« February 2006 | Main | April 2006 »

Friday, March 31, 2006

ゆるゆる~♪沖縄時間の週替わり定食

Sany0211春。

桜もどんどん
開花! 

ウキウキとした
気分になってくると
なんだか、
やっぱり行きたくなる
らしい…。

「沖縄に行きた~い! 」という気持ちがムクムク。

そんなときは沖縄料理を食べるべし!!!!

ということで、
本日は、横浜駅東口地下街「ポルタ」にある

「沖縄時間」へ。

ズラリとならんだ泡盛の瓶や甕が魅力な店。
沖縄らしい装飾の店内に入ると、
なんだかほっとする。

カウンターとテーブル席がありますが、
ここはカウンターがおすすめ。

手前は沖縄そばを作っている場所で、
それを見ているだけでもなんだかウレシイ。

オーダーは

「週替わり定食」850円
ご飯、汁物、お新香、サラダ付き

今週は

「ナーベラー定食」でした。

ナーベラーとは、ヘチマのこと。
このナーベラーを豚肉と豆腐を
味噌で炒めたチャンプルー。

ちょっと青臭さが残るヘチマの味わいと
味噌の相性がいい! 
そしてそこに加わる豚肉の甘み。
脂の旨味。

しみじみやさしくなれる味でした。

どうも、1年間の自分のランチを振り返ると、
季節が暖かくなってくると
アジアン料理率が高くなってくるようです。
ということは...。

いずれにせよ、泡盛でゆるりとした時間を
すごしたいなぁと思いました。

沖縄時間
横浜市西区高島2ノ16、地下1階
横浜駅東口地下街「ポルタ」内
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, March 30, 2006

ほんわりピリッ! 天天常常中華食堂の陳麻婆豆腐セット

Sany0215もうずいぶんと
前の話ですが、

横浜・中華街に
回転飲茶ができたと
聞いたとき、

中華街に回転とは!?
と、驚いたものでした。

どうも、
条件反射的に、
中華街に行くと、路地裏の昔ながらの店に
足を向ける傾向が強く、
その回転飲茶の前は通るものの、
「また今度ね」とつぶやいていたものでした。

回転飲茶のいいところは、
一皿が少しの盛りで、だからこそリーズナブルな価格で
あれこれ、いろいろな飲茶が楽しめること。

今も元気に中華街で営業しているので、
味もそこそこいいのだろうなぁと、思ったりもしました。

さて。
今日は川崎にいて、どこで何を食べようか、
あまり頭が働かなかったので、
手っ取り早く、川崎DICEのレストラン街へ。

そして、「あ~これ食べたいかも」と
即座に決断して入ったところ。

「天天常常中華食堂」

ここが実は、中華街の回転飲茶と同じ店だったのです。
回転飲茶の店名は天天常常回転坊」。

なので、こちらの店は回転していません。
それでも店のコンセプトは変わらず、

気軽にリーズナブルに中華を楽しもう! 
というなのもと、どのメニューも500円前後という
うれしいラインアップなのです。

オーダーは

「陳麻婆豆腐セット」819円
スープ、ご飯、サラダ、漬物、小皿料理、デザート付き

陳麻婆豆腐とは????

普通の麻婆豆腐もあるのですが、
「陳」のほうが辛さが上とのこと。

さっそく麻婆豆腐をパクリ。

甘さもありながらほ~んわりとした辛さ。
肉のうまみとソースが上手に絡み合っています。

時折ピリッと感じる山椒がアクセントに。
たっぷりの豆腐もウレシイ。

もちろん、その後は
ご飯の上にのせて、ぶっかけ麻婆豆腐に! 

あんまり辛くはないなぁ~と思いながら、
バクバクと食べてしまいましたが、それはそれ。

やはり食べ終わるころにはジンワリと
辛さがお腹に伝わってきました。

中華ランチは、
あれこれおまけがつくのがやはりうれしいものです。

天天常常中華食堂
川崎市川崎区駅前本町8番地、ダイスビル6階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
WALLAS & GOLMIT
☆☆☆

クレーン・アニメーションの映画化。
動くグルーミットは、実は初めてだったのですが、
なんだか、賢くて忠実なワンコでした。
まさか主人公の身にあんなことが起こるなんて! 
しかも、
キングコングを思わせるような
パロり方も笑えます。
グルーミットは本当に一言も
しゃべらないのですが、
その気持ちがちゃんと伝わってきます。
映画観てたら野菜が食べたくなってきました。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, March 29, 2006

タマネギがキメテ。Yummy Spiceの彩り野菜のスープカリー

Sany0213久しぶりの浅草。

今日は天ぷら?
それともとんかつ?
やっぱり蕎麦かな?
う~ん、釜飯もあり?

などと、
浅草グルメに
頭をめぐらせながら
歩いていると、

ROXの近くに、久しぶりの懐かしいメニューが
目に飛び込んできました。

スープカリー。

そういえば、この冬は一度も食べずに終わってしまい、
なんだか、夏のメニューのイメージがあった私。

こういう春のちょっと冷たい風が吹いているときは、
これしかないかも、と即座に判断。

というよりも、判断する前に店内に入っていました。

「Yummy Spice」
昨年の7月にオープンした
Soup & Oysterの店です。

そう。
ここはスープカリーだけでなく、
生牡蠣をはじめとしたちょっとしたおつまみも
そろっています。

牡蠣をちゅるっと食べて、仕上げにスープカリーも
いけるかもしれません。

もちろんカキフライのスープカリーもあります。
そのほかオリジナルスープカリーというのがあり、
これは、トッピングを選んで自分好みのカリーが
食べられるというもの。

店内は、オレンジとホワイトを基調とした
カフェスタイルの店。

オーダーは

「彩り野菜のスープカリー」780円
五穀米付き

プラス100円でドリンクも付きます。

彩り野菜は、
ジャガイモ、ニンジン、ナス、オクラ、レンコン、
カボチャ、ピーマン、レッドペッパー。

辛さは5段階まで選べ、もちろん5辛で…。

なので、カリー自体はかなり辛い。
辛いけれども、王道のカリーのスパイスを使っている味。

じっくりとタマネギを炒めて、
そこにスパイスを混ぜ合わせているようで、
辛さの向こうに甘さも感じることができます。

そして、仕上げに焦がしタマネギを振りかけているのがポイント。
最後に香ばしい風味が加わって、
味の変化が楽しめます。

もちろん野菜は素揚げ。
ナスの甘さも、ニンジンのほっこり感も、
ジャガイモのホクホク感、オクラのにゅるっと感。

野菜の旨味を上手に引き出している
カリースープでした。

食べ終わってみれば、お腹はホカホカ。
体にいいもの食べたなぁ…と、
久しぶりの食後感を満喫しました。

Yummy Spice
東京都台東区浅草1ノ24ノ7、豊田ビル1階
営業時間 午前11時~午後11時30分
(ランチは午後3時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

一皿が盛りだくさん! LaMaison ensoleille tabeleの本日のスペシャルプレートランチ(BlogPet)

そういえば、じゅんじゅん。が
suiお茶カフェマナティ都渋谷区道玄坂1ノ1ノ1営業時間午前7時〜午後10時♪いつも読んでいただきありがとう♪気に入ったら1クリックよろしくです♪
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 28, 2006

コクのある香り。利久庵のせいろうと鱒の桜ご飯

SANY0190

桜のつぼみが
ほころび始めた
この時期。

なんとなく
春を感じられる
ご飯を食べたいなぁと
思い立ち、

それなら、やっぱり
ここに行かなければ…。

毎度おなじみ、横浜・関内にある

「利久庵」 。

おいしい蕎麦が楽しめる店です。

いつもいつも同じ注文で、
代わり映えしなさ過ぎですが、
季節の炊き込みご飯は、
本当に四季を感じさせてくれる食材を使ってくれるので
これを楽しみにしてしまうわけです。

