« 時間のないときは・・・駅そば! | Main | 素直な辛さ。北京亭の麻婆豆腐定食 »

Thursday, May 26, 2005

あすぱら。利久庵のせいろうと季節の炊き込みご飯

SANY0242 昨日、
ざるそばのことを
考えていて
今月はまだ
毎月のお楽しみの
店に行っていないことに
気づく…。

そこで、今回2度目の登場の店、
横浜関内にある「利久庵」です。

上品な雰囲気の蕎麦屋。
注文はいつものように
「せいろう」785円
季節の炊き込みご飯付き

今月の炊き込みご飯は、
なんと
「新あすぱらご飯」。
アスパラを小さく輪切りにし、
黒豆と一緒に炊き込んだものでした。

そこに黒ゴマと錦糸卵を添えてある一品。

食べてみると、アスパラのシャキとした食感と
黒豆の塩っぽさとほのかな甘みが感じられます。

ご飯に味がついていない分、
素材の味が引き立つようになっています。

もちろん、せいろうもいつもの通り。
つゆも蕎麦のゆで具合も申し分なし。

アスパラ好きな私とすれば、
もう少し早く来るべきだった。
5月はもうすぐ終わっちゃう…。

利久庵
横浜市中区真砂町2ノ17
営業時間 午前11時~午後8時30分
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
交渉人 真下正義

☆☆☆
意外とおもしろかった。
舞台は東京の地下鉄で、
なんだか、大阪のあの事故を
思い出しちゃいそうな感もありますが…。
発想としておもしろかったのが
東京の地下鉄には、
脇線があるということ。
この事件も、東京の地下鉄が
すべてつながっている…というのがキモ。
最後までハラハラしてしまいました。
でもな、なんでクリスマスシーズン?
この時期に…(苦笑)。

♪気に入ったらクリックしてネ♪

|

« 時間のないときは・・・駅そば! | Main | 素直な辛さ。北京亭の麻婆豆腐定食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/4288969

Listed below are links to weblogs that reference あすぱら。利久庵のせいろうと季節の炊き込みご飯:

» コラム八方ビジョン(19)〜交渉人・真下正義〜 [&財興団]
 勿論、公開初日に鑑賞。「踊る」を語らせたらスタバで2時間いけます&財ですこんにちは。97年のテレビドラマ以来、ファンを魅了し続けている「踊る」ですが、今回はスピンオフということで、本編では脇役だった真下が主人公。03年の台場連続殺人事件の解決後、真下が... [Read More]

Tracked on Monday, June 06, 2005 at 17:22

« 時間のないときは・・・駅そば! | Main | 素直な辛さ。北京亭の麻婆豆腐定食 »