« September 2005 | Main | November 2005 »

Monday, October 31, 2005

病みつきになる! 新東記の肉骨茶(バクテー)

SANY0591 ※”ぼのの”さん情報
ありがとうございます※

週明け
といっても昨日も
仕事だったので、
引き続き…
という感ありの今日。

偶然にも恵比寿にいたので、

10月11日にオープンしたばかりの
シンガポール料理の店に行ってみることにしました。

「新東記」
Hainan  Chiken Riceを
看板にあげているレストランです。

ビルの2階にある、こじんまりとした店構え。

ドアを開けたとたん、ぷ~んとアジアの国の
香りがしてきます。

白を基調としたすっきりとした店内は、
カウンター席とテーブル席。
落ち着いた空気が漂っています。

オーダーは、もちろん海南鶏飯! 

といきたいところですが、

実は、目をつけていたメニューがほかにあります。

「肉骨茶(バクテー)」950円
ライス付き

これ、シンガポールの国民食とも言われるくらい
スタンダードなメニューなんだそうです。

前に1回、
有楽町にかつてあった「バクテーハウス」で
試したのが初めて。

その店は、再開発のためビルを退いた
「コカレストラン」の後、
ほんの数ヶ月だけ、期間限定でオープンしていた店で、
バクテーのみのメニューを展開していたのでした。

そのときのインパクトとおいしさ、
もう食べられないという切なさがあって、

有無をいわさず、このメニューをオーダーしたのでした。

肉骨というのは、豚のスペアリブ。
茶というのは、漢方のスープ。

つまりスペアリブを漢方のスープで煮込んだ料理です。

運ばれてきたのは土鍋に入ったバクテー。

ふたを開けると、黒っぽいスープの中に
スペアリブが入っています。

15種類以上の漢方スパイスを入れて作った
スープをまずはひと口。

スターアニスやショウガなどの香りと
豚肉から出る旨味エキスがとけあって、
なんともいえない気持ちになる味わい。

スパイシーなのですが、どこか懐かしいような
そんな味わいのスープなのです。

スペアリブは、漢方スープですっかり柔らか。
骨のまわりも、申し分ありません!

そのまま食べてもおいしいのですが、
ニョクマムに唐辛子を入れたタレをつけてもイケル!

ライスをレンゲにのせて、スープに浸していただけば、
スープのうまみが米にしみこんで、
これまた、いい感じ。

最後はライスの器にスープをドバドバとかけいれ、
ワシワシ、ズルズルという勢いでたいらげてしまいました。

味噌汁のぶっかけ…という感じでしょうか(笑)。

とにかく、スープの塩梅が絶妙で、
食べはじめるととまらない。クセになります。

海南鶏飯…やっぱり食べたくなってきました。

あ~、でもバクテーももう一度! 

店を出た時点で、すでに恋しくなってしまいました。

新東記
東京都渋谷区恵比寿南1ノ18ノ12
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
Captain Wolf
☆☆☆☆

ヴィン・ディーゼル主演のディズニー映画。
あの、
アクションムービーばかりの彼の
ホームドラマというのは…。

実にキュート! です。

NAVYなんだけれど、ある日突然
スパイに大事なチップを盗まれないために
ある家を守ることに。
でも。
それがなぜかベビーシッターになってしまいます。

愛を知らないウルフが、
子供たちとの交流を通して、だんだんと
打ち解けて、信頼を得ていく。
まさにホームドラマストーリーの王道! 

とはいえ、
NAVYなだけにアクションシーンも満載。

誰が黒幕で、このファミリーはどうなるのか?
そして
やっぱり最後はホロリとさせてくれる
ほのぼの映画です。

ヴァン・ディーゼルの吹き替えは
ガレッジセールのゴリさん。
ちょっと観てみたいかも…。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (8) | TrackBack (1)

Sunday, October 30, 2005

アッツアツの土鍋! HATHI黒長兵衛の蓮根と豚バラ土鍋煮込み定食

SANY0589 今日は、江東区にある
木場公園で
なぜか、お仕事。

この辺でランチって
何があるんだろうと
駅の周りをキョロキョロ。

でも、なんだか
日曜ということもあり
あまり、目に入るものが
ありませんでした。

そこで、すぐ近くにある
深川ギャザリアへ。

ここは、イトーヨーカド-と
レストランの入ったロータスパークがあるモールです。

今日はフリーマーケットなども開催、
さらにハロウィンパーティーなどで
なんとなくにぎやかな雰囲気です。

ロータスパークで入ることに決めたのは

「HATHI 黒長兵衛」

土鍋を使った料理が中心の料理店で、
土鍋シチューや土鍋ひつまぶし..。

ひつまぶしも鰻だけではなくて
イクラと秋鮭など、
いろいろなバージョンがあります。

注文したのは

「蓮根と豚バラ土鍋煮込み定食」550円
ご飯、味噌汁、小鉢2皿

えっ? 555円? 

とびっくりしたのですが、

実は深川ギャザリアオープン5周年記念の
特別メニューだそうです。

それも、1日限定100食、今日まで。

なんだか得した気分です。

アツアツの土鍋の中には、
豚バラ煮と縦にカットしてあるレンコン。
ゆで卵もちょこんとのっています。

濃い目の甘辛味付けに、
ほろりと崩れるくらいに煮込まれた豚バラ。
ホクホクとシャキシャキとした
両方の食感が楽しめるレンコン。

このレンコンがホントおいしい! 

土鍋が熱いままなので、
最後までアッツアツでいただけて、
大満足でした。

次はアイデア土鍋ひつまぶし、食べたいです。

ちなみに、
平日でもワンコインランチはあるとのことでした。

HATHI 黒長兵衛 
東京都江東区木場1ノ5ノ10
深川ギャザリアロータスパーク プラザ棟2階
営業時間 午前11時~午後10時30分

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, October 28, 2005

意外な仕上がり。YAFFA ORGANIC CAFEの玄米プレートランチ

SANY0581何を食べても
おいしい季節。

ついつい、
欲望に任せて
アレコレ食事に
赴いてしまう、
今日この頃。

う~ん。
食べ過ぎに
気をつけないと…。

と、ちょっと感じた今日は、
表参道界隈にいたので

「YAFFA ORGANIC CAFE」に、向かいました。

その名のとおり、オーガニック素材のあれこれを
いただけるカフェです。

カフェは、ビルの3階にあるのですが、
3階というよりは、ビルの屋上に位置します。

外階段を3階まで上がると、
ウッドデッキの屋上が目の前に。

オープンカフェとなっていて、
オシャレな縁台にテーブル、椅子。

原宿の真ん中の屋上から見上げる空は、
なんだか、小さいけれど気持ちいい。
表の喧騒を忘れるくらい、
居心地のいい空間です。

もちろんインドアもあり、
ここは薄いイエローを基調にした
スタイリッシュなスペース。

大きな窓からは、外のテラスと同じ
風景が楽しめます。

オーダーは
「玄米プレートランチ」1000円
サラダ、ドリンク付き

本日のプレートは、
ダイコンのステーキとカボチャのミソスープ

ダイコンのステーキって、
ダイコンを輪切りにして焼いたのかな…と想像しながら
プレートを待ちます。

ところが、

予想は大きく違いました。

ダイコンを縦にスライスして、まるで見た目ステーキ! 
きちんと焼き目も付いています。

口に運んでみれば、
ダイコンのジューシーすぎるくらいの汁が、
ジュワ~ンと広がっていきます。

ペッパーがきいた、酸味のあるとろみのあるソースが、
ステーキな味わいになっているのが不思議。

ダイコンのジューシーさとヒッコリーな感じのソースを
咀嚼していると、ホワンとダイコンの苦味も
アクセントになってきます。

玄米は、千葉県産有機栽培玄米でちょっと固め。
じっくり噛み締めていくほどに、
旨味がジンワリ出てきます。

さらに、ミソスープ。
普通のカボチャの入った味噌汁と思いきや…。

カボチャと味噌をベースにスープを作ってありました。
だから
見た目はカボチャのポタージュなのですが、
飲んでみると、
味噌の香りがプワンと鼻から抜けていきます。

カボチャの甘みと味噌の相性は抜群! 

