« むほほほほ。OCEANのサンマの開き定食 | Main | 復活の洋食!レストラン グリル サクライのチリバーグ »

Friday, October 07, 2005

お腹にやさしい。ボンジュクのかぼちゃ粥

SANY0561久しぶりの
赤坂見附。

ランチ処を
探すために
ウロウロしていると、
気になる店がたくさん。

おもしろかったのが、
気になるな…と思った店構えを
見てみると、ほとんどが韓国料理の店。

見附、韓国料理の店が多いようです。

本日、最終的に入店したのは

「ボンジュク おかゆ」

韓国の伝統的おかゆ専門店で、
ここは、日本本店。

本国からの進出の店のようです。

店内は1階と2階に別れていて、2階は喫煙席。

メニューもうたっているとおり、お粥のみ。

でもそのお粥の多さときたら! 

伝統健康粥と特選栄養粥に分かれています。

悩んだ挙句、秋だし…と思い

伝統健康粥の
「かぼちゃ粥」900円をオーダー。
小皿4品付き

小皿はキムチ、カツオのジャーキーのようなもの
チャンジャ、水キムチの4品

運ばれてきたのは、大きな丼に真黄色のお粥。

スプーンでかき回してみると、
米の存在が見えず、小豆と白玉が…。

米は粉を使い、かぼちゃと一緒に
炊いてあるとのことでした。

カボチャのポタージュスープといったところでしょうか。

オーダー前から甘いというのは承知の上。

口に運ぶと、本当にカボチャの甘さ! 
カボチャの存在感が思い切り出ています。

白玉はモチモチとした食感で、ほどよいアクセントに。

で、とてつもないボリュームなので、
おいしいのですが、
さすがにカボチャの味だけでは、ちと苦しい…。

と思ったところに、小皿のキムチや水キムチと
一緒に食べることで、これまたなんともいえない
味わいが広がったのです。

こういうお粥があるのかと、
新しい発見をしたランチタイムでした。

次回は米の入った特選栄養粥も食べたいです。

韓国の伝統おかゆ専門店
ボンジュクおかゆ
東京都港区赤坂3ノ18ノ19
営業時間 午前10時~午後11時30分

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

|

« むほほほほ。OCEANのサンマの開き定食 | Main | 復活の洋食!レストラン グリル サクライのチリバーグ »

Comments

初めまして!
「人気UPランキング」管理人の釣吉丸といいます。
ランキングに登録して訪問者を増やしませんか?
全て無料で登録が出来てアクセスアップも期待が出来ます。

詳細はこちら↓↓
http://rental-ranking.com/index.cgi?r=0755

*登録をされましたら、テキストリンクか画像リンクをHPにお貼り下さい。

突然の書き込みお許し下さい。こういう形でしかお誘いできません。
しかし、良質のランキングサイトを目指しておりますので、
良質のサイト様しか、お願いしていません。

皆様からの登録をお待ちしております。

Posted by: 釣吉丸 | Saturday, October 08, 2005 at 12:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/6294075

Listed below are links to weblogs that reference お腹にやさしい。ボンジュクのかぼちゃ粥:

» 「異文化」をいただく。 [【そふぃ246号のテーブル】]
いままでお目にかかったことのない「韓国おかゆ専門店」ができた!ということで、同僚とランチにいってまいりました。 1階は禁煙で、ボックス席が3席。 2階は2人席がメイン。 2階席だったのですが、なんか机が低い・・・(苦笑) さて、メニューですが、上は2500円の「あわびのおかゆ」から、下は900円のおかゆまであります。 今日は1200円の「サムゲ粥」と「たこのキムチ粥」をチョイス。 「サムゲ粥」は、いわゆる鶏のおなかに漢方やらおいしいものやらをつめこんで煮込んだ「サムゲタン」の... [Read More]

Tracked on Monday, October 17, 2005 at 20:32

« むほほほほ。OCEANのサンマの開き定食 | Main | 復活の洋食!レストラン グリル サクライのチリバーグ »