本当は、具だくさんなのに
それぞれの味が喧嘩せずにまとまっている
「利休そば」などもあるのですが、
それはそれ。
蕎麦湯を楽しみにしている部分もある私は、
せいろうを頼んでしまうのです。

注文は

「せいろう」800円
午後2時までは季節の炊き込みご飯付き

今回の季節の炊き込みご飯は

「鱒の桜ご飯」

鱒をほぐしたものをご飯に混ぜ込んだ様は、
本当に桜のよう。
細かく刻まれた昆布なども混ぜ込まれていて、
鱒のなんともいえない
コクのある風味がいい味だしていました。

もちろん、蕎麦はコシがあってツルツル。
鰹節がたぷりきいたつゆに手繰らせて、
飲み込むように…というよりも、
しっかりと蕎麦のうまみをかみ締めたくなる味わいです。

やっぱり春は、なんだか心がワクワクしてくる季節です。

利久庵
横浜市中区真砂町2ノ17
営業時間 午前11時~午後8時30分
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
A Sound of Thunder
☆☆☆

2055年にはタイムトラベルのできる時代が到来。
当然それを商売に、しかも
1社唯一の事業として、金儲けに走る企業主。
そして、その開発に携わる研究者たち。
タイムトラベルには、
何も触れない、持って帰らない、置いてこない。
これを守らないと、今の時代が...。
が、しかし! 
というストーリー。
この2055年という設定がかなりの近未来で
ありえるかも~と一瞬思ってしまいます。
生態系の進化の変化。
あんな生き物が出てくるとは! 
気楽にどきどきしながら観たい映画です。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 27, 2006

アーティストな空間。FireKing Cafeのナシゴレン

SANY0208今日は、
なかなか
降り立つことのなかった
代々木上原へ。

代々木上原駅周辺は、
喫茶店などが
まだまだ残り、
なおかつ、
アーティスト系な
人々が集まっているような
雰囲気を持っています。

どこに入ろうかと、ちょっとウロウロしつつ、
井の頭通り手前でカフェを見つけたので
そこに入ることに。

あまり、店名も確認しないまま、
メニューだけで判断したのですが、
後々、確認すれば「なるほど~」と思ったのですが…。

「FireKing Cafe」

そう。

あのFireKingです。

1940年代にアメリカで流行した食器で、
いまやコレクタブルズとして、
かなり価値の出ている食器たち。

その中でも「ジュダイ」と呼ばれるジュダイ色の
食器は代表格で、

この店のバーカウンターには、
ズラリとその食器たちが並んでいたのです。

FireKingには興味を持っていたので、
この偶然にちょっとウレシイ。

店内は打ちっぱなしの白いコンクリートに
黒の椅子やソファを並べた空間。

壁はギャラリーとして開放されていて、
そのときそのときで、
飾られているものが違うようです。

メニューは
インドネシア料理など、アジア料理が楽しめます。

オーダーは

「ナシゴレン」1000円
トマトとブロッコリーのサラダ、豚の串揚げ甘辛ソース、
ピクルス、チキンスープ付き

午後2時までは
デザートとドリンク付き

ナシゴレンは、インドネシアの炒飯で、
ピリ辛にすることもできます。

ピリ辛でオーダーしたナシゴレンは、
スパイシーな味わい。
後からピリリときます。

フライドエッグを崩してご飯に混ぜれば
ほどよくマイルド。

豚の串揚げは、脂がカリッカリに揚げられていて
これが香ばしい! 
甘辛のソースと、ナシゴレンのピリ辛が
いいバランスになっています。

ピクルスは細かく切ってあるので、
これとナシゴレンを混ぜていただくのもイケます。

あれこれ混ぜ混ぜしながら、
久しぶりのインドネシア料理を楽しみました。

そして。デザートとドリンク。

SANY0207このときはまだ、
店名を確認
していなかったのですが、

この食器たちが
出てきたとき、
心の中で

「お~っ! 」と
叫んでしまいました。

デザートは
アイスクリーム

バニラの風味がなんともやさしい味わい。

コーヒーをこの食器で飲むのは、
実は初めて。

厚みのある口当たりは、まさに質実剛健。

これが世の中にオンタイム出ていたころは、
本当に普通使いの食器だったんだよなぁと
ふと、しみじみしてしまうのでした。

代々木上原。

思っていた以上に、オシャレな場所かもしれません。

FireKing Cafe
東京都渋谷区上原1ノ30ノ8
営業時間 午前11時30分~午前2時
(ランチは午後6時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Sunday, March 26, 2006

今日は夕ごはんたべた:Chanko Dining 若の塩ちゃんこ

SANY0202SANY0203

本来は、
お昼ごはんの
紹介をしていますが、
今日は特別、「夕ごはんたべた」です(笑)。

というのも、とてもとてもとても行ってみたくて、
でも、
ここは夜だけの営業のため、
ランチすることができなかったのです。

「Chanko Dining 若」

ご存知、元横綱・若の花が経営するちゃんこ屋です。

昨年の12月に横浜にも進出。

新宿や六本木は連日予約でいっぱいとのことで、
はたして、横浜もそうなんだろうか...。
と思いつつ、前日に予約をしてみると、
なんとか取ることができました。

でも、2時間制で空いている時間を教えてくれてしまうあたり、
やはり、人気の店にかわりないようです。

場所は関内・馬車道から少しだけ外れたところ。

地下に降りていくと、
黒で統一された落ち着いたエントランスが現れます。

個室タイプとテーブル、カウンター席がありますが、
いずれも大人な雰囲気。

「若乃花~~~! 」というのを、
特に全面に出していないあたり、ちょっとうれしいかもです。

いろいろ食べようと思いつつも、やはりコレでお腹は満足!

「塩ちゃんこ」1人前2600円

オーダーすると、テーブルにコンロと鉄鍋が運ばれてきます。
鍋の中にはだし汁。

その香りは、ぷ~んとごま油。
鶏で出汁をとり、そこにごま油をタラリ。
タマネギはすでに入っていました。
この塩梅はやはり秘伝のよう。

基本的にスタッフが鍋をすべて作ってくれます。
ちょっと小料理屋気分も味わえるというワケ。

まずは竹筒に入ったつくねをひと口大に分けて鍋へ。
次に豚ばら肉。そして鶏肉。

火が通ったかなというころに、どっさりと野菜。
ネギに白菜、ニラ、シイタケ、エノキダケ、油揚げ。

ちょうどよいころに銘々皿に取り分けてくれました。

そのだし汁のうまいこと!!!!!

やはり、ごま油がかなりキメテとなっている気がします。

つくねは軟らかく、鶏はぷりぷり。
野菜もアツアツ。
さらには、だし汁をしっかり吸い取った油揚げのうまさ! 

テーブルにはワケギや白ゴマ、そしてゆず胡椒。

このゆず胡椒が、食欲をさらに増進させてくれます。

SANY0201
シメは、

「ラーメン」750円をオーダー。

鍋に残ったスープに少しだし汁を足し、
ぐつぐつぐつぐつ煮込んでいきます。

煮詰まったかなというころに、
ラーメン投入。

さっと熱をくぐらしたくらいでできあがり。

このラーメンのまた、うれしいこと! 

チュルチュル、ツルツルの麺で、
ラーメンとこの鶏の出汁がたっぷりで尽くした、
さらには野菜や豚肉の旨味を吸い込んだスープが
実によく合います。

ちゃんこのほかにもメニューはいろいろあるので、
大勢で訪れて、わいわいと
「若」ブランドの焼酎を楽しみながら
味わいたいです。

Chanko Dining 若 横浜馬車道店
横浜市中区常磐町5ノ57、竹内ビル地下1階
営業時間 午後5時~午前5時(日曜、祝日は午後11時)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Friday, March 24, 2006

ふわふわスパイシー! 三鷹モダンタイムスの牛すじオムカレーライス

SANY0196珍しく、
三鷹まで
打ち合わせ。

三鷹駅に
降り立つのは、
かなり久しぶり。

ランチをどこにしようか
散策。

三鷹駅南口は
永遠に続くような
長いまっすぐな道に商店が並びます。

その充実した店並みにちょっと感動しつつ、

ふと気になった店に入ってみました。

「三鷹モダンタイムス」

昼はパスタやカレーのランチ、
夜は飲みながら、ライブなどが楽しめる店です。

落ち着いた店内。
カウンターキッチンにテーブル。
奥にはピアノが置いてあります。

昔ながらの喫茶店のような雰囲気がありつつ、
隣が気にならないくらいの空間が心地いい。

オーダーは

「牛すじオムカレーライス」950円
スモークサーモンパテ、手作りパン、ドリンク付き

手作りパンはおかわり自由です。

スモークサーモンパテは、パンにつけていただきます。

このパンが、
表面は香ばしく焼かれてパリパリ。
その風味はお餅を焼いた表面を食べているよう。
そう。
中身はふわふわもっちりとした食感なのです。

スモークサーモンパテは、サーモンクリームで
いい塩加減です。

そして牛すじオムカレーライス。

じっくりと煮込まれた牛すじは、
ほぐれるほどのやわらかさ。

カレーは思いのほかスパイシー。
細かく刻んだタマネギや野菜を
その形がほとんど残さないくらいに炒めてあります。
その甘みとこのスパイシーさがたまりません。
ひと口食べると、すぐに次のひと口がほしくなります。

さらにオムレツはふんわりと焼かれています。
この卵が、スパイシーなカレーをマイルドにしてくれます。

オムレツだけ、カレーだけ、
オムレツとカレー、
カレーとライス、
ライスと牛すじ…。

さまざまな組み合わせが楽しい。

久しぶりのカレーは、やっぱりうまい!
また、カレーにハマるかもしれません。

三鷹モダンタイムス
東京都三鷹市下連雀3ノ32ノ6フレンドビル2階
営業時間 正午~午前0時
(ランチは午後3時、土・日曜、祝日は4時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Thursday, March 23, 2006

ほっとひと息。suiお茶カフェのおむすびセット

SANY0136打ち合わせの
タイミングで
ランチタイムも
ゆったりだったり、
バタバタしていたり…。

本日は、
バタバタのほうで、
本当に時間が
中途半端。

こういうときは
さっくりといただこうと、

渋谷の

「suiお茶カフェ」へ。

JR系列のカフェです。

店内は、白いソファ椅子でゆったりとくつろげます。

場所柄、割とバタバタお茶して、ごはんして、
サッサと出て行く…という感じなのですが、

ここだけは、つい時間を忘れて
くつろいでしまいそうな空気が流れています。

そして。

ここでは日本のお茶が中心。
緑茶や玄米茶ほうじ茶などが楽しめ、
それもくつろぎの空間となっているのかも…。

セルフサービスのオーダーは、

「おむすびセット」480円
おむすび2個、ドリンク付き

おむすび4・5種類とおいなりさんの中から
好きなものを選ぶことができます。

お茶も好きなお茶が選べます。

今日は鮭とあさりしぐれのおむすび。
そして、
玉露入り玄米茶。

小ぶりのひと口で食べられてしまいそうな
かわいいおむすび。

お茶は砂時計が落ちてから湯のみに入れます。

ほ~~~~。

なんだかほっとひと息つけます。

バタバタしている今だからこそ、
こういう場所が大切かもしれません。

suiお茶カフェ
東京都渋谷区道玄坂1ノ1ノ1
営業時間 午前7時~午後10時

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 22, 2006

一皿が盛りだくさん! LaMaison ensoleille tabeleの本日のスペシャルプレートランチ

SANY0183今日は、
いろいろと
移動もあるので、
駅近くで
ランチをしてから
スタート! 

横浜駅・東口の
ルミネ横浜を
久しぶりに
散策することに
しました。

3月8日に7階のレストランフロアにオープンした

「La Maison ensoleille table」
(ラ・メゾン アンソレイユターブレ)

南欧の島にたたずむ「家・メゾン」をイメージした
店内は、白を基調としたやさしいイメージ。

横浜のみなとみらいの風景を
まるで家の窓から眺めているような気分にしてくれます。

窓側でなくでも、リビングルームにいるような
気持ちのいい空間です。

ここでは、10種類以上の季節のフルーツタルトを中心に
パスタなどの食事も楽しめます。

オーダーは

「本日のスペシャルプレート」1000円
サラダ、スープ、ドリンク付き

本日のプレートは

キノコのサワークリームソースのオムライス

ワンプレートに盛られてきた皿を見たとたん、
なんだか、思わずワクワクしてきてしまいました。

ひとつの皿にいろいろのっていることの
なんとうれしいこと! 

オムライスは白いライスの上に
ふんわり焼かれたオムレツ。
そしてクリームソース。

クリームソースはほんのりと
サワークリームの風味。
それでいて、まったりとした味わい。
キノコの食感も楽しく、
そしてなんといっても、トロンとした
卵にぴったり合っています。

フルーツまでついていたワンプレート。
ワクワク感がそのまま継続したひとときでした。

La maison ensoleille table
横浜市西区高島2ノ16ノ1
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
Eight Below
南極物語
☆☆☆☆

8匹のシベリアンハスキー。
南極ガイドの元に現れた学者。
無理とも思われるガイドを頼まれ、
そして、そこに犬ぞりを連れていくものの
極寒の自然の中でおこるさまざまなできごと。
そして、事件。
取り残された犬たちの運命は…。
なんといっても、本当に犬たちが
語っているような顔つきがなんともいえません。
「生命と絆」をテーマに描かれた映画。
日本の「南極物語」にインスパイアされて作られた
ハリウッド版南極物語。
こういう感動というのは世界共通…。
ということなのですね。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

盛りだくさん! 王興記のAランチ(BlogPet)

きのうパオで、雰囲気も味付けしたかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 20, 2006

むほほほほ。三崎の日替わりランチ

SANY0181飛び石連休の
間の平日の今日。

まるで、
連休かと
思わせるような
場所へ。

三浦の油壷まで
行ってきました。

春うららな天気で、見渡せば相模湾。
湘南の海とも、逗子や葉山の海とも
違った趣きがある風景に、
ついついなぜここにいるのかを、
忘れてしまいそうです。

さて。
三崎口からバスに乗って油壷まで行くので、
駅前でランチをしてから出発することに。

とはいえ、駅前には大きなビルもなく、
商店街なども存在しない場所。

選択はラーメン店か回転寿司しか
見つけられませんでした。

ちょっと悩んだあげく

回転寿司「三崎」へ。

とはいえ、店内のカウンターは
回っていませんでした。

それぞれ、板前さんに好きなネタを
告げて寿司を楽しんでいました。

注文したのは

「日替わりランチ」1000円
ミニサラダ、アラ汁付き

平日だけの限定メニューです。

さすが、海のそばだけありネタは新鮮そのもの。

今日のネタは
マグロにホタテ、エビ、イカ、タマゴ、
ヒラメにマダイ、ヒラマサ、そして
梅しそ巻き。

ヒラマサはもちろん天然もの。

シャリは口の中に入れるとホロリと崩れる口当たり。
イカは甘いし、
ヒラマサもヒラメ、マグロもしっとり。

さらに、アラ汁のうまいこと! 
白身の魚のアラがたっぷり入った汁は、
旨味が「これでもか!? 」というくらい
出ていました。

さすが、地の魚たち! 
やはり海に近い場所のときは
海のものを食べるべし! 
と、改めて思いました。

三崎
三浦市初声町下宮田599
営業時間 午前11時~午後9時。水曜定休
(ランチは午後3時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, March 19, 2006

まなてぃのはなし。9

SANY0106

「クリスタルリバーにマナティを見に行こう! 」

マナティの話になると出てくる、
この「クリスタルリバー」。
街の名前なのですが、

いつも遊んでいるところは、隣町の
Homosassaというところです。

クリスタルリバーには、
有名な「KingsBay」というポイントがあるのですが、
マナティに会う確率は、
Homosassaのほうが高く、
しかも水深が浅めなので、太陽の光が入り込むのも
いい塩梅だからです。

もう1つ、気になっている場所あって、
そこはさらに透明度がいいのですが、
ついついHomosassaで過ごしてしまいます。

Homosassaでのスノーケリングは、
「Homosassa WildLife Park」と隣り合わせ。

というよりも、パークから野生のマナティを眺める
まさにその場所でスノーケリングをしているのです。

WildLife Parkは、
マナティの保護にとても貢献している所。
傷ついたマナティを手当てしたり、介抱しているのです。

マナティの一人者ともいわれる博士は、
ずっとこのパークで研究をされたので、
パーク内には、その博士の記念碑も建てられています。

パーク内では、フィーディングを行うマナティもいて、
そえはそれで目玉になっているのですが、

ここにはカバ、ブラックタイガー、フラミンゴ、
アメリカンコンドルなど
見ごたえのある動物がそろっています。

今回は前日の大雨、そして晴れ、湿気と気温がどの動物にも
ほどよかったのか、
普段は決して姿を現さないブラックタイガーもノソノソと
歩き回っていて、思いのほか楽しめてしまいました。

さて、マナティの次に人気のカバ。

マナティとカバは親戚なのでは…といわれています。

どちらも哺乳類で、水の中で生活。

そう思って観察すると、
カバの鼻とマナティの鼻が同じことに気づきます。

鼻にはフタになるようなものがついていて、
水中にいるときはこれを閉じ、
水面に上がった途端にこのフタをあけて空気を吸う。

この一連の動作は、本当にそっくりです。

そんなわけで、マナティと出会ってから、
カバもお気に入り動物のひとつになっています。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, March 18, 2006

アッチアッチがうまい! COM ON! Cafeのまるごとトマトと海老の石焼ごはん

SANY0179本日
五反田でお仕事。

午前中から
午後・夕方までの
通し仕事だったので、
しっかりと
お昼休みが
ありました。

あまり降りたことのない五反田。

時間も決まっているので、駅周辺に行くものの
パッと目に入った店へ。

「CAM ON! Cafe(カームオンカフェ)」

アジア各国の味をベースに、
自由な発想で味付けや盛り付けをしたメニューが楽しめる
アジアンダイニングの店です。

地下1階の店は、
低めの白い壁にそって店内に。
個室感覚の雰囲気がある造りになっていました。

オーダーは

「まるごとトマトと海老の石焼ごはん」900円
ドリンク付き

この「まるごとトマト」という言葉に、
やられてしまいました。

運ばれてきた石器には、
グツグツと踊っているごはんの上に、
トマト・まるごと。

トマトをスプーンで崩しながら
ガッシガッシと混ぜていきます。

すると、トマトのジュースがごはんに広がり、
雑炊のような雰囲気に変身。

ガーリックと一緒に炊き込んだごはんは、
トマトの旨味がうまく合わさり、
あっさりとしながらも
コクのある味わいとなっています。

海老の食感も楽します。

石焼ごはんのメニューの広がりに
感心したひとときでした。

CAM ON! Cafe
東京都品川区西五反田2ノ7ノ8、誠実ビル地下1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後5時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Friday, March 17, 2006

盛りだくさん! 王興記のAランチ

SANY0174懲りずに、
またまた
横浜中華街に
足が向いて
しまいました。

そういえば、
今日は、
馬祖廟
(本当の漢字は
女編に馬)が
オープンする日。

それも見るのもいいかなと思って、
足を向けてみました。

本日のターゲットは、
横浜大世界の斜め前くらいにある

「王興記」

フカヒレと点心が自慢の店です。

店内は、モダンな雰囲気。
天井には龍の絵が描かれています。

注文は

「Aランチ」850円
ライス、前菜、スープ、ザーサイ、デザート付き

本日の料理は

「牛肉の四川風炒め」でした。

前菜は、湯葉の細切りにモヤシの和え物、
蒸し鶏の和え物
の3点。

この前菜は、中華街でもなかなか付いてこないので、
ちょっと、うれしい。

蒸し鶏に香菜が添えられているので、
味の変化も楽しめます。

さらに、ザーサイはカツオ梅であえてあり、
これまた味の変化球。

メインの炒め物は、
牛肉はあくまでもやわらかく、
シャクシャクしたタケノコの食感が
アクセントになっていて、楽しい。

フクロダケやレッドペッパーもたっぷり。

甘酸っぱさを感じさせながら、
噛みしめるうちに辛味がでてきます。

この味付け、ご飯がすすみます。

満腹。

でも。

ここの名物も食べなくちゃと、
パンパンのお腹に鞭打ちながら注文したのが

「ストロー付きタンパオ」690円
SANY0173

これ、小龍包の大きいバージョンというのか。
肉まんの中にスープを入れてしまった一品。

でも、皮はプリプリな食感で、
あくまでも肉まんではなく小龍包系。

大きいので中のスープをストローで飲むという
アイデアなのですが…。

注文を受けてからちゃんと蒸してくれるので、
アツアツのできたてがいただけます。

餡の肉はプリプリ。
スープはとろみがあっていい旨味。
上にはカニがのっているのもウレシイ。

今度は蟹入りの小龍包も食べたいです。

で。これが馬祖廟(マーソービョウ)です。
SANY0172 SANY0171

王興記
横浜市中区山下町187ノ6
営業時間 午前11時~午後3時、
午後5時~午前1時
(土・日曜、祝日は午前11時~午前1時)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, March 16, 2006

英国気分♪COVENT GARDENのポテトパンケーキランチョン

SANY0163SANY0162

春がどんどんと
近づいている、
今日この頃。

雨が降り出しそうな、でも気温が暖かい
こんな日は、
外の景色が見えて、ぼんやりできる場所で
ランチがしたいなぁと思い、

横浜駅西口、東急ハンズの2階の

「COVENT GARDEN」へ。

ここ、ちょっと前まで紅茶専門の違う店でしたが、

本格的紅茶専門店として、
新しい店に変わりました。

店内は英国のライブラリーな雰囲気の入り口。
コンヴェントの紅茶の缶が陳列されています。

窓側は、外の通りを見渡せる、
前と変わらぬ雰囲気。

実は、外からここを見上げると、
店内が見えないようになっていて、
もうぼんやり
外は見られないかと思っていたのですが、

店内からは外はみることができる
シェードになっていたのでした。

オーダーは

「ポテトパンケーキ」1130円
ソーセージ・スモークサーモン、デザート、本日の紅茶付き

運ばれてきたプレートには、
ソーセージやスモークサーモンのほか、
クリームチーズ、
キャベツとオニオンのザワークラフトも。

ポテトパンケーキは、あっさりとした味わい。
でも、噛みしめるほどに香ばしい風味が広がってきます。

ソーセージと一緒にいただくと、
その塩加減とパンケーキのバランスがほどよく、
いい感じ。

スモークサーモンとザワークラフト、
クリームチーズを合わせて
パンケーキといただくのも
まさに王道の組み合わせ! 

あれこれと組み合わせながらいただける楽しさ。
イギリスに行ったことはないけれど、
こうした素朴な食事があるんだろうなぁと、
プチイギリスした気分が味わえました。

デザートは、豆とバナナ、リンゴのコンポート。
この甘さ加減が、紅茶に見事にマッチ。

紅茶は春らしく、
サクラの香りの紅茶でした。

最近の本格的紅茶専門店が
たくさんオープンしているような気がします。

COVENT GARDEN
横浜市西区南幸2ノ13、東急ハンズ横浜店2階
営業時間 午前10時~午後8時
(ランチは午前11時~午後2時)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 15, 2006

モチプル♪龍膳のセロリ水餃子+小チャーハン

SANY0138横浜中華街は、
3月17日に
馬租廟の除幕を
控えています。

台湾の
女性の神様との
こと。

立派な寺構えが
すでに
見え隠れ
しているのですが、

除幕されたら、ぜひ足を運んでみたいものです。

さて。

本日は、その馬租廟からは、ちょっと離れた、
大通りからもちょっと外れたところにある

「龍膳」へ。

中国東北家庭料理が楽しめる店です。

中国の北方面といえば、
なんといっても餃子。
餃子といっても、それは水餃子が主流。

なので、この店でも水餃子やワンタンなどが
自慢のメニューとなっています。

注文は

「セロリ水餃子+小チャーハン」890円

運ばれてきた水餃子は10個。

厚い餃子皮は、いかにもプリンプリンな風貌です。

大好きな黒酢をつけて、パクリといただけば、
モッチリとした皮の食感の後に、
ふわ~んと
ほのかなセロリの香りと肉汁がジンワリと
あふれ出してきます。

モチモチ、しっとり、シャッキリ。
ハフハフとしながら、その食感の楽しさを
じっくりと味わいました。

チャーハンは、軽い塩味。
あっさりしているので、
水餃子にもよく合っています。

中国東北料理というのは、
中華街でもちょっと珍しいジャンル。

不思議なメニューもあったりして、
夜にいろいろ楽しみたいです。

あ。
いや、でもやっぱり水餃子を
もっとガッツリ食べまくりたいかも・・・。

中国東北家庭料理 龍膳
横浜市中区山下町155ノ12、王子ビル1階
営業時間 午前11時~午後3時、
午後5時~午前0時。火曜定休(ランチはあり)

映画ウンチク
エミリーローズ
☆☆☆

普段はホラー系は、極力さけているのですが、
これはなぜか足を運んでしまいました。
なぜなら、トゥルーストーリーに
基づいた映画だったから…。
基本的には、アメリカンドラマによくある法廷映画。
とはいえ…。
普通のホラーなら、「ホラーだよ」って、
その過剰な見せ方に笑えたりはするのですが、
これは、かえって怖い…。
夜、眠れなくなりそうです。
ただ、それにも増してほろりとさせるのは、
トゥルーストーリーならではの
「愛」が感じられるからかもしれません。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

連想バトン(BlogPet)

きのうテレビ東京の、エントリに経由しなかった。
ここにテレビ東京と連想された!
テレビ東京でウコンを連想されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が秘伝・蜜の書を読んで書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 14, 2006

南欧シチュエーション。Mariage UnのAコース

SANY0157SANY0158

今週は、
打ち合わせの
タイミングを考えると、
横浜でランチを済ませてから動いたほうが
いい感じなタイムスケジュール。

なので、もしかすると、横浜特集な週になるかも…。

さて。
今日は、ちょっと横浜駅周辺から
少し離れた岡野町へ。

「Mariage Un」

体に心にやさしい料理をコンセプトにしたレストランです。
フレンチを中心に世界各国の料理が楽しめるとか。

ビルの1階に構えたレストランは、
南欧の雰囲気を演出した白い壁に囲まれ、
全面窓の照射降り注ぐ明るい店内。

テラス席もあります。

天井はスポットライトだけなので、
夜はかなりムードある雰囲気となりそう。

ここ。
レストランウエディングなどにもピッタリ。

オーダーは

「Aコース」1300円
前菜、メイン、デザート、ドリンク付き

2週間くらいごとにメニューが変わります。

本日は

森のキノコのサラダ

菜の花と魚介類のクリームスパゲッティーニ
または
オニオン入りジャガイモとベーコンのドリア

チョコとクルミのムース

潜在的にずっと食べたいなぁと思っていた
ドリアを選ぶことにしました。

サラダはソテーされたキノコの上に
アーモンドがたっぷり。

キノコのうれしい風味とパリパリとした
アーモンドの食感と味わいが
うれしい組み合わせ。

ドリアはライスの上に薄くスライスしたジャガイモがのり、
じっくりと炒めたオニオンと細かく切ったベーコンが入った
クリームソースをかけ、
チーズをのせて香ばしく焼いてあります。

オニオンの甘味がクリームソースを引き立てています。
薄切りのジャガイモの食感も捨てがたい。

バランスよくできあがったドリアは、
ちょっと高級感あふれる一品となっているのでした。

SANY0156デザートのムースは
上にチョコレートが
塗られ、
すぐ下にはクルミ。

ほどよい甘さが
生クリームと
合わさり、
満足のいく
フィニッシュでした。

こちらの
レストランでは
ランチ・ディナータイムごとに
玄米から精米機で精米した米を使っているとか。

なるほど。
ドリアのおいしさの秘密はここにもあったのか…。

Mariage Un(マリアージュアン)
横浜市西区岡野町1ノ11ノ21、
ドルックス横浜1階
営業時間 午前11時30分~午後10時
(ランチは午後2時30分)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 13, 2006

フルーティーな香り。NINA’S CAFEの本日のサンドイッチプレート

SANY0152週明けは、
横浜からスタート。

久しぶりに
横浜駅西口界隈。

月曜日というのは、
結構定休日の店が多く、
どこに行ったらいいのか、
悩むところです。

そこで、そんなときは
駅ビルや地下街を使うのが懸命。

そして、見つけたのが相鉄ジョイナスに
3月3日にオープンした

「NINA’S CAFE」

フランスの紅茶ブランドのカフェです。

天然の良質なフレーバーだけを厳選し、
経験豊富なティーブレンダーが
丹念に香り付けされた茶葉が楽しめます。

店内は、白と赤を基調としたかわいらしい雰囲気。
ソファ席など、ゆったりとくつろげる空間です。

オーダーは

「本日のサンドイッチプレート」1000円
スープ、サラダ、ドリンク付き

本日のサンドイッチは、
アボガドとチキンのサンドイッチでした。
ドリンクはもちろんニナスブレンド

野菜たっぷりのミネストローネスープで、
お腹は食欲増進。

サンドイッチは、まんまるのバンズに、
チキンとアボガド、トマト、レタスが
あふれんばかりにサンドされています。

表面を焼かれたバンズは、ほのかに香ばしく、
中身はフワフワ。

アボガドのまったり感と
チキンのしっとりとしたやわらかさが、
口の中でぴったりとマッチ。
トマトのジューシーさも合わさり、
サンドイッチの楽しさを実感できる味わいです。

リナスブレンドは、
ブラッドオレンジ、ピーチ、ストロベリー、チェリーの香りを
中国紅茶に付けた代表的なフレーバーティー。

大きなティーカップからは、
うれしくなるくらいのフルーティーな香り。

久々の紅茶もいいものです。

このカフェ、
コーヒーは横浜ブランドのキャラバンコーヒー、
ケーキは西麻布のドゥリエール。

ショーケースに並んだケーキは、
ぜひぜひ、いただきたい一品です。

NINA’S CAFE
横浜市西区南幸1ノ5ノ1、相鉄ジョイナス地下1階
営業時間 午前11時~午後9時
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
かもめ食堂
☆☆☆☆☆