しかも、カリフラワー、ブロッコリー、インゲン、
オクラ、ズッキーニと具だくさんの野菜もウレシイ。

そうそう添えつけのジャガイモも
外パリ、中しっとりで、おいしかったなぁ…。

ヘルシーランチで大満足のひとときでした。

YAFFA ORGANIC CAFE
東京都渋谷区神宮前4ノ26ノ5、エムズビル3階
営業時間 午前11時30分~午前0時
(金・土曜は午前1時30分)
(ランチは午後3時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, October 27, 2005

のど越しツルリ。夢吟坊のきのこせいろ

SANY0580本日も
昨日に引き続き
横浜の東方面に
出没中。

今日降り立った駅は
横浜市営地下鉄線
「センター南」駅。

街をプラプラするには
あまり時間もなかったので、

手っ取り早く、駅前の「港北東急SC」へ。

5階にレストラン街がありました。

で、昨日はがっつりランチの後、
予定外においしいものをいただく機会があり、
かなり満腹モード。

できれば、軽いものを...という希望にかなったのがココ。

「夢吟坊」
京うどんと麦とろが楽しめる店です。

店内はしっとりと京都を思わせる
落ち着いた雰囲気を演出しています。

オーダーは、あっさりと「きのこせいろ」945円

運ばれてきたうどんは、
ツルツルのピカピカ! 
箸ですくいやすいように、円を描いているのが
また美しい。

うどんは3種類の粉をブレンドし、
塩水を加えてよく練り、熟成。
さらに練り、伸ばし、熟成させるまで、
約8時間の工程で作られた麺だとか。

つゆは北海道の礼文島直送の
利尻昆布、九州・四国産のさば節、うるめ節、宗田節の
3種類をブレンドしたおかかにかつお本節を加えて、
だしをつくり、せいろの場合はこれに濃口しょう油を加えて
作られています。

キノコはナメコやシメジなど。
つゆを入れて、うどんを箸ですくって、ツルリ。

ツヤツヤでツルツルの食感が、
口の中で踊るように広がります。

のど越しも心地いい。
出汁の旨味が存分に出ているつゆとも
上手に絡み合って、さらりといただけます。

キノコのシャクシャクした食感も変化があって楽しい。

テーブルの上にはとろろ昆布があり、
これを自由にいただくことができます。

そこで、とろろ昆布はうどんの上にはらりと散らばせ、
とろろ昆布がつゆにつかり過ぎないよう
つゆにくぐらせ、ツルッ!

とろろ昆布のいい塩梅の塩加減が
新たな味わいを生み出してくれます。

さっぱりしたランチに、満足なひとときでした。

夢吟坊 港北SC店
横浜市都筑区茅ヶ崎中央5ノ1、港北東急5階
営業時間 午前11時~午後10時

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 26, 2005

柔らかにジュワッ。富太楼の名物元祖バラカツ定食

SANY0577本日横浜の
東方面へ出没。

ランチタイムとなった場所は
あざみ野。

何があるのかなぁと、
プラプラしてみる。
このあたりは、横浜の南側で
生活している者にとっては、
かなり開けた場所。

商店街がワイドスパン!
車社会用に街が作られているから、
店が並ぶ感覚がなんとなく広いような気がします。

そうこうしするうちに、徒歩8分ほどに
「悠・粋・知 三規庭」というところを発見。

料理屋かと思いきや、
レストランモールなのでした。

レストランのほかに美容室や雑貨店も入っています。

で、入ったのは
「とんかつ 富太楼」というところ。

オシャレなたたずまいで、
とんかつ屋らしからぬ雰囲気です。

注文は
「名物 元祖バラカツ定食」880円
ご飯、汁物、香の物付き

このバラカツというもの、
豚バラ肉を秘伝の方法でじっくりと煮込み
これにパン粉をつけて揚げたもの。

運ばれてきたバラカツは、見た目普通。

でも、中をのぞくと
ロースの倍はありそうな脂身。

まずはソースをかけずにいただいてみます。

すると
思いのほか柔らかい肉身に脂身が
ぐわ~っと混ざり合い、
豚の旨味が口中に広がっていきます。

ほんのりと味がついているので、
ソースをかけなくてもイケてしまいました。

もちろんソースをかけたり辛子をつけて
味の変化を楽しむのもよかったです。

汁物はもちろんトン汁。
とんかつにつきものの、キャベツもワシワシと
いただきつつ、

思いのほか、ガッツリとしたランチになったな…。
と、いまさらながら思うのでした。

富太楼 あざみ野店
横浜市青葉区あざみ野2ノ30、三規庭3階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時~10時30分

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, October 25, 2005

天気のいい日は…。KUA’AiNAのAセット

SANY0575気持ちのいい秋晴れ。
風も強くなくて
そよそよとした感じの日は、

やっぱり太陽の下で
外ランチを楽しみたい! 

そこで、今日は
横浜の赤レンガパークを
目指します。

途中、気になる、おいしそうなメニューボードを
横目にテクテクテクテク。

赤レンガ倉庫にも、レストランがあり、
ついついクセでメニューチェック。
食べたいかも~と思うものの、

こんなに天気のいい日に、
この界隈にいた偶然を逃してはいけません!

赤レンガ倉庫2号館1階にある
「KUA’AiNA」のカウンターに進みます。

ご存知、ハワイに本店を持つ、
ハンバーガー&サンドイッチの店。
1999~2001年に、3年連続で
ハワイ「イリマ賞」ベストサンドイッチ部門を受賞し、
あの「ザガット・サーヴェイ」では
ハンバーガー部門でナンバー1を獲得しているそうです。

オーダーは「Aセット」1030円
フレンチフライ(S)、ドリンク(S)付き

ここのセットは日替わりでサンドイッチが変わるのですが、
今日のAセットは「パストラミサンドイッチ」

パンはカイザーロール、全粒粉、ライ麦の中から選べます。

すかさずライ麦をピックアップ。

もちろんテイクアウトで。

オーダーが終わるともらえる、ポケットベル。
これを持って近くのショップをブラブラ冷やかしているうちに、
「It’s a Small World」の音色。
セットアップが終了すると、このベルで呼び出してくれるのです。

Bagを持って外に出ます。
すぐ近くには赤レンガパーク。
左手に海保、正面に横浜港、
右側には大桟橋にベイブリッジ。
今日は大桟橋に「ヴィーナスクルーズ」が入港していました。

気持ちいい! 

さっそく、中を取り出してパクつきます。

パストラミは牛肉をスモークして、
塩とペッパーで味付けしてあります。

パストラミが6枚近く入ったボリュームのサンドイッチ。

その噛み応えのいいこと!
かみ締めるたびに、肉の旨味と
ペッパーのピリッときいた刺激がやってきます。

シャキシャキのオニオンにレタス。
トマトとの相性も抜群で、かなりシアワセ。

薄いライ麦パンは軽くトーストしてあり、
その厚みとトースト具合が私好み。

フレンチフライは細めのザラザラとした
食感が不思議とおいしい。

おいしい空気で、おいしいごはんが食べられました。

KUA’AiNA 横浜赤レンガ店
横浜市中区新港1ノ1ノ2
営業時間 午前11時~午後9時
(ランチは午後5時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Monday, October 24, 2005

上品ということ。利久庵のせいろうと季節の炊き込みご飯

SANY0571さて。
月に1回の
お楽しみです。

約1ヶ月ぶりの
訪問です。

横浜・関内にある
おなじみの

「利久庵」です。

蕎麦処なのですが、店内からは
薄くクラシックが流れている、ちょっとオシャレな蕎麦屋。

帰るときは、いつでも
「ありがとう存じます」と、上品なお言葉で送られます。

現在は息子さんが店主を継いでいるのですが、
お父さんももちろん、店に出ています。

仕切りに長けていて、
お昼など混雑時は、彼の配分で
どんどんと相席となるわけです。

その愛想の良さも抜群で、
実はいつも注文するこのメニューの食べ方も
彼が教えてくれたのでした。

こんな上品な雰囲気なのに気さくな空気が
居心地のいい空間を作り出しているのかもしれません。

「せいろう」800円
午後2時までは季節の炊き込みご飯付き

今日の炊き込みご飯は「栗ご飯」です。

更科系の蕎麦は、喉越しを楽しむのはもちろん、
モグモグとしっかりかみ締めていただくのも、いい。
蕎麦の香りがかみ締めるほどに広がっていきます。

栗ご飯は細かく刻んだ固めの栗が入った、
ウコンなどで彩りよくした炊き込みご飯。
栗ご飯というと、甘めなイメージですが、
決して甘いことはなく、
栗らしい食感とほのかな栗の香りが楽しめます。

そうそう、せいろうと炊き込みご飯のいただきかた。

まずは蕎麦が延びないうちに、
さっさと平らげてしまいます。
カツオの出汁がたっぷり出ている
つゆとともに味わいながら…。

そのあとはこのつゆに蕎麦湯を入れて、
薬味のネギを入れ、
炊き込みご飯のお吸い物代わりとして
いただきます。

この食べ方が気に入ってしまい、
いろいろなメニューがあるにもかかわらず、
同じ注文になってしまうのでした。

利久庵
横浜市中区真砂町2ノ17
営業時間 午前11時~午後8時30分
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
Tim Burton’s Corpse Bride
☆☆☆☆

ちょっと気弱で間の抜けたビクター(ジョニー・デップ)。
政略的な結婚式を明日に控えて、
でもその相手ビクトリアを気に入って、
かえってリハーサルもドキドキ、失敗ばかり。
セリフを練習しているときに、ついうっかり指輪をはめた
枝は、実はCorose。
人間とCorpseとはいえ、2人の女性の間で
オロオロオロ。
ビクターのやさしさがにじみ出ています。
さぁ、どちらを選ぶのか?
と、結構気楽に観ていたのに、
最後のほうで不覚にも涙がホロリ…。
そんな映画です。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Sunday, October 23, 2005

まなてぃのはなし。5

SANY0591

もうあと10日もすれば、11月です。

そう、11月といえば、
フロリダのマナティのシーズンに突入します。

さて、今シーズンのマナティは、
たくさんやってくるのでしょうか?

今現在、フロリダ方面はハリケーン”ウィルマ”が
24日にも通過予定。
今年は、ハリケーンの被害が数多く報道された年。

カトリーナの直後、
アメリカ大陸に向かっているハリケーンの天気図を
見たのですが、いくつものうずがあって、
それはまるで映画「デイアフタートゥモロー」のようで、
ビクリとしました。

ハリケーンの異常発生の原因は水温の上昇が原因だとか。
地球上の海の水温が半々で高いところと低いところがあって
バランスがとれるのが、それが今は高いところのほうが
多いんだそうです。
当然、フロリダ周辺の水温も高いはず...。

ということは...。

マナティの性質は、冬場水温が20度以下になると
クリスタルリバーにやってくるのです。
水温が下がらなければ、海からはやってこないのです。
まぁ、マナティにとって海が温かいのは
過ごしやすいことなんだろうけれど、
でも、自然の摂理的には、きっとよくないんでしょうね。

もしくは...。
よく台風が来ると水温の高かった海水がざぁ~っと
洗い流してくれて、ちょっと水温が落ち着き、
それはサンゴにもいいことだから、
陸上は大変だけど、海にとってはいいことなんだよ...と
聞いたことがあります。

ハリケーンで水温が下がっているとすれば...。

今年マナティは、どのような行動をとるのでしょうか?

水温が高いままなら
夜の休息だけクリスタルリバーに上り、
朝日とともに海に向かっていってしまうかもしれません。

その辺の状況も、今年は意識したいものです。

ともあれ、情報チェックをかかさず、
今シーズンの訪問を楽しみにしたいと思います。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Saturday, October 22, 2005

QBGル パティシエ タカギでメープルショコラショーを…

SANY0581JR品川駅構内に
デパ地下のように
オープンした
「e-Cute品川」。

新幹線に乗る前に
東京土産を…というような
ショップから、
本格的なレストランに
気軽にイートインできる
ショップなど、

探索すればするほど、なるほど楽しい場所が
いっぱいあることに気づきます。

で、ここは
パティシエ 高木泰政氏の店

「QBG パティシエ タガギ」

人気パティシエ高木氏とナチュラルスイートメーカーの
パイオニア・クインビーガーデンのコラボショプです。

ハチミツやメープルなどナチュラル素材を使ったスイーツが
楽しめるのですが、

実はイートインもできます。

そして、この写真! 

なんと、

駅ナカなのに、グリーンがあるのです。

ここ、テラス席といって、
この下はホーム、電車が入っていたりします。

でも、そういった風景はこれっぽちも見ることはなく、
いったいどこにいるんだろうと、
わからなくなりそうです。

こんなゆったりできるスペースがあると、
電車、乗り遅れちゃいそうです。

いただいたのは、
「メープル ショコラショー」500円

ココアといってはいけません。
本当に
ショコラのまったりとコクのある味わいが
口の中で広がって、
心がポカポカ優しい気持ちになれます。

QBG パティシエ タカギ
東京都港区高輪3ノ26ノ27
営業時間 午前7時~午後10時
(日曜、祝日は午前8時~午後8時)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Friday, October 21, 2005

落ち着く場所。STOVE'Sのベジタブルオムレツ

SANY0590今日は横浜でランチ。

何が食べたいかなぁ…と
考えつつ、
夜はガッツリと
飲んだり食べたりすることに
気づき、

気持ちライトランチにしようと
意識しながら選んだ店がココ。

横浜駅西口、
川べりの角っこにたたずむ

「STOVE'S」です。

オープンテラスで、いつでもにぎやかしい元気な雰囲気。
夜は、満員になっていることが多いレストランです。

雰囲気は西海岸のサファー…という感じなのですが、
私のイメージは、ウエスタン。

店内は木のテーブルに木の椅子、
木のカウンターに、木のスツール。

オールディーズアメリカンな空気が流れているのです。

オープンは1994年。
その当時からアンティークな感じではあったのですが、
今は本当に貫禄のあるアンティーク感が漂います。

オーダーは
「ベジタブルオムレツ」840円
パンまたはライス、サイドディッシュ、
サラダまたはクッキー、ドリンク付き


サイドディッシュはマッシュポテト、
フライドポテト、フライドオニオンリングの中から


選んだのはフライドポテト
こういうところでいただくフライドポテトは
なんだかおいしい。

ベジタブルオムレツは、
皮付きの厚切りポテトとタマネギ、ニンジン、
ほうれん草などと、
卵を混ぜて焼き上げたもの。
いわゆるスペイン風オムレツです。

これにクラムチャウダーソースがかかっています。

しっとりポテトと卵の柔らかい口当たりは相性ぴったり。
塩気の多いクラムチャウダーソースも
アクセントになっています。

ドリンクはコーヒーにしようと思ったものの、
クランベリージュースを選びます。

この、甘酸っぱいクランベリージュース、
大好きなのです。

気持ちのいい天気の今日。
そよぐ風を感じながらの、アメリカンチックなランチ。

夜のアメリカンバーな雰囲気も
今度はじっくり味わいたいものです。

STOVE'S
横浜市中区南幸2ノ1ノ3、斉藤ビル1階
営業時間 正午~午前2時
(金・土曜は午前4時)
(ランチは午後3時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, October 20, 2005

陶芸のぬくもり。益子の茶屋のジャンバラヤとハンバーグセット

SANY0586栃木県・益子へ
プチ出張。

益子は陶芸の街らしく、
窯元をはじめ、
陶芸店やギャラリーが
点在しています。

ろくろ体験などもできるので、
無心になって
何か作品を作りたくなってきます。

そんな中でのランチタイム。

陶芸体験などができる窯元の隣にある

「Cafe/雑貨 益子の茶屋」へ。

1階の陶芸体験教室の2階にあるカフェは、
窯で焼かれた陶芸の販売はもちろん、
タイやインドネシアなどのアジアン雑貨なども
ディスプレイされています。

使われるカップや皿はもちろんココで焼かれたもの。

オーダーは
「ジャンバラヤとハンバーグの
スペシャルセット」1360円

スープ、サラダ付き

プラス420円で、ドリンクが飲み放題になります。

ドリンクバーには、もちろんさまざまな形のカップが。

気に入ったカップを選べるのですが、
いろいろ使い心地が試せるのも楽しいひとときに。

運ばれてきたプレートも、味のある皿。
葡萄の絵付けがされています。

ジャンバラヤは、ナポリタン風でピリ辛のピラフ。
サラリとした口当たりです。
ハンバーグは手作り感あふれる風貌で、厚みたっぷり。
口に入れれば程よい焼き具合で、
しかも柔らかジューシー! 

器の風合いで食べ物が
さらにおいしく感じるシアワセ。

食事をするのに器って大切な要素なんだな...と
しみじみしてしまったランチタイムでした。

カフェ/雑貨 益子の茶屋
栃木県芳賀郡益子町3527ノ7
営業時間 午前10時~午後4時30分、月曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Wednesday, October 19, 2005

ちょっと懐かしい。矢場とんのロースかつ定食

SANY0579名古屋の友達が
結構いる。

のに、
とうとう愛・地球博に
行く機会を
見つけることが
できませんでした。

ちょっと名古屋テイストを感じたいなぁ…と、
思っていたので、

今日は、名古屋からやってきて銀座にオープンしている

「みそかつ 矢場とん」に行ってきました。

名古屋人は、とんかつを味噌だれで食べているという
事実を知ったのは、学生のころ。

とはいえ、学生時代に友達のところに遊びに行っても、
体験するのは、モーニングサービスや小倉トーストなど
喫茶店文化が多かったので、
食べる機会はありませんでした。
そうそう、セルフのうどん体験も実は名古屋で…でした。

それでも味噌だれの味は知っていて、
なぜかといえば、
スーパーに行くと味噌だれが売っているのを
買っていたのでした。

初訪問のみそかつの店。

注文は
「ロースかつ定食」1155円
ご飯、味噌汁、香の物付き

ロースかつという、スタンダードなメニュー名ですが、
基本的にこちらでは、すべてみそだれ。

みそだれがたっぷりかかったロースかつ。

まずはひと口。
サクッとした食感とともに柔らか~いロースが
じんわりとやってきます。

八丁味噌をベースに作ったみそだれは、
甘めこってり。

でも、それがなんだかかつにぴったりです。

卓上にはカラシや一味唐辛子、七味唐辛子、胡麻が…。

カラシをつけて食べると、
味噌だれの甘さが突き抜けるというか、
突き抜けた後にピリッときて、いい組み合わせ。

一味唐辛子もパンチのあるテイストになって楽しい。

胡麻をふりかけても味噌だれに合います。

こうして、いろいろな組み合わせでいただいていると、
とんかつは味噌だれがいちばん合ってるのかな…と
思ってしまうほどです。

ほかにもいろいろメニューがあるので、
夜、お酒とともにみそかつもつついてみたいものです。

みそかつ 矢場とん 銀座店
東京都中央区銀座4ノ10ノ14
営業時間 午前11時~午後10時
月曜定休(祝日の場合は翌平日)

映画ウンチク
ベルベット・レイン
☆☆☆

香港マフィア系映画。
アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、
ショーン・ユー、エディソン・チャンという
香港のベテラン・若手
イケてる4大スターが出演の映画です。

それぞれ2組がコンビとなって、
ベテランチームはボス、
若手はチンピラで、それぞれ
リンクしながらストーリーが進んでいきます。

てっきり若手がボスの命を…と思いきや、
ここの監督のトリッキーな手法がみられるのです。

いや、気づくのが遅いというか、
まんまとしてやられたというか、
気づけば感心しながらも、
密かにストーリーに感動しているのでした。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (7) | TrackBack (1)

Tuesday, October 18, 2005

彩り豊か! Baffoのタイのヴァポーレ トマトピカンテソース

SANY0577銀座界隈に
出没中の今日。

久しぶりに
イタリアンが食べたくなり、
迷わずに向かった先は、

東銀座。
昭和通から、築地に向かって
2つ目の角を
曲がったくらいにある、

路地裏の雰囲気がなんともいい感じのイタリアン

「Trattoria Baffo」

もう、ずいぶん前からディナータイムを利用していた店。

しかも食いしん坊チームを集めて、
黒板に書いてあるメニューを
ほとんどオーダーしてるのではないかというくらい
気持ちよく、たくさん、
みんなでシェアしていただいていました。

私には本当に、
くつろげるトラットリアなのです。

シェフの黒川氏は、築地に買い出しに行くらしく、
それが楽しくって仕方がないと、前に語っていました。

当然、こちらのイタリアンは魚介類が絶品! 
中でも鯛のカマをピザ用オーブンで、
ハーブとともに焼き上げるカマ焼きは、
しゃぶりつくように食べつくしてしまいます。

さて、ランチは魚料理にパスタ、ピザ、ラビオリなど
4種のメニューが黒板に並びます。

オーダーは、
「タイのヴァポール トマトピカンテソース」1050円
パン、サラダ、コーヒー付き

サラダは2種のジャガイモをゆでてマリネにしたもの。
ホクホク感としっとり感が混ざり合ったような、
でも程よい酸味で食欲を増進。

タイのヴァポーレは、まずその彩りに
心がウキウキしてきました。

ナイフを入れると、しっとりとした皮の下に、
ふんわりとしたタイの身。

やわらかいタイの身と皮の脂身の塩梅がいい! 

ソースはピカンテなので、ちょいピリ辛かと思いましたが、
あくまでもさわやか。

ここで使うオリーブオイルは、
フルーティーな風味なのですが、
その風味と重なって、早く次のひと口を食べたい!
という気持ちにさせてくれます。

パスタも食べたかったな、
ピザもカリカリでおいしいんだよな…と
いろいろ思いをめぐらせ、

やっぱり、また夜に大勢でにぎやかに
大いに食べつくしたいと、決意したのでした。

Trattoria Baffo
東京都中央区銀座3ノ12ノ5、アサショウビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~9時30分、月曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, October 17, 2005

寒い日には…。天丹の石焼チーズ

SANY0575週明けの
今日は寒い!!

寒い上に
少々風邪っぽい。
こんな日は、
体が温まるものが
食べたい…。

そこで、銀座の「石焼 火鍋 天丹」へ。

夜は中国四川の激辛で名高い
火鍋がいただける店です。

でも、ランチタイムは石焼。

そう。
韓国のビビンパがいただけるのです。

しかもその数がすごい! 

基本のビビンパにトッピングを加えたもので、
石焼ビビンパは、カルビなどのスタンダードから
明太子や高菜、納豆など13種。

普通のビビンパも11種用意されています。

注文したのは「石焼チーズ」800円
スープ、キムチ付き

石焼ビビンパの上にたっぷりの
とろけたチーズがのせられて、食欲をそそります。

石焼の食べ方は、
まずスープをスプーンですくって
石鍋の周りに3杯ほどかけて、
コチジャンを好みの量だけいれて、
後はひたすらかき混ぜる、混ぜる、混ぜる。

卵とチーズがトロリ~ンととろけながら、
ナムルやご飯と一緒に混ざり合っていきます。

十分に混ざったところで、パクリ。

チーズのおかげで、コクのある味わいがプワ~ンと
広がっていきます。

アッツアツの石鍋を前に、ぱくついていると
いつしか、じんわりと汗が…。

体がグングン温まるのがわかります。

おこげもおいしい。
しかもチーズのちょっとこげ具合もカリカリしていい感じ。

添えつけのキムチはセロリをつけてあって
これが、また、おいしい。

テーブルにはコールスローの壷があり、
これはフリーでいただけるのもうれしい。

いろいろなトッピングに興味をそそられるものの
ぜひぜひ、夜の火鍋も試してみたいものです。

火鍋・石焼 天丹
東京都中央区銀座7ノ108、コリドー街2階
営業時間 午前11時30分~午後11時30分
(ランチは午後3時まで)。日曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Saturday, October 15, 2005

三線ライブでゆるゆると...亀戸のあんまぁで。

SANY0573 SANY0572

友人が沖縄楽器・三線ライブを
するというので、
はるばる亀戸まで
足を運んできました。

ライブをした場所は、
「沖縄やんばる料理 あんまぁ」

沖縄料理と泡盛が楽しめる店で、
月に1回、三線のライブを開催しているそうです。

で、そのライブのある日は結構人が満席状態になるようで、
一応予約を入れておきました。

30人ちょっとくらいで満員になってしまう店の広さ。

カウンターとテーブル席が少しのほかは、
板座敷にテーブルを並べて、そこに
いわゆる相席のような形で座ります...。

これって、まさに沖縄の民宿で飲みながら
宴会している雰囲気にそっくりで、
思わず気持ちがタイムスリップ!

料理はとってもおいしくて、でも、
あまりのおいしさに写真を撮るのを忘れるくらい。

唯一撮影したのは、「ふーちゃんぷるー」750円
沖縄の麩の歯ざわりとポークの塩加減。
ちょっぴり島唐辛子をまぶしていただきます。にっこり。

ほかにも「モズク酢」も山盛りで絶品。
沖縄風焼きそばも、あと名前を忘れてしまったのですが
豚の三枚肉を黒ゴマいっぱいまぶして焼いたのとか、
とにかく、オリオンビールにも泡盛にもぴったりな
メニューでした。

そんなおいしい料理に囲まれて、
生の三線の音色を聞くのは、本当に至福のひととき。

ライブは午後7時から始まり3部構成+おまけの4部で
あくまでも、ゆるりゆるりと始まります。

だから、気軽に飲んで食べているうちに
なんとなく三線の音色が聞こえてくる感じ。

沖縄に行きたいなぁ...。

友人はカントリーウエスタンのバンジョーも
今日は特別に弾いてくれて、
これがまたなんだか、ここの雰囲気に合っていて
いい感じ。

ゆる~りとした時間が過ごせて、
シアワセな時間でした。

また行きたいなぁ...。

沖縄やんばる料理 あんまぁ
東京都江東区大島3ノ2ノ1
営業時間 午後5時30分~深夜0時

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, October 14, 2005

蕎麦つゆのうまさに脱帽! 登茂吉の鴨せいろ

SANY0568朝起きたとたん、
なぜか浮かんだ蕎麦。

あ~、蕎麦食いたい~!

で、今日は横浜駅界隈に
いたのですが、
もう、
本当にしばらく行っていない
鶴見の蕎麦屋に
行くしかない! と

心に決めて、向かってしまいました。

「登茂吉」です。

(抜け駆けしてしまって、ごめんなさい;
でも、どぉ~しても行きたくなっちゃったんです...)

いつもここに伺うときは、
登茂吉フリークな人たちと、ワイワイと行き
あれこれいろいろ注文して、
ガシガシ食べてしまうのですが、

今日はひっそりと、1つのメニューを堪能します。

お昼をかなり過ぎたものの、
人が途切れることがありません。
駅から離れているのに、さすがの人気です。

注文は初オーダーの
「鴨せいろ」1450円

鴨は鴨焼きでしかいただいていなかったので、
ちょっとワクワク。

運ばれてきた鴨の入ったつゆは、
鴨の脂がじんわりと浮かんでいます。

鴨は肉厚の3切れ。
ひと口かみ締めると、ジワワ~ンと肉汁。
プルプルとした弾力のある食感がたまりません。

ツヤツヤの蕎麦をつゆにたぐってツルツルッ。

ん~! このつゆの甘辛さと鴨脂が…。
ツルツルすするたびに、この絶妙なつゆが
蕎麦にからんで、口中が幸せな気分になれます。

もちろん、締めはドロリとした蕎麦湯を入れて
いただくと、これがまたまた、なんとも後を引く
飲み心地。

とにかく、この鴨が入ったソバツユは、
かなりオススメです。

あ~、満足満足。
そういえば、カレー南蛮も食べてみたいって
思ってたんだなぁと、
食後に思い出す。

こんなに間を空けないうちにまた訪ねたいものです。

登茂吉
横浜市鶴見区向井町1ノ36ノ1
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時~8時、木曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, October 13, 2005

スパイシィが刺激的! ガネー舎のとりカリィ

SANY0565先月のある日、
ランチタイム終了間近に
訪れたところ、
なんと、スープ切れで
早々とクローズしていて
残念な想いをした店。

1日に70杯分しか
作れないのだそうです。

本日は、
早い時間に新橋にいたので、
迷わずこの店に向かいました。

「スープカリィ厨房 ガネー舎」

約35年前に札幌の「アジャンタ」が作り上げた
サラサラのスープ状のカリィで、
ここ「ガネー舎」が正統な流れを
受け継いでいる店なのだそう。

ここのカリィは、
クミンやタラゴン、フェンネルなど30種類のスパイスと、
朝鮮人参、地黄、甘草など15種類の漢方を
じっくりと煮込んで仕上げてあります。

地下にある店内に入ったとたん、
スパイシーな香りが充満。

どんなスープカリィが出てくるか、ワクワクしてきます。

オーダーは
「とりカリィ」900円
ライス、デザート付き
プラス150円でラッシーやチャイなどのドリンク付き

スープの中には、骨付きチキンとニンジン、ピーマン。
チキンは、しっかりと煮込まれていて、
スプーンで簡単にほぐすことができます。

スープを口に運ぶと、たくさんのスパイスが混ざり合った、
複雑で奥の深い味わいが広がります。
最後に、軽くピリリとくる感じです。

ライスをスプーンにのせて、スープを浸していただけば、
スパイシーな香りと味が
しっとりとライスにまとわりつきます。

ふと見ると、卓上には、テーブルマサラが…。
これは一味唐辛子だけではなく、
シナモン、クミン、ローズマリー、スターアニスなどの
スパイスを混ぜ合わせたマサラ。

これを少し入れていただくと、
アニスの香りが広がり、
さらにホット&スパイシーな味が楽しめます。

スパイスの香りと味覚で、
なんだかとても体にいいものを食べているような
気がしてきます。

デザートはヨーグルトかと思いきや、
なんと、杏仁豆腐。
そのツルルンと滑らかな舌触りが、
カリィを食べた後にはぴったり。
やさしい味わいです。

念願の店のスープカリィ体験ができて
満足のひとときでした。

スープカリィ厨房 ガーネ舎
東京都港区新橋5ノ12ノ2、鴻盟社ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~8時45分
(土曜は午後2時まで)、日曜、祝日定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 12, 2005

今日のオマケ:和楽紅屋の限定 水饅頭

SANY0562 e-Cute品川には、
いろいろなスイーツが
終結しているのですが、

パティシェの中でも
さまざまな
展開をしている
辻口さんの和の店


「和楽紅屋」
出店しています。

で、思わず引かれて買ってしまったのが、

この「水饅頭」

それぞれ「フィグ餡」「アールグレーショコラ」
「プラリネバナーヌ」


全部で5種類あるのですが、この3点を購入しました。

水饅頭の中に、ショコラ餡だったりクリームだったりが
入っているのですが、

このプルプルンの水饅頭の中に
ショコラやクリームが合うこと!

1つ315円なのですが、パクパクといただけちゃいます。

じつはコレ、ここだけの限定発売らしく、

10月18日までの発売です。

興味のある人は、走れ!(笑)

和楽紅屋
東京都港区高輪3ノ26ノ27、e-Cute品川
営業時間 午前10時~午後10時
(日曜、祝日は午後8時)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

駅の中のインド。SITAARA DINERのカレーセット

SANY056310月1日に
オープンした、
JR品川駅構内の
「e-Cute」は、
デパ地下のような
ワクワク感のある
空間です。

イートインも兼ね備えたベーカリーやスイーツ、
お土産に持ち帰りたいスイーツの数々。
そして、レストランが入っているのが魅力です。

で、今日は駅ナカでランチしようと
「e-Cute品川」
「SITAARA DINER」へ。

南青山に店を構える「SITAARA」の出店です。

店内は駅の中とは思えないような雰囲気。
まだまだ行列も耐えないのですが、
駅ナカだけあって、回転は早いようです。

オーダーは「カレーセット」900円
カレー、野菜の入ったヨーグルト(ライタ)、
ナンまたはバスキマライス付き

カレーはバターチキン、ラム、キーマ、
魚、野菜、豆の6種類の中から選べます。

今回はベーシックにバターチキンカレーを
選んでみました。

白いスクエアの皿に運ばれてきたセット。
カレーはトマトベースで、
トマトの酸味がしっかりと生きています。

カレーの辛さというよりは、
スパイシーさのほうが勝っています。

それが、しみじみとした味わいを出しています。

ナンは薄い焼き上がりで、パリパリした表面が
食欲をそそります。
ちゃんとナンを厨房で焼き上げているのが
見えるのもウレシイ。

野菜の入ったヨーグルトはデザートではないので、

カレーとコレをナンにつけて食べると、
スパイシーな味わいが
またさらに複雑になって、また楽しい。

サラダやタマネギをマサラで味付けたフライなども添えられ、
いろいろな味を満喫できたのもマルです。

そういえば、久しぶりのインドカレー。
やっぱりカレーはおいしいとつくづく思いました。

SITAARA DINER
東京都港区高輪3ノ26ノ27、e-Cute品川
営業時間 午前11時~午後11時
(日曜、祝日は午後9時)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Tuesday, October 11, 2005

復活の洋食!レストラン グリル サクライのチリバーグ

SANY0560「レストラン
 グリル サクライ」

横浜・関内大通から、
ちょっと脇に入った所にあった、
老舗の洋食屋さん。

8年前のある日、
久しぶりに食べようと
立ち寄ると、
閉店の張り紙が張ってあり
がっかり。

今でも、そのビルは残っていて、ビルの上に大きく
「レストラン グリル サクライ」とあり、
食べたなぁ…と思っていたものでした。

そして今日。

関内桜通りから、小さな路地を散策していると、
小さな看板の文字が目に入りました。

それが、まぎれもない
「レストラン グリル サクライ」なのでした! 

びっくり! なんと、ここで復活していたのでした!

聞くと、今年の2月に再オープンしたとか。
今は息子さんが腕を振るっているそうです。

店内はカウンター5席に3テーブルのこじんまりした空間。
このこじんまり感も昔のまま。
壁に貼ってあるメニューのラインアップも
昔のまま。

そして注文は、もちろんこの店の看板メニュー
「チリバーグ」700円
「ライス(小)」120円
午後1時まではカップスープ付き。

チリバーグは、チリパウダーを入れた、
この店の特製ソース。
先代が進駐軍から教わったとか。
ドロリとした口当たりが特徴です。

ハンバーグの上にこのソース、
タマネギのみじん切り、粉チーズをたっぷり
かけてあるのがチリバーグです。

さっそく、ナイフで食べやすい大きさにカット…。
そのやわらかさにまず驚きます。

そして、口に入れれば、
ホロリと口の中でとろけるようなやわらかさ。

そのくずれた感じとチリソースが口の中で
うまく混ざり合って、アツアツホフホフと…。

その味わいに思わず顔がほころびます。

添えつけのフレンチフライの揚げ具合も絶妙で、
回りがカッリカリ、中フンワリ。
ナポリタン風のスパゲッティも、さすが昔からある
洋食屋さんです。

昔なじみのお客さんも多く、
しみじみ、ほっとくつろげる雰囲気。

メニューはナポリタンにオムライス、
ポークソテーにチキンカツなど、洋食メニューがズラリ。

次は何を食べようか、メニューから目が離せません。

町の洋食屋さんとの久々の再会に、
喜ぶランチタイムでした。

レストラン グリル サクライ
横浜市中区相生町2ノ35、関内APプラザビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後4時~7時。土・日曜、祝日定休

映画ウンチク
ステルス
☆☆☆

最新の戦闘機を操る3人の前に
知能を持った無人の戦闘機「エディ」が参入。
エディなんてと戸惑いながらも
指令に従っているのですが、
いつのまにか、よくない方向に。
エディは、本当にロボットのようなもので、
でもとっても頭がよく、どんどんと
知能が発達し、自分勝手な行動ができるほどに…。
エディのおかげで、命を落としたり、
あの国の下に緊急脱出し、エラい目にあったり…。
だけど、エディの思考はいつのまに…。

と、気づけばなんだか感動してしまった。
割と淡々としたアクション映画ですが、
押さえどころは押さえていると思います。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Friday, October 07, 2005

お腹にやさしい。ボンジュクのかぼちゃ粥

SANY0561久しぶりの
赤坂見附。

ランチ処を
探すために
ウロウロしていると、
気になる店がたくさん。

おもしろかったのが、
気になるな…と思った店構えを
見てみると、ほとんどが韓国料理の店。

見附、韓国料理の店が多いようです。

本日、最終的に入店したのは

「ボンジュク おかゆ」

韓国の伝統的おかゆ専門店で、
ここは、日本本店。

本国からの進出の店のようです。

店内は1階と2階に別れていて、2階は喫煙席。

メニューもうたっているとおり、お粥のみ。

でもそのお粥の多さときたら! 

伝統健康粥と特選栄養粥に分かれています。

悩んだ挙句、秋だし…と思い

伝統健康粥の
「かぼちゃ粥」900円をオーダー。
小皿4品付き

小皿はキムチ、カツオのジャーキーのようなもの
チャンジャ、水キムチの4品

運ばれてきたのは、大きな丼に真黄色のお粥。

スプーンでかき回してみると、
米の存在が見えず、小豆と白玉が…。

米は粉を使い、かぼちゃと一緒に
炊いてあるとのことでした。

カボチャのポタージュスープといったところでしょうか。

オーダー前から甘いというのは承知の上。

口に運ぶと、本当にカボチャの甘さ! 
カボチャの存在感が思い切り出ています。

白玉はモチモチとした食感で、ほどよいアクセントに。

で、とてつもないボリュームなので、
おいしいのですが、
さすがにカボチャの味だけでは、ちと苦しい…。

と思ったところに、小皿のキムチや水キムチと
一緒に食べることで、これまたなんともいえない
味わいが広がったのです。

こういうお粥があるのかと、
新しい発見をしたランチタイムでした。

次回は米の入った特選栄養粥も食べたいです。

韓国の伝統おかゆ専門店
ボンジュクおかゆ
東京都港区赤坂3ノ18ノ19
営業時間 午前10時~午後11時30分

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Thursday, October 06, 2005

むほほほほ。OCEANのサンマの開き定食

SANY0571今日は千葉に
朝から
出かけていました。

なので、ランチは
千葉駅周辺。

次の打ち合わせの
時間もあったので
そうそうゆっくり探せないものの、
テクテクと歩いていると、

「銚子港 産地直送 ひろ屋」という、
大きなのれんが目に入りました。

表の黒板を見ると、「サンマ」の文字。

銚子といえば、サンマだよなぁ…と、
頭の中でリンクしてしまい、
思わず入店。

千葉駅東口から徒歩5分ほどにある
「OCEAN by ひろ屋」です。

店内は、まさにおしゃれな海の家の雰囲気。
2階までの吹き抜けで、屋根はきっとトタン屋根。
壁は板を張ってあり、
ダイビングや海リゾートの本なども飾られています。

季節は秋だけど、
夏に海の家に行ったりする機会がなかった人は
ここで、その気分が味わえるはずです。

注文は、もちろん
「サンマの開き定食」525円
ご飯、味噌汁、小鉢、漬物付き

これ、ワンコインランチということで、展開しているランチ。
日替わりもあるのですが、
サンマの開きはこの時期の定番のようです。

実はサンマの開きは初めて。
さっそく箸を入れて、パクリ。

すると…サンマの脂がジワ~ンと
口の中で広がっていきます。

そして干物特有の、太陽を浴びたおかげで
染み出るあの旨味…。

ん~! うまい! 

レモンも大根おろしもいらずに、
パクパクパクパク、
キレイに食べきってしまいました。
(頭と骨は残りました)

ちなみに大根おろしは、
そのままご飯の上において、醤油をタラリ。
これが、また、うまい! 

周りを見ると、
ほとんどの人がこのサンマの開きを注文。
季節だし、安いしな…。

素材の味をそれぞれに味わえた、
しかもお得なランチが見つかり、
ニコニコのランチタイムでした。

OCEAN by ひろ屋
千葉市中央区新町22ノ5
営業時間 午前11時~午後2時、
午後5時~11時30分

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 05, 2005

秋が満載!DEAN & DELUCAのベーコンとキノコのスープ&ガーリックトースト

SANY0569昨日の夜は、
美味しいものを
たらふく食べてしまい、
今日は
ランチ時になっても
そんなに
腹ペコ状態ではない…。

こんな雨降りは、
あんまり外をうろうろ
歩きたくないのもあり、
雨にぬれずに行ける場所が
いいかなぁ…。

場所は品川。
この2つを満たしてくれるのは
デリランチしかないだろうと決断。

駅ナカの「e-Cute」も気になりましたが、
ここはひとつ、久しぶりに

「DEAN & DELUCA」に行くことにしました。

NYの高級食材店。
アトレ品川内にあるココは、食材はもちろん
花などもあって、本当にNYにいる気分にしてくれます。

Seasonal Fresh Foodsコーナーの
企画ランチ。
今日は豆やキノコを使ったものでした。

オーダーは
「ベーコンとキノコのスープ」525円
「ガーリックトースト」105円

ちなみに豆は「ミネストローネ」に入っていました。

キノコは山梨側の富士山麓のあたりから
運ばれてきたもので、
これが、見たことのないようなキノコばかり。

仕入れのときも「○○のキノコと○○のキノコと…」
といったオーダーではなく、
そのとき採れたキノコを送ってくれるそう。

地元の人しか食べられたいような
キノコといったところでしょうか。

レジで料金を払い、イートインコーナーで
さっそくいただきます。

スープはさまざまなキノコがどっさり。
ぷ~んといい香りがしてきます。
ツルリとした口当たりのものもあれば、
コリコリと歯ごたえのあるもの、
それぞれの食感が心地よく、
なんだかウキウキしてきます。

ベーコンは厚めのみじん切り。
その塩加減もあって、ちょっと濃い目なのですが、
これをガーリックトーストと一緒に
いただくと、ほどよく調和されます。

なかなかお目にかかることも、
食べる機会もないようなキノコたち。

このキノコを最初に食べた人はエライな…
と思いつつ、その恩恵にあずかれたことに
感謝のひとときでした。

それにしても品川、右を向けばDean&Deluca、
左を向けばNathan's、上を見ればOyster Bar、
駅の中にはDoughnut Plantと、NY盛りです。

DEAN & DELUCA
東京都品川区港南2ノ18ノ1、アトレ品川2階
営業時間 午前10時~午後11時
(企画ランチは午前11時30分~午後2時、
パスタランチは午前11時~午後2時。どちらも平日のみ)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Tuesday, October 04, 2005

ジャズな気分で。海音香波のジューシーポーク三枚肉の白ワイン煮込み野菜添え

SANY0567今日は横浜・関内。

いつも前を通るものの
なかなか入るチャンスが
なかった店に
行ってみることにしました。

関内大通りと弁天通の
ちょうど角に位置する




「Jazz Dinner 海・音・香・波」

オーディオ工房が併設されている、イタリアンダイニングです。

店内は、地下にありながら天井が高く開放感があります。
まるでスタジオにいるような気分。
壁には往年のジャズプレイヤーのレコードジャケットが
飾られています。
ジャズ好きな人には、かなりいい感じの空間かもしれません。

BGMにはうす~くジャズが流れています。

オーダーは
「ジューシーポーク三枚肉の
白ワイン煮込み 野菜添え」900円

スープ、サラダ、ドリンク付き

スープはサツマイモのポタージュでほんのり甘い。
煮込みは白ワインとトマトでグツグツ煮込んだもの。

ぶ厚い三枚肉に、ゴロゴロのジャガイモ、ブロッコリー、
ニンジン、インゲン、セロリ、タマネギなど野菜もたっぷり。

肉はホロリとくずれるようにやわらかくジューシーです。
ソースといい塩梅にからまっています。
ジャガイモはオーブンで焼かれていて、皮はカリカリ、
中はしっとり。

実は、本当はライスが付いているのですが、
時間が遅かったのでライス切れ。
で、バケットを出してもらったのですが、
この煮込みとバケットがまた、ぴったりでおいしい。

思いのほか野菜をたっぷりいただけて、なんだか満足。

ジャジーな空間で、心地よいひとときが過ごせました。

Jazz Dinner 海・音・香・波
横浜市中区弁天通3ノ43ノ1、サングレイス関内地下1階
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~11時。日曜、祝日定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, October 03, 2005

カリとろっ! 花門亭の神戸薄焼きお好み焼き

SANY0565ときどき、
無性に食べたくなる
ソース味。

今日はどうやら
そのモードになっていて

ならば、気になっていた
この店へ…。

横浜駅西口に8月にオープンした
「花門亭」です。

神戸に本店を持つお好み焼屋さん。
メニューを見るとおなじみのそばめしやら
ぼっかけ焼きそばなど、神戸の名物がいっぱい。

でも神戸のお好み焼っていうのは、どういうのだろう?

ということで、オーダーは
「神戸薄焼き お好み焼」780円
ごはん、スープ、ドリンク付き

なんとごはんとスープは食べ放題、飲み放題
セルフサービスとなっています。

スープはモヤシの味噌汁。
このモヤシがシャッキシャキでおいしい!
お好み焼が来る前に、
味噌汁とごはんでおなかいっぱいになってしまうかと
思いました。

店の人が焼いて運んできてくれたお好み焼は…。

うす~いお好み焼。
しかも端っこのほうはネタが羽根付き餃子のように
パリパリになっている! 
初めて見るお好み焼です。

激辛どろソースと青海苔、鰹節をぬって、
早速いただきます。

初めの食感はパリパリカリカリ。
なのに、中心はとろ~んとアツアツ! 
もんじゃ焼きっぽいけれど、
もんじゃとは違う…という感じ。

キャベツがトロトロの中で存在感を
アピール。
激辛どろソースも、たまりません。

そして、お好み焼にご飯という組み合わせは、
関東人には考えられないものだったのですが、

これが、またご飯にぴったり、よいおかずに
なってしまったのです。

なんだか目からウロコ気分なひとときでした。

花門亭
横浜市西区南幸2ノ14ノ5、権田ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後4時、
午後5時~午前0時、
日曜、祝日=午前11時30分~午前0時

映画ウンチク
SIN CITY
☆☆

う~ん…。犯罪の街・シンシティ…なんですが…。
実は、NY滞在中にやっていて、
でも雰囲気がくら~い感じだったので、
旅中にそういうのは見たくなかったので避けていたモノ。
その後、ブルース・ウィルスとか豪華キャスティングで
見ておけば良かったかなぁ、なんて思っていたので。

が、しかし。
3つのストーリーが淡々と犯罪の街を描いていて、
モノクロ映画なんだけど、
赤とか必要な色だけ色つけている、印象的な映像です。

そう。ストーリーうんぬんよりも、
まずは映像とかそういった、映画技術がみどころ。
ストーリーは、再度じっくり見てみないと。。。
たぶん3つのストーリーは繋がっているはず...。
そこを集中して見るには、どうしてももう1回...。
と、実は結構衝撃的な映画でした。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Saturday, October 01, 2005

秋の海はいいね~♪麦とろ 童子の二色とろろ

4J54J4sh0003_I
いやぁ~、ダイビングの季節になりましたね♪
今日は東伊豆の富戸というところに
潜りに行ったのですが、
水温、24℃、水深30mくらいまで行っても23℃と、
快適、ラクチン、気持ちい~♪ダイビングとなりました。

透明度は10m強、
夏に口に卵をくわえて温めていた、
ネンブツダイという魚たちの子供たちが、
今やわんさかと海の中をにぎやわせています。
ブルーが美しいソラスズメの子供たちも群れていて
とてもキレイ! 

ほかにもキビナゴの群れ、カンパチやブリ、
イサキやアジの群れなど、ボーっとしているだけでも
かなり、楽しい。

そして、今日は水深32mほどのところにいる、
全身黄色で目がグリーンのち~っちゃな
ミジンベニハゼくんにも会ってきました。かわいかったです。

充実したダイビングの後のお楽しみはランチ~!

でも今日はなぜか湯河原近くまで戻ってきてから
遅めのランチとなりました。

「麦とろ 童子」です。

R134の海に面したところにあり、
ここから真鶴半島が見渡せる気持ちのいい店です。

陶芸などのギャラリーもあり、
もちろん使っている器などにも
気さくな店長がおもしろ楽しく説明してくれます。

もちろん、メニューの説明も聞きどころ!

で、人気メニューは「釜あげしらす丼」で、
まずはシラスだけで、半分食べたらご飯をおかわりして
そこに自然薯のとろろをかけていただき、
残していたシラスの上にとろろを入れて、
といった、3度おいしい丼なのです。

でも、今日はとろろを満喫したかったので
「二色とろろ」1575円を注文。
蟹味噌汁、小鉢付き
麦ご飯はお替り自由
とろろは
「大和イモわさびの茎入り」と「童子 自然薯」の2種類

自然薯は、とろろを食べ続けて30年の店長が考案した
いちばん合う特製だしを使い、
それで丁寧にすったもの。
皮も一緒にすると、より風味が増しておいしいのだとか。

まったくそのとおり! で、
滋味深い味わいにうっとりとしてしまいます。
サラサラと食べられるのもうれしい。

一方大和イモのほうは、真っ白ないでたちに
わさびの茎の緑があざやか! 
盛ったりとした大和イモは、まさにとろろを食べてると
実感できるような食感。
そして、鼻につ~んとくるわさびが刺激的! 

おなじとろろでも、こうも楽しみ方が違うのかと
今さらながらびっくり。

小鉢についた大根の漬物は
酢、味醂、蜂蜜、砂糖、鷹のツメで漬けたもので、
これがまた甘酸っぱくて美味! 

蟹の味噌汁もしっかりと蟹の出汁がでていて、
お替り自由の麦飯にも、最後はちょっとぶっかけて
堪能してしまいました。

あ~! シアワセな一日!

あ。ちなみに写真の左上は「とろろそば」
芦ノ湖とか箱根のススキとか大文字焼とかを
イメージして盛り付けているので、
これもおすすめです♪

麦とろ 童子
熱海市伊豆山郷清水210
営業時間 午前11時30分~午後6時
(土・日曜、祝日は午後8時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« September 2005 | Main | November 2005 »