« May 2005 | Main | July 2005 »

Thursday, June 30, 2005

日本スタイル。CHELSEA MARKETのマカロニチーズ

SANY0366 ランチの時間が
ないよ~と、
思いながら、
次の仕事場所へ
移動するために、
秋葉原で乗り換え。

ところが、
改札に入る直前。
なんと、仕事がキャンセルに…。

思わぬところで、時間が空いた。
でも、この時間はもうランチタイムは終わってるし…。

と思ったものの、秋葉原といえば、
最近オープンした「アトレヴィ秋葉原」に行ってみたい。

で、行きたいと思っていたレストラン
「GOURMET NEW YORK DINING
CHELSEA MARKET」
へ。

ニューヨークにあるチェルシーマーケットに
インスパイアされたNYダイニングレストラン…とか。

なるほど。
店内は、まさにチェルシーマーケットのような
レンガ造り。空間というか、雰囲気は、
本当にチェルシーマーケットに
来た気分になります。

赤色のゆったりとしたソファもいい感じ。

で、ランチではなくティータイムになっていたので
料理は単品。

「マカロニチーズ」1100円

パルメザンチーズをベースとしたソース…。
と書いてある時点で、普通のマカロニチーズとは
違うな…とわかりましたが、
逆にどんなものか興味がわき、オーダー。

普通の…というのは、ソウルフードの
マカロニチーズ。
チェダーチーズのオレンジ色鮮やかな、
そして小さめのマカロニにチーズをあえたもの。
シンプルだけど、なんだかオイシイお気に入りの
メニューです。

運ばれてきたマカロニチーズは、
チーズクリームソースにからめたマカロニ。
クリームはベーコンとタマネギも
一緒に炒めてある…。

スライスのチェダーチーズを上にのせて、
プチトマトが添えてありました。

ふ~ん。

ところが、これはこれで結構おいしい。

チーズクリームソースの塩梅がちょうどよく
チーズの濃さも程よい。
チェダーチーズと合わせていただくのも
味の変化があっていいし、
トマトでさっぱりもする…。

結構イケるメニューでした。

ランチは800円くらいから、
ハンバーガーなどいろいろあるようなので、
次回はぜひランチタイムを
ゆったりすごしたいと思ったのでした。

GOURMET NEW YORK DINING
CHELSEA MARKET

東京都千代田区神田花岡町1ノ9
アトレヴィ秋葉原2階
営業時間 午前7時~午後10時30分
土・日曜、祝日=午前9時~午後10時30分
(ランチは午前11時~午後2時30分、
土・日曜は午後5時まで)

映画ウンチク
ニライカナイからの手紙

☆☆☆☆☆
号泣!!!!!
ニライカナイとは、
水平線の向こうの神様のいる楽園。
竹富島で生まれた少女が、
ある日お母さんが東京に行ってしまい、
毎年お母さんからは手紙が届くのみ…。
ストーリー的には、たぶん
すぐに先が読めちゃうのですが、

何よりも、
島の空気、島の人の雰囲気、
映画全体に流れるやさしい空気に
ただただ、涙…。
映画を見終わった後に、こんなに
やさしい気持ちになれるなんて…。
なんだか、
忘れていた気持ちや思いやり。
大切にしていきたいな…
と素直に思える映画です。

お昼ごはん
♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 29, 2005

混ぜる楽しさ。SuraBayaのナシ・チャンプル

SANY0364 SANY0362
朝起きたときに
なんだか
インドネシア料理が
食べたくなる…。

で、足を向けたのが
みなとみらいの
「横浜ワールドポーターズ」にある

「SuraBaya」です。

スラバヤとは、インドネシアを代表する港町。
ヒンズー王国が栄えていたとき
スラ魚(サメ)とバヤ鰐(ワニ)が死闘を繰り広げた
という伝説から、つけられた地名とか。

店内は、インドネシアの家の雰囲気。
音楽もバンブーなどのインドネシア音楽。
入ったとたん、インドネシアに来た~という
感覚におちいります。

オーダーは、
「ナシ・チャンプルー」1050円

ナシはご飯ということ。
プレートの上には、
ガドガド(ゆでキャベツ ピーナッツソース添え)、
イカのブラードソース、チキンロースト、
サテ(鶏肉の串焼き)、揚げ春巻き

きれいに並んでいます。

これをいろいろ混ぜながら食べるからチャンプル。

スープは、若鶏とウコンのスープ
中にはゆで卵の白身やガーリックフライなどが
入っていて、おいしい。
サンバルという、
唐辛子をトマトやニンニクと一緒に炒めた
辛味ソースをチロリとたらしていただくのも美味。

プレートでは、
ガドガドはピーナッツソースの甘みがうまい。
ローストチキンは醤油系の味付け。
サテはやわらかくてジューシー。
揚げ春巻きは春雨がたっぷり入っていて、
マヨネーズソースがぴったり。
イカは辛めのソースで、でもプリプリとした食感。

いろいろなソースが、ひとつのプレートにあって、
これをソースも混ぜ合わせながらいただくと、
これまた、今までとは違った深みのある
味に変わるから不思議。

もちろんサンバルソースもたっぷり。

ここのサンバルはかなり辛めなのですが、
ついつい全部使ってしまう…。

そうして、スプーンとフォークを使いながら
おいしく食べ終わることには、
口の周りは辛さがジンワリ。

SANY0363 そこにやってくるのが、
デザートの
ココナッツアイス! 

ココナッツをそのまま
食べているのか
というくらい、
ココナッツの風味が
口に広がります。
ココナッツの食感も楽しい。

そして、バリコーヒー
くるくるとかき回した後は、
粉が沈殿するまで、ゆったりと待つ。

このただただ、待つというのが、
気分を和やかにしてくれる…。

久しぶりにデザートまでのランチを楽しみました。
シアワセ。

SuraBaya横浜店
横浜市中区新港町2ノ2ノ1、
横浜ワールドポーターズ5階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
宇宙戦争

☆☆☆
人間ではない、
ほかの国からやってきた宇宙人。
その攻撃になすすべもない人間。
このまま何もできないのか。
ハラハラハラハラハラハラ。

そして行き着くのが、
この結末、どうするつもりなんだろう…。

宇宙戦争って、その昔に映画化されていて、
その大元も、ラジオ放送だと
確か聞いた…。
ラジオでストーリーを語ったら、
それを本当のことかと、大パニックが起こったとか…。
そのほうが、よっぽど恐ろしいかも…。

宇宙人の姿やその生態とか、
結構、エグいところもありますが、

トム・クルーズいわく、
「この映画は家族愛です」という
言葉を胸に、
見に行ったほうがいいかもしれません。

お昼ごはん
♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Tuesday, June 28, 2005

アルデンテのウマさ。BISTROT GAJUMALのリゾットランチ

SANY0355 オーガニック
続きなので、
この際、もう少し
そこのところを
意識して、お店選び。

横浜駅西口から
すぐの
ドトールの2階にある
「BISTROT GAJUMAL」へ。
有機野菜などを使ったメニューーが楽しめます。

2階に上がると、店内にはガジュマルの木のオブジェ。
白の低い壁で仕切られていて、
南の島の中に迷い込んだ気分が味わえます。

この店に来ると、ついサラダランチを
オーダーしてしまいます。
パンにつけるオリーブオイルを選べたり、
こだわりがあるだけに、シーザーサラダもおいしい。

でも今日のオーダーは、
「リゾットランチ」960円を。
サラダ、スープ、ドリンク付き

リゾットは「鶏肉とビーツのリゾット」

リゾットは、鮮やかなビーツの赤。
以前NYで、
ビーツのパスタを食べたことがあるのですが、
そのあでやかな赤にびっくりしたのですが、
ここのは、さわやか。

ひと口すくって食べると、
ビーツの素朴な風味と
アルデンテな米の食感が、口の中に広がります。

塩加減も程よく、食べ始めると止まらぬうまさ。
鶏肉も柔らかくてジューシー。

リゾットは、最近作り方を教わったのですが
その作り方の繊細さに感動したものでした。

おいしいリゾットを食べること…。
メニューにあったら、
しばらくオーダーする衝動にかられそうです。

BISTROT GAJUMAL
横浜市西区南幸1ノ9ノ7、2階
営業時間 午前11時30分~午前0時、
(金・土曜は翌午前4時まで)。無休
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
☆☆☆

ダニー・ザ・ドッグ
凄い映画です!
というか、こんな育て方ってあるのか?
ジェット・リーは、
闘犬のような育て方をさせられ、
首輪をはずすと、噛み付くように戦う。
そんな中、モーガン・フリーマンに出会い、
人間らしい、普通の生き方を知っていく。
その純真さ、素直さを
ジェット・リーが上手に演じています。
いくつだ、この人は・・・と思うくらい。
もちろんアクションのうまさは見ごたえあり。
それにしても、やはり
モーガン・フリーマン。
いい味出しています。


お昼ごはん
♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, June 27, 2005

野菜に満足! OVAL KITCHENのお昼のプレート

SANY0351 こう暑いと、
食事もさっぱり系に
したくなる...。

ここのところ、
ヘルシーメニューが
続いているので、
この際今日もそうしようと
心に決める。

横浜西口、駅から徒歩8分くらいのところにある
「ORGANIC OVAL KITCHEN」です。
またもや、オーガニック系の店を選んでしまいました。

地下1階に店を構え、店内はカフェ風。
奥にはソファ席もあり、ゆったりとした空間です。

ランチメニューは、肉、魚、ホタテをメインにしたもの。
でも、新鮮な有機野菜と五穀ごはんが、
自慢でもあります。

オーダーは、 「お昼のプレート」1000
オードブル、スープ、デザート付き

メインは「岩中ポークのプルコギ」に。

オードブルはニンジンの甘酢漬け。
スープは野菜たっぷりの野菜スープ。

そして、運ばれてきたプレートには...。

生野菜のサラダと
ダイコン、ズッキーニ、カリフラワー、サツマイモ、
里芋、ジャガイモ、ゴボウを素焼きにしたもの、
さっとゆでたキャベツの上に、
タマネギ、ニラと一緒に炒めた豚肉のプルコギ。

まさに、野菜のオンパレードなプレートです。
その彩りがキレイ!

しかも、その一つひとつは、
それぞれの野菜の力強い味が
しっかりと感じられます。

ジェノベーゼソースがトロリとかかっているのも
ウレシイ。

もちろん、プルコギもほどよい甘辛で、美味! 

五穀米も柔らかく、
プルコギにも野菜にも合っています。

店内のほとんどは女性客ばかりというのも
なんだか納得できるようなメニューでした。

野菜不足を感じたら、ここに来るべし! 

ORGANIC OVAL KITCHEN
横浜市西区北幸2ノ10ノ42、地下1階
営業時間 午前11時~午後10時
(ランチは午後2時30分まで)。日曜定休

映画ウンチク
OPEN WATER

☆☆
いやぁ~、怖いっす。
2人のダイバーが、起こるはずのない
偶然が重なって、海原に取り残される。
そこは、サメが生息するところ...。
待てども引き上げてくれそうな船はこない。
10時間...。
寒さと空腹感、喪失感、そして恐怖感。
このすべてが重なり、大パニックになる...。
リアルな映像と表情に、凍りつくかも...。

という感じなんですけどね。
でも、ダイバーとしての感想としては、
それはないだろうと...。

この映画は、実話(true events)を元に
作られているのですが、
事実は、99年のオーストラリアで、
乗船名簿に記録されてない夫婦がいて、
港に帰ってきたら、夫婦の荷物だけ残っていて、
海に取り残されていることを知る。
で、彼らのホテルの部屋に行ってみると
遺書めいたメモが残っていて、まさか
そのつもりだったのでは...。
と憶測が飛んでいるんだそう。
もちろん、事実は不明。消息もないまま...。

この事件を元にストーリーを考えつくのもスゴイ! 
でも、サメってめったなことでは人を襲わないんです。
ダイバー一般論的には、
サメには、人とか魚とかを
識別するような目をもっておらず、
どちらかというと、バシャバシャしている雰囲気を察したら
それは、オレ様のエサだ! と思うらしい。
だから、サメと遭遇してもじっと動かなければ...。
本当は神経質で臆病。
そもそも人間になんて興味はない。
興味があるのはエサ...。

・・・なんですけどね。
だから、そういう面では納得いきませんが、
パニックムービーとしては、オススメかも。

お昼ごはん

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Saturday, June 25, 2005

天草からつくるところてんのうまさ! 

SANY0345
こんな暑い日は、海でクールダウン! 
と、またまた初島へダイビングに出かけてきました。

透明度は15m、初島のアイドル・ジョーフィッシュも元気! 

さて、初島では「アジイカ丼」がうまいというのは、
前にも触れましたが、

この時期は、「ところてん」がうまいのも
忘れてはいけません。

ところてんは、寒天で作られますが、
この寒天、山からは芋のでんぷんから、
海からは「天草」という海草から作られます。

通常売っている、棒状の寒天は芋から作られているので、
都会で生活している人にとって
この天草から作られる寒天は、
びっくりするものかもしれません。

SANY0344 水中では、
モシャモシャとした
風貌の
「天草」という、
赤い海草が、
かなりの数で
群生しています。

この写真は、
その天草を
獲ってきて、
水で洗って
干している風景。
干して乾いたら、
また水で洗って干す。
そして、また乾いたら水で洗って干す。

そうして1週間から2週間くらい繰り返すと...
SANY0346 こんな感じに
白く色が
変化してきます。

これで、
ほぼできあがり。

で、
これを鍋で煮詰めて、
トロリとなったら
布などで漉して
型に流し込むと、あの寒天のできあがり! 
となるワケです。

さて、ところてんは、酢醤油で食べるのが
関東ですが、
ここ初島では、白蜜でいただきます。

ところてんの形状で、みつ豆のような食べ方...。

ところが、このツルルと口にほおばる寒天の
つややかさ、とさわやかさは、
ただものではありません! 

この海草から、なんでこんなに透明なものが
できあがるのか、
フシギで不思議で仕方ありません。

それにしても、この歯ごたえといい、
食感といい、蜜との相性といい、
暑い日に食べるには、さわやかでおいしい! 

天草は450円ほどで干したものを販売しています。
お土産にすると、ちょっと話題になるかも...と
ひそかに考えてしまった一日でした。

お昼ごはん

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Friday, June 24, 2005

オーガニックで満腹。LOHASの日替わりベジプレート

SANY0334 新宿の
アイランドタワー近辺で
お昼どきとなる。

この周辺、
特に青梅街道沿いは、
学生時代に毎日と
いっていいほど
通ったエリア。

で、なつかしいなぁ…と思いながら、
辺りを見回すと、こぎれいな看板を発見!

「LOHAS」
今年3月にオープンしたオーガニックカフェです。

LOHAS-とは、
Lifestyle Of Health And Susitinabilityの略。
「環境と人間の健康を最優先し、持続可能な
社会の在り方を志向するライフスタイル」が
コンセプトになっているようです。

オーガニック主流の店に入るのははじめてかも…。

店内は白を基調とした落ち着いた空間。
メニューを見ると
「100%ベジ」という表示もあります。
ベジタリアンにはうれしい、
そうでない人にも、かなりヘルシーな
ランチが楽しめそうです。

オーダーは「日替わりベジプレート」900円
サラダ、スープ付き

サラダは、ヒジキとオクラを和えたもの
オクラの粘り具合とヒジキはおいしい。
赤粒胡椒がピリッとアクセントになっています。

で、ベジプレート。
鶏肉風大豆の唐揚げ&もちきびとゴーヤーチャンプルー
お米は雑穀、または玄米ごはんが選べるので、
玄米ごはんをいただきます。

唐揚げは見るからに鶏肉! 
かみ締めると、確かに鶏肉のような食感。
でも、程よいしょう油味がついていて、
ちゃんとごはんのおかずになっています。

もちきびは、ねっちゃりした食感が楽しい。
タマネギも一緒にカレー風味になっていました。

玄米ごはんは、やわらかく炊き上がっています。
かめばかむほど、味が出る…。

ごはん自体のボリュームもありますが、
ゆっくりとかみしめて食べたので、
食べ終わったときはかなりの満腹感。

しかも! 
その後、夜まで満腹感が続き、
腹持ちいいことこのうえなし! 

ベジメニュー。結構いいかもしれません。

LOHAS ORGANIC CAFE
東京都新宿区西新宿8ノ5ノ8、正和ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後11時
(ランチは午後4時まで)、日曜、祝日定休

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Thursday, June 23, 2005

凝縮の味!レストラン大宮のハンバーグステーキ

SANY0330 本日浅草に出没。
前回は、
定休日だったので、
今日こそは
あの洋食屋へ!

とはいえ、
店の前に来て、

ちょっと躊躇(ちゅうちょ)…。

だって、私の平均ランチ価格よりも
お高いんだもん…。

浅草へ来たときに食べたいものは、
天ぷら、うなぎ、寿司、洋食。
これらの値段が、ちゃんとしたものは高いのは知ってる…。

老舗に行きたい気持ちは、少しずつかなえてきているし…。

よっし! やっぱり今日は夢をかなえよう! 
と、心に決めて扉を開けます。

「レストラン大宮」 。
「チューボーですよ! 」などで、街の巨匠の店として
紹介されたことも多いのですが、
私がこの店を知ったのは、ダッチオーブン。

まだダッチオーブンが大流行する前に、
ダッチオーブンの料理本を見つけ、
アウトドアでの料理の広がりを知りました。

アウトドアで使う鍋を、レストランでも使っている…
というので、この店が紹介されていたのです。

ダッチを使った煮込み料理や焼き物、
おいしいだろうなぁ…。

と、夢見て、早何年。

扉を開けると、そこは9人ほど座れるカウンター。
カウンターの向こうは厨房になっていて、
でも、カウンターの席のほうが
高い造りになっています。

厨房をのぞくと、
ダッチオーブンのフライパン型が
いくつか並んでいるのが見えます。
ちょっと、ワクワク。

オーダーは、「ハンバーグステーキ」1580円
「ライス」320円

運ばれてきたハンバーグの、その大きさにびっくり。
ナイフで切って、口に運ぶと、
口中に牛肉のうまみが広がります。
ほとんど100%牛肉のハンバーグ。
黒いほどのデミグラスソースも本格的。
うまみがギュッと詰まったソースと肉はぴったりの相性。

さらに、添え付けのジャガイモがスゴイ!

スライスして、タマネギと一緒に
ソテーしたのだと思いますが、
このジャガイモが、ホクホクというより、
しっとりまとわりつくような食感。

これがなんともいえずウマイ! 
肉と一緒に食べるとさらにおいしさが増します。

う~ん。やはりダッチオーブンの威力か…。

次は煮込み料理も食べてみたくなりました。

レストラン 大宮
東京都台東区浅草2ノ1ノ3
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~8時30分
日曜、祝日=午前11時45分~午後2時45分、
午後5時~8時
月曜定休

映画ウンチク
バッドマン ビギンズ

☆☆☆☆
バッドマンシリーズは全部見ていないのですが
それでも、今までは私の解釈の仕方が悪いのか、
バッドマンはいい人なのか悪い人なのか、
よくわかっていませんでした。
でも、今回これを見て、バッドマン、いいやつなんだ! 
と納得。
こういう後付ものって、う~んというところが
多い気がするのですが、
これに関しては、見て良かった! って気がします。
でも、なんとなくスパイダーマンっぽい?

渡辺謙もがんばってました。
日本語でも英語でもないセリフが、
何者がわからない感じで…。
バッドマンシリーズ、改めて見たくなりました。

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (7) | TrackBack (2)

Wednesday, June 22, 2005

パリ~な気分。LINA'S SANDWICH CAFEのランチスペシャル

SANY0328 なんだか、
ゆったりとした
ランチがしたいと考え、
サンドイッチでも…と
ひらめいた。

となれば、
なんといっても
専門店に行くに限る。

で向かったのが、
関内の「LINA'S SANDWICH CAFE」です。
パリに本店を持つサンドイッチチェーン店。
何種類ものサンドイッチが楽しめます。

横浜の店は、官庁街にあり、静かなたたずまい。
ショーウィンドウには、
チーズやハム、野菜などサンドイッチ具材が
いろいろ並んでいるので、気持ちもワクワク。

オーダーは
「サンドイッチスペシャル」1000円
スープ、ドリンク付き

サンドイッチは、7種類の中から選べます。
そこで人気の「小エビとアボガド」をセレクト。

さらにバンズは、
フランス産の全粉を使った
オリジナルのパン・パヴェ、
ライ麦ブレッド、ホワイトブレッドの中から
選ぶことができます。

通常、パン・ヴァヴェは別途料金がかかるのですが
ランチタイムに限ってはかかりません。
なので、迷わずパン・パヴェを指差します。

運ばれてきたサンドイッチは…。
これでもかっ! というくらいの
どさっさりレタス。どっさり小エビ。
アボガドは、熟されたものがはさまっています。

このボリューム感こそ、サンドイッチ! といった感じ。

パン・パヴェは、まわりは固め、
でも中はふわふわ。
それなのに、かみ締めると、
そのかみ応えにびっくり。
かむほどに甘みが増してきます。

そして、シャキシャキ感のレタス。
プリプリ感の小エビ、まったり感のアボガドが
口の中で踊ります。
少しの酸味がある甘いレインボーソースとも
よく合っています。

添え付けにはチップス。
ピクルスとパプリカ、エンダイブ。

サンドイッチをほおばりながら、
これらの添えつけを食べると、さらにオイシイ。
私は特にチップスと一緒に咀嚼するのはお気に入り。

スープは温かいパンプキンスープ。

カフェオレと一緒に、パリ気分が楽しめました。

LINA'S SANDWICH CAFE
横浜市中区弁天通1ノ1
営業時間 午前10時~午後7時
(土・日曜、祝日は午前10時30分から)
(ランチは午後3時まで)

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 21, 2005

特製ダレが決め手! くいどんの石焼ビビンバセット

SANY0326 本日、
イベントがらみの
仕事で千葉方面へ。

準備や打ち合わせで
昼前から集合、
イベント終了は
午後2時。

という状態だったので、
おなかはグーグー。
とりあえず最寄の駅に出たものの、
食べ処があまりなく、
それでは…ということで、程近い
「海浜幕張」駅へ。

駅を降りた早々、目の前の
「メッセアミューズモール」へ突進。
「ここなら3時のランチにぎりぎり間に合う! 」
と、入ったのが「焼肉屋 くいどん」です。

この店は、千葉で創業30年の本格焼肉レストラン
「大将軍」グループのお店…とか。
「くいどん」自体も千葉県内に11店。
グループで仕入れることができるので
大量の肉をリーズナブルな価格で提供できるのだそう。

さて、とはいえ注文したのは
「石焼ビビンバセット」800円
ワカメスープ、サラダ、漬物付き

熱々に焼かれた石焼鍋には、
モヤシをはじめとしたナムル5種、
牛肉のひき肉に目玉焼き。

すばやくサクサクと混ぜ合わせていきます。
鍋が熱いので、程よくおこげも…。

タレは特製のコチジャン。
味噌の甘味と唐辛子の辛味が、食欲をそそります。
テーブルの辛味噌を加えたものの、
この甘辛は、かなりイケます。

サラダもアスパラにコーン、トマトにどっさりキャベツ。

バランスよく食べられた遅めのランチでした。
焼肉もおいしそうだな…。

焼肉屋 くいどん メッセ・アミューズモール店
千葉県千葉市美浜区ひび野1ノ8
営業時間 午前11時30分~午後11時30分
(ランチは午後3時まで、平日のみ)

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 20, 2005

味作りがたのし。コカタイキッチン&バーのライスヌードル タイ風汁麺

SANY0319 考えてみると、
ベトナムの
フォーは
よく食べていたけれど、
タイの汁麺は
かなりごぶさただなぁと
ふと気づいてしまい、
今日は、ソレを食べようと
決意。

有楽町界隈にいたので
「コカタイキッチン&バー日比谷」へ。

コカレストランの姉妹店で、
コカは、タイに本店を構えるレストランです。

有楽町駅前再開発の前は、
雰囲気のいいビルに「コカレストラン」があり、
タイスキが楽しめました。
なき今は、ビックカメラの店とこの店でも
タイスキが食べられるようになったのですが
あの店の、わら半紙のような紙に
食べたい食材に印をつけるのが、楽しかった…。
閉店後もしばらくは
マレーシア料理「バクテー」だけを出す
お店として開いていましたが…。
あのバクテーもおいしかったなぁ…。

さて、ここのランチは日替わりを含めて
8種類くらいと豊富。
高架下にあるものの、店内は広く、
そして、ジャズなどが流れるおしゃれな店構えです。

オーダーは、もちろん
「ライスヌードル タイ風汁麺」730円
サラダ付き

スープは、鶏ガラをしっかりとった出汁(たぶん)。
すったニンニクなどもあって、
とてもいい味に仕上がっています。

そのスープには、もちろん卓上の調味料を。
まずは唐辛子をどっさり。
酢もどっさり。
ナンプラーは普通に。
そして、砂糖も普通に…。
この砂糖を加えることで、マイルドなコクのある
スープに変身してしまうのです。

麺は程よい固さ。
上には生のモヤシがシャクシャク。
煮豚が4枚。ネギにパクチー。
素材のハーモニーを楽しみながら、
久しぶりのタイ風汁麺を満喫しました。

コカタイキッチン&バー日比谷
東京都千代田区有楽町2ノ1ノ11
営業時間 午前11時~午前0時
(日曜、祝日は午後11時)
(ランチは午後2時30分まで)

映画ウンチク
50 First Dates-50回目のファーストキスー

☆☆☆☆☆
あの、アダム・サンドラが、
モテモテのプレイボーイという設定(笑)。
ハワイの水族館でセイウチの世話をする
アダムが、ある日ロコカフェで
ドリュー・バルモアと出会う。
でも、彼女は事故によって
昨日の記憶がなくなるという病気に…。
感動してしまうのが、
彼女の父・弟が、
彼女のその止まった記憶の日のままに、
来る日も来る日も再現して繰り返す、
その愛情。
そして、アダムの感動するほどの愛情。
毎日が初めて会った日のような
感動と心づかいがあったら、
それはそれで、かなりうれしい。
周りの変わらぬ愛に、
ホロリとしてしまう映画です。

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Saturday, June 18, 2005

NewYorkのおもいで。

SANY0317 
5月のNewYorkの旅は、
どこに行こうとか何を食べようとか、
何の計画のないままの旅立ちでしたが、
ひとつだけ、叶えたいことがありました。

それは、7年前にホームステイしていた家族に会うこと。

場所は、JFKのあるJamaica。
Greekをはじめ、Indianなどエスニック系の多いエリアです。
Fトレインに乗って出かけます。
地上に出れば、懐かしい風景ばかり。
あのころのことを思い出します。

この7年、私にしてはあっという間だったのですが、
この家には当時KinderGardenの子どもがいました。
そして、この9月からはJuniour High。
これを思うと、月日の経つのは早いなぁ…と
しみじみしてしまいます。

でも、久しぶりの再会は7年の空間を感じさせないものでした。

オトコらしくなった彼。
変わらないやさしさの彼の母。

チキンカツレツを一緒に作り、
「アナタのサラダが食べたいわ」とサラダを
醤油ドレッシングバージョンで作り…。

とてもステキなひとときを過ごしました。


で。
その帰り、お土産にといただいたのがこのワイン。
イタリアンワインのDry Red Wine。
初めて見るラベルです。
NewYorkでしか購入できないのでしょうか…。

このワインを先週、
「オトコクッキング」なるイベントで、
カメラマン&試食係として参加。
その際に持参したわけです。

さまざまなイタリアン料理を食べましたが、
それがワインにもぴったり。

薄すぎず、でも渋すぎず、まったりとした味わい。

飲んでみて、ますますこのラベルが気になるこのごろです。

イタリアンでなくとも
NewYorkのLongIslandにはワイナリーがあります。
連れて行ってもらったことがありますが、
そこのワインも結構いける。
アトレ品川の3階のワインコーナーにも
少しだけLongIslandワインが置いてあります。

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Friday, June 17, 2005

キャベツうまい。夢民のベーコンエッグ野菜カレー

SANY0323 今日はお昼が
遅くなってしまいました。

なので、ランチタイムが
あまり関係のない
ところに行こうと
向かった先は、
新宿・野村ビル。

「インド式カレー 夢民」 …。ん?
またカレーになってしまいました。

ここのカレーはサラリとしたカレーで
具だくさんなのが大きな魅力です。

オーダーは
「ベーコンエッグ野菜カレー」800円
辛さは5ホットでプラス30円
ご飯は小盛りでマイナス20円…といった
計算がちょっとおもしろい。

運ばれてきたカレーは
細かく刻んだベーコン、ざっくり切られたキャベツ、
スクランブルエッグがどっさりと入っています。

ひと口スープをすすれば、
ピンッとくる、素直な辛さが広がります。
そこにベーコンの柔らかさ。
卵で辛さがマイルドに。
そしてキャベツの歯ごたえが楽しい。

テーブルには薬味として、
キュウリや福神漬けのようなものもありますが、
なんといってもタマネギがいい!
シャクシャクとして、
スープにも具にも、ぴったりとマッチ。

昨日のカレーとは、また違うスパイシーさに脱帽です。
カレーのうまさは奥深いと、しみじみしたのでした。

インド式カレー 夢民
東京都新宿区西新宿1ノ26ノ2 新宿野村ビル地下2階
営業時間  午前11時30分~午後9時30分
日曜、祝日休み

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, June 16, 2005

う~んNY! DEAN & DELUCAのカレー

SANY0321 「DEAN & 
DELUCA」

いわずと知れた
NYの高級食材店。

アトレ品川
オープンと共に
かなり広いスペースで
営業を開始しています。

オープン当初は、
そんなにイートインコーナーは
広くなっていなかったのですが、
最近、ちょっと拡張。
それに伴って
デリランチや売っている食材を使って
平日のみのランチメニューとして
展開中です。

「ベジタブルマレーシアカレー」630円
プラス「チキンサテ」210円。

ちょうど「HOT & SPICY」をテーマに
オーストラリアから輸入された
「DING」というブランドの
カレーペーストを売り出し中で、
それに伴ってのメニューです。

プラスチックのプレートに入れてもらい、
レジでお金を払って、席に着く。

ふたを開けると、
ぷ~んと、東南アジアの香り満載! 
マレーシア航空に乗り込んだときの
あの独特のスパイシーな香りが漂います。

野菜はトマト、キュウリ、レッドペッパー、
イエローペッパー、フクロダケなど。

サラリとしたカレーで、
これがタイ米にぴったり!
よくからませていただけば、
ココナツの甘みが口の中で広がります。

うまい! 
添えつけはセロリのピクルス。

チキンサテは、ピーナッツをすりつぶした
サテソースで、ちょっぴり甘め。

パクパクと食べつくして、
ひと息。
そうすると、口の中には
辛さが突然残っていることに気づく...。

この辛さ、やっぱりおいしい! 
思わず、食材を買って帰りたくなりました。

カレーコーナーは、
月替わりの企画モノで、
カレーは7月6日までとか。
カレー食べたい人は急いで! 
次の企画ランチも楽しみです。

DEAN & DELUCA
東京都品川区港南2ノ18ノ1、アトレ品川2階
営業時間 午前10時~午後11時
(企画ランチは正午から。売り切れ次第終了。
パスタランチは午前11時~午後2時。どちらも平日のみ)

映画ウンチク
四日間の奇跡

☆☆☆☆
「世界の中心で愛をさけぶ」や
「今、会いに行きます」に並ぶ、純愛映画。
といっても、
「セカチュウ」も「イマアイ」も観ていないのですが...。
というくらいなので、あまり期待もしていなかったのが
正直なところなのですが...。
これが、また! 
ストーリー展開の間や音楽やセリフで、
気づくとハラリと涙がこぼれてるんです! びっくり。
ありえないよねぇ、って思っているのに。
泣きたいなぁって、思っている人は
観るべし! の映画です。

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, June 15, 2005

ながらランチ。シアトルカフェのベーグルセット

SANY0319 時間を見て、
アポ取りを
することに
なっていたので、
今日のランチは
「ながらランチ」を
するしかないなぁ…と
考えながら
向かったのが
そういうときにお世話になっている
横浜シアル3階の「シアトルカフェ」です。

事務所を構えていない私は、
カフェなどがにわか事務所代わりに
なることが多い。

ここは、広いスペースのカフェで、
あまり隣の人のすることが
気にならない空間なので、
申し訳ないな…と思いつつ、
アポ取り電話をするときに
利用しているのです。

「ベーグルセット」683円
ベーグルサンド、サラダ、ドリンク付き

ベーグルは、できあがっているものもありますが、
好きなベーグルを選んで、サンドの指定をすると
トーストして、作りたてを持ってきてくれます。

本日はプレーンベーグルに
照り焼きチキン
ベーグルをサンドで食べるときは、
プレーンなど、シンプルなベーグルのほうが好き。
チキンはパテになったものを焼いて、
照り焼きソースがたっぷり。
レタスとトマトがフレッシュです。
ベーグルもトーストしてあるので、
表面はカリッ、中はかみ応えありな食感。

サラダもいろいろ選べますが、
今日はカボチャの入っているのをセレクト。
カボチャの甘みがなんともイケてます。

おかげで、スムーズに仕事が進みました。

シアトルカフェ
横浜市西区南幸1ノ1ノ1、3階
営業時間 午前10時~午後9時

映画ウンチク
Hitch-最後の恋のはじめかた-

☆☆☆☆☆
ス・ス・スミマセン;
あまりのハッピーな映画に、
2度観してしまいました。
これだけ明るくって、楽しくって
ハッピーになれる映画、
最近ではなかなかないのでは? 
という気がします。
ヒッチ役のウィル・スミス、
ラブコメ、とても合っています。

と、
かなりのオススメ映画なので、
再度書くことにしちゃったわけです。

ところで、映画中、
ウォッカ・マティーニとう訳が出てきますが、
英語では「グース・マティーニ」と
言っているような気がするのですが…正しい?
ニューヨークのバーでは、
マティーニは人気で、映画にも出てきた
アップルマティーニをはじめ、
さまざまなフルーツのマティーニがあるそうです。
ウォッカ・マティーニ、飲みたいな…。


♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Tuesday, June 14, 2005

シャッキリ。大新園のジャガイモと豚肉の炒め

SANY0315 今日も、
またまた中華街へ。

中華街ランチ探検は、
一度行くと、
何日か続けられるなら
続けてしまいたくなるのです。

今日の狙いは、
「上海料理 大新園」 。
ここは、ワンタンがとってもおいしいお店。
プルンプルンにゆであがったワンタンは、
「ふほほほ」と笑いたくなるようなおいしさです。

でも、今日はランチをいただきます。
「ジャガイモと豚肉の炒め」680円
スープ、ライス、漬物、杏仁豆腐付き

なのですが、今日はなぜか小皿も付けてくれました。

ジャガイモと豚肉は細く刻まれ、
シャッキリとした食感が楽しめます。
味付けは、しょう油テーストの中華味。
豚肉の油と合わさって、
なんともいえない味わい。
ご飯がパクパクと進んでしまいます。

小皿にはナスを揚げて、
酢醤油に漬けたもの。
上にはパセリとネギのみじん切り。
これがまた、ジンワリとナスのうまみが広がって、
さらにご飯が進みます。

杏仁豆腐まで付いていて、
しかも、ゆっくりしていけるような
おもてなし。

おいしかったです。

上海料理 大新園
横浜市中区山下町134
営業時間 午前11時~午後2時、
午後4時30分~9時、
土・日曜、祝日=午前11時~午後9時
月曜定休

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 13, 2005

裏路地で。福楼のイカの辛味炒め

SANY0311 今日は、
ざっかけない所で
ランチしたいな、
と思って、
近くまで来たいたので、
横浜・中華街に。

中華街ランチの
楽しみは、
行ったことのない店を食べ歩いてみること。
だいたい中華街ランチは、
600円台が中心。
どこの店がおいしいとか、
いろいろありますが、
でも、基本的には
レベル的にはどこも
おいしくいただけるお店がそろっていると
思われます。

今回チャレンジしたのは、
ちょっと横道にそれるところにある
「福楼(ふくろう)」。台湾料理の店です。
水はセルフサービスと、
まさに、ざっかけない雰囲気がいい。

注文は「イカの辛味炒め」630円
スープ、ザーサイ、ライス、点心付き。
点心は、焼き餃子、小龍包、
水餃子、焼売の中から選べます

選んだのは小龍包。

スープは、豆腐とトマトの入った卵スープ。
トマトの酸味のきいたさっぱりとした味。

小龍包は、皮がぽったり厚めの、
ちょっと肉まん風なのですが、
中の餡が生姜がピリッときいていてオイシイ。

イカの辛味炒めは、
甘酸っぱい味付けで、ほのかに辛味がきいた、
全体的にさっぱりとした味わい。
イカも柔らか。
野菜もサヤインゲンやニンジン、タケノコ、
フクロダケ、マッシュルームなどが
たっぷり入っているのもウレシイ。

点心が付いて、この値段。
お腹もすっかり満足してしまいました。

中華街ランチは、
4~6種類そろっているので
大人数で来れば来るほど、
おかずがたくさんで
ワイワイいただけるのも魅力です。

中華街探検はオモシロイ! 

福楼
横浜市中区山下町137ノ26
営業時間 午前11時~午後10時
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
サハラ

☆☆☆☆
海軍の船を引き上げたりの
トレジャーハンターと、
ナイジェリアで働くWHOの医者。
消えた甲冑船を探すとレジャーと、
謎の伝染病の根源を探す医者。
この二者が、複雑に絡み合いながら
ストーリーは進んでいきます。
甲冑船はあるのか、
病原菌はなんなのか、
政治的な権力も絡み合いつつ、
全体的にそう快! な映画です。
そう。かなり、単純に
楽しめる映画です。

個人的には、ストーリーはじめの
海から財宝を引き上げるところが
かなり、かっこいいなぁと思いました。

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, June 10, 2005

ワインの甘み。CHIKI CHIKI & TAN TANのCランチ

SANY0300 雨の日は
明るい雰囲気の
お店で食べたいと

向かった先は、
関内・吉田町にある
ダイニングカフェ。


「dining cafe CHIKI CHIKI & 
work shop TAN TAN」

白を基調とした晴れやかな店内。
壁には、鳥のような人が空を飛び立つような
アートや写真が飾られています。

また、店名のとおり、ワークショップとして
さまざまなアーティストの作品の展示、販売もしています。

オーダーは、 「Cランチ」1050円
豚肩ロースのソテー マルサラソース 黒胡椒添え
前菜、サラダ付き

プラス150円でパン、ドリンク付きに
ほかにも、デザート付きのセットや
パスタランチ用にサラダ・パンセットなどもあります。

運ばれてきたのは、
前菜とサラダを一緒盛りにした
ワンプレートランチ。

前菜は、真ダコのマリネ・ジェノベーゼソース、
甘エビをガーリックソースで…。
タコとソースの組み合わせがぴったり。
下にあったトマトと一緒に食べてもオイシイ。
エビはただただ、甘く、
ガーリックの香りがアクセントになっています。

豚肩ロースのソテーは、
肉は柔らかく、程よい脂身。
甘めのポートワインをベースの
マルサラソースが、豚の脂身と上手に
合わさって、その甘味が、またうまい! 
この甘味と黒胡椒のピリリ感が、さらに刺激的。
添えつけのカブと一緒にいただけば、
カブの風味とソース、肉の旨みが
絶妙にマッチして、かなりの幸せ感が襲ってきます。

デザートは今日はいただいませんでしたが、
シフォンケーキ、かなりのおいしさです。

dining cafe CHIKI CHIKI 
        &
work shop TAN TAN

横浜市中区吉田町5ノ1、第一吉田ビル1階
営業時間 正午~午前0時
(ランチは午後3時まで)、月曜定休

映画ウンチク
Forgotten

☆☆
ジュリアン・ムーア主演。
自分の記憶が妄想だったら、
どうなっちゃうんだろう。
今、この現実も妄想? 
そんなことを考えつつ
かなりの時間、
ハラハラハラハラします。
いったい誰が、どうして! 
誰の言ってることが正しいの?

そして、かなりドキドキしながら、
だんだんと、
こんなに大風呂敷広げちゃって、
オチはどうするのぉ? って心配に…。

案の定、そのオチにいくのか、と。
確かに、カウンセラー役の彼が
出ている作品は、こんなオチが多いし。

アメリカでは、Missing Childで、
ミルクパックなどに子供の写真が載ることも多いし、
そう考えると、こういうオチもありなのかな…。
とはいえ、最後はハッピーエンドだし、
ジュリアンの息子役はキュートだし、
ま、いっか。って感じの映画です(笑)

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, June 09, 2005

優しい時間。ナビィとかまどの本日のチャンプルー定食

SANY0297 「emmaの日記」
emmaちゃんが
帰国中なので
一緒にお昼ごはん
することに。

場所は新宿がよくて
和食希望...。

というので、じゃ沖縄料理でもいく? ということで
マイシティ7階の
「泡盛と家庭料理 ナビィとかまど」へ。
2度目の登場です。

オシャレな雰囲気のレストラン街
「SHUNKAN」内にあるこのお店。
店内の場所によって
「慶良間」「竹富」「八重山」など
島の名前で案内されるので
なんだか、沖縄気分が味わえます。

注文は
「本日のチャンプルー定食」924円
今日のチャンプルー・フーイリチー
ミニ沖縄そば、小鉢、漬物、
ご飯またはジューシー付き

フーイリチーは、お麩を炒めたもので、
お麩、スパム、卵をさっくりと炒めたものです。

お麩が沖縄のもので、
厚揚げのようなお麩は食感がフニャリ。
でも、存在感があります。
ほどよいスパムの塩味と
卵の混ざり具合が程よくて、ご飯がすすみます。

ご飯は沖縄の混ぜご飯、ジューシーを。
ほのかに甘味のあるご飯が、またよし。

ミニ沖縄そばは、汁物代わりといった感じ。
コーレーグースーで辛味をつけていただきました。

小鉢はもずく酢で、さっぱり。

emmaちゃんは、ゴーヤーチャンプルーを
頼んだので、
ゴーヤーの旨味も味わってしまいました。

優しい時間が過ごせました。

泡盛と家庭料理 ナビィとかまど新宿店
東京都新宿区新宿3ノ38ノ1
JR新宿東口マイシティ7階
営業時間 午前11時~午後11時30分
(ランチタイムは午後3時まで)

映画ウンチク
ホステージ

☆☆☆☆☆
ネゴシエイトに失敗した
ブルース・ウィルスは、
ロスののどかな町の署長として
働いていた。
そこで起こる人質事件。
ネゴシエーターとしての仕事は、
もはや自分の仕事ではないのに、
まさか、自分の家族が誘拐・人質に...。
二重の人質事件に立ち向かうブルース。
2時間近くハラハラ、バクバクしどおしです。
その中に家族への愛が感じられる映画です。
それにしても、
犯人の1人が通気口で追いかけるその姿、
かなりのホラーものでした;

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, June 08, 2005

とろん。Vimonのメンチカツランチ

SANY0295 久しぶりに
東京駅界隈に
いたので
東京駅一番街に
できた
Kitchen Streetに
行ってみることにする。

東京駅の構内にある
この近辺は、ときおりJRの放送が聞こえてきて
東京の玄関口だなぁといった趣が感じられます。

いろいろなお店が並んでいますが、
いちばん奥にたたずんでいる
「ステーキ&ハンバーグ Vimon」
入ってみることにしました。

店内は鉄板のあるカウンターがありますが
全体的にスタイリッシュでオシャレな雰囲気です。
「ウリ」は、
国産の黒毛和牛のおいしさを
まるごと味わえること。

ステーキか、ハンバーグか悩みましたが、
限定25食という
「メンチカツランチ」1000円に。
ライス、スープ、野菜の付け合せ付き

もちろんこのメンチも黒毛和牛を使っています。

カラリと揚がった衣に箸を入れると
サクッという手ごたえ。
中から柔らかそうな肉と
トロンとしたタマネギがのぞいています。

口に入れると、
衣の歯ごたえに反して、
中はジューシーで柔らか。
溶けてしまうような食感です。

う・うまい。
立ち込める風味もうっとりしてしまいます。

付け合せの野菜は、
表面を焼いた、中はホックホクのサツマイモ、
歯ごたえのあるブロッコリ、
軽く焼いたプチトマト。
このトマトが、またジューシーで甘くって...。

ガッツリ肉を食べたいときは
オススメのレストランかもしれません。

ステーキ&ハンバーグ Vimon
東京都千代田区丸の内1ノ9ノ1
東京駅1階・Kitchen Street
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時まで)

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, June 07, 2005

シチリ。オステリア・マラネッロのAランチ

SANY0292 ゆっくりと
ランチをするには
打ち合わせの
時間には
間に合いそうもなく
あまり、いろいろと
探さずに
ピンときた店へ。

表参道の「オステリア・マラネッロ」へ。
本場シチリア料理が楽しめるレストランです。

店内は、誰かの家に遊びに来たような感覚。
外でも食事をすることができ、
天気のいい今日は、店内も
窓を開けて開放的でした。

オーダーは「Aランチ」1050円
本日のパスタは
タコとオリーブのトマトソースのパスタ
サラダ、ドリンク付き

サラダは大き目の皿に、
リーフ系を中心に、さっぱりとした
ドレッシングでいただきます。

パスタは、タコの食感がコリコリ。
オリーブの味がアクセントになっています。

ソースは、ガーリックと唐辛子で
ちょっとアラビアータっぽいのですが、
細かく刻んだタマネギとセロリが入り
トマトソースを味わい深くしています。

夜もゆっくり食べてみたいレストランです。

オラトリア・マラネッロ
東京都港区北青山3ノ6ノ26
営業時間 午前11時~午後3時、
午後5時30分~10時

映画ウンチク
いらっしゃいませ。患者さま

☆☆☆☆
限りなく、くだらなく、おかしい。
「お客様は神様です」ということで
病院で、同伴人間ドックや
口移しバリウムなんてサービスが
始まってしまいます。
でも、どんな人もちゃんと治療すること。
「お客様は神様」という気持ちで
患者さんも(子供も大人も)楽しい気分で
入院できること。
やりすぎといえば、やりすぎですが、
心のある病院っていいなと思ってしまいます。

渡部篤郎、原佐知絵が主演といえば主演。
でも、なにげにこのサービスを提案しちゃう
「恩地」役の大友康平。
かなりおいしい役です。主役みたい・・・。

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (7) | TrackBack (1)

Monday, June 06, 2005

ジュ~ッ。海南亭の小海老のマカロニグラタン

SANY0290 先週は、
なんだか
辛いもの
モードだったので、
今日は、ちょっと
やさしいランチに
しようと決めた。

久しぶりに訪ねたのは、
横浜・関内にある
「和風ステーキと小皿料理 海南亭グリル」 。

鉄板のあるカウンターとテーブル席のある、
こじんまりとしたお店です。

人気はやはり鉄板でジューッと焼いた
ステーキランチやステーキ丼。

でも、私はここのグラタンが大好き! 

なので、 「小海老のマカロニグラタン」945円を。
スープ、サラダ、ガーリックトースト付き

SANY0289 オーダーがすむと、
スープとサラダが
運ばれてきます。

スープは
カボチャの冷製ポタージュ。
トマト果汁が上にトッピング。
このスープが、
体にやさしい! と思えるような
おいしさ。

さらにサラダは、ルッコラなどのリーフ系。
そこにセロリやヒマワリの種など
食感と味の変化が楽しめる構成になっています。
ドレッシングは和風。

このサラダがまたおいしい。
2つの皿で、今日のランチの期待が高まります。

熱々のグラタンは、
小エビ、マカロニ、タマネギ、
ハムのみじん切りのみ。

だけれど、
マカロニは2種類の形、
色は白、オレンジ、グリーンとカラフル。
エビは、尻尾はちゃんととってあって
食べやすいように
処理がきちんとされている。
ホワイトクリームは、
食べても食べてもしつこくない味。

このたっぷりのホワイトクリームから
マカロニやエビを探して食べるのも楽しい。

さらにガーリックトーストは、
しっかりガーリックを塗りつけた
フランスパン。
このパンとホワイトソースもぴったり。

シアワセなひとときをまたすごしてしまいました。

和風ステーキと小皿料理 海南亭グリル
横浜市中区相生町4ノ65、高岡ビル2階
営業時間 午前11時~午後10時
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
Hitch-最後の恋のはじめかた-

☆☆☆☆☆
Will Smith主演のラブコメディ。
恋愛コンサルタントのWillが、
人の恋がかなうように一生懸命に
動くのに、
自分の恋となると…という話。
ヒーローものでないWillの演技は
もう、本当にこういう人いたらいいのに
なんて、思ってしまうような人柄。
恋愛事情が難しいとされる
NYが舞台というのも、リアリティがある。
「Rice to Rich」や、
ファイナンシャルセンター前の
ドックなど、NYの風景の見所も満載! 
やっぱり、NYで見ておけば良かった~と
つくづく思ってしまった映画です。

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Saturday, June 04, 2005

アメリカ~。Nathan's のチーズステーキセット

SANY0258 アトレ品川に
「Nathan's」が
オープンすると
聞いて、
待つこと約2ヶ月。

先日やっと
オープンとなりました。

「アメリカン・ダイナー ネイサンズ アトレ品川店」

アメリカンダイナーとは…。
いつもの、オーダーカウンターとは違うのかな…
と思いつつ、訪ねてみると
オーダーカウンターはテイクアウト用。
イートインの場合は、席に案内してくれるのでした。

で、やっぱりホットドッグかなぁと思ったのですが、
食べたことのないものにしようと
「チーズステーキセット」670円をオーダーしました。
フレンチフライ、ドリンク付き

木のトレーに運ばれてきた
チーズステーキとフレンチフライ。
ドリンクはクランベリーソーダ。

ガブリとチーズステーキ。
ビーフステーキの薄切りと
チェダーチーズ、オニオンが
ほどよくグリルされています。

ホットドック用のバンズとは違い
ちょっぴり歯ごたえのあるバンズです。

フィリーステーキサンド…ですね。

マスタードをつけて食べるとさらにおいしさアップ! 

かなりのうまさに、バクバクと食べつくしてしまいました。

朝から営業しているので、
朝食にホットドッグもいいかも。

アメリカンダイナーNathan's アトレ品川店
東京都港区江南2ノ18ノ1 アトレ品川
営業時間 午前7時~午後11時

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (5) | TrackBack (3)

Friday, June 03, 2005

シビレル~。匠の麻辣坦々麺

SANY0286 オープンしたころに
麻辣麻婆豆腐を
いただき、
次は坦々麺を~と
機会をずっと
うかがっていました。

今日は
タイミング的に
ちょうど良かったので、
辛いもの続きとは思いつつ、訪ねました。

横浜駅東口ポルタにある
麻婆と坦々麺の専門店「匠-JANG」

4月のオープン以来、結構並んでいたりして
話題になっているようです。

さて、今回はもちろん坦々麺の中の
「麻辣坦々麺」780円

出てきた坦々麺は、
通常の坦々麺よりも、黒い。

まずはスープをひと口。
普通の坦々麺は、ゴマの甘味が先にきて
後から辛味がきますが、
この麻辣は、先に辛さが...。
まさに、痺れるような辛さ! 
その後に、ゴマの香ばしさと甘味がやってきます。

かなり、刺激的。でも、そうかといって
辛くて食べられないというほどではない...。

麺は細めのストレート。
よくスープと絡みます。
ひき肉やチンゲン菜の食感も程よく。

汗をかきかき、気持ちのいい一食でした。

麻婆と坦々麺の専門店 匠-JANG

横浜市西区高島2ノ16 地下1階ポルタ内
営業時間 午前11時~午後11時

映画ウンチク
エレクトラ

☆☆☆
お、これは「Kill Bill?」と
思ってしまうようなシーンが満載! 
ただ、ストーリーは子どもが絡んできて
その辺の感情が全体のキモとなっているので
ちょっと、ほろりとさせられたり...。
この映画、飛行機の中で観たのですが、
ボブ・サップが出ていたとは気づきませんでした。
あと、ときどき日本語が出るのですが
ヨガで気持ちを落ち着けて、そうすると
相手の先の動きが見えるようになる、
そんな技のことを「キマグレ」って...。
字幕も訳しようがなかったのでしょうが、
それでも確かに「キマグレ」って聞こえる...。
この場面を観るだけでもおもしろいかも...。

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, June 02, 2005

奥深。SHANTiのエッグと野菜のスープカリー

SANY0282 お昼ごはんが
3時近くに
なってしまい、
その時間に
ランチを開いている
お店が
わからなかったので
とりあえず、原宿に
向かって歩いていきました。

心当たりの店は、改装のためお休み中。
アテがなくなってしまい、
どうしようと思いながら原宿通りを歩いていると
「スープカリー」の看板。

スープカリー食べたかった~! 気分だったので
さっそく入店。
札幌からやってきた、スープカリーの店
「SHANTi 原宿店」です。

「SHANTi」とは、
サンスワリット語で「平和」「静寂」という意だそう。
店内は、インドちっくな雰囲気。
スタッフもインドっぽいいでたちです。

オーダーは、
「エッグと野菜のスープカリー」890円
ランチタイムは
プラス100円でドリンク付き、
ごはんはおかわり自由
となります。

辛さのレベルは1ボーガから40ボーガまで。
辛いもの好きなので、迷いましたが
15ボーガほどにととどめておきました。
それでも、コメントには
「15ボーガ 薬馬 脳内角膜のエンドルフィン
大爆走」…。
15ボーガは、プラス150円となります。

運ばれたスープカリーは、
ほとんどまるごとのニンジン、ナス、
ゆで卵は1個半、ピーマン、レンコンにオクラ。
野菜たっぷりに思わずうれしくなります。

まずはスープだけを飲んでみると、
口当たりは甘みがあるのですが、
しばらくすると、突き抜けるような辛さ。
でも、スパイスの複雑な調合で
深みのある味わいです。
ナンプリック(ナンプラーに唐辛子をつけたもの)が
入っているらしく、その旨味が
深みを増しているようです。
白ゴマの香ばしさもスープに合っています。

スープカリーは、ライスをスプーンですくい
それをスープにつけていただきます。

口に入れると、スープがしみ込んだごはんが、
パラリと口の中でバラける…。
なんともいえぬ食感にかなり感動です。

野菜をおかずにしてごはんを食べたり、
スープだけ飲んだりなど
いろいろな食べ方のバリエーションが
楽しめます。

SHANTi 原宿店
東京都渋谷区神宮前3ノ26ノ11
営業時間 午前11時30分~午前3時
(ランチは午後4時まで)、月曜定休

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (3) | TrackBack (2)

Wednesday, June 01, 2005

柔らか~。勝烈庵の一口かつれつ定食

SANY0273 どう考えても
カラダが野菜を
欲している~と
感じた今日の昼時。

手っ取り早く
野菜を摂取するには
どうしたらいいかを
考えた結果、
とんかつ屋に行けばたらふくキャベツが食べれる...。

滞在場所は、横浜・関内。
横浜で育った人間は、
たぶん、
本屋は「有隣堂」、
とんかつは「勝烈庵」というのが当たり前で
これは、全国レベルで当たり前なんだと
思っていた人も少なくないはず...。

今日・明日は横浜開港祭だし、
それらしい店にも行こうではないか...。

などとアレコレ理由をつけながら
久しぶりに「勝烈庵 総本店」を訪ねました。

馬車道から脇道にそれたところに
大きなちょうちんが飾られ、
老舗感がただよっています。

昭和2年の開業。
外国人コックが居留地・関内にもたらした
カツレツを、初代庵主の工夫で
独自の和風かつれつを完成させたのだとか。

注文は「一口かつれつ定食」1260円
しじみ椀、ご飯、お新香付き

しじみ椀は赤出汁で、しじみの旨味がたっぷり。
チリチリと、揚げたばかりの音が残るかつれつ。

これに野菜と果物を2日間煮込み、1日寝かせた
秘伝のソースをかけまわします。
このソース、トマト多目のドミグラスソースといった感じ。

サクッとした食感の後には
何でこんなに柔らかいの! と驚くほどの肉。
ソースのウマさといったら!

もう、本当においしいとしか言いようがありません。

キャベツにこのソースが、
また、合う! 

シャキシャキのみずみずしいキャベツは
ソースの甘味とぴったりで、ワシワシ食べてしまいます。
もちろんおかわりは忘れません。

総本店では、ヒレカツサンドや
ブランド豚を使ったかつれつなど、
さらなる進化も見られます。

いつまでもおいしい「ハマの味」を守りつつ、
前進し続ける姿勢に、脱帽です。

勝烈庵 総本店
横浜市中区常磐町5ノ58ノ2
営業時間 午前11時~午後9時

♪気に入ったらクリックしてネ♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2005 | Main | July 2005 »