群ようこ原作、小林聡美主演。
そして、小林聡美とかつての黄金トリオの1人、
もたいまさこ。個性的な片桐はいり出演。
フィンランドのヘルシンキに
おにぎりをメインメニューとした
「かもめ食堂」をオープンさせた主人公。
来る日も来る日も人はやってこず、
そんなうちに片桐はいりと出会い、
もたいまさこが加わり…。
気づけばかもめ食堂は・・・。
なんというか、
とてもフシギな空気が流れている映画です。
「人は変わっていくもの」
「コーヒーは人が作ったものがおいしい」
「おにぎりは人が作ったものがおいしい」など、
ふと、心に留まるようなセリフが
ちりばめられています。
本当にフィンランドにこいう食堂があるのかと
思ってしまいます。
映画を観ていたら、
とても、とても、とても
おにぎりが食べたくなる映画です。

それから映画パンフレットが
あまりにもキュート! 
映画に出てくるメニューのレシピもあり。
なんだか、かもめ食堂が
自分のすぐ隣にあるような気がしてきます。

はぁ~、それにしても。
宝くじかあぁ…(タメイキ)。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, March 11, 2006

シャッキリ! 満理園のザーサイロースー

SANY0142本日、
朝早くから、
赤羽周辺で
お仕事。

ランチに
ありつけたのは、
なんと2時過ぎ。

その後の移動なども
考えた末、
いったん駒込に出て、
そこでランチをすることにしました。

駅周りをグルリと見回して選んだのが

「満理園」

中国料理師免許特急修得者のいる
本格中華の店。

町の中華料理店という風貌です。

店内はテーブルと座敷。

気軽にワイワイと中華を満喫できそうな雰囲気です。

注文は

「ザーサイロースー」700円
ザーサイ、スープ、ライス、デザート付き

ザーサイと肉の細切り炒めです。

細く切られたザーサイは、
ザーサイ特有のシャキシャキ感を残したままで、
かみ締めるほどに心地いい。

肉もいい塩梅の軟らかさ。
ザーサイとともにいただけば、
ご飯がどんどん進みます。

中華醤油のあっさりとした味付けも、
絶妙となっています。

ザーサイってこういう食べ方もあるんだぁと
ちょっと感心してしまいました。

スープはとろみのある卵スープで、
あっさり味。

デザートは杏仁豆腐で、プリンとした
弾力のある食感が楽しめました。

気楽な雰囲気で、
おいしく中華をいただける店でした。

満理園
東京都北区駒込1丁目
営業時間 午前11時~午後10時

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Friday, March 10, 2006

たっぷり♪DOUGHNUT PLANTのクリームチーズサンドセット

SANY0727サクッと食べる
ランチといえば、

やっぱり便利なのが、
JR品川駅構内にある
「e-cute」です。

最近この店では
ドーナッツだけでなく、
ベーグルも販売しているので、

さっそくそのセットを食べてみることにしました。

「DOUGHNUT PLANT」

ご存知、NYのLower East Sideにある
人気のドーナッツ店。

白金と大手町に数年前にオープンして以来、
着々と支店が増えています。

ここのドーナッツ、
できたては「ハフッ」とした食感と
まわりにかかっているグレーストのフレーバーが豊富で、
そこがお気に入りなのです。

さて、この店
「e-cute」の2階にあります。

おいしそうなドーナッツがズラリ。
手前にはベーグルが並んでいます。

オーダーは

「クリームチーズサンドセット」600円
ベーグル、サラダ、ドリンク付き

好きなベーグルと好きなクリームチーズが選べます

オーソドックスなプレーンベーグル
プレーンクリームチーズをセレクト。

もちろんベーグルは温めてもらいます。

できあがってきたベーグルは、
「これでもか! 」にちかいくらいのたっぷりクリームチーズ。

NYのソレに比べれば、多少盛りは少ないものの、
それでも、やっぱり、たっぷり感のあるボリュームです。

ベーグルはモッチリ。
厚みのあるベーグルです。

温かいベーグルにちょっぴりクリームチーズが溶けて、
それがまたいい味わいとなっています。

サラダはキノコ、カボチャ、ブロッコリーなどが入った
うれしい一品。

オーガニックのコーヒーとともに、
少しだけニューヨーク気分を味わいました。

DOUGHNUT PLANT 
東京都品川区高輪3ノ26ノ27、e-Cute品川1階
営業時間 午前10時~午後10時、
日曜、祝日=午前9時~午後8時

映画ウンチク
SYRIANA
☆☆☆

アメリカの石油会社、株ディーラー、
CIA、そしてそこに住む人々。
中東を取り巻く、グレーな部分を
それぞれの人の時系列を順番に
映し出している映画。
人の顔を覚えていないと、
ちょっとこんがらがってしまうかも…。
最近、この手の手法をよく見ます。
それにしても石油を取り巻く、
さまざまなこと。
本当にいろいろあるのだと思うばかり。
それにしても。
ジョージ・クルーニー。
わかっているのだけど、ついつい
あれ? これがジョージだっけ?
と思ってしまうこと、しばしばでした。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, March 09, 2006

石釜の威力! ENOTECA D’OROのアンチョビ・菜の花・トウモロコシのピッツァ

SANY0135半蔵門界隈で
打ち合わせ。

ランチタイムを
ちょっと過ぎたころに
終了し、

さて、この辺に
3時までランチを
やっているところは
あるんだろうか…。

と思いつつ、歩いていると、
赤いルーフが目に入る。

ついつい引かれて入ってしまった店。

「ENOTECA D’ORO」

1月10日にオープンしたばかりの
イタリアンレストランです。

通りに面したところに石釜を構え、
ここでピッツァを焼き上げています。

細長いカウンターキッチンの奥には、
驚くほどのワインの数々。
う~ん、夜が楽しそうな店です。

オーダーは、パスタも考えましたが、
やはり自慢のピッツァに。

「アンチョビ・菜の花・トウモロコシのピッツア」
1200円

サラダ、ドリンク付き

オーダーを受けてから生地をのばし、
石釜でじっくりと焼き上げてきます。

テーブルに運ばれてきたピッツァは、
もっちり厚めのナポリ風。
6枚に切り分けてあります。

さっそくどっしりとした1枚をぱくり。

生地はびっくりするくらいのモッチリ感。
そのモチモチとモッツァレラチーズの食感が
なんともいえず、至福な気分。

菜の花の苦味とシャクシャクとした食感。
アンチョビの塩っ辛さ。
コーンの甘さ。

一緒に口の中に入れれば、
その全部の素材の特長を生かしつつ、
一体感が口の中で広がっていきます。

菜の花とピッツァって、
合うなぁ…と、かなり感動してしまいました。

サラダもたっぷりの量でウレシイ。

こうした突然に出会える店が好きです。

ENOTECA D’ORO
東京都千代田区平河町1ノ9ノ3、名倉ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時~午前0時。日曜、祝日定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 08, 2006

密かな人気。楽園のニラレバ炒め

SANY0132横浜中華街には
たくさんの料理店があり、
どこも
そこそこおいしい。

なので、それぞれに
お気に入りの店があり、
それぞれに一過言ある…。

というのが、
楽しいところです。

この店も友人の絶大なる紹介から知った店。

訪ねてみれば、
食材の扱い方、味付けの絶妙さ。
すべてが、すばらしい! 

その感動で、夜中華街でご飯を食べるとなると、
大勢でココに駆けつけ、モリモリいただいていました。

ランチもないのかなぁと思いながら、
何回か前を通ったのですが、
シャッターがしまっていることが多く、

ようやく、今日開いていたので、初ランチとなったわけです。

聞けばいつも定休日に前を通っていたようです。

「楽園」

広東料理の店です。

噂では、中華街の料理人もここに食べに来ているとか…。

大通りにに面しているものの、
間口が小さいのと、質素な店構えで、
ふっと通り過ぎてしまいそうな、たたずまいが、
またいい味を出しています。

注文は

「レバニラ炒め」630円
ライス、スープ、ザーサイ付き

ここでは3つのランチと麺、ご飯ものがそれぞれ1つづつ
ランチサービスの630円で提供しています。

モヤシたっぷりのレバニラ。
レバーは豚レバで、むっちりとした歯ごたえと
滑らかな食感。

シャッキシャキに炒められたモヤシや
色鮮やかに炒められたニラと一緒にいただくのが
やはりオイシイ。

ショウガを炒めてから、すばやく素材を炒めているようで、
このショウガと中国醤油の香りと味わいが
本当に、いい塩梅となっています。

スープのだしも、ただただうなるのみ。

ザーサイはちょっと辛目の味付けにしてあり、
3品ともバランスよくいただくことができました。

中華街ランチは、リーズナブル価格で
本格料理が楽しめる。
また、しばらくコレにハマりそうです。

広東料理 楽園
横浜市中区山下町154
営業時間 午前11時~午後2時、午後4時~9時
土・日曜、祝日=午前11時~午後9時。火曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 07, 2006

南部の味わい。GANBO&OYSTER BARのシーフードガンボ

SANY0129SANY0130

牡蠣のうまさを知っているものの、
カラダがあまり歓迎しない…。

ところが、なぜか
突然どうしようもなく食べたい衝動にかられるときがある。

どうも、今日はそんな日だったようです。

場所は池袋。
サンシャインシティ・アルパ3階にある

「GANBO&OYSTER BAR」

日本各地だけでなく、世界のオイスターが
楽しめる場所です。

私の知る限りでは、こうしたオイスターバーが
普及したのはこのガンボとMAIMONの
おかげではないかと…。

今ではこの店もあちこちで支店展開しているようです。

店内はスタイリッシュな造り。
L字カウンターとテーブルです。
カウンターに座ると、にオイスターの情報が
黒板に英語で書いてあるのが目に入ります。

なんとなく、外国にいる気分。

オーダーは

「シーフードガンボ」980円
牡蠣フライ2ピース、サラダ付き

プラス200円でドリンク付き

まずは前菜として、牡蠣フライとサラダが
やってきます。

カキフライはタルタルソースと
スイートチリソースにからしをのせたもの。

サクッとした心地よい歯ごたえの後に、
身のしっかりとした牡蠣が現れてきます。
ほのかな牡蠣の旨味がなんともいえません。

タルタルソースはまろやかに、
チリソースは刺激的に牡蠣を演出しています。

シーフードガンボは、
エビやムール貝、ホタテなどのシーフードと
忘れてならないオクラをじっくりと煮込んだもの。

オレガノなどの香草と一緒に煮込んであるのが
アメリカ南部風。

オレガノの香りがなんともいえず、哀愁をさそいます。

真ん中にあるご飯を崩しながらいただけば、
スープに広がったオクラのとろり感、
シーフードの食感がなんともいえず、
そして、香り豊かに、スパイシー! 

ついついスプーンを口に入れる速度が
早くなってしまいます。

オイスターバーを知ってから、
さまざまな銘柄の牡蠣を知ることができました。

久しぶりに夜も行ってみたいなと
思ったひとときでした。

GANBO&OYSTER BAR
東京都豊島区東池袋3ノ1、
サンシャインシティアルパ3階
営業時間 午前11時~午後3時、
午後5時~11時
土・日曜、祝日=午前11時~午後11時
(ランチは午後3時、土・日曜、祝日は午後4時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, March 06, 2006

いろいろの楽しみ。みずむらの大人様ランチ

SANY0126今日は、
横浜の海側に
出没。

どこでランチを
するか…。

久しぶりだったので
石川町で途中下車
することにしました。

元町は月曜定休の店も多く、週末の忙しさに
ほっとひと息ついているような空気が漂っていて、
それがなんとなくお気に入り。

とはいえ、大通りでランチを探さず、
「リセンヌ小路」・・・といつの間に名前がついたのやら、
まぁ、いわゆる裏通りで気分に合った店を探します。

で、アンテナに引っかかったのがココ

「みずむら」

肉屋の肉料理・・・という肩書きの店です。

30年の肉屋の経験で、その時期最良の肉を仕入れて
ステーキはもちろん、焼肉、しゃぶしゃぶなどが
楽しめるところ。

ログハウス風の店の造りが、
街の洋食屋という雰囲気を生み出しています。

注文は

「大人様ランチ」1000円
豚生姜焼きまたは豚もやし、カニコロ・キスフライ・肉巻き明太子1品、
ハンバーグ、味噌汁、サラダ、新香付き

なんにしろ、ネーミングにひかれてしまいました。
あれこれいろいろいただけるというのが、なんだかウレシイ。
選べるというのも楽しい。

で、セレクトしたのは
豚もやし、カニコロ

運ばれてきた皿は野菜もたっぷりの一品となりました。

豚肉はあくまでも弾力を残したやわらかさ。
塩コショウがきいて、モヤシのシャクシャク感と合っています。

ハンバーグは、ふんわりととけるような柔らかさ。
その中にも肉汁がじんわりとやってきて、美味。

さらにカニコロは、衣はカリッカリ。
そして中のクリームがトロロ~ン。
卵の食感がしっかりと残っているタルタルソースも
イケてます。

肉屋の惣菜をあれこれ楽しめるメニュー構成に
感動です。

ランチにはステーキのメニューもあり、
かなりリーズナブル価格。

肉を思い切り食べたいときにオススメです。

肉屋の肉料理 みずむら
横浜市中区石川町1ノ13
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~10時
水曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 03, 2006

ワッシワッシな迫力。もうやんのカレーバイキング

SANY0160久しぶりの新宿。

さて、ランチでも
と思ったときは
西新宿の都庁辺り。

どうしようかなぁと
思った瞬間。

唐突に友人の言葉が
よみがえる…。

「ときどき、モーレツに
あそこのカレーが
食いたくなるんだよなぁ…」。

その言葉にずっと引かれていたものの、
なかなかその周辺に行く機会がなく、
食べるチャンスを逃していました。

西新宿、しかも新宿公園そばまで
来ている今こそ! 

そこに行くしかないのでは、と決断。

どこにあるかはうろ覚えでしたが、
たどり着いてしまいました。

「もうやん 大忍具」

もともとは「もうやんカレー」というのが、
十二社通り沿いにあるらしいのです。
友人が言っていたのも、多分本家本元。

青梅街道沿いにあるとは、新発見でした。

山小屋風の店内に踏み入ると同時に、
スタッフからブルーの大皿を渡されます。

そう。
メニューはひとつのみ。

「カレーバーキング」980円

バターライスをベースに、ビーフホホ肉煮込みカレー、
ポークバラ肉煮込みカレー、プレーンカレー。
ふかしジャガイモに牛すじ煮込み、
もうやん式春雨にもうやんおうどん、
キャベツ&トマトサラダ
と豪華絢爛。

加えてルイボスティーにコーヒー、紅茶
いたれりつくせりのバイキングです。

もちろん、一応食べ放題。

ぜ~んぶ食べてみたい! とは思いつつ、
ビーフカレーとポークカレー、プレーンカレーを
ちょっとずつのせ、ふかしジャガイモと
サラダをのせると、すでにお皿いっぱいになってしまいました。

カレーはプレーンは酸味も感じられるマイルドカレー。
でも。
「うそ~!? やめて~!」というくらい
たぶん
大量のタマネギをじっくりと炒めたものをベースにしているようで
そのタマネギのうまみがじんわりと伝わってきます。

