェです。

こう記すると、
なんだかパン屋のイートインの印象ですが、

かなり、きちんとしたカフェなのです。

店内は白を基調に、
レッド、ブルー、グレーのシェルチェア。
床はタイル張りになっていて、
かわいらしい印象。

全面に窓が張り巡らされているので、
とても気持ちのいい空間になっています。

オーダーは

「241ランチ」1000円
前菜、メイン、ドリンク付き

前菜は2つから、
メインは4つの中から選ぶことができます。

選んだのは

「レタスとショートパスタのサラダ」
「サーモンとマッシュポテト、オーロラソースのバーガー」

シェル型のショートパスタはアルデンテ。
程よいマヨネーズの風味が食欲をそそらせます。

バーガーは、こんもりとしたいでたちで登場。

食パンの生地で作られたバンズは、
表面を軽く焼いていて、ほのかに香ばしい。

たっぷりのサーモンとマッシュポテトは、
ピリッとスパイスのきいたオーロラソースと
口の中でぴったりマッチしています。

かみ締めるほどにその甘さが味わえるバンズも
うれしい限り。

添えつけのチリビーンズも
ちょうどいいスパイシーさ加減で、
味に変化をもたらしています。

LOHASをテーマに展開している
この店。

パンだけでなく、デリ系も丁寧な仕事振りで、
家の近所にあったらいいなと思わせるのでした。

BAKERY CAFE241
東京都港区虎ノ門2ノ4ノ1、虎ノ門ピアザビル1階
営業時間 午前8時~午後7時
土曜=午前11時~午後5時。日曜、祝日定休
(ランチは午前11時~午後6時15分)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, June 01, 2006

おなじみの…。まい泉のかつ定食

Sany0467 今日は
月に一度と
なってきた
一日中ロケの日。

今回は、
白金、青山、目黒を
巡ってきました。

スケジュールは
ランチをいただく場所まで
決まっているという、
ある意味、
至れり尽くせりの一日です。

今日指定のランチは、
もはや知らない人はいないというくらい有名な

「まい泉 青山本店」

箸で切れるくらいの柔らかさが売りの
とんかつの店です。

名前や味を知っているとはいえ、
実は本店を訪れるのは初めて。

重厚な店構えに老舗感が漂います。

2階はお座敷になっていて、
大勢で来るのにも便利。

注文は

「かつ定食」861円
ロースかつ、ご飯、白だし、新香付き

まい泉のとんかつは、
鹿児島からの直送の黒豚を、自家製のパン粉で包み、
4種をブレンドした油で揚げたものが特長。

サクサクとした衣に箸を入れれば、
柔らかい肉までしんなりと切れてしまいます。

卓上にはどろりとした甘口ソース、
さらりとした辛口ソースに加えて、
スパイスソルトやゆず七味などのスパイスも! 

甘口ソースはまったりとした印象、
辛口ソースは、なんだか奥の深い印象に、
そして、スパイスソルトでいただくと
なんともいえない、
肉の旨味を引き立てるような印象に変化していきます。

大根おろしには鰹節も混ぜ込んであり、
これはこれで、イケます。

いろいろな味わい方が楽しめて
満足なお昼どきとなりました。

まい泉 青山本店
東京都渋谷区神宮前4ノ8ノ5
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »