« 初食! カレー食堂 心の納豆とオクラのスープカレー | Main | すじ肉が決め手!長田本庄軒のぼっかけ焼きそば »

Tuesday, July 26, 2005

香ばしくほこほこ。ひょうたん屋のうな重・並

SANY0414本日は銀座。

先週行き損ねた、
あの店へ...。

時間もちょうど
混雑時を
抜けていたので、

勇んで出かけていきました。

銀座1丁目にある、貫禄な風貌の
「うなぎ ひょうたん屋」です。

店に向かう途中から、すでに香ばしいにおいが
漂ってきます、たまりません! 

店内はカウンターとテーブル席。
うなぎを焼く場所は道に面していて、
おやじさんがうちわをあおぎながら
丹念にうなぎを焼いているのを見ることもできます。

昼のメニューは、うな重のみ。
それも、並・中・上・特上。

分相応に「うな重・並」1200円を注文します。
吸い物、漬物付き

ココのうなぎは、蒸して焼く...ではなく、
秘伝のタレをつけて焼く、関西風スタイルです。

運ばれてきたうな重。
さっそく箸を入れ、パクリ。

サクッとした食感と香ばしさ、炭で焼いた香り。
そして、中はほこほこ! 


うひゃ~、やっぱりおいしい! 

タレは甘すぎることなく、
存在感としてはひっそりとした感じなのですが、
これが、鰻にぴったり。

ご飯はかために炊かれており、
その食感は、鰻、タレにしっかりとマッチ。

漬物はぬかづけで、しっかりと漬かっている味。

シラスウナギが不漁で、
今年の鰻は高騰というニュースがありましたが、
でも、やっぱり鰻、食べたい季節です。

うなぎ ひょうたん屋
東京都中央区銀座1ノ5ノ13
営業時間 午前11時~午後2時(土曜は1時30分)
午後5時~8時30分
日曜、祝日、第2・4土曜定休

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

|

« 初食! カレー食堂 心の納豆とオクラのスープカレー | Main | すじ肉が決め手!長田本庄軒のぼっかけ焼きそば »

Comments

はじめまして
うなぎ屋さん実食レポートサイト「うなぎ大好き」と申します。
ひょうたん屋さんつながりでTBさせて頂きました。

Posted by: うなぎ大好き | Friday, September 30, 2005 at 11:31

うなぎ大好きです。
TB&コメント有難うございます。
もちろん、毎食鰻ではありません(^^)
しかし、外食のほとんどは鰻です(^^ゞ

Posted by: うなぎ大好き | Saturday, October 01, 2005 at 08:57

>うなぎ大好きさん
こんにちは。外食のほとんどがうなぎとはっ!!
やはり、うらやまし~…。あ、いや
スバラシ~(苦笑)。

Posted by: じゅんじゅん。 | Sunday, October 02, 2005 at 12:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/5164379

Listed below are links to weblogs that reference 香ばしくほこほこ。ひょうたん屋のうな重・並:

» 鰻さん 土用の丑の日 [おすすめ本格焼酎日記 (焼酎tv) ]
暑いですね。 (そうですね!) 30度オーバーが続いていますね。(そうですね!) でも、夜は涼しいんだよね。(そうですね!) 西島洋介山が西島洋介としてPRIDEで復帰みたいですね(そうですね!) アパッチけん(中本 賢)さんもPRIDEデビューですって...... [Read More]

Tracked on Friday, July 29, 2005 at 09:43

» ひょうたん屋 [うなぎ大好き日記]
 都内で用事ができたため、うなぎ大好きとしてはランチはやっぱりうなぎですよ造。(^_-)-☆ 今日、目指すのは銀座1丁目の「ひょうたん屋」です。東京駅から銀座の間に何軒か良い匂いをさせているうなぎ屋さんがあり、誘惑に負けそうになりました。でも、やっぱり炭火の煙..... [Read More]

Tracked on Friday, September 30, 2005 at 11:31

« 初食! カレー食堂 心の納豆とオクラのスープカレー | Main | すじ肉が決め手!長田本庄軒のぼっかけ焼きそば »