« 郷土館の強味。遊食菜彩いちにいさんの黒豚の野菜蒸しセット | Main | プルンプルン! 利口福のWonton Noodle Soup(BlogPet) »

Tuesday, February 14, 2006

噛みしめるシアワセ。香川の黒毛和牛肉のすき焼き

SANY0114どうも
ここ2週間ほど、
なぜか
野菜に
執着していたせいか、

肉が気になって
仕方がない・・・。

今日も銀座界隈での打ち合わせだったので、

昨日は豚肉だったし、今日は牛肉でも食すか。

と向かったのは、
数奇屋通りにある、

「日本料理 香川」

ここは
「sun-mi TAKAMATSU」の中に入っている店。

昔から宴会などで利用されていた
「銀座 高松」が
日本料理だけでなく、フレンチやイタリアンも楽しめる
ように進化したところ。

宴会場などもあるので、
ちょっとしたウエディング会場・・・な雰囲気も
かもし出しています。

ビルの中に入ると、まずはお迎えが出て
「どちらへ? 」とお伺い。

一瞬ひるみますが、
気にせず「4階の香川へ」と伝えれば、
そのままエレベーターへ。

1階はエントランスホールも広く、
待ち合わせにも使えそう。

カウンターとテーブル席で奥行きのある店内。

カウンター周りには、香川のお酒や
魔王、森伊蔵などもならんでいます。

注文は

「黒毛和牛肉のすき焼き」1050円
卵、うどん、ご飯、味噌汁、漬物付き

陶板の器にグツグツといいながら運ばれてきた
すき焼き。

グツグツいっているうちに
うどんを投入しておくのがコツとか。

卵を溶いて、早速すき焼き肉をパクリ。

しっかりとした弾力で、噛みしめるほどに
肉の旨味が口中にあふれてきます。

脂身のなんともいえぬうまさ。

甘辛に煮込んだ肉や野菜は、
卵にくぐらせると、本当にいい塩梅。

しかもご飯がすすみます。

太く切ったネギも、ネギの甘さがギュッと出ています。

投入しておいたうどんは、讃岐うどん。
しっとりとタレを吸い込んだうどんは
モチモチ、ツルツル。
でも、なんだかさっぱりといただけます。

ちょっぴり残った卵に、
これまたちょっぴり残ったご飯を入れて
卵ご飯でシメ。

行儀悪いなぁと思いつつ、
タレの甘さと卵がからんだ
卵ご飯は、かなりのうまさ。

ご飯の盛りもかなりあったのですが、
気づけば、あっという間に完食。

魚のアラで出汁をとった味噌汁など、
さすが日本料理と名乗るだけの
心配りがあるものだと、感心してしまいました。

気持ちよくランチが楽しめる場所です。

日本料理 香川
東京都中央区銀座6ノ3ノ9、
sun-mi TAKAMATSU4階
営業時間 午前11時~午後10時
(土・日曜、祝日は9時)
(ランチは午後2時30分まで)

映画ウンチク
ジャーヘッド-Jah Head-
☆☆☆

90年代のイラク戦争のときの
USマリーンたちの話。
戦いはたった4日間4時間ちょっとだったけれど、
それまでの砂漠での待機の長さといきたら! 
喪失感、むなしさ、孤独感など
マリーンたちの気持ちをどこに
向けたらいいのか...。
しかも終わってみれば銃を撃っていない戦い。
かなり重い内容ではあるのですが
Don’t Worry,Be Happyなど
軽快な音楽で、皮肉っているような仕上がりに
なっているような気がしました。
彼らは「地獄の黙示録」の映画を観て
士気を高めたけれど、
これからはこの映画を観て
士気を下げてほしいかも・・・。
それにしても主演の
ジェイク・ギレンホール。
男たちが集まって、長いこと同じ場所で生活する。
その場にいるものだけにしか生まれない
熱い友情などがあるとは思うのですが、
「BrokeBackMountain」を観てしまった身としては、
ちょっと、もしやもっとヘビーなことも
起こるかもだよね…なんて思ってしまったりして。
「BrokeBackMountain」については、
また公開前にアップします。
ジェイク・ギレンホール、
いろんな役をこなせる俳優とは思っていませんでした。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

|

« 郷土館の強味。遊食菜彩いちにいさんの黒豚の野菜蒸しセット | Main | プルンプルン! 利口福のWonton Noodle Soup(BlogPet) »

Comments

ジェイク・ギレンホール、
「遠い空のむこうに」のときから、気になってました〜。
ハリウッドのボンボンかと思ったけど、根性あったんですね。
「BrokeBackMountain」も「ジャーヘッド」も見なくては!

Posted by: JET | Wednesday, February 15, 2006 at 09:20

>JETさん
「ブロークバック~」は、
究極過ぎるけれど、
とてもいい映画と思います。
お見逃しなく!

Posted by: じゅんじゅん。 | Wednesday, February 15, 2006 at 21:24

すき焼きおいしそう~♪
ってか安いっ!
お得すぎやしませんか!!
おなかすいちゃいますねー

Posted by: sums | Monday, February 20, 2006 at 23:42

>sumsさん
そんなに肉てんこ盛り!って
ワケではないんですけどね。
でも、この手ごろ感がうれしいですよね~。
すき焼きだし♪

Posted by: じゅんじゅん。 | Tuesday, February 21, 2006 at 21:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/8655329

Listed below are links to weblogs that reference 噛みしめるシアワセ。香川の黒毛和牛肉のすき焼き:

« 郷土館の強味。遊食菜彩いちにいさんの黒豚の野菜蒸しセット | Main | プルンプルン! 利口福のWonton Noodle Soup(BlogPet) »