ビーフカレーもマイルドな口当たり。
ポークはとにかくバラ肉がホロホロに柔らかく、
うまみが凝縮されています。

これらのカレーが、また風味のいい
バターライスによく合います。

ルー自体には見え隠れするものはほとんどなく、
野菜やスパイスがたっぷりとルーの中に
入り込んでしまった感じ。

けっしてインドカレーーでも欧風カレーでも
ましてやスープカレーとも違う。

まさに「もうやんカレー」としかいいようのない
味わいがしました。

隣をふと見れば、ライスもカレーもてんこ盛りで
ワッシワッシと元気よく平らげていく客ばかり.。。

男らしい店・・なのですが、それはそれ。
しっかりと女性客もこのバイキングの列に並んでいます。

この界隈での人気。
納得のひとときでした。

もうやん 大忍具
東京都新宿区西新宿8ノ19ノ2、西新宿TKビル1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~11時30分。土曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Thursday, March 02, 2006

女性にウレシイ♪胡心房のヘルシーセット

SANY0155SANY0156
SANY0154

めずらしく、
町田周辺で打ち合わせ。

町田駅周辺は、ビッグターミナルで、
あらゆるショッピングビルが多くある一方で、
庶民的な昔ながらの店も並ぶ場所。

歩いていると、なんだか迷子になってしまいそうな、
入り組んだ道がおもしろいところです。

さて。

ランチはどうしようと、フラフラと歩いていると、
JR横浜線の駅に面したところに行列を発見。

どうやらラーメン店のようです。

スタイリッシュ系の趣があったので、
時間もあることだし、並んでみようと決心。

「胡心房」

とんこつ系に魚介を加えたスープが特長の店です。

昨年の5月に町田にオープンしたとか。

行列待ちの後、店内に入れば、
低めのカウンターの向こうに女性が元気に働く姿が…。

チャッチャッと麺を切るのがさまになっているのがイキです。

注文は券売機で購入。

初め、「味玉ラーメン」750円にしようと思ったのですが、

女性限定の
「ヘルシーセット」950円に変更。
10品目のサラダ、デザート付き

ヘルシーセットのラーメンは、
ヘルシーラーメン

単品のヘルシーラーメンは、
豆乳の麺だそうですが、

セットの場合は、
半分はコンニャク麺、半分は普通の麺を使用しています。

このセット、同店の通常のラーメンよりも
カロリーが低いんだとか。

かなり、女性にうれしいセットです。

まずはサラダが出てくるのですが、
苦手な野菜があるか聞いてくれてから、
カウンターに美しく盛られた野菜から、
注文ごとに盛り付けて出してくれます。

ドレッシングは特製で、
なんと、ベースはチャーシューのたれ。
ほんのり甘く、でも食欲をそそるドレッシング。

シャッキリしたサラダはイタリアンパセリやジャガイモ
ホウレンソウなど、心の行き届いたラインアップで
かなり満足。

ラーメンは、
まんまるいチャーシューが2枚。
ホウレンソウ、メンマ、海苔とシンプル。

ぷ~んと香ってくるのは、やはり魚介系。
でもスープを飲んでみると、とんこつ。
まったりとした感じなのですが、なぜかすっきり。

麺は中太のストレート麺。
コンニャク麺というのを感じることなく、ツルツル。

チャーシューはトロンととろけるような食感。

チャーシューと一緒に麺をいただくと、
なんともいえない味の組み合わせが
口の中に広がります。

デザートは杏仁豆腐の豆乳バージョン。
プリンプリンとしたさわり心地。
そしていただいてみれば、しっかりと豆乳の味。

こういうセットがあるのは、かなり感動的。
女性らしい心配りを感じさせるラーメン店でした。

胡心房
町田市原町田4ノ1ノ1、太陽ビル1階
営業時間 正午~午後3時、午後6時~9時
(日曜、祝日は正午~午後8時)。月曜定休

映画ウンチク
Broke Back Mountain
☆☆☆☆

いろいろなレビューで、映画内容が明らかに
なっていますが、
アカデミー賞候補であるというだけの
先入観なしで観た私が思ったこと。
ワイオミングのカウボーイ2人が、
Broke  Back Mountainの
夏から冬前までの羊追いの仕事をする。
山の中での暮らしは、これぞカウボーイ! 
食事にしても、見ているだけで、
アウトドアクッキングってこういうことなんだと
その大胆さと
ノウハウを目の当たりにした感じで
感心することしきり。
しかも2人の気持ち良いほどの友情。
男同士の友情っていいなぁ…。
と思っているころに、
いきなりの展開、映像。

びっくり。

これって、そういう映画だったの? 
と思うものの、でも、その描かれ方は
本当に美しい。
男とか女とか関係なしに
人を想う気持ちの美しさ・・を感じます。
人間愛・・・。人を愛するすばらしさを
究極な形で表現した映画でしょう。
原作を読むと、
かなりの衝撃的な感はありますが、
映画自体は、そういうことよりも、
人間愛! を描いていると思います。

さて。
来週明けはアカデミー賞です。
どの作品が作品賞を取るでしょう?
このBroke~は有力候補と言われていますが、
アメリカの一部の州では、公開中止していたりと、
ちょっといわくつき。
とはいえ、「ミュンヘン」や「クラッシュ」も
人種が絡んだストーリーでもあるので…。
となると、ジョージ・クルーニーの
「Good Luck and Good Night」?
この映画は、アメリカのテレビ史上の
ニュースキャスターの人生を描いたもので、
日本人の私としては、よく前後がわからなくて...。
でも、映像的にはいい感じにはまとまってはいます。

う~ん。でもなぁ。
ちょっと弱い気もします。
難しいところです。
エンターテイメント的には
Broke~、クラッシュかな。。。と思いますが、
ここはひとつ。
「Good Luck~」に1票。
う~ん、微妙~。
いずれにしても
結果が楽しみです。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 01, 2006

ハワイを満喫!? MAHANAのMAHANAスタイルロコモコ

SANY0158今日は、
巡り巡って、
浜松町へ。

この辺だと、
ガッツリ定食系の
ランチかなぁ…と
思いながら
歩いていると…。

なんだか、南国の風。

まるで、ビーチサイドに建つような雰囲気の
店を見つけてしまいました。

「LOCO’S TABLE MAHANA」

ハワイワンテーストの
フードとドリンクが楽しめる場所です。

恵比寿や銀座、赤坂にも店を構えているのですが、
ココ浜松町は地下1階~2階のスペースを使い、
現実を忘れてしまいそうな空間を演出しています。

1階はカウンターとテーブルのダイニングスペース。
2階はテラス席、地下1階はラウンジとなっています。

オーダーは

「MAHANAスタイル ロコモコ」980円
ドリンク付き

木の器に盛られてきたロコモコは、
カリリと焼かれた
アツアツのハンバーグの上にかけられた
マヨネーズの香りがぷ~ん。
食欲をそそられます。

ハンバーグのほか、温泉卵、
レタスに水菜、トキューブカットしたトマト、
スイートコーンをザックリと
混ぜ合わせていただきます。

ハンバーグは肉の旨味がギュッと詰まった味わい。
卵とからんだ部分はよりマイルドに。

シャキシャキとしたレタスや水菜とハンバーグ。
酸味と甘味のジューシーさが際立つトマトとハンバーグ。

混ぜ合わせたからこそ味わえるのは、
ロコモコだからこその快感です。

窓の向こうに見える雨しずく。
こういう天気の日に、
南国の空気の中で外を眺めるのは、
結構好きです。

LOCO’S TABLE MAHANA
東京都港区浜松町1ノ18ノ11、
A.T.ビル1階
営業時間 午前11時~午前4時
(土・日曜、祝日は午後11時)
(ランチは午後3時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »