« ちょっとずついろいろ。風の賦の風の賦膳 | Main | 喫茶店の居心地。まめ蔵のポークカレーセット »

Thursday, February 16, 2006

リゾートに感じる風。Island Cafeの日替わりプレート

SANY0121SANY0120

ちょっぴり冷たい雨の日は、
なんとなく南の島の雰囲気を味わいたくなります。

横浜・関内の関内大通り沿いにある

「Island Cafe」は、

まさにそんな日にぴったり。

昨年の12月25日にオープンしたカフェです。

明治時代の洋館の趣を残した
新しいビルで、
「Se Relaxer」というリゾートスタイルサロンが
経営しています。

簡単にいえば、ビューティーサロンやネイルサロン、
アロマテラピーなどが受けられる場所。

このカフェは「ocean front店」の中にあります。

道に面したカフェですが、
壁が高く、そしてそこから上の窓が広い。
天井も高いので、開放感あふれる雰囲気。

南の島な雰囲気を演出しているわけではなく、
でも、あの独特の開放感というか空気感が
全体に漂うリラックス空間です。

オーダーは、

「日替わりプレート」900円
デザート、ドリンク付き

本日は
豚ロースのピザ風オーブン焼き

葉っぱの形をしたプレートに盛られてきたメニューは、
サラダに、パンプキンサラダ、
レンコンの煮しめ。

そして、黒米。

豚ロースの上にはトマトとチーズ、バジルソース。

豚肉を土台にしたピザという感じなのですが、
この豚肉の食感がギュッとしたかみ応え。

黒米は弾力があり、噛むほどに香ばしい。

食後に運ばれてきたデザートは、
アーティスティックなできばえで、
この日はコーヒー味のケーキ。

たっぷりのカプチーノを味わいながら、
しばし、リゾート地にいる気分を満喫しました。

Island Cafe
横浜市中区本町4ノ41、
D’グラフォート横浜 Cruising Tower1階
営業時間 午前11時~午後10時。
土・日曜、祝日=午前10時~午後8時。
第1・3月曜定休
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
Walk The Line
☆☆☆☆

エルビス・プレスリーと同じ時代、
カントリーミュージック界で名を馳せた
Johny CashとJune Carterの
歴史映画。
JohnyのトラウマやJuneへの想い、
2人に生まれる信頼と友情、そして愛。
たぶん、史実に忠実に描いた
愛にあふれた映画です。
ゴールデン・グローブで
主演女優賞を受賞した
リーズ・ウェザスプーン。
今までコメディタッチの映画ばかりだったので、
この役どころは、本当に新鮮でした。
かなり、Juneの研究もしたのでは
ないでしょうか?
映画を観る前に、
2人の音楽を聴くとさらに楽しめるのでは・・・。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

|

« ちょっとずついろいろ。風の賦の風の賦膳 | Main | 喫茶店の居心地。まめ蔵のポークカレーセット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/8688381

Listed below are links to weblogs that reference リゾートに感じる風。Island Cafeの日替わりプレート:

« ちょっとずついろいろ。風の賦の風の賦膳 | Main | 喫茶店の居心地。まめ蔵のポークカレーセット »