« ゴロゴロ野菜! ジジセラーノの野菜カレー | Main | こだわりの一品。茶房文音の究極の卵がけご飯 »

Friday, April 28, 2006

だんだんと…。葉月の塩わんたんめん

Sany0323_1町田界隈に
出没。

さて、
ランチは
どうするかと
ちょっと
考えたあげく、
ここまで
来ているなら

もう少し足をのばして、ラーメンを食べよう! 
と、唐突に考えがまとまります。

JR横浜線矢部駅から徒歩15分。

毎度おなじみの

「支那そば 葉月」です。

というのも、ここのところ夜におじゃまして、
うまい焼き鳥と焼酎に舌鼓しいたのですが、

「あ~、ラーメンも食べたいなぁ」という
欲求がずっとあったからです。

実は、今夜はラーメンがないのです。

それはそれで、じっくり焼酎が楽しめていいのですが、

やはり、ラーメンをじっくり味わいたいと
それならば昼間に行くしかない! 

と考えた次第。

考えてみると、平日の昼間に行くのは初めてかも…。

注文は

「塩わんたんめん」900円
味付けたまご150円

昼間でもワンタンは
注文を受けてから包み込んでくれます。

麺は極細ちぢれ麺をチョイス。

スープのひと口目。
塩ラーメンはとてもあっさりした味わい。

でも、食べ進むうちにだんだんと
味わい深く変化してくるから不思議です。

ちぢれ麺は、スープをからませて
シコシコ。
その細さの食感が、なんとも心地いい。

チャーシューは焼きチャーシューで、
その香ばしさが、塩味の中でアクセントとなっているし、

鶏のササミもなんだか嬉しい。

水菜やメンマと、あれこれトッピングが
盛りだくさんというのも、気持ちが華やいでいきます。

味付けたまごは、甲州地鶏のあの
オレンジ色の黄身。

このたまごも塩味と上手にからみあっていて
いい感じです。

そして、忘れてはいけないワンタン!
クワイのシャクシャクとした食感がさっぱり。
そしてプルップルの皮。

たった1杯でこんなにあれこれ楽しめてしまうなんて、
ゴールデンウィーク前の
ささやかなシアワセを味わいました。

支那そば 葉月
相模原市富士見4ノ5ノ20
営業時間 午前11時~午後3時、
午後7時~11時(月~土曜のみ、祝日はなし)。木曜定休
※スープがなくなり次第終了

映画ウンチク
GOOD NIGHT and GOOD LUCK
☆☆

ジョージ・クルーニーが監督の作品。
アメリカのABC放送の伝説のキャスター
マーロウ氏の史実をもとに作られています。
その時代の赤狩り批判というか、
ニュースに対する、自分のコメントを
しっかりと伝えるマーロウ氏。
アメリカのテレビ史をよく知らないので、
これがどれほどすごいことなのか、
自分の中で理解していない分、
なんだろう?という部分もありますが…。
映像的にはすごいかも。
昔のフィルムを使っていることもあり、
すべての映像をモノクロで撮影。
それが、もうまるで、すべてが
昔の映像なのでは?と思うくらい
完成度が高かったと思います。
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

|

« ゴロゴロ野菜! ジジセラーノの野菜カレー | Main | こだわりの一品。茶房文音の究極の卵がけご飯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/9802174

Listed below are links to weblogs that reference だんだんと…。葉月の塩わんたんめん:

« ゴロゴロ野菜! ジジセラーノの野菜カレー | Main | こだわりの一品。茶房文音の究極の卵がけご飯 »