« November 2005 | Main | January 2006 »

Friday, December 30, 2005

本場のプリプリ。老辺餃子館の日替わりCランチ

SANY0726 SANY0725

先日、
今年最後の打ち合わせ。

なぁんて言っていたのですが、
急遽、本日も
打ち合わせが入り、新宿へ。

年越しの仕事となりますが、
まぁそれもシアワセなことと思い、
終了後はランチ処を探します。

さすが、ここまで年が押し迫ってくると、
オープンしている店も多くはなく、
ちょっと悩みましたが、

手っ取り早く、新宿駅南口近くにある

「老辺餃子館 本館」に向かいました。

老辺餃子とは、清朝中ごろの1829年に、
辺福という老人が苦心のすえ作り出した餃子。
180年の歴史を持っています。

藩陽の本店と提携しているこの店で、
その歴史に誇る老辺餃子がいただけるのです。

中国料理としては、揚州料理がいただけます。

ビルの3階に上がると、なんとなく中国な雰囲気。

注文は

「日替わりCランチ」880円
料理、老辺餃子1セイ、スープ、ご飯、お新香、杏仁豆腐付き

本日のラインアップは、
「牛肉の薄切り唐辛子炒め」
「老辺餃子」は
鶏冠形のシイタケの具、馬蹄形の鶏肉の具の2品
「豚肉とザーサイの細切りスープ」

セイロに入って運ばれてきた餃子は、
プリンプリンでツヤツヤの皮に包まれています。

味がついているので、そのままパクリ。

シイタケも鶏肉も、かんだとたんにジューシーな
エキスがあふれ出します。

モチモチでプリプリの食感に思わずうっとり…。

牛肉の薄切り唐辛子炒めは、
最初は甘く、次にピリッとくる味わい。
牛肉の旨さがじんわりと伝わってきます。
タケノコのシャキシャキ感とピーマンの食感もウレシイ。

デザートの杏仁豆腐は、
どちらかというとココナッツミルク豆腐という感じ。
ネッチリとしたスプーン触りに、このテーストは
ちょっと楽しい。食べ応えがありました。

次回は餃子三昧したいものです。

老辺餃子館 本館
東京都新宿区西新宿1ノ18ノ1、オガワビル3階
営業時間 午前11時30分~午後11時30分
(ランチは午後5時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (20) | TrackBack (0)

Thursday, December 29, 2005

幻の・・・? 十和田の暮坪そば

SANY0687毎回浅草に来るたびに、

やっぱり洋食とか
寿司とか、蕎麦だよね~! 

といった気分に
なってしまうのですが、

今日もやっぱり
そんな気分に
なってしまいました。

しかも、今日はこのメニューに釘付け! 状態です。

浅草駅からすぐの、仲見世と平行に並んでいる
メトロ通り沿いにある

「手打ちそば 十和田」

十和田湖周辺の特選南部そば粉を使った
手打ちそばをいただける店です。

店内は、割と大箱。
1階はそれほどテーブル席はありませんが、
2階はお座敷になっていて、
大勢でも入れてしまいます。

注文は

「暮坪そば」950円

暮坪というのは、
暮坪カブのことです。

このカブ。ダイコンのような風貌なのですが、カブ…。

という、伝統野菜なのだそう。

岩手県の遠野で栽培されています。

実は、この暮坪カブの存在を知ったのは、
漫画「美味んぼ」。

漫画の中では、刺身に合う新しい薬味を探して来い
という中で出会う野菜。

辛味ダイコンというのは、カブのような風貌なのにダイコン。

暮坪カブはその逆というワケです。

薬味に変わるもの…というからには、相当に辛い…。

運んできた店員さんも
「かなり辛味があるので、ご自分で加減して入れてください」
とのこと。

まずはつゆに入れる前にパクリ。

ん。鼻にツンッとくる辛さです。

でも、ダイコンのみずみずしさではなく、
やっぱり力強いカブの味わい。大地の香りというのか…。

おいしいかも。

そして、つゆと一緒にズルッ。

甘めのつゆに、この暮坪カブがよく合います。

ほかにネギなどの薬味はなし。

だからこそ、そばとカブとつゆの味わいを
かみ締めることができます。

最後のそば湯は、結構ドロリ系。

これに残りの暮坪カブをどっさり入れていただけば、
これまた、なんともほっとするような味わい。

暮坪カブのシーズンは10月くらいから1月くらいまでとか。

なかなかお目にかかれない食材だけに、
再び味わいに訪れてしまいそうです。

手打ちそば 十和田 メトロ通り店
東京都台東区浅草1ノ33ノ5
営業時間 午前11時20分~午後8時。月曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 28, 2005

あっさりソース。ちょっとローマのCセット

SANY0719年に少なくとも
1回くらいは、
なぜか降り立つ
機会のある場所。

学生時代の
通学路で何度も通った
場所なので、
なんとなく懐かしさを
感じてしまいます。



東京・田町で今年最後の打ち合わせです。

では、ランチは…というと、
学生時代とはかなり店のラインアップも変わってしまい、
また、そうそう学校の近くの店に
入り浸ってはいなかったので、
結局いつものように探すことになってしまいます。

で、見つけたのが

「ちょっとローマ」

店名のとおり、イタリア料理の店です。

ビルの2階にあるこじんまりとした店構え。

ここのパスタは、幻といわれる
「ボロイエ」のパスタを使っているそう。

オーダーは

「Cセット」980円
パスタ、パン、サラダ、ドリンク付き

パスタは
「地鶏・湯葉・シメジのクリームソースパスタ」です。

深めの皿にたっぷりと盛られたパスタは、
まさにボリューム感あり。

クリームソースは、
そのままスープとして飲んでもいいくらい、
さらりと、そしてあっさりとした味わいです。

地鶏は表面をちょっと炙ってその香ばしさが魅力。

シメジはシャッキリとした食感と、
その風味がしっかりと出ています。

湯葉は、湯葉独特の歯ごたえ。

パスタはフェデリーニのような細さで、
ソースがしっかりとからんできます。

シメジとパスタ、地鶏とパスタ、
湯葉とパスタ…と、
それぞれの組み合わせから生まれる食感が
なんとも楽しい。

シメジと湯葉とパスタを一緒にいただくのも、いい。
地鶏と湯葉、シメジとパスタ全部を
くるくると巻き込んでいただくのも、またいい! 

ソースのおいしさに、
ニコニコしながらいただけるパスタでした。

イタリア料理 ちょっとローマ
東京都港区三田3ノ4ノ12、田村ビル2階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時30分~11時

映画ウンチク
Chiken Little-チキンリトル-
☆☆☆

父と子どもの物語。
”Chiken”は俗語で臆病者の意味がありますが、
このチキンリトル、積極的過ぎて失敗ばかり。
本人は真剣なのに周りからはダメ出しばかり。
もちろん父さんも...。
一度は名誉を回復したものの、
宇宙からやってきたエイリアンの話を信じてもらえず、
街は大変なことになってくる...。

そんな感じのストーリーですが、
結構アニメーションをしっかりと見ていると、
パロディ炸裂!
ディズニームービーならではの、
”あの”キャラクターまでパロディにされていて、
なんだかほほえましくなってしまいました。

”Everyday is a new day! ”
な気持ちで、毎日を過ごしたいものです。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボンジョルノ~♪カヤバッチョの本日のリゾットランチセット(BlogPet)

きのうこぱんが、じゅんじゅん。は営業ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 27, 2005

パンとコーヒー。nanbanya cafeのチキンサラダサンドセット

SANY0716今週は
横浜特集です…。

というくらい横浜を
うろついています。

時間のある
ランチタイム
だったので

くつろげる場所がないかなぁ…と探し当てたのが

横浜・伊勢佐木町にある

「nanbanya cafe」

厚木に本店がある、
コーヒー豆を扱っている南蛮屋がオープンしているカフェです。

店内は、木目調の落ち着いた雰囲気。
南蛮・・・といった、明治のころを思うような
アンティークな空間です。

オーダーは、平日限定のメニュー

「チキンサラダサンドセット」900円
ヨーグルト、ドリンク付き

ドリンクはメニューの中から400円のものならば
なんでもOK。

その、コーヒーの種類の多さにまず驚かされます。
さすがです。

選んだのはコクときれいな味わいといわれる
「ドミニカ」。

コーヒーの酸味と濃い目な味わいが、
なんだかほっとしてしまいます。

チキンサラダサンドは、
南蛮屋ベーカリーで焼いた、オリジナルパンに
スモークチキンとカイワレ大根、トマト、レタスをはさんだもの。

パンは食パンになるのですが、
感動するくらいの厚みのあるパン。

パンの耳部分がカリカリに焼かれていて、
中はもっちり。

柔らかなチキンとカイワレのピリッとした風味が
さっぱりとした仕上がりになっています。

トマトのジューシーさもウレシイ。

満足! 

コーヒーをゆっくりと味わいながら、
心地よい時間がすごせました。

こういう喫茶店的雰囲気の場所、
大切にしたいものです。

nanbanya cafe
横浜市中区伊勢佐木町2ノ90
営業時間 正午~午後8時

映画ウンチク
NOEL
☆☆☆

クリスマスも過ぎてしまったので、
今さら・・・という感もありますが、
ウィンターシーズンのNYを見たいという
気持ちもあって、鑑賞。

ひと言で言えば、
孤独なNYのクリスマス。

40代のローズ(スーザン・サランドン)・独身。
母は介護が必要で病院に…。
ここを軸にして、さまざまなニューヨーカーたちが登場。
日々の忙しさに埋もれてしまった大切なこと、
感情、そういったうまくいかない苛立ちが、いかにも
あの街の人たちらしい。
最終的には、クリスマスにも奇跡が起こるんだねって
ハッピーに終わりますが、

イタイ。

とにかくイタイ。このイタサをわかってしまう
自分も悲しい…。
でも、決してNYだけでない、都会での生活の
せつなさがたっぷり。
どっぷりとつかってみると、
そこから光が生まれてくるかもしれません。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 26, 2005

つゆの旨味。田中屋のチキンカレーうどん

SANY0708別に
カレーの夢を
見たわけではないのに、

起きてみると
なんだかすっかり
カレーモード。

そういえば、最近
ごぶさただったかも…。

そうはいっても、
今日は横浜。

カレー食べるならスープカレーといきたいところなのですが…。

横浜にはあまりスープカレーの店は少ない…。

それなら、カレーうどんだっ! 

ということで、
横浜・平沼橋にある

「平沼 田中屋」へ。

新高島の蕎麦屋「香露庵」の大元というか、
かの
「きざみ鴨せいろ」の考案者の店です。

店内は1人の人も気軽に座れる大テーブルに
2~4人用のテーブル、2階は座敷になっています。

入ってくる人入ってくる人、ほとんどの人が注文するのは
やっぱり
きざみ鴨せいろ。

それに負けないくらいオーダーが入るのが
カレーうどんなのです。

カレーうどんのスープは、大なべにカレー粉と小麦粉を
じっくりと炒めてルーをつくり、
そばつゆと合わせた逸品。

ポークカレーとチキン、竜田の3つのカレーうどんがあり、
カレーうどんに力を入れているのがわかります。

オーダーは

「チキンカレーうどん」850円
ご飯またはパン、漬物付き

鶏肉は甲州健味鶏を使用しています。
この鶏は、プリッとした弾力のある噛みごたえ。
しかも、かみ締めるほどに鶏の旨味を
じんわりと感じることができます。

自慢のスープはほどよいカレー風味に
蕎麦屋ならではのしょうゆ味のつゆが前面に出ています。

このスープ、飲むほどにおいしい。

麺は細麺で、カレースープがしっかりとからみます。

添えつけの漬物はキャベツの酢の物。

この酢の塩梅が絶妙で、いい箸休めに。

これを食べてまたスープを飲むと、
さっぱりとした味わいが楽しめます。

おまけのご飯を最後に入れて、
さらにあっさりとしたカレー雑炊に。

これパンで食べてもおいしいんだろうなぁと
その選択ができる心配りに感心してしまいました。

平沼 田中屋
横浜市西区平沼1ノ5ノ21
営業時間 午前11時~午後9時。日曜、祝日定休
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
FAN with Dick & Jane
ディック&ジェーン 復讐は最高
☆☆☆☆

ジム・キャリー得意の笑いの耐えない映画。
とはいえ、昇進したかと思ったとたんに
会社は倒産、年金補償もなく、
つまりは退職金もでず、みんなが路頭に迷ってしまう。
失業率の高さから、どんな職業でも仕方ないと
やってみるもうまくいかず、とうとう…。
と、結構シリアスなテーマなのです。
だからこの笑いはかなりシニカル。
最後はハッピーエンドだけど、それまでのことは
いいワケ? と思ってしまうものの、
彼が存在しているだけで笑えるあの演技。
最近は結構かっこいい役が多かったので、
ちょっと、うれしくなってしまいました。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Friday, December 23, 2005

タベタクナルモノ。RAKERUの森のきのこのデミグラスオムライス

SANY0675

横浜・上大岡。

なんとなく、
今日はオムレツとか
オムライスとかが
食べたいような気分。

そこで、
やっぱり専門店に
行くしかないかなと
考えて向かったのがココ。


さまざまな場所で支店展開している

「RAKERU」

まさにオムレツとオムライスの専門のレストランです。

ラケルとは、ギリシャ神話に出てくる女神の名前で、
幸せを呼ぶ神様として有名だそう。

専用農場から新鮮な卵を仕入れて作られる
オムレツ・オムライスは人気があり、
いつも混んでいるような気がします。

オーダーは
「森のきのこのデミグラスオムライスセット」870円
スープまたはサラダ、ドリンク付き

木のぬくもりを感じるカントリーな雰囲気で
運ばれてきたのは、
不思議の国のアリスの皿に盛られたオムライス&サラダ。

カレー味のライスにふんわりと焼き上げた卵がのっています。

デミグラスソースは、程よい味付け。
卵とのからみもしっとりとしていて、パクパクと
食べたくなる味わいです。

卵、ライス、ソースのバランスがとれていて、
あっという間に皿がきれいになってしまいました。

オムライスって、やっぱりウキウキするメニューです。


RAKERU 上大岡店
横浜市港区上大岡西1ノ6ノ1、
ウィング上大岡地下1階
営業時間 午前11時~午後11時

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Thursday, December 22, 2005

地のものを愛す。80*80の茶漬けセット

SANY0706打ち合わせの前に
横浜の
赤レンガ倉庫で
開催している
「ロバート・キャパ」の
写真展を見に行く。

第3弾は子どもたちの
写真ばかりで、
そのシャッターの
タイミングに感心するばかり。

で。その帰りに立ち寄ったのがココ。

馬車道から海に向かって歩き、
万国橋通りに変わってからすぐのところにあります。

先月くらいにオープンしたのですが、
この風貌。
SANY0704駐車場になる場所なのに、
立ち退きをせずに、
ちょこんと残ってしまったビル。

といった雰囲気なのです。
その側面に店名を書いてあり、
新しいのか古いのか、

なんとなくニューヨークの
ダウンタウンを思わせるような
いでたちなのです。

店の名前は

「80*80」 。
ハチマルハチマルと読みます。

その意味は、
ここから80km圏内の場所の素材を
80%使ったメニューを用意している…ということ。

80km圏内というと、伊豆は伊東あたりまで、
千葉は房総半島一帯、伊豆大島も入ってくるようです。

そうした地のものを直接買い付けているのか、
「LOHAS」な精神の素材がそろっています。

なんと、米は藤沢で合鴨農法で作られた米。
魚は三浦半島から直買い。

同じ神奈川県内でできたものを食べられるなんて、
ちょっと感激です。

注文は
「80*80茶漬けセット」700円
おかず、三浦野菜の漬物付き

茶漬けは地魚のアラから取った天然だしを
スープにしたものを、
ごはんにかけたもの。

この茶漬け。軽く卵を入れてあるようですが、
とにかく魚の旨味がたっぷり。

鯛の刺身が3切れ上にのっていますが、
それがなくても、漁師料理のまご茶になっています。

もちろん刺身も新鮮! ちょっとぬくくなった刺身も
旨味がましてイケます。

上にのっているのは小田原の梅干。
昔ながらのすっぱからさは
眠っていた体を起こしてくれる刺激です。

おかずはサゴチのフライ
衣をカレー風味にしていて、サクリといただけます。

漬物はキュウリにニンジン、そしてカブ。
自然な塩もみの漬物は、野菜の味が残っていて
これまたスゴイ! 

古びた木のドアを開けると小さなカウンターに
小さなテーブルが3つの店内。

その居心地の良さに、ついついショーウィンドーを
のぞき、
これも追加してしまいました。

SANY0705

「フィッシュパテ」
200円

エビのすり身を
パテにして、

バゲットの上に
のせて、
細かく切った
トマトとオニオンをのせたもの。

これに自家製のチリソースをかけていただきます。

これが、またカリカリとしたバケットとエビの旨味、
トマトの酸味が合わさって、極上の味わい。

こんなに気軽に、楽しくいただけるデリ。
ちょっとお気に入りになりました。
季節ごとに足を運びたいです。

80*80
横浜市中区北仲通り4ノ47
営業時間 午前11時~午後7時

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Wednesday, December 21, 2005

神戸牛のうまさ。牛庵の牛じゅうじゅう焼き

SANY0695

今日も銀座で
ランチタイム。

今日も
フレンチ系かなと、
なんとなく
考えながら
銀座に来たのですが…。

ランチになるにつれ、モーレツに肉が食べたくなる。

それじゃあ、久しぶりにあそこへ…。
で、向かったのが
中央通りを超えて、昭和通り手前に位置する

「牛庵」です。

銀座では、もうずいぶん前から人気のステーキ処。

契約牧場から仕入れる、神戸牛がいただけるのです! 

地下1階にある店内は、田舎風のぬくもりのある雰囲気。
掘りごたつでゆったりとくつろぐことができます。

とはいえ、ココ、本当にランチはリーズナブルな価格で
行列ができるほどなので、
入り口は、靴がいっぱい。
さっさと食べて、次の人に譲ろう…なんて気にも
なってしまいます。

人気は神戸牛のほほ肉をたたいたハンバーグなのですが

「牛じゅうじゅう焼き」850円に。
ご飯、味噌汁、香の物付き

熱々の鉄板の上にはモヤシとキャベツがどっさり。
その上に神戸牛の切り落としの肉が
こんもりと盛られています。

甘辛のタレをかけまわし、ひと口。

ほほぉ~! 肉の脂身のうまみが
ジンワリと広がっていきます。
とろけるような神戸牛に、思わずニンマリ。

タレもしつこくない甘さなので、野菜にもぴったり。

ワシワシと野菜を食べつつ、肉をほおばる…。

かなり、シアワセモードが全開になりました。

ほかにも
「牛ヒレとろろ弁当」980円など、お値打ちなランチタイム。

12時30分前にはハンバーグやこのじゅうじゅう焼きは
売切れてしまっていました。

根強い人気も納得。

ここのランチは、実は数ある店の中でも
本当にお得と思っているうちのひとつ。

次はヒレ肉でも食べたいなぁ…と
後ろ髪引かれながら店を後にしました。

神戸すて~き処 牛庵
東京都中央区銀座6ノ13ノ6、華僑商工会ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~午後10時「(祝日は午後9時30分)。日曜定休
(ランチは月~土曜のみ)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

4つ星ホテルの・・・。le bistrot l’Echansonのパスタランチ(BlogPet)

昨年オープンしたホテルです
「銀座東京2階にあるメーンレストランです」
ホテルレストランや、ソーセージや、プラスと数多くパスタランチ
1200円がベースになってきた…
という感覚
と、こぱんが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 20, 2005

4つ星ホテルの・・・。le bistrot l’Echansonのパスタランチ

SANY0692銀座に出没。

結構気に入っているけど
なかなか行く機会を
見つけられなかった
店も数多く。

今日は
そういうところにしようと

向かったのは

「メルキュールホテル銀座東京」

フランスの4つ星ホテルで、昨年オープンしたホテルです。
「銀座1丁目」駅からすぐにあり、

「え~、こんなところにホテル? 」といった趣はありますが、
なんのなんの。

結構宿泊者、やはりフレンチなどヨーロッパ系の
宿泊者が多いようです。

2階がレセプションになっていて、3階から上が客室。
エレベーターで客室に行くには、
キーをかざさないと上にはいけないという、
セキュリティー面もしっかりとした場所なのです。

で。

「le bistrot l’Echanson」
ビストロ レ・シャンソン

このホテルの2階にあるメーンレストランです。

ホテルレストランらしく、落ち着いた雰囲気の店内。
プロジェクターからフレンチムービーなどが流れつつ、
ビストロらしくカジュアルさも感じられます。

フレンス語のような日本語を話す
フレンチスタッフがいるのも印象的。

オーダーは

「パスタランチ」1200円
サラダ、スープ、フランス直送のバゲットのブッフェ、
コーヒーまたは紅茶付き

実はここのランチは
「ブッフェランチ」900円がベースになっています。

つまり、パスタランチなら
プラス300円でパスタが付いてきた…という感覚。

バゲットもスープもサラダも全部ブッフェになっているので、
自分で好きなだけ取ることができるのが
このランチの大きな特長です。

バゲットは、フランスから発酵したものを直送し、
こちらで焼き上げたもの。
外はカリカリ、中はもっちりと弾力のある食感。

サラダはリーフやホウレンソウをベースに
根菜類、オニオン、トマト、キュウリ、パプリカ、
ツナ、卵などなど充実のラインアップ。

ドレッシングは3種類用意されています。

スープはジャガイモのポタージュ。

このブッフェのボリュームの多さ! 

好きなだけいただけるので、
本来ならば、ブッフェランチだけでも
かなりの満足・満腹感を味わえます。

野菜がおいしい! バゲットがおいしい! 
ポタージュは、アツアツでジャガイモの美味さを
ギュッと恐縮しています。

メーンのパスタは、

「ソーセージのトマトクリーム ペンネ」

ソースはトマトの酸味を残しつつ、
チーズの存在感がたっぷりのソース。

濃い目な感じが一瞬しますが、
トマトの酸味がそれを和らげ、
食べるほどにあっさりとした味わいが楽しめます。

サラダ、もっと食べたかったかな…なんて、
ブッフェならではの気持ちはあるものの

お腹は本当に満腹状態。

大満足のランチとなりました。

このホテル、宿泊してみたいです。

le bistrot l’Echanson
東京都中央区銀座2ノ9ノ4
メルキュールホテル銀座東京2階
営業時間 午前11時30分~午後10時
(ランチは午後2時30分まで)
※宿泊者の朝食やミッドナイトのバーも開いています。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, December 19, 2005

しみじみ味わう。チャヤマクロビの有機玄米のお粥

SANY069012月は
何かと飲んだり食べたり、
食べたり飲んだり…。

暴飲暴食とまでは
いかなくとも、
たぶん胃はお疲れ気味…。

そこで、今日は
久しぶりに
カラダにいいと思えるものを
食べようと、

ルミネ横浜5階にある

「CHAYA MACROBI 」へ。

横浜ルミネ店は、ファンケルガーデン内にありますが、

11月18日にリニューアルオープンした際、

店名がコレに変わりました。

葉山の名店
「日影茶屋」と「ラ・マーレ・ド茶屋」の
伝統と技術を活かした、
マクロビックスなごはんがいただけます。

マクロビオティック食事法の原則のもと、
未精白の完全穀物や有機栽培農産物、天然海藻、
伝統的製法で作られた天然調味料等を使い、
さらに
白砂糖及び肉類、卵、乳製品の動物性脂肪を使わない、
まさにカラダにやさしい食事が楽しめます。

店内は吹き抜けになっているので、
開放感あり。

オーダーは
「有機玄米のお粥」1050円
3種のデリ、三番茶付き

玄米はビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり。
口に入れると、
はじめは「味がない? 」と思いますが、
かみ締めていくうちに、玄米の香ばしさと甘みが
じんわりと広がっていくのがわかります。

3種のデリは
高菜と大豆の和え物、切干大根の酢の物、
アルファルファのゴマ和え。

切干大根はかなり酸味がありますが、
口の中がスッキリ。
お粥と一緒に食べるとまろやかな味わいに変わります。

高菜と大豆もちょっぴり酸味がありますが、
大豆の甘みでいい塩梅。

アルファルファのゴマ和えのゴマも
しみじみおししい。

三番茶とは、京都・宇治田の茶葉を
3年間熟成したほうじ茶。

この3つのバランスが心地よく、
じっくりゆっくりと味わいながらいただきました。

夜7時までいただけるメニューなので
夕食にもぴったりです。

CHAYA MACROBI横浜ルミネ店
横浜市西区高島2ノ16ノ1、ルミネ横浜5階
営業時間 午前10時~午後9時
(フードは午前11時~午後7時)

映画ウンチク
KING KONG
☆☆☆☆☆

3時間の超大作。
売り出し中の映画監督が、
未発見の島の地図を発見し、そこにロケへ。
そこに潜んでいたものは…。

キングコングの元の話は知らないのですが、
ラプターは出てくるわ、
前半は「ジュラシックパーク」かと思っちゃいました。

でも、キングコング登場からはガラリ。

「愛する人を守る! 」

キングコングのこの思いが画面いっぱいに
伝わってきます。
思いがけず、号泣! です。
キングコングがこんなにかっこいいなんて!
実は、この暮れ必見の映画かもしれません。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, December 18, 2005

お子様ランチの気持ち。豚八の豚八ライス

SANY0686日曜だけれど、
朝から浅草で仕事。

9時くらいの浅草は
まだ人は大勢
集まっていなかったけど、

10時を過ぎると、
あれよあれよと混雑。

明日まで「羽子板市」が
開催されているのです。

「羽子板市」とは、関係のない仕事でしたが、
今日は、本当に北風が強くて冷たかった。
外ロケしていても、プルプルプルプル…。

寒空の中、元気に浅草に繰り出している人に
感心するばかりです。

そんな元気な浅草でのランチ。

今日は合羽橋本通りの角にある

「豚八」へ。

なんと、24時間営業しているレストランです。

とんかつがメインの店ですが、
ビーフシチューやグラタン、ハムチーズカツなど
昔なつかしの洋食を手軽な値段で楽しめます。

店員さんたちも元気ハツラツ! 
といった雰囲気が印象的です。

注文は

「豚八ライス」1260円
味噌汁付き

ケチャップライスの上に大きなトンカツがのった
なんだか、お子様ランチ気分のメニューです。

トンカツには酸味のあるケチャップがトロンと
かけてあります。

トンカツはサクッとした食感とともに、
肉からジュッと肉汁。

ケチャップとの相性もぴったり。
そこにトンカツソースとカラシを合わせてもイケます。

ケチャップライスはしっとりと、
やっぱり懐かしい味わい。

ケチャップライスをトンカツと一緒に食べるのは
かなりのシアワセ気分。

添えつけのポテトサラダも
ゴロンとした食感を残すできばえでウレシイ。

思いがけず、お子様ランチのような
盛りだくさんランチに、
単純にも寒さを浮き飛ばしてしまった
ひとときでした。

豚八
東京都台東区西浅草2ノ27ノ10
営業時間 24時間

SANY0688 羽子板市って、羽根も売ってるんですね。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, December 16, 2005

ボンジョルノ~♪カヤバッチョの本日のリゾットランチセット

SANY0679今週の最後は、
茅場町。

日本橋にも近く、
ランチどころを
探してみると、
結構いろいろあるのに
びっくり。

いろいろ迷ったのですが
今週はどうやら
イタリアンな気分の様子。

茅場町駅から近い

「TRATTORIA CAYABACCIO」へ。

”カヤバッチョ”という店名にひかれてしまいました。

木のぬくもりを感じられるような店内に
入ったとたん

「ボンジョルノ~! 」と
元気なあいさつ。

まるでイタリアに来たかのような雰囲気です。

カウンターは4席、ほかはテーブル席ですが、
ガヤガヤとした感じが、活気あふれていて
気持ちがいい! 

オーダーは

「本日のリゾットランチセット」950円
パン、アンティパスト、コーヒーまたは紅茶付き

本日のリゾットは
「ベーコンとカブのリゾット」

アンティパストは
「ミネストローネ」

風の冷たい今日は、
具だくさんのアッツアツのミネストローネがウレシイ。

食べるようにスープを堪能してしまいました。

リゾットは厚切りのベーコンの塩味が
いい塩梅に全体を引き締めています。

その風味もかみ締めるほどにウマイ。

カブはジューシーさが口に広がります。
茎のシャキシャキ感も心地いい。

ライスは程よいアルデンテ。

刻んだパセリの風味もアクセントになっています。

帰りは、やっぱり気持ちよく

「グラッチェ! 」

で送り出してくれました。

茅場町界隈で
いつもランチできる人が
ちょっぴりうらやましくなりました。

TRATTORIA CAYABACCIO
東京都中央区日本橋茅場町2ノ7ノ3、
イーストインタービル1階
営業時間 午前11時~午後2時、
午後5時30分から0時、
土曜=正午~午後2時30分、
午後5時30分~9時30分。日曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Thursday, December 15, 2005

懐かしい空気。ポモドーロのBランチ

SANY0672 今日はなぜか
川崎・溝の口。

たぶん、初めて降りる駅です。

溝の口は、駅の改札が
2階の位置に相当し、
バスターミナルが大きめ。

なので、
駅から歩道橋が張り巡らされて、


駅前のショッピングビルとつながっている
街並みです。

でも、一歩この歩道橋を降りてみると、
そこには、精肉店や青果店などが並ぶ
商店街が見えてきます。

かなり長い商店街で、ここなら
なにか見つかるかも…。

と思いつつも、そうそう歩いてもいられないので、
駅に近い場所で見つけました。

「ポモドーロ」

イタリアンレストランです。

とはいえ、パスタを中心にハンバーグやピラフなどが
メニューに並び、
どちらかというと、
イタリアン系洋食屋といった雰囲気です。

店内はランチタイムとあって、結構満席。

で、注文したのが

「Bランチ」480円
スープ、サラダ、ライス付き

ランチは週替わりになっていて、
今日のBランチは

「チキンセサミ」

それにしても、480円! びっくり価格です。

チキンは、照り焼きになっていて
その上に白ゴマをパラリ。

チキンはプルンと柔らかく、
照り焼きソースも程よい甘辛さ。

添えつけのスパゲッティサラダも、
なんだか懐かしい味。

ランチのパスタ自体も
600円前後と、お得な価格のこの店。

学生時代にランチに通ったレストランを
ほうふつさせるような懐かしさを感じました。

ポモドーロ本店
川崎市高津区溝口1ノ9ノ6
営業時間 午前11時~午後8時
(ランチは午後2時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 14, 2005

ブレッド&ベジ。Afternoon Tea Tea Roomのランチセット

SANY0669 SANY0670

久しぶりの銀座界隈。
今日はなんだか、
野菜がとても食べたい気分だったので
迷わず足を向けたのが
「Afternoon Tea Tea Room」
Afternoon Teaのフラッグショップの地下1階にあり、
オープンして3年。
オープン当初は、イギリズ人のジェミー氏が監修していた
Baker&Dinerです。

店内はブリテリッシュカントリーの雰囲気。
天井が高く、地下1階とは思えないような開放感です。

オーダーは
「ランチセット」1260円
Dish、Bread Bar、Drink付き
Dishは、スープ&サラダやサンドイッチ、パスタなどが選べます

私が選んだのはスープ&サラダ
スープ、サラダともに3種類あり、その中からセレクト。

チョイスしたのは
「カリフラワーのポタージュ」
「温野菜とロングソーセージ」です。

そして、ブレッドは10種類ほどがブッフェになっていて、
そこから好きなだけいただくことができます。

このパンがおいしい! 
玄米パンをはじめ、ドライトマトとチーズのフォカッチャ、
クランベリーと胡桃のブレッドなど心そそるものばかり。

ポタージュスープは、カリフラワーの旨味がじっくりと出ている
しみじみとした味わい。

温野菜は、サツマイモを中心に、カブ、オクラ、ニンジン、ブロッコリ、
オニオン、パプリカ、シメジ。

これにバルサミコ酢がたっぷり効いた
ドレッシングがかかっていて、ぴったりマッチしています。

それぞれの野菜のおいしさを
存分に発揮しているできばえに、思わずニッコリ。

次々に焼きあがるパンはどれもこれもおいしくて、
ついついお替り。
たっぷり野菜がいただけて、
かなりの満腹モードです。

最後にキャラメルティーがポットで運ばれ、
ほっとひと息、くつろげる時間が楽しめました。

Afternoon Tea Tea Room
東京都中央区銀座2ノ3ノ6、
Afternoon Tea The General Store GINZA地下1階
営業時間 午前11時〜午後9時
(ランチは平日のみ午後2時30分まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポッカポカノモト。利久庵の椎茸うどん&季節の炊き込みご飯(BlogPet)

いつはこぱんたちが、ササミと煮立った土鍋が目の前にきたかという感じ
ウワサをウワサしたかったの♪
うどんも柔らかくツルツル
たっぷり味がしみ込んだ干しシイタケが5つ
白菜はシャクシャク、いい風味とかコマーシャルなど気づき
ランチとかおもしろい春菊をやり取りすればよかった?
細かくメニューなどをポッカポしたかったの?
じゅんじゅん
たちが、広い白菜など気づき
ランチとかをウンチクしたことに気づき、その始末をしようとたくらむ


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 13, 2005

しょうゆのおいしさ。マイヨールの山の幸のスパゲッティ

SANY0664

「イタリアン」とは
呼ばず、
「イタリア料理」店が
そうそう全盛でも
ないころ。

イタリア料理といえば
スパゲッティで、
とにかく、

スパゲッティのおいしさをレストランで味わっていたころ。

和風スパって、おいしいね。

なんて話をするときに登場する店といえば、
東京では「HASHIYA」の名が上がったものでした。

今でもHASHIYAの人気は健在で、これもう、
ジャパニーズパスタの店と胸を張って呼べる店なのです。

本日はめったに行くことのない八丁堀。

ランチ探しをしていて、列がなかなか引かない店を見つけて
行ってみると、この店系列だったのです。

「マイヨール by HASHIYA」

HASHIYAで修業された方がオープンした
この界隈での人気店。

1時30分を回っても、まだまだ列が途切れていませんでした。

店内は、イルカのオブジェがたくさん! 
もしや、マイヨールって…と思っていたら、
壁にジャック・マイヨールのサインが・・・。
海っぽい雰囲気も私を呼んでいたのかもしれません。

店内はカウンターとテーブル席。
とにかく混んでいるので、並んでる間にオーダーして、
席が空いたらそこに座って、
できあがったスパゲッティをほおばって、席を立つ…。
といった、スピーディーさを心がけている感じでした。
ビジネス街ですし…ね。

オーダーは
「山の幸のスパゲッティ」980円

キリッと茹で上がったスパゲッティの上には
タケノコにシメジ、シイタケ、ピーマン。
醤油ベースのまさに王道の和風パスタです。

その醤油加減と、キノコの旨味がたまりません。
タケノコやピーマンのシャキシャキ感もいいのですが、
とにかく、シメジとの相性が抜群です。

ちょっぴり胡椒もきいているのもウレシイ。

久々の和風スパゲッティに、大満足のひとときでした。

マイヨール by HASHIYA
東京都中央区八丁堀2ノ30ノ18、八丁堀ジョンソンビル1階
営業時間 午前11時~午後9時。日曜、祝日定休
(午後2時30分までは禁煙)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Monday, December 12, 2005

モッチリ♪Carmine PASTERIAのアマトリチャーナ

SANY066212月に入って、
ますます
時間の過ぎるのが
早いと感じるこのごろ。

今週は原宿界隈から
スタートです。

先週、この界隈を
歩いていて、
目をつけていた
店に迷わず入店しました。

明治通りに近い表参道の脇道に
11月24日にオープンしたばかりの

「Carmine PASTERIA」です。

カルミネ氏は、市ヶ谷に本店を持ち、
イタリアンの先駆け的存在と言われる方。

ここは店名通り、
パスタがメーンとしていただける店です。

店内は白と赤を基調としたオシャレな雰囲気。

キッチンを取り囲むように、カウンターが作られています。
20席近くのカウンター席と、テーブルが2つ。

なんとなく、「ラーメン店」を思わせるような
カウンターに、気楽さを感じずにはいられません。

店の看板は、カルミネ氏の似顔絵が描いてあるのですが、
キッチンでは、
そのカルミネ氏自ら腕を振るっていました。

オーダーは
「アマトリチャーナ」900円
ランチタイムはドリンク付き

ベーコンとタマネギ入りトマトソースを
ブカティーニというパスタでからめたパスタです。

こちらのパスタはすべて手打ちパスタで、
ブカティーニは太めのロングパスタ。

ソースは、ベーコンというより、
肉の燻製に近いようなベーコンを小さく、
でも厚めに切ってソースにからめてあります。

このベーコンの旨味がトマトソースに
しっかりと染み出していて、
なんとも、なつかしいような味を演出しています。

パスタは、モッチリ。
この歯ごたえと食感は手打ちならではという感じ。

ほかにもショートパスタやニョッキ、
リゾットやラザニアなどもあり、
それもぜひぜひ試してみたいと思いました。

ランチタイムのドリンクは、
マンゴージュースを選びましたが、
ワインやビールも選択の中に入っていて
びっくり。

本格的なイタリアンを、これほど
飾り気なく、気軽に楽しめる店、
私には初めての体験でした。

Carmine PASTERIA
東京都渋谷区神宮前6ノ6ノ2、原宿ベルピア1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは平日の午後5時まで)

映画ウンチク
SAYURI
Memory of a GEISHA
☆☆☆☆

ある芸者に起こった日々を描いた映画。
原作者はアメリカ人。
日本のイメージってこういう感じ・・・というのを
またまた増長させてしまうかも。
とはいえ、普通に観ていれば
特殊な世界の中に生きる
女性の恋愛、生き方などを上手に
描いているのではないでしょうか。
原作を読んでみたいと思いました。
そもそも、日本人である私が
この世界のことを知らず、
この原作者は本を書くために、たぶん
取材をしたであろう、その背景。
風景などは違うのでは…と思いながらも、
私よりも精通している部分が
あるに違いと思うと・・・。
それにしても、
渡辺謙は主演。
桃井かおりは、とてもいい味を出していて
よかった。工藤夕貴もいい感じ。
主役のさゆり役がツァン・ツィーで、
日本人ではないのが、考えるところですが
彼女はやっぱりキュートです。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Saturday, December 10, 2005

黄金色のスープ。葉月のらーめん+半炒飯

SANY0658このブログでは、
かなりの
登場回数なのですが、

考えてみると、
王道メニューは
今年はまだ
いただいてなかったな...と
ふと気づき、

ラーメンを食べたいこともあって
出かけてきてしまいました。

ご存知、相模原の

「支那そば 葉月」です。

JR横浜線「矢部」駅からは徒歩10分ほどで行くことができ、
今日はポカポカとした昼間だったので、
ブラブラと散歩しながら、お腹をすかせて行きました。

昼の時間は、実はお得なセットがあります。

注文は

「らーめん+半炒飯」780円
ラーメンは醤油、塩、味噌からセレクト
麺は
極細ちぢれ麺、ストレート麺、太麺、平打麺から選べます

王道コースなので、
醤油、極細ちぢれ麺を選びます。

葉月のスープは、
甲州地鶏でとったスープが基本。

できあがったラーメンは、黄金色に輝く、
透き通ったような色。

トッピングには、自慢のチャーシュー、鶏のささ身、
ナルトにメンマ、水菜、そして
タマネギのみじん切りがのっています。

スープは鶏の旨味を存分に感じられる味。
あっさりとしながらも、後を引く味わいです。
ゴクゴク飲めるのがウレシイ。

極細の縮れ麺は、スープをしっかりとからめてくれて、
しかも、細いのにコシがあって、ツルツルとすすれます。

もちろん、チャーシューはトロリと柔らかく、鶏もうまし。

みじん切りのタマネギが、シャキシャキとしているのも楽しい。

バランスの取れたあっさりラーメン。満足! 

炒飯は、そのチャーシューを使い、ナルトのみじん切りと
オレンジ色の甲州地鶏の卵を使った一品。

卵のオレンジと、ナルト、チャーシューの色合いが
食欲をそそります。

パラリと炒めあがったご飯に具がほどよくからまって
うまい! 

レンゲは、炒飯用を用意してくれているので、
食べやすく、その心使いが泣かせます。

王道メニューに大満足の休日でした。

そうそう、先週からいよいよ
おいしい焼酎と地鶏焼きがメニューに登場したそうです。
シメに白鶏湯麺もよし、卵雑炊もよしの
ウキウキのラインアップ。

また行かなくちゃということ...か(苦笑)。

支那そば 葉月
相模原市富士見4ノ5ノ20
営業時間 午前11時~午後4時、
午後7時~午前0時(月~土曜のみ、祝日はなし)。木曜定休
※スープがなくなり次第終了

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, December 09, 2005

モダンアジア。EATS and MEETS Cayのナシゴレン

SANY0652今日は、
外苑・表参道界隈。

この周辺は
Echikaができたり、
New Openも
いろいろありますが、

10月に
リニューアルオープンした

スパイラルホール地下1階の

「EATS and MEETS Cay」へ行ってみることに。

タイ料理レストランの先駆け的存在の店。
このリニューアルで、
タイ料理を中心としたアジアンメニューが
楽しめるようになりました。

店内は、ラグジュアリーでモダンな雰囲気。
広々とした空間にゆるりとした時間が流れています。

オーダーは、

「ナシゴレン」1000円
小鉢2品付き
プラス150円でドリンク付き

この小鉢は、キッチンバーに何点か並んでおり、
その中から好きなものを2つ選べるシステムになっています。

デリは4品、スープ、デザートは3品。

そこで、
セロリのマスタードマリネベトナム風コーヒーゼリー
選んでみました。

ナシゴレンはインドネシア風チャーハン。

生タマネギのスライスやフライドガーリック、
ポーチドエッグ、ルッコラが添えつけてあり、
見た目にも美しい。

レモンをギュッと絞り、
薬味の甘辛醤油、チリペッパー、
ホタテなど魚介系のパウダーを
適度にかけていただきます。

もちろん食べる前は、
しっかりと混ぜ合わせることを忘れずに…。

アジア独特の味付けにレモンの酸味や
薬味が深い味わいを演出しています。

ナシゴレンに付く卵は
フライドエッグが定番と思っていたのですが、
トロリとした卵も以外にも合っているのが発見でした。

野菜の風味がしっかりと感じられるのもウレシイところ。

マリネはマスタードがツンッとしっかりときいた味。
酸味とセロリの味わいが後を引きます。

コーヒーゼリーはその苦味と練乳の甘みが絶妙。

久しぶりのアジアンメニューに、満足なひとときでした。

EATS and MEETS Cay
東京都港区南青山5ノ6ノ23、SPIRAL地下1階
営業時間 午前11時30分~午前0時
(ランチは午後3時30分)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 08, 2005

味噌のうまみ。みなと亭のとん漬け定食

SANY0649今日は横浜・関内に
出没中。

何を食べようかなぁと
ブラブラランチ場所を
探していると、

「名物」の文字。

う~ん。何だろう? 
この店の前は
結構通っているのですが、
今日はなぜか気になる…。

ということで、足を踏み入れてみました。

相生町にある

「みなと亭」です。

この店、みなと…とつくだけに海鮮系かな、
と思っていたのですが、

実は豚肉専門の店。

生産者直結で運ばれてくる上質の豚肉を使った
メニューがズラリと並んでいます。

注文は、もちろん

「名物 とん漬け定食」890円
ご飯、味噌汁、小鉢、香の物、
デミタスコーヒー、デザート付き

”とん漬け”というのは、
上ロースの味噌漬けのことで、
神奈川県では、厚木など県央方面で作られている
名物ものなのだとか。

白・赤味噌にゴマ油、ショウガ、七味などをブレンドした
特製の味噌ダレに漬け込んだ上ロースを、
炭火で焼き上げたものが、定食となって運ばれてきます。

6切れにスライスされているロース肉の断面は、
しっかりと味噌ダレが漬け込まれた色合い。

さっそくパクリとかみ締めれば、ほどよく絞まった弾力。
豚肉と味噌の旨味が合わさって、
なんともいえない、ほのぼのとした味わいです。

辛すぎず、甘すぎず、ご飯にもレタスの千切りにも
ぴったりと合っています。

樽に入ってお土産としても販売されているので、
思わず、買って帰りたい衝動にかられてしまいます。

その他のメニューも
スペアリブ定食など豚肉料理の魅力満載のラインアップ。

夜に焼酎と一緒に、ゆっくり飲むのもいいかもしれません。

みなと亭
横浜市中区相生町4ノ65、高岡ビル1階
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~11時。
日曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 07, 2005

食べ放題・・・。Cobara-Hettaの1種類のカリーランチセット

SANY0627今日は横浜です。

なので、
今、気になる度が高い
横浜駅西口の
ヨドバシ横浜の地下2階、
レストランフロアへ
足を向けました。

どれもニューオープンなので
気になる所ばかりなのですが、

今日はここへ。

「カリーダイニング Cobara-Hetta」へ。

「小腹減った」…という語呂に惹かれてしまいました。

この店、大本は韓国料理の店のようで、
フレンチやアジアンレストランなども展開しています。

カリーダイニングは、
青山ベルコモンズと秋葉原のヨドバシに続いて
3店目となっています。

店内は、入り口には何を焼く窯が通りからも
眺めることができます。

奥行きのある店内ですが、結構テーブル数も多い。

さて。オーダーは

「1種類のカリーランチセット」1080円
ナン、ライス、サラダ、ラッシー付き

ナンとライスは食べ放題。
カリーは5種類の中から選べます。

選んだのはエッグカリー
メニューでは激辛と表示されています。

カリーは、レッドカリーの色合い。
スプーンでかきまわすと、半分に切った卵が2つ。

食べてみると、タマネギをじっくり炒めて
それをベースに作り出したカリーのようです。

カリーは16種類のスパイスを6時間以上煮込んだもの。

激辛とはいえ、実はそんなに辛くない。
トマトなど野菜をじっくり煮込んでいる分、
甘みがでているのかもしれません。

卵はゆで卵をひき肉で包んで揚げたもの。
カリーがしみ込んだ回りと、タマゴ本来の味が楽しめます。

ナンはもっちりしていて、食べ応えあり。
モチモチとした食感がうれしくて、ついつい
食べてしまいます。

食べ放題だから、かなり小さめかなと思ったのですが、
普通の大きさにびっくり。

ライスかナンかはオーダー時に選び、
そのごお替りはどちらを選んでもOK。

横のテーブルを見ると、ライスもかなり大目。

カリーの量が足りないのでは…と思っていたのですが、
実はカリーもたっぷり。

食べ放題とはいえ、お替りはできませんでしたが、
ボリュームランチを楽しみたい人は、ぜひ! 

ちなみに、ナンを作っているのはインド人。
人懐っこい笑顔を振りまきながら
焼いているのも交感が持てます。

カリーダイニング Cobara-Hetta
横浜市西区北幸1ノ2ノ7、ヨドバシYOKOHAMA地下2階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後5時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もっちり。ベッラファミリアのパニーノランチ(BlogPet)

パルの、営業したいなぁ。
または虎ノ門へパルがびっくりした?
そして虎ノ門にピッツァみたいな営業されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こぱん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 06, 2005

ポッカポカノモト。利久庵の椎茸うどん&季節の炊き込みご飯

SANY0646SANY0647

月に1回のお楽しみ…! といいながら、
気づけば11月はいくチャンスがありませんでした。

そして、今日起きると、この寒さにびっくり! 
なかなか体が温まらないような日は、
体の中から、ポッカポかになれる食べ物がいいなぁ
という気持ちと重なったので、

10月以来の久々の訪問です。

横浜・関内にある
「利久庵」

おいしくて、上品な雰囲気の蕎麦屋です。

で。

本日の注文は
「椎茸うどん」1200円
午後2時までは季節の炊き込みご飯付き

蕎麦屋なのにうどん? 
と、蕎麦好きには悩めるメニューなのですが、
これだけは別格。

椎茸うどんとは、鍋焼きうどんのことなのです。

グツグツと煮立った土鍋が目の前にきたときは、
思わずにっこり。

ふたを開けてもらうと、具だくさんの中身。

どんこの干しシイタケが5つ。
白菜、ホウレンソウ、春菊、エノキダケ、餅、
鶏のササミ、ネギ。

ネギはサク切りしたものと、細かく千切りにしたもの、
加えてミョウガの千切り。そして柚子の皮。

添え付けには細かいネギと生姜。

スープは、たっぷりの鰹だしに干しシイタケの戻し汁で
上品な味付けになっています。

うどんも柔らかくツルツル。

たっぷり味がしみ込んだ干しシイタケがなんともいえません。

白菜はシャクシャク、春菊の絶妙な風味、餅の伸び具合、
具だくさんだからこその、このワクワクするお楽しみ。

そして、ミョウガと生姜のおかげで、体はあっという間に
ポッカポカに。満足、満腹! 

クセのあるものから、そうでないものまで
それぞれの素材の味をそこなわないように仕上ているのには
本当に脱帽です。

炊き込みご飯は「むかごご飯」

山芋・自然薯の元。
ほっこりとしたむかごと、もっちりのご飯がまたおいしい。
むかごって、なかなかお目にかかれるものではないので、
今日は、かなりうれしいお昼ごはんでした。

利久庵
横浜市中区真砂町2ノ17
営業時間 午前11時~午後8時30分
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
Mr.&Mrs.Smith
☆☆☆☆

Brad PittとAngelina Jolie。
話題の元となった映画です。
かなり前からコマーシャルされていたので、
ウワサの真相は本当は…という気もするのですが…。
映画を観ていると、なんか、そういうウワサは抜きで
楽しみたかったよなぁ…と、ちょっと思います。
本当は愛しているのに、
お互いが敵同士だったことに気づき、
その始末をしようとたくらむ。
その、せりふのやり取りが巧みです。
普通の夫婦喧嘩のようなのに、なぜ、こんなに
大事になっちゃうのか、というのもおもしろい。
終盤にむかう展開は、おっそうきたかという感じ。
ウワサを頭に置いて観ていると、
終始ラブラブな映画に見えてしまうから不思議です。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 05, 2005

50種類のアイデア。カツ吉のチーズとんかつ

SANY0642今週は浅草から
スタート。

浅草でのランチは、
どうも、昔ながらの
メニューが食べたくなる。

そばや洋食、寿司…。
みんなそれぞれ、
結構なお値段には
なってしまうのだけれど…。

そう思いながら、あちこち散策しながらも、
なんだか、ピンッときたのが、トンカツ。

あ~、トンカツ食べたいかなぁ…と思い立ち、

「味噌かつ 元祖 カツ吉」へ。

こちらは、なんと50種類ものトンカツがあるのです。

オープンして30年以上。
フランス料理出身のシェフが考案したトンカツで、
味噌とんかつというのは、名古屋の味噌カツとは違い、
ロース肉の間に特製の味噌をはさんで揚げたもの。

ほかにも、しそとんかつとか、松茸とんかつ、
変わったところでは、納豆とんかつにそばとんかつ、
餃子とんかつ、はてはチョコとんかつまで! 

納豆とんかつに興味はそそられたものの、
これから打ち合わせがあることを考えて、

「チーズとんかつ」1400円に。
これに
「ごはん&味噌汁」450円
漬物、小鉢、アイスコーヒー付き

運ばれたきたトンカツは、
とても、大きい。

ロース肉の間にはトロリ溶けたチーズが見えます。

まずはひと口。

サクッとした音とともに、
チーズと豚肉の旨味が口の中に広がっていきます。

衣にも少し味をつけてあるのか、コクのある風味。

ソースはつけずにいただくのですが、
十分に味が付いているので、そのままでOK。

付け合せのキャベツと一緒に食べると、さっぱりとした
口当たりにもなります。

ケチャップスパゲティが付いているのも、
なんだか、懐かしい。

さらに味噌汁は赤出汁で、柚子を風味付けに入れているので
これまたさっぱり。

とんかつの合間のさっぱり感がほしいときにうってつけでした。

これだけいろいろなメニューがあるので、
大勢でたずねて、いろいろオーダーして
シェアするのが、楽しいかもしれません。

納豆とんかつ…かぁ…。

味噌とんかつ 元祖 カツ吉
東京都台東区浅草1ノ21ノ12
営業時間 午前11時30分~午後2時40分、
午後5時~9時。木曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, December 02, 2005

心が躍る♪il Solatioのパスタランチ

SANY0632横浜ランチは
しばらく西口で! 

と思いつつも、
なかなか
そうはいきません。

今日は関内で
ランチです。

今年の秋にオープンして、最近ランチも始めたイタリアン、
馬車道通りから常磐町通りに入るところにある

「トラットリア イル ソラティオ」へ。

イタリアの家を訪ねたようなエントランス。
中に入ると、中2階にカウンターバー、
テーブル席は地下1階という造りになっています。

カウンターバー部分にはスツールの高い
テープルもあり、そこからは外を眺めることも。

ホワイトを基調としたさわやかな雰囲気が魅力です。

オーダーは
「パスタランチ」900円
前菜、コーヒーまたは紅茶付き

パスタは2種類。

選んだのは「サーモンとトマトとキャベツのパスタ」
本日の前菜は
「カプレーゼ」「マグロのチーズオーブン焼き」
「グリーンサラダ セロリのフリット」

まずはバケットとともに前菜が運ばれてきます。
SANY0633
その美しいプレートに、ちょっと心が躍ります。

カプネーゼはパプリカなどの野菜をトマトソースでマリネ。
あっさりとした味わいです。

マグロのチーズオーブン焼きは、
バジルの風味がきいた一品。マグロの身がなにしろ柔らか。

グリーンサラダは、ルッコラなどイタリア野菜がうれしい。
そして初めていただくセロリのフリット。
セロリの新しい味わいを体験しました。

そして、パスタも色鮮やか! 
サーモンは生シャケを使っていて、
スモークかと思っていた私には驚きでした。

身の厚いサーモンはしっとりとした口当たり。
フレッシュトマトがちりばめられ、
キャベツは甘く柔らか。

それぞれの特色を生かした素材に
ガーリックオイルソースがよく合います。

塩加減も絶妙。

前菜でかなりニコニコになっていたので期待していましたが、
まったく期待を裏切らない一品でした。

月・水・金曜はパスタランチ、
火・木曜は玄米ランチになるとか。

イタリアンで玄米ランチ…。
バルサミコ酢などを使ったメニューだそうです。

ちょっと食べてみたいなぁ…。

Trattoria il Solatio
横浜市中区常磐町5ノ66、プランタンビル1階
営業時間 午前11時~午後11時。日曜、祝日定休
(ランチは午後3時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, December 01, 2005

スタイリッシュ! 家家厨房のお粥セット

SANY0629最近、お気に入りの
恵比寿でランチ。

歩けば歩くほど、
入ってみたい店が
たくさんあって、
ワクワクしながらも
かなり
迷ってしまいます。

でも。
今日はココへ! 

「家家厨房(ジャージャーチュウファン)恵比寿店」

9月にオープンした上海料理の店です。

本場上海で、日本人が7店舗を展開し成功。
日本に凱旋店舗展開しているとか。

現在銀座と飯田橋とここ恵比寿に店を構えています。

私がこの店を知ったのは、
「火鍋」。

2種のスープでいただく上海の鍋料理なのですが、
鶏ガラの白湯とピリ辛の麻辣スープのほかに
カレーのスープがあるのが特長。

白、赤、黄のスープが選べるのが魅力なのです。

でも、今日はランチ。

オーダーは

「お粥セット」900円
気まぐれ付け合せ3種、えび蒸し餃子、肉焼売、デザート付き

店内は、スタイリッシュなカフェのような雰囲気。
表の通りに向かってテーブルと白い椅子が並んだり…。
暖かい日は、オープンテラスにもなるのでしょう。

さて。

お粥は、白米が砕けるほどによく煮込まれた中国粥。
お米の風味がしみじみ伝わってきます。

はじめからトッピングされている高菜は、
程よい塩加減で、お粥にぴったり。

気まぐれのトッピングは、
ザーサイ、フライドシュリンプ、揚げパン。

ザーサイはゴマ風味、エビはカリカリと香ばしく、
揚げパンは入れてすぐいただけば歯ごたえがあるし、
たっぷりしみ込ませても、しみじみした味わいに。

点心のエビ餃子は、
半透明の皮から見える、エビの赤身が印象的。
しっかりとすりつぶした
エビとタケノコの歯ごたえが楽しい。

シュウマイはやさしく包み込んだ見栄えで、
肉をギュッと詰め込んだというよりも
ふんわりとした食感が新鮮でした。

あれこれいろいろ楽しめるランチ。

でも、次はぜひ、夜に火鍋を! 

家家厨房 恵比寿店
東京都渋谷区恵比寿1ノ11ノ4
営業時間 午前11時30分~午後11時
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
ポビーとディンガン
OPAL DREAM
☆☆☆☆

イギリスBBC配給の映画。
でも、舞台はオーストラリア。
まるで夏休みになるような場面なのに、
サンタの帽子をかぶっているシーンが出てきて、
「あ、南半球のクリスマスは夏なんだ」と
つまらないことに感心してしまいました。
ストーリーは、
オーストラリアのパールを採掘するための町。
パールに夢見る人々の住む町。
女の子・ケリーアンには空想で遊ぶ
ポビーとティンガンがいるのですが、
ある日この2人が行方不明になり、
これがきっかけに、一家が町の人に悪く言われたりと
雲行きがあやしい展開になっていきます。
でも
ケリーアンは入院するほどに具合が悪くなり、
兄・アシュモルは妹のために
ポビーとティンガンはいるんだと信じて…。
信じるということ、純真な心。
そういったことをしみじみと伝えてくれる、
ほんわかとやさしい気持ちになれる映画です